Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別記事
リンク
見てくれてありがとう!
ふたりのお勧め旅グッズ











 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


ブランド「パタゴニア」のマークになった山

2015.04.20 05:46|アルゼンチン☞EDIT
これまでつきあってきた人は、男兄弟で弟がいる人ばかりなイクエです。
この前日本人の旅人と恋バナをしていてそんな話になりました。
姉や妹をもつ人や末っ子とはつきあったことがない。
みなさんはどうですか?
ちなみにケンゾーは男5人兄弟の真ん中です。

日本人の旅人と楽しいひと時を過ごしたイクエとケンゾー。
エル・カラファテの街から次にめざすのは、エル・チャルテン

ここには、フィッツロイというかっこいい形をした山がある。
カラファテからチャルテンまではおよそ220キロ。
きょうも気合いを入れてヒッチハイクに挑戦。

チャルテン

まずは住宅地にある宿から1キロくらい離れた国道へ移動。
1キロの距離でも足取りが重い!
その原因はこのバッグ。
イクエが持っている象の写真がついたバッグ。

a_DSC_5087.jpg

これに何が入っているかと言うと、ほぼ食材!
自炊ができる環境では自炊をしているので、一通りのものを持ち歩いている。
オリーブオイル、しょうゆ、塩、コショウ、砂糖、にんにくパウダー、チリパウダー、ほんだし、コンソメ・・・などの調味料多数。
パスタ麺、米、パン。
玉ねぎやニンジンなどの基本的な野菜。
母から送ってもらった梅干しやサキイカ、わかめ、人からもらった鰹節やふりかけやお茶漬けのもと。
もしものときにすぐに食べられるように、魚の缶詰やインスタントのスープ。
さらにコーヒーや紅茶、お菓子などの嗜好品。
それに電気コイルや小さなホーロー鍋、カップやお椀、お箸にスプーンにフォークにナイフに・・・。

旅をはじめた最初のころは、いとこからもらった布の袋に入れていた。
その袋から中身がはみ出すようになり袋もボロボロになって、それを見かねたのかイラン人の友だちにそれよりも大きなバッグをいただいた。
それを使っていたんだけど、そのバッグからも中身がはみ出すようになりまたボロボロに。
それを見かねたのか今度はアフリカでホームステイさせてもらった協力隊員のハンチョウが、さらに大きいこのアフリカのバッグをくれたのだった。

着実に増えていくわたしたちの食材。
そして着実に大きくなったいるわたしたちの食材バッグ。
帰国するころにはいったいどのくらいの重さまで成長するんだろうか。

しかも今回、エル・チャルテンはお店が少なくて物価が高いので食材を買いだめしていったほうがいいと旅人たちからアドバイスを受けていた。
だから普段の食材に、追加でいろんなものを入れている。

重いよ〜。

やっとたどり着いた場所。
しかしここ、ヒッチハイクのライバル多し!!

15分くらい粘ってみたけれど、ライバルが増えていくだけでいい兆しがない。
ここから2キロ以上離れた街の外れに警察の検問所があって、そこからは一本の幹線道路が延びる。
きついけど、そこまで歩いた方が見込みがありそう。

a_DSC_5089.jpg

なだらかな坂の砂利道を歩いていく。
このあたりは車も通らず人通りもない。
新興住宅街のようでもあるし、現在開発中なのかときおりトラックが砂埃をまき散らして走っていく。

歩いている人もいない寂しい場所なんだけど、わたしたちの旅友だちがここで強盗にあっていることをあとで知った。
彼女もヒッチハイクで旅行していて、わたしたちと同じようにここを歩いていたらいきなり何者かに生卵をぶつけられたのだそう。
直後にカップルが登場し「ああ、大変!拭いてあげるよ」と近づき、怪しいと思って追い払ったんだけど体を押し付けてお財布を奪って逃げていったんだって。
こんなところ、ヒッチハイカーぐらいしか歩かないからきっとヒッチハイカーをターゲットにした犯罪なのだと思う。

アルゼンチンでは首都のブエノスアイレスで「ケチャップ強盗」の被害が続出していて、わたしたちが出会った日本人もかなり被害にあっていた。
ケチャップにかぎらず、変なマスタードのようなものや生卵をどこからともなく投げかけられて、直後に「拭いてあげるよ」と近づいて金品を奪っていく。

これからアルゼンチンを旅する人、くれぐれも気をつけて!!

危ない場所(そのときは知らなかった)を歩いて、警察の検問所の手前まで到着したわたしたち。
検問所の先を見ると、ヒッチハイカーが3組ほどいる。
結局、ここも激戦地かあ。

でも、やるしかない。
風が吹きすさび、体が震える。
ズボンを2枚重ねにし、ユニクロダウンを2着羽織り、手袋とニット帽を装着。
車が通るたびに笑顔で手をあげるけど、ダメ。

警察の検問所の手前で得体の知れない人間を乗せて、検問所を通るのに抵抗があるのかもしれない。
これはやっぱり検問所の向こうでやったほうがいいのかな。
検問所の向こうはさらにヒッチハイク激戦地だけど、わたしたちは移動することにした。

ヒッチハイカー3組を通り越して、いちばん奥で待つ。

早くこの激戦地を脱出しなくては。
10キロ先でもいいから、とにかく乗せてくれる車に乗ってしまおう。

一台の大型トラックが、最初のヒッチハイカーのところで止まった。
ヒッチハイカーとドライバーが何やら話している。
うまく話がまとまらなかったようでトラックは進み、次のヒッチハイカーのところでふたたび止まった。
そこでもドライバーとヒッチハイカーが会話をかわし、またヒッチハイカーはトラックに乗らなかった。
どうやらトラックはみんなが行きたいところまでは行かない様子。
わたしたちはそれでもかまわない。
一気に進もうとは思わない。
少しでも乗せてくれるんなら乗りたい。
とうとう、わたしたちの番がやってきた。

a_DSC_5092.jpg

ドライバーが何か語りかけた。
何て言っているかわからないけど、わたしたちは迷わず答えた。

「シー(はい)。
 OK。
 ポキート(ちょっと)ポルファボール(お願い)!」

ドライバーは笑いながらわたしたちを乗せてくれた。
やったー!
ここを脱出できる!!

a_DSC_5091.jpg

それにしてもなんて優しい人なんだろう。
20メートルおきくらいに立っているヒッチハイカーのところでわざわざ車を止めて、そのつどドアを開けて語りかけてくれる。

わたしたちは数キロの移動であることを覚悟したけれど、なんと30キロ以上も乗せてくれた。
やったー!!
ドライバーはこのまままっすぐ、わたしたちはここから左折。

「ムーチャス グラシアス(ほんとうにありがとう)!!」。

a_DSC_5093.jpg

何もない場所にポツーン。
風が強くてさっきよりも寒い。
車はほとんど通らない。
車が通ったらチャンスを逃さず、お願いしなくては!

数台の車がわたしたちの前を通り過ぎ、そして1台の車が止まってくれた。
わたしが両手を合わせて「お願い!」ってしたので同情して止まってくれたのかもしれない。

a_DSC_5095.jpg

2人組の男性。
どうやら仕事中の様子。
拾ってくれてありがとうございます!!

気温も低ければ風も冷たい。
さらに、空はどんよりとしている。

そんななか美しい色の湖と雪を抱いた山脈が車窓から見えた。
わたしたちがめざしているフィッツロイもあの辺りにあるのかもしれない。

a_DSC_5097.jpg

車のスピードは時速100キロを超えている。
これに比べてバスは時速50キロくらい。
さっき路上でヒッチハイク中にわたしたちの前を通り過ぎていったバスを、今度はわたしたちが追い越していく。

車はおよそ100キロ先の分岐点まで乗せてくれた。

a_DSC_5106.jpg

ここでまたヒッチハイク。
目的地までは一本道。
その間に街はほとんどないから、運がよければチャルテンまで一台の車で行けるはず。

パンパ(草原)が広がる、何もない孤独な場所。
でも、孤独ではない。
もう一本の別の道には、わたしたちと同じようなヒッチハイカーカップル。
そしていまわたしたちがやってきた道を逆走しているのはサイクリングトラベラーカップル。
こころのなかでエールを送る。

a_DSC_5108.jpg

a_DSC_5109.jpg

ヒッチハイクしているわたしたちの前を通り過ぎていき、今度はわたしたちが追い越したバスが、ふたたびわたしたちの前を過ぎ去っていった。

1時間近くが経った。
あいかわらず、向こうのヒッチハイカーたちも車を待ち続けている。
寒いのでときおり抱き合って、体をさすりあっている。
彼らの前を車が通るたびに「今度はどうかな?」と気になり「あー、ダメだったね」と肩を落とす。
でもきっと彼らが先に車に拾われたらちょっと寂しくもあり、悔しくもなるのかもしれない。

ここを脱出したのは、わたしたちが先だった。

a_DSC_5114.jpg

乗せてくれたのはウルグアイ人のカップル。
休暇中でふたりでレンタカーで旅をしているのだという。
目的地はわたしたちと同じエル・チャルテン。

男性は歯科医師で女性は文学(国語)の先生。
年はわたしたちより若い。
わたしたちはあいにくウルグアイには行かないけれど、二人のおかげでウルグアイ人の印象がかなり良くなった。
単純だけど、やっぱりどんな人と出会うかでその国の印象は決まる。

a_DSC_5113.jpg

だから帰国して、外国人に会ったら優しくしてあげようって思う。
そしたらきっとその人は日本人のこと、そして日本のことを好きになってくれるから。
でも、よく考えるとそれはなにも帰国してからの話ではない。
こんなふうに外国を旅していて、わたしたちは毎日外国人に出会っている。
出会う人たちに優しくしなきゃ。

優しい3組の人に助けられ、わたしたちは無事エル・チャルテンに到着した。

a_DSC_5126.jpg

正面の緑の山の向こう側、雲に隠れたところにフィッツロイはある。

チャルテンとは、先住民の言葉で「煙を吐く山」という意味。
その名のとおり、山頂からはまるで煙のように雲が発生するのが常。
だからむしろ、雲に隠れていないフィッツロイのほうが珍しいのだ。

せっかくここまで来ても、目的のフィッツロイを見られずに帰らなければならない旅行者もけっして珍しくはない。

わたしたちはどうなるんだろう。

フィッツロイは登るのがそれほど難しい山ではない。
3時間から4時間ほどで到着するので、日帰りも十分可能。
だけど、わたしたちは朝日を受けて燃えるフィッツロイを見たい。
ということは朝の6時くらいに山頂に着きたい。
そうなると午前2時ごろにこの街を出発するか、頂上手前のキャンプ場で1泊することになる。
わたしたちはキャンプすることにした。

でも今日は天気も悪いし、すでに夕方なので街のゲストハウスに1泊。
あしたキャンプ場をめざす。

泊まったのはこちらのホステル。

a_DSC_5131.jpg

ドミトリーで100ペソ(約1000円)。
わたしたちが着いたときは最安値のドミトリーの部屋が空いてなかったので4人部屋でバスルームつきの120ペソ(約1200円)の部屋に泊まった。

その日の夕方から嵐のような天気になった。
風がびゅうびゅう。
ゲストハウスの部屋の中にいても風の音がうるさいほど。

きょうはわたしたちの友だち、ヒトシくんと社長が一足先にフィッツロイに登っている。
今夜キャンプ場で1泊して明日の朝に登頂する予定にしているのだった。
こんな嵐のなか、ヒトシくんたちは無事にテントが吹き飛ばされずに寝ることができているのだろうか。
この天気だときっとあしたも天気が悪いはず。
日の出どころか、フィッツロイ自体も雲に覆われて見ることはできないだろう。
わたしたちはそう確信していた。

ところが、翌朝。

a_DSC_5129.jpg

フィッツロイが見えている!
風もほとんどない。
これだときっとヒトシくんたちはフィッツロイの朝焼けを見られたんじゃないか?

山の天気はわからない。
天気予報もあてにならない。

街から見えるフィッツロイは鋭く尖っていてかっこいい。

a_DSC_5130.jpg

この山のかたち、見覚えはありますか?

これほどかっこいいなら、そりゃあマークにもしたくなる。

a_DSC_5128.jpg

アウトドアブランドのパタゴニア
アメリカのメーカーだけど、マークのデザインはここパタゴニアのフィッツロイの山を参考にしたと言われている。

そんな山に、きょうからわたしたちは登る。
空はどんどん青くなっていった。
いい感じ ♪

a_DSC_5132.jpg

チャルテンの街はこじんまりとしていて、建物はカラフルでかわいい。
上の黄色い屋根と水色の壁の建物は、スーパー兼お土産屋さん。

チャルテンにはほかにもスーパーが数軒ある。
チャルテンの物価は高いので食料は事前に買いだめしていったけれど、気になるほど高くはなかった。
野菜やお肉などの生鮮食品も手に入るし、無理して買い込んでいかなくてよかったかも。

ここでもパイネのトレッキングのときと同じようにコンロと氷点下にも対応できる寝袋をレンタル。
いくつかレンタルショップはあるけれど、わたしたちが選んだのは値段が良心的で品揃えも豊富だったここ。

a_DSC_5133.jpg

頭上には青空が広がっている。
パイネのときもそうだったけどわたしたちは天気に恵まれている。
山の天気は不安定なうえに、アメリカ大陸の北の果て、パタゴニアは天気がすぐれない日が多い。
ここまで来てフィッツロイを見られなかったと言う旅人もいるのだ。

でもわたしたちは・・・♡

a_DSC_5134.jpg

ウキウキした気持ちで登頂を開始したイクエとケンゾー。

快晴の中のフィッツロイ。
美しいフィッツロイに、どんどん近づくことができる。
あすの朝焼けはどんな神々しい姿なんだろう。

このときはまだ、わたしたちは知るよしもなかった。
わたしたちに待ち受ける運命を。
快晴のフィッツロイのはずが・・・。

山の天気って、わからない!
でも、だからこそおもしろい!?

大自然の造形美 氷河を歩く

2015.04.19 06:08|アルゼンチン☞EDIT
ここ最近やることなすことすべてが裏目に出ているケンゾーです。
妻も昨日書いていたけど、夫婦揃ってことごとくツイてない。
ビール瓶のデポジット代(約100円)を返してもらえなかったのは大したことじゃないけど、両替を失敗したりしてけっこうな金額を損したりしている。
やろうとすることが裏目になるなら、裏の裏をやってみればいいのかもと思うけど、もはや何が表で何が裏なのか訳分かんなくなってしまう。
けっきょくはジタバタせず流れに身を委ねて風向きが良くなることを待つしかないのかな。

たくさんの日本の旅人と出会ったエル カラファテの街自体にはとくに見どころはない。
観光客がここを訪れる目的は、この街からおよそ80km離れたところにあるペリト・モレノ氷河を見るため。
ペリト・モレノ氷河はアクセスのしやすさとその規模からパタゴニアを代表する氷河として人気が高い。

ただ見るだけじゃなく、実際に氷河の上を歩く「氷河トレッキング」がハイライト。
氷河を眺めるだけだったらバスで行って国立公園の入場料を払うだけでいいんだけど、氷河トレッキングをするならツアーに参加しないといけない。

カラファテのメインストリートにはいくつもの旅行代理店が軒を連ねている。
だけど、実際に氷河ツアーを催行しているのはHiero&Aventuraという一社のみ。
どこで申し込んでもツアー内容はまったく同じ。

氷河トレッキングには「ビッグアイス」と「ミニトレッキング」の2種類がある。
ミニトレッキングは実際に氷河の上を歩くトレッキングが約1時間半。
ビッグアイスは約3時間半、ミニトレッキングよりも氷河の奥地へ行くのでよりきれいでダイナミックな景色を楽しむことができる。

値段は1680ペソ(約15400円)とかなりお高いけれど、せっかくならビッグアイスをやりたかったケンゾーとイクエ。
だけどビッグアイスは1日限定30人くらいで2週間先まで予約がいっぱい。
ミニトレッキングに申し込むことに。
「ミニでじゅうぶんだよ」「ミニのほうが展望デッキで氷河を眺める時間が長くとってあるからいいよ」っていう旅人もけっこういたので、自分たちを納得させることにした。

ミニトレッキングは1人1100ペソ(約1万円)。
ツアー代とは別に国立公園の入場料が別途215ペソ(約1970円)必要。
ツアーは朝8時、9時、10時と1時間ごとに出発。
ホテルまで迎えに来てくれるので朝ごはんを食べて待っていればいい。

客をピックアップして回るので氷河にたどり着くまでけっこう時間がかかる。
ホテルを出発して2時間後、さんざん焦らされてやっと氷河が見えてきた。
まだ遠目だからよく分からないけど、パイネのグレイ氷河と比べるとかなり大きいと思う。

a_DSC_4738.jpg

まずは1時間半の自由行動。
遊歩道を歩きながら展望デッキから氷河を眺める。
でっかいかき氷の塊が目の前に迫ってきて迫力満点。

a_DSC_4745.jpg

先端部の幅はおよそ5km。
あまりにも大きくて全体を見渡すことはできない。

a_DSC_4808.jpg

ガリガリ君ソーダ味のようなおいしそうな色をしている氷河。
長い年月をかけて圧縮された氷河の氷は気泡が少なく、透明度がとても高い。
そのため青い光だけ反射し、ほかの色は吸収してしまうのでこんなに青く見えるんだって。

a_DSC_4814.jpg

氷河の全長はおよそ30km。
いちばん高いところで700mも氷の厚さがあるんだそう。
これだけの氷が動いているんだから不思議でならない。

a_DSC_4815.jpg

デッキの最前列まで行ってみる。
山のようにそびえる巨大な氷河。
冷気が襲ってきて一気に寒くなる。
これだけの氷があるんだから当然か。

a_DSC_4819.jpg

先端部の高さはおよそ60m。
けれど水面の下には110mの深さまで氷があるんだそう。

a_DSC_4756.jpg

ときおり、ドーーンという雷が落ちたような轟音が周囲に響き渡る。
ペリト・モレノ氷河名物の氷の崩落。

a_DSC_4775.jpg

ペリト・モレノ氷河は動きが活発なことで有名。
1日平均2mも氷が押し出され、そのたびに豪快な崩落を引き起こす。

「あそこが崩れそうやない?」
「いや、あそこやろ。」
崩落の瞬間を逃すまいと目を凝らす。
そう都合良く崩れ落ちることはなく、視線を逸らすとドーーーン!
大地を揺るがすほどの地響きとともに崩落する氷河。
音は実際の崩落よりも遅れて届く。
気づいたときには遅い。
なかなかその瞬間を目にすることができない、もどかしい!

a_DSC_4797.jpg

a_DSC_4800.jpg

降雪量が多く、気温が比較的高いので動きがとても速いペリト・モレノ氷河。
30km離れた最奥部からおよそ20年で湖まで到達。
日々豪快に崩落する氷河を眺めることができる。

氷河を眺めながら持ってきたランチを食べたあとは、いよいよ氷河トレッキング。
対岸の氷河のもとへと船に乗っていく。

a_DSC_4820.jpg

船と比べると氷河の大きさがひときわ際立つ。
あの有名なタイタニック号は氷河とぶつかって沈没したと言われているけど、実際に氷河を目にするとそれも納得。
人間は自然には太刀打ちできない。

a_DSC_4846.jpg

青白い山脈の上に豆粒のような人影を発見。
一足先にトレッキングを楽しんでいる人たちだ。
いまから自分たちが同じように氷河の上を歩くと思うとワクワクする。

a_DSC_4852.jpg

氷河のふもとに到着。
雲が晴れ太陽が降り注ぐ。
より一層青みを増した氷河。
自然の色であることが不思議でしようがない。

a_DSC_4857.jpg

氷河をめざし歩いていく。
自然の産物なのに異質な存在感。
異星に降り立ったような神秘的な感覚。

a_DSC_4887.jpg

そのとき、ひときわ大きな地響きが周囲を振るわす。
ビルほどの氷の塊が湖に崩落、大きな水のうねりが目の前まで押し寄せてきた。
「We are so lucky!」
そうガイドが言うほど大規模な崩落だった。

a_DSC_4867.jpg

一人ずつ靴にアイゼンを装着。
氷上の歩き方をレクチャーしてもらう。
生まれて初めてのアイゼンは、スケート靴で地面を歩くようなぎこちない感じ。

a_DSC_4896.jpg

いよいよ氷河の上へ。
頭ではツルツルと滑る雪をイメージしてしまうので恐る恐る足を運ぶんだけど、アイゼンの爪ががっちりと氷に食い込むので上り坂もひょいひょい登れる。
脳と体が一致しないヘンな感覚。

a_DSC_4908.jpg

a_DSC_4927.jpg

氷河ってひとつの大きな氷の塊なのかなと思ってたんだけど、よく見るとクラッシュアイスが敷き詰められてる感じ。
ツルツルというよりはガリガリって感じかな。
青く見える氷も手に取ってみるとただの白い透明の氷。

a_DSC_4919.jpg

氷の山脈を縫うように歩いていく。
ところどころクレバスが口を開いている。
足を踏み外さないよう慎重に歩を進める。

a_DSC_4939.jpg

a_DSC_4941.jpg

水が溜まり、奥のほうほど青く輝いているクレバス。
美しくてつい引き込まれそうになる。

a_DSC_4916.jpg

a_DSC_4960.jpg

ガイドに「深さはどのくらい?」って聞くと「さあ、誰にも分からないよ。ひょっとしたら日本まで行っちゃうかも。」だって。

a_DSC_4975.jpg

a_DSC_4976.jpg

砂漠は幾何学的で規則的な美しさが魅力だけど、氷河はまったく正反対。
奔放で豪快でワイルド。
それでいて滑らかな曲線美が優美な雰囲気を醸し出す。
自然の造形美がすばらしい。

a_DSC_4977.jpg

a_DSC_4930.jpg

a_DSC_4979.jpg

こうして踏みしめている巨大な氷が、今この瞬間にもじわじわと動いていることが信じられない。
自然は、地球は、計り知れないほどにスケールが大きい。
地球上にはまだまだ知らない世界がたくさんある。

a_DSC_4951.jpg

a_DSC_4987.jpg

氷上を歩きはじめて1時間。
ガイドがピッケルで氷を砕きだした。
お待ちかねのウイスキータイム ♫

a_DSC_4991.jpg

トレッキングツアーの最後は、氷河の氷でウイスキーのオン ザ ロック!
トレッキングとおなじくらい楽しみにしてたんだよね。
どんだけ酒好きなんだ!って言われそうだけど、氷河の氷で飲む機会なんてそうそうないよ。

ただちょっと期待はずれだったんだよねえ。
こぶし大の透明の氷をガリガリと切り出して、カランカランとグラスを傾ける予定だったんだけど、実際の氷河はクラッシュ状態。
イメージしてたのとぜんぜん違う!

a_DSC_5000.jpg

まあそれでも、氷河の上で飲むオン ザ 氷河の味は格別。
つまみとして用意されているチョコレートとチョコパイのお菓子もウイスキーに負けず劣らずおいしかった。

a_DSC_4996.jpg

じつは、このウイスキーは1人1杯だけ、お菓子も1個ずつって聞いてたんだけど、ケンゾーとイクエのときは飲み放題で食べ放題だった。
10時出発でこの日最後のツアーだったから太っ腹だったのかな。
いっぱい飲めるように密かにMyウイスキーを買って持ってきてたんだけど必要なかったよ。

a_DSC_5008.jpg

氷河ミニトレッキングツアーは大満足で終了。
入場料を含めると約1万2千円、ちょっと高い気がしないことはない。
だけど巨大な氷河を自分の足で歩くという経験は興奮もの。

ビッグアイスを諦めてミニトレッキングにしたんだけど、結果的にはミニでよかった。
1時間半のトレッキングでちょうどいい。
慣れないアイゼンで4、5時間歩くのは大変だと思うな。