Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ケープタウンでここは外せない!

2015.04.05 06:29|南アフリカ☞EDIT
朝から夫とケンカしたイクエです。
よく「夫婦でずっと旅しててケンカしないの?」って聞かれるけどそこまでケンカしません。
旅をしているからといってケンカが多くなるわけでもない。
きょうのケンカの理由はケンゾーが起きてトイレに行ったので「早くお風呂入れば?」と言ったこと。
ケンゾーとしてはそんなことを言われたくないしもっと寝たかった模様。
ケンゾーはたくさん寝たい人でわたしは一度起きちゃうと二度寝できないタイプ。
きのうの夜はケンゾーは10時に寝たのに、わたしは3時くらいに寝たのです。
そしてだいたいいつも朝の始動はわたしのほうが早い。
ケンゾーは5分でも早く起きると「損した」と言います。
わたしは寝てるほうが人生損してると思うんだけどね。

喜望峰を満喫したわたしたち。
次の日にめざしたのはケープタウンのシンボル、テーブルマウンテン。
頂上がフラットになっていてまるでテーブルのよう。

a_DSC_3171.jpg

宿から登山口まで歩いていくこともできるけど、かなり時間がかかりそうなのでタクシーで。
5人で乗って、一人当たり8ランド(約84円)。
山頂までロープウェイがあって、ロープウェイに乗るのが一般的だけどわたしたちはもちろん歩きで!

a_DSC_3286.jpg

ロープウェイは観光用なので運賃は高いし、乗るためには行列に並ばないといけない。
なんといっても歩いていく方が感動もひとしおのはず。
ロープウェイから見る眺めもすてきなんだろうけどね。

a_DSC_3287.jpg

テーブルマウンテンにはいくつか登山道がある。

距離は短いけど急斜面の道。
距離は長いけどなだらかな道。

わたしたちは初心者向けのなだらかな道へ。
といっても、けっこうハード。

a_DSC_3293.jpg

テーブルマウンテンは標高1087メートル。
海のすぐ近くに面していてこの標高。
市街地との高低差が激しく、気候の差も大きい。
霧がかかることも多く、風も強い。
あんなに青空だったのに、急に霧雨に。

a_DSC_3296.jpg

街から見えるし、手軽に登れそうに見える山だけど甘く見てはいけない。
亡くなった人もたくさんいるのだそう。

現に去年、日本人の男性がテーブルマウンテンを登っているときに足を滑らせて亡くなっている。
青年海外協力隊でボツワナに派遣されていたボランティアの男性で、休暇を利用して南アフリカを旅行中だった。
これまで出会った隊員たちから彼の話を聞いていたし、ボツワナのJICA施設に掲げられた遺影を見たときは心が痛んだ。

彼は柔道を教える隊員で、体力があってスポーツ万能だった。

そんな彼が亡くなったのだから、わたしたちはこの山をなめてはいけないと思う。
これからテーブルマウンテンを登る予定の人は、無理をせずに楽な登山コースを選んでほしいし、けっしてひとりで登らないでほしい。
時間に余裕をもって登り、日が暮れる前に下山できるようにしないといけない。

a_DSC_3300.jpg

山の天気は変わりやすい。
霧に包まれていたテーブルマウンテンは、わたしたちが頂上に着いたころには霧が晴れて青空を見せた。
霧というより、雲だったのかもしれない。
雲はみるみるうちに流れていき、眼下に移動していった。

a_DSC_3302.jpg

雲のはるか下に海が見える。
カーブを描いた海岸線が美しい。

a_DSC_3338.jpg

頂上に住む、かわいい主。
ケープマングース。

a_DSC_3334.jpg

a_DSC_3330.jpg

ケープマングースもいるけれど、こんな人もいた。
緑のシャツに見覚えがある。

a_DSC_3340.jpg

a_DSC_3339.jpg

わたしたちより一足先に登頂していたヒトシくん!
ひとりで三脚で自分を写すのってちょっと恥ずかしいね・・・。
ヒトシくんは気づいてないけど。
ぷっぷっぷ。

山頂から見える、ケープタウンのもうひとつのシンボル、ライオンズヘッド。
そして、海に浮かぶのはロベン島。

a_DSC_3311.jpg

海岸からおよそ14キロの沖合に浮かぶロベン島は、アパルトヘイト時代には黒人専用の刑務所があった。
1959年から91年までのおよそ30年間に、のべ3000人の政治犯が収容されていたのだそう。

黒人初の大統領、ネルソン・マンデラ氏もここに収容されていた。
閉鎖されてからは博物館として公開されていて、1999年に世界文化遺産になった。

テーブルマウンテンの山頂で雲が発生するように、標高669メートルのライオンズヘッドの山頂にもぽっかりと雲が浮かんでいる。

a_DSC_3310.jpg

エジプトから半年かけてはるばる陸路でここまで移動してきたわたしたち。
アフリカを南下していくほど都会になっていき、ここケープタウンは近代的な街並み。
アフリカの広さとそれぞれの国の発展の差を実感する。

a_DSC_3318.jpg

そのうちアフリカのほかの国も、こんなふうになっていくのだろうか。
アフリカは日本とは比べものにならないスピードで開発されていっている。
あと10年、20年したら、これまで見てきたアフリカの国々はずいぶん違った姿になるのかもしれない。
世界は画一化されていっている。
それがいいのか悪いのかはわからないけど、旅としてはどんどんおもしろみがなくなっていくのかも。

a_DSC_3320.jpg

テーブルマウンテンの山頂は、どんどん天気が変わっていきふたたび雲に包まれた。
まっしろになり、ケープタウンの街並みは姿を消した。
あっというまに寒くなった。

下山して、さっきまでいた山頂を見上げる。

a_DSC_3353.jpg

ドライアイスのように雲が発生し、滝のように落ちていく。

a_DSC_3354.jpg

ケープタウンの街を見下ろすにはテーブルマウンテンがいいけれど、ケープタウンの夜景を楽しむなら、ライオンズランプ(通称シグナル・ヒル)。

左側のピラミッドのような形の山がライオンズヘッド。
ライオンの頭に見えるって言われるんだけど、どうだろう。
そして右側のなだらかな丘がライオンズランプ(Rump=尻)。
ライオンが横たわっているように見える?

a_DSC_3345.jpg

このライオンズランプにも登ってみた。
ここから見えるテーブルマウンテンとライオンズヘッドは壮観。

a_DSC_3165.jpg

スタジアムや高層ビル。
洗練された大都会。

a_DSC_3169.jpg

a_DSC_3173.jpg

だけどこのケープタウンの街並みはどことなくかわいさもある。
だから、ミニチュアみたいに撮影したくなってくる。

a_DSC_3180.jpg

古い港町を再開発したウォーターフロント。
19世紀の建物が再現されたり、ショッピングセンターがあったりして多くの人で賑わっている。
クルーズ船もここから出ている。

a_DSC_3188.jpg

カラフルな建物たち。
ケープタウンのおしゃれさと開放的な感じを象徴していて、楽しい。

a_DSC_3179.jpg

ここから夕陽を見ようと、たくさんの人たちが海に向かって待ち構えている。
家族でピクニックをしている人もいれば、ボトルワインとワイングラス持参でロマンチックにグラスを傾けているカップルもいる。

a_DSC_3203.jpg

夕陽をあびて、淡い桃色になるライオンズヘッドとテーブルマウンテン。
街の中の丘から、こんな景色を楽しめるなんてやっぱりケープタウンはすてきだ。

a_DSC_3210.jpg

このアフリカ縦断中、何度夕陽を見てきただろう。
アフリカで見る夕陽は格別で、そのたびに地球の広さや今ここにいる奇跡を感じてきた。
この旅で、アフリカで見る夕陽もこれが最後。
ありがとう、アフリカ。

a_DSC_3222.jpg

太陽が沈むと、今度は街に光が灯り出す。
ケープタウンの夜景は、ライトが赤味を帯びていてどこかあたたかい。

a_DSC_3248.jpg

a_DSC_3257.jpg

ケープタウンの夜景は美しいと言われている。

世界で夜景が美しいと言われる街には、山があって海がある。
山の斜面に家々が建ち並んでいると、夜景に立体感が出てくる。
海があれば、港に停留する船にライトが灯って華やかになるし、それが海面に映るからなおさら美しい。

山と海。

ケープタウンもその条件を満たしている。

a_DSC_3273.jpg

美しい夜景も、こんなふうに撮影するとかわいく見える。
夜景を見て、「おもちゃ箱をひっくり返したような」ってよく表現されるけど、本当におもちゃみたい。

a_DSC_3234.jpg

a_DSC_3242.jpg

a_DSC_3237.jpg

わたしたちのアフリカの旅もこれでおしまい。

一度も危ない目にあうこともなく、警察のお世話になることもなく、高熱でダウンすることも酷い下痢になることもマラリアになることもなかった。

アフリカではたくさんの海外協力隊のメンバーに出会ったし、ナミビアやケープタウンでは旅友もできた。

a_10942935_656091747846578_777180026_o.jpg

さて、ふたりの次の行き先は南米!!
最近日本人の旅人にもっとも人気の旅行先、南米。
どんなふたり旅になることやら。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

ケンゾーさん、イクエさん、はじめまして。

数か月前から会社のお昼休みにお二人のブログを読むのが私の楽しみになっています^^

経験しないと感じられない景色や人の温かさ、歴史背景などたくさんの情報が文字と写真で伝わってきて、とても心に響きます。
どんどん次が読みたくなって、もっとその国について知りたくなります。
いつもとっても素敵な記事をありがとうございます。
今日は、ついに最新記事に追いついてしまったのでコメントしました。

お体に気を付けて、これからも更新を楽しみにしています^^

なるみ さま

昔の記事まで読んでいただいてありがとうございます!
とっても嬉しいです。

仕事の合間の楽しみにしていただければ、書きがいがあります。

最新記事に追いつかれたとのこと。
毎日更新できるようにがんばります。

これからもよろしくお願いします!
非公開コメント