Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

感動的な百獣の王の愛の営み

2015.03.28 05:37|ナミビア☞EDIT
若い頃はよく酔っぱらって道で寝ていたケンゾーです。
飲んでも気持ちが悪くなることはないので眠くなって力尽きるまで飲んじゃうんだよね。
いま思うと危なくてしょうがないけど、道で寝てても財布とか盗まれないから日本はいい国だよね。

「いまどんな動物が水を飲みに来てるんだろう?」
水場のことが気になってあまり寝られなかった、レンタカー旅第2弾の初日の夜。
寝不足だけどワクワク感のほうがはるかに上回っている。
きょうはどんなシーンを見ることができるかな。

日の出とともにゲームドライブスタート。
何度見てもアフリカの夜明けは美しい。
きょうもまた日は昇り、新たな一日がはじまる。

a_DSC_1847.jpg

a_DSC_1845.jpg

朝日を浴びながら長い首をかしげ草を食むキリン。
土を巻き上げながら角を突き合わせるオリックス。
背中に哀愁を漂わせながら徘徊するハイエナ。
朝から生命感溢れる野生動物たち。

a_DSC_1865.jpg

a_DSC_1878.jpg

a_DSC_1880.jpg

a_DSC_1860.jpg

そして、今朝もライオンのカップルを発見。
陽光を浴びながらまったり中の百獣の王。

a_DSC_1889.jpg

a_DSC_1885.jpg

たぶん昨日見かけたのと同じライオンだと思う。
昨日は交尾シーンを見損なってしまったんだけど、今日はどうだろう?

チーちゃんが言った。
「ライオンはめちゃくちゃやりまくるらしいですよ。
 やり過ぎてメスのはぶっ壊れるらしいです。」

「ぶっ壊れる!?」
「ぶっ壊れるって・・・。」

チーちゃんの発言にびっくりしたけど、たしかにライオンの交尾はかなりの長期戦なんだって。
意外にも、すべてはメス主導。
とくに発情期というものはなく、メスがその気になったら交尾期間がスタート。
その期間なんと驚きの1週間!
しかも15分に1回やるんだって、毎日!
1週間で愛を交わすことじつに1000回!!
すごいよ、さすが百獣の王、尊敬するよ。

できるかできないかはメス次第。

「まだかな?
 そろそろどう?」
メスのご機嫌をうかがうオス。

a_DSC_1894.jpg

オスが近づくと、メスは横になったまましっぽだけをフリフリとふった。

「しようがないわねえ。」
メスの心と体の準備が整うとおもむろに立ち上がり、オスに近づいていく。
顔をすりすりセクシーアピール。

a_DSC_1898.jpg

「待ってました!!」
サッと立ち上がりメスを追いかけるオス。
もうメスのお尻に釘付け。

a_DSC_1901.jpg

四つん這いになるメス、またがるオス。
大草原のど真ん中ではじまった百獣の王の愛の営み。

ぺろぺろとメスを愛撫するオス。
すこし腰を浮かせるという憎い心遣いをするメス。

a_DSC_1904.jpg

興奮が抑えきれないのかメスの頭をカプッと甘噛みするオス。
絶頂の瞬間か?

a_DSC_1908.jpg

「グワォッ」
「グウ」

短く吠えた声が草原に響く。

a_DSC_1909.jpg

これで1ラウンド終了。
またがりはじめてから絶頂の甘噛みまでおよそ15秒!
はや!!
百獣の王はまさかの早漏キングだ。

コトが終わってちょっと疲れた表情のオス。
「ごろにゃ〜」って感じで地面にすりすり、甘える仕草をするメス。
見かけはライオンだけど、完全に人間の男と女だ。

a_DSC_1912.jpg

a_DSC_1914.jpg

ひと仕事を終えて肩を寄せ合い、まったりくつろぐ男と女。
もう1回戦はじまるまでのひとときの休息タイム。

a_DSC_1920.jpg

1週間の期間中、この調子で1000回、場合によっては2000回以上も交尾を繰り返すんだって。
しかもその期間中は何も食べず、交尾することだけに専念するんだそう。
シマウマやインパラがいても眼中にはない、そのストイックさも尊敬に値する。

そんなライオンの営みを少し離れたところから眺めるジャッカル。
う〜ん、やっぱり百獣の王とは格が違うな。

a_DSC_1941.jpg

はじめてこの目でみたライオンの交尾は、ちょっと感動的ですらあった。
大昔から現在まで絶えることなく行なわれてきた生命の営み。
命を削りながら自分のDNAを後世に残そうとする姿に引き込まれた4人だった。

ライオンの交尾シーンに興奮したあとは朝食タイム。
公園内にはいくつかピクニックサイトがある。
フェンスで囲まれているので肉食動物に襲われる危険はない。

a_DSC_1960.jpg

腹ごしらえをしたあとはゲームドライブ後半戦。
地図で水場を探しながら車を走らせる。

しばらくすると、ゾウの親子発見。
しかも手を伸ばせば届きそうな距離!
大興奮だけど、ゾウを驚かせないように声を押し殺して大騒ぎ。

a_DSC_1996.jpg

a_DSC_2016.jpg

またしてもチーちゃんがあるあるネタを披露。

「ゾウの鼻ってじつは上唇なんだって。」
ん?上唇?
どういうこと?

a_DSC_1999.jpg

ああー、なるほど。
たしかに上唇はなくて下唇と鼻でムシャムシャ草を食べている。
上唇と鼻が一体化してるんだね。

耳をパタパタさせながら木陰で涼むゾウの家族。
ゾウの耳の裏には血管が集中していて、パタパタと耳で扇ぐことで体温を下げているんだって。

a_DSC_1990.jpg

ゾウの家族を観察していると、反対側の草むらからもう1頭ゾウが登場。
近い!
かなり大きくてちょっと怖い!

a_DSC_2028.jpg

このゾウ、なんだか黒い。
よく見ると、体が濡れて黒光りしている。

a_DSC_2022.jpg

ということは・・・近くに水場があるんじゃない?
はやる気持ちを抑えきれずに車を走らせる。
すると、大興奮の光景が目に飛び込んできた。

a_DSC_2040.jpg

ゾウ、ゾウ、ゾウ、ゾウだらけでゾウ祭り!
ゾウたちが気持ちよさそうに水浴びを楽しんでいる。
これはゾウの楽園だ。

ジャバジャバ、ザブンッ!
頭の先まで水に浸かるゾウたち。
めちゃめちゃ気持ちよさそうで楽しそう!

a_DSC_2053.jpg

a_DSC_2050.jpg

馬乗り(ゾウ乗り?)になってはしゃぎまくる子ゾウたち。
まさに夏休みのプール状態。
ほんとに気持ちいいんだろうね、体をのけぞらせていっちゃってる子ゾウも。

a_DSC_2070.jpg

a_DSC_2121.jpg

ライオンの交尾も感動したけど、このゾウの水浴びシーンも感動的。
嬉しい!楽しい!っていう感情がガンガン伝わってくる。
動物にも感情があって、楽しみたいっていう欲求があるんだって再認識。

a_DSC_2047.jpg

a_DSC_2075.jpg

a_DSC_2103_2015032621500012d.jpg



ひとしきり水浴びを楽しんで真っ黒になったゾウたちは、やがてブッシュの奥へと帰っていった。

a_DSC_2107.jpg

エトーシャでのゲームサファリも終盤。
つぎに4人を待ち受けていたのはキリンたち。
最後にキリン祭りだ。

a_DSC_2148.jpg

a_DSC_2171.jpg

a_DSC_2150.jpg

足を広げ、窮屈そうに体を傾けて水を飲むキリン。
やっぱりキリンって、よく見るとヘンな動物だ。

a_DSC_2162.jpg

a_DSC_2146.jpg

これで2日間のエトーシャサファリは終了。
ケニアやタンザニアと比べると動物の種類は少ないけれど、今回は4人とも大満足。
かなり近い距離で動物を見られるし、なんと言っても自分たちで自由に見てまわれるっていうのが魅力的。
「見せられる」のではなく、自分たちで「探し出す」っていうプロセスが楽しい。

サファリの興奮がまだ醒めない4人が向かうのはオプウォ
ここは少数民族のヒンバ族に会いに行くのに拠点となる街。

オプウォ

オプウォまではおよそ440km。
沈む太陽を追いかけるように西へと車を走らせる。

a_DSC_2172.jpg

世界を真っ赤に燃やしながら沈みゆく太陽。
地平線に沈む太陽はアフリカ旅のハイライトのひとつ。

a_DSC_2180.jpg

「きれいだね。」
「うん、きれい。」

美しいものに、多くの言葉はいらない。

ふとチーちゃんを見ると、潤んだ目で夕陽に見入っていた。
よかったね、アフリカのいい思い出がまたひとつできたね。

a_DSC_2196.jpg

あしたも日が昇る。
きっと明日もいい日になるよ。

a_DSC_2186.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

巨獣大好き

素晴らしい旅を、ありがとう!
僅かな期間ながら、巨獣の生態をうまく撮影されたことに感動しました。
短い文章が、またみごとですよ。胸がうなりました。
こらからもご安全に旅を続けてください。応援しています。

No title

ゴージャスな旅ですね。

さすが、写真素晴らしいです。

タテヤマ キヨヒロさま

コメントありがとうございます!

お褒めの言葉をいただき嬉しいです。
大自然で繰り広げられる野生動物の営みに感動しました。
終盤でアフリカの醍醐味を体感することができてラッキーでした。

これからもよろしくお願いします!

Crewさま

おっしゃるとおり、チープですけどゴージャスな旅でした。笑
ライオンはすぐ目の前でいたしてくれたので、素人でも迫力のある写真が撮れました。
さすが百獣の王、貫禄じゅうぶんで少々のことでは動じませんでした。
非公開コメント