Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ヒンバ族に会いに行こう

2015.03.29 05:57|ナミビア☞EDIT
あと2か月ちょっとで35歳になってしまうことに気づいたイクエです。
35歳と言うと「アラフォー」の領域に入ります。
自分がアラフォーなんて信じられん!
もうれっきとしたおばさんです。

レンタカーの旅、ラストを飾るのは少数民族が住むオプウォ周辺の観光。
オプウォの街のつくりは、ほかの街と大差ないんだけどここでは不思議な光景が見られる。

こんな人たちが、普通に歩いてる!

a_DSC_2529.jpg

a_DSC_2205.jpg

彼女たちはヒンバ族。
赤い土を体や髪に塗っているのでインパクトが強い。

a_DSC_2540.jpg

街の中でもヒンバ族には会えるけれど、彼らの集落は郊外にある。
彼らの集落に行くには地元のガイドに案内してもらうのが一般的。
泊まっているホテル(ABBA GEST HOUSE)のオーナーに相談すると、知り合いのガイドを呼んでくれた。

そのガイドに頼むかどうかは別にして、とりあえず話だけ聞くことにした。

ガイドはヒンバ族の人で、いまは街で普通の格好をして生活している。
案内してくれるところは、ガイドの親族が住んでいる村らしい。

ガイドはいくつかのオプションを提示した。

1、近くのヒンバ族の村に行く
  利便性がいい分、訪れる観光客が多くて多少擦れている。
  (ガイド料は安い)

2、遠くのヒンバ族の村に行く
  移動に時間はかかるけれど、奥地なので素朴な彼らの生活を見られる。
  (ガイド料は1より高い)

3、遠くのヒンバ族の村と、別の民族であるデンバ族の村に行く
  (ガイド料は高い)

わたしたちはせっかくここまで来たので3をお願いすることにした。

訪問する村にお金を渡す必要はないけれど、お土産をもっていかないといけない。
訪問前にお土産をスーパーマーケットで購入するらしい。

ガイド料とお土産代含めて、ひとり200ナミビアドル(約2090円)でやってくれることになったのでわたしたちはお願いすることにした。
(車は自分たちのものだし運転するのも自分たちなので、交渉すればもっと安くなったかも。お土産代は自分たちで出して、ガイド料だけガイドに支払うほうが明朗会計なのでそうすればよかった。)

さっそく街一番のスーパーマーケットへ。
スーパーの入口で早くもヒンバ族に会う。

a_DSC_2207.jpg

普通に買物をしているヒンバ族。
近代的なスーパーと原始的な雰囲気のヒンバ族がアンバランス。
もともと遊牧民なので、自分たちで家畜を飼ってると思うんだけどスーパーのパックされた肉も買うんだね。

a_DSC_2212.jpg

少数民族に会いたいけどわざわざガイドに案内されるのは気が進まない人も、一人旅なのでひとりでガイドを雇うのは予算オーバーという人も、オプウォの街に来る価値はあると思う。
ツアーに参加しなくても、街を歩いていれば普通に少数民族の人たちと出会える。
それだけでも楽しい。

『地球の歩き方』には「あと10年で伝統的な暮らしを続けるヒンバ族はいなくなるのではないかといわれている」と書かれている。
たしかにこんなふうに街で生活しているヒンバ族を見ると、そのうち資本主義社会に組み込まれて服を着て仕事をするようになる日もそう遠くないかもしれない。

スーパーでは彼らに渡すお土産をガイドが選んでいく。
食パン、油、砂糖、紅茶、トウモロコシの粉・・・。

a_DSC_2213.jpg

じつはオプウォの街には有名なヒンバ族のガイドがいる。
それはエリザベスと言う女性。
いつもこのスーパーの前にいて、旅行者を勧誘しているらしい。
ヒンバ族の村に行く旅行者はエリザベスにお願いすることが多いみたい。

スーパーの前に座り、お土産を売りながら旅行者に声を掛けているエリザベスを発見!

a_DSC_2219.jpg

とても明るくて英語も上手なので、彼女にガイドを頼むのも悪くないと思う。
エリザベス自身もヒンバ族。
だけど、ヒンバ族として集落に残るよりも社会に出たいと思うようになり民族衣装を脱ぎ、洋服を着て、首都ウィントフックの大学に入学。
そしてこうやっていまオプウォの街で仕事をしている。

お土産を仕入れたわたしたちは、ガイドを助手席に乗せてさっそくヒンバの村へ。
街から遠い集落なので、車で1時間ほどかかる。
未舗装の道を走っていると、ガイドが「ここだ、ここを右」と言った。
そこは道とは言えないところ。
どこをどうやって進めばいいの?
というか、よくこんな集落の入口を覚えてるね。

a_DSC_2232.jpg

木の間を通り、デコボコした地面の上を車で進んでいくと、ヒンバ族の集落が突然姿を現した。
わたしたちがやってきたのはオルホナ村。
木で囲われた中に土や木で造った家が見える。

a_DSC_2234.jpg

小さな子どもたちがお出迎え。

こちらの言葉で「こんにちは」は「モロ」。
「元気ですか?」は「コラ」。
覚えやすい言葉。

ちょっと緊張しながら、「モロ〜」。

a_DSC_2236.jpg

こっちの緊張とは裏腹に、みんなフレンドリー。
こんなわけのわからないアジア人に子どもたちは寄ってきてくれる。

a_DSC_2282.jpg

a_DSC_2362.jpg

女性たちも笑顔で迎えてくれる。
このふたり、とってもそっくり。

a_DSC_2397.jpg

木を組んだだけの建物。
風通しはよさそうだけど、そのぶん砂も入ってきそう。
家畜小屋かな。

a_DSC_2243.jpg

中には女性や子どもたちが。
日陰になっているので、ここで涼むのにはちょうど良さそう。

「モロー」と小さな手で握手をしてくれる。

a_DSC_2244.jpg

授乳タイム。
このお母さんは20歳なんだって。
おっぱいをいつもだしているから、赤ちゃんは好きなときにお乳が飲めていいね。

a_DSC_2256.jpg

隣にいたおばあちゃんが赤ちゃんの首飾りを制作中。
衣服はほとんどまとわないけど、けっしておしゃれじゃないわけではない。
アクセサリーにはこだわる。

a_DSC_2254.jpg

いろんなアクセサリーを手作り。
こっちは大人用のアクセサリーかな。

a_DSC_2262.jpg

a_DSC_2264.jpg

よく見ると赤ちゃんのふんどしもビーズで腰に巻かれているし、足首にもビーズのアンクレット。

a_DSC_2258.jpg

お乳を飲んでお腹いっぱいになった赤ちゃん。
犬たちと仲良くスヤスヤ。

a_DSC_2411.jpg

ヒンバ族の女性たちは赤茶色の肌の色をしている。
これは生まれつきの肌の色ではない。

a_DSC_2369.jpg

筒状になった2つの入れ物。
これはウシの角でつくられている。

a_DSC_2329.jpg

筒の入れ物のひとつに入っているのは、木からつくった白っぽい練り香水。
そしてもうひとつには、「オクラ」と呼ばれる赤石を削った粉と牛のバターを混ぜたボディークリーム。
このオクラこそ、彼女たちの肌の色の正体。
女性は初潮を迎えたころから塗り始めるのだそう。

ここは水がほとんどない場所。
彼女たちは一度も水浴びをしない。
でもけっして不潔な感じはしないし、臭いもしない。

a_DSC_2335_20150327234732abd.jpg

このボディークリームが汗を止めたり,臭いを抑えたりする効果があるんだとか。
日射しから肌を守ったり、虫除けにもなったりするらしい。

それでも彼女たちは汗をかいていたので、真偽のほどは・・・。

a_DSC_2371.jpg

実際の効果はわからないけど、塗ってもらうと肌がしっとりするしちょっと甘い香りがする。
1日〜3日くらいで塗り直しているみたい。

a_DSC_2367.jpg

そして彼女たちの髪の毛も特徴的。
長く伸ばし、オクラで固めている。
髪の毛は3か月単位くらいで塗り直しているそう。

頭のてっぺんには子羊の革をつけ、毛先には家畜の毛。
かがむと迫力がある。

a_DSC_2402.jpg

女の子はこんな髪の毛。
ふたつに分けて、編み込み。
動物の角のようにも見える。

a_DSC_2239.jpg

ネックレスはかなり重そう。
魔除けの意味もあるのかも。

a_DSC_2275.jpg

彼女たちはほとんど裸だけれど、腰には家畜の革をまとっている。
いくつももっているみたいで、小屋の中にたくさんかけてあった。

a_DSC_2314.jpg

この集落には40人から50人が暮らしている。
一夫多妻。
女性がまだ7歳ぐらいのときから男性陣は目を付けて、将来の妻を品定めするらしい。

「ひとりの男が何人もの妻をもったら、あぶれる男性は一生結婚できないでしょ」ってガイドに聞いたら「その心配はない。人口比は女性のほうが格段に多いから」って言うんだけど、ほんとうかな。
でも、ここにいる赤ちゃんを見ると男の子のほうが多い気がする。
男の子は、体が弱かったりやんちゃだから幼いころに亡くなってしまう子が多いってこと?

とにかく、稼げる男性はたくさん妻をもらえる。
女性もそんな男性のほうが頼もしく思えるのかもしれない。
たとえ自分が第四夫人であろうが第五夫人であろうが・・・。

a_DSC_2308.jpg

働きにいってるのか、集落には男性の姿がなかった。
でもひとりだけ横になっている男性が。
ちょっと疲れているのか、それとも仕事嫌いで妻のいない男性?

a_DSC_2310.jpg

ヒンバ族は2万人から5万人いると言われている。
もともとは遊牧民。
いまは政府の保護下で、家畜を放牧しながら暮らしている。
ヤギを売って収入を得ているのだそう。

1900年のはじめに、ドイツの軍人が先住民を大量殺害し9割の人が犠牲になったとも言われている。
1980年代には大干ばつに見舞われ、家畜のほとんどが死んでそれまでの生活を変えた人も多かったらしい。
でもこうやって昔ながらの生活を続けている人たちもいる。

a_DSC_2290.jpg

彼らの家は小さな建物。
家族全員では住めない。
1つの家に住むのは夫婦と赤ちゃん。
子どもが10歳くらいになると、新しい家を建ててひとりで寝るのだそう。

a_DSC_2291.jpg

小さな家に入ると、かわいい赤ちゃんが。
とっても小さい!

a_DSC_2297.jpg

生まれてしばらくは太陽に当てないんだって。
家の薄暗いなかでこうやって大事に育てる。

a_DSC_2293.jpg

この子が大きくなったら、どんな生活をするのだろう。
そのときはヒンバ族の暮らしもだいぶ変わっているかもしれない。

a_DSC_2302.jpg

現在、ヒンバ族では兄弟のうちの代表者が自分たちの伝統的な衣装を捨て、服を着て都市部に進学するのだそう。
そして街に定住する。
残りの兄弟たちは集落に残り、伝統的な暮らしを守っていく。

でも、これからは街に住む子たちもどんどん多くなっていくかもしれない。

ちょっとさびしい気もするけど、いまの世の中ではしかたがないことかもしれない。

a_DSC_2389.jpg

どんなかたちであれ、これからもヒンバ族の人たちが幸せに暮らしていけたらなあ。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント