Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

オカバンゴ 貧相旅人は楽しめるのか?

2015.03.13 05:50|ボツワナ☞EDIT
最近寝つきが悪いイクエです。
前日の睡眠時間が短くて体は眠いはずなのに、それでもなかなか寝られない。
きょうも5時に目覚めた。
老化現象?
そう言えば母が「若い人には睡眠力があるけど年寄りになるとその力もなくなっていく」って言ってたな。

待望のサイを見て満足したイクエとケンゾー。
次の目的地は、マウンというところ。
ここにはオカバンゴ・デルタという湿地帯があって、たくさんの動物が棲息しているんだって。

マウン

きょうもヒッチハイク。
バスもヒッチハイクも同じくらいの運賃だからバスでいいんだけど、便数が少ないから結果的にヒッチハイクになる。
有料ヒッチハイクが、一般的な交通手段っていう国は珍しい。

a_DSC_0225_20150312225119701.jpg

30分くらい経って1台の車が止まってくれた。
現地の人だと乗り込む前に有料なのか無料なのか、運賃はいくらなのかといったお金の交渉をスマートにできるんだろうけど、わたしたちはイマイチここのヒッチハイクの利用方法を理解していない。
向こうからお金の話が切り出されるのを待つ。

a_DSC_0226_20150312225121c13.jpg

まれに善意で無料で乗せてくれる人もいる。
善意で乗せてくれたと思っても最後にお金を請求されることもある。

今回乗せてくれた人たちからは、けっきょくお金を請求されなかった。

ありがとうございます。

1時間半ほど乗せてくれて降ろされた場所は、きのうまでいたレタカネの街!
レタカネの街でさらにヒッチハイク再開だけど、ライバル多し!!
バス停で待ち、バスが来ればバスに乗るし、車がくればヒッチハイクするというのがこちらの人たちのやり方。

a_DSC_0227_201503122251225ca.jpg

この日は、クリスマス休暇の直前。
帰省する人や家族に会う人たちで混み合っている。
まれに車が止まっても争奪戦。
言葉が通じないわたしたちは不利になる。
ずっと身動きがとれないのも嫌なので、とにかくここを脱出しようととりあえず10キロさきまでヒッチハイクした。
けれど、そこにもライバルはいるし、通る車がとても少ない。
このままでは日が暮れてしまう。
数時間待って、わたしたちは決断した。

「きょうはここレタカネに泊まろう」

アポなしでボビーたちの家に戻ると、「できる男」ボビーが笑顔で出迎えてくれた。

「ボビー!
 無事に宅配便受け取れたよ!!
 ごめん、きょうも泊めて!!」

冷たいビールで再会を喜び、次の日にマウンをめざす。
クリスマス休暇の前なので、いっぱいで乗れなかったらどうしよう・・・。

朝イチでバスターミナルに行くと、バスに乗ることができた。

そして着いたマウンの街。
この街にもあの人たちがいた。

a_DSC_0245_201503122251259dc.jpg

a_DSC_0246_20150312225126f45.jpg

ヘレロ族の女性たち!!
このビッグさ、存在感。
遠くからでもすごく目立つ。

中世ヨーロッパ風のドレスなんだろうけど、黒かったら大学の卒業式のガウンと帽子に似てない?
「博士!」って呼びたくなる。

ワゴンタイプの路線バスに乗り、目指すはきょうの宿泊地。
もちろんここでもキャンプサイトでのテント泊。
川沿いにある「オールドブリッジ バックパッカーズ」
「ブリッジ」と言うものの、あまりにも朽ち果てて盛り土にしか見えない通路を渡り、ホテルへ。

a_DSC_0250_20150312225141aec.jpg

レストランやバーもあるし、ロッジ並みに美しい常設のテントに泊まることもできる。
でも、お高い。

a_DSC_0285_201503122319514ec.jpg

自前のテントを敷地内の空き地に立てるのなら、ひとり60プラ(約1030円)とお安い。
ホットシャワーやキッチンも使えるし、Wi-Fiもあるからテントでも快適に過ごせる。

a_DSC_0251_20150312225148345.jpg

ボツワナ入国直前に大急ぎで買った、安物のテント。
わたしたちは寝袋の下に敷くマットを持っていない。
で、どうしているかというと、これ。

a_DSC_0279_20150312231934321.jpg

持っているありったけの服を敷き詰めて寝る!
セーターや厚手のズボン、レギンスなんかを敷き詰めるので、そこそこの厚みにはなる。
硬い座布団くらいの効果は発揮してくれる。

せっかく重たいのに冬服を暑い国でも持ち歩いてるんだから、有効活用しないとね!

a_DSC_0263_201503122251526c2.jpg

川を眺めながらまったりとくつろぐ。
昔はここにカバもいたらしいよ。
会いたかったなあ。

カバはいないけど、野鳥が遊びにやってくる。
甲高い声でトレモロ。

a_DSC_0282_2015031223193607f.jpg

a_DSC_0261_20150312225149f5b.jpg

それに、かわいいペットたちが宿泊客をなごませる。

a_DSC_0288_20150312232013b09.jpg

そして、ブサイクでちょっと怖くて、哀愁漂っているコイツ!
レストランのテーブルや、外の共用スペースは夜になるとキャンドルでライトアップされる。
そんななか、コイツがぬっと現れる。

a_DSC_0276_20150312231931b91.jpg

怖そうに見えるけど、おとなしい。
弱そうなチビの犬とも共存している。

a_DSC_0267_20150312225148d47.jpg

せっかく気持ちよさそうに寝ているのに、チビがコイツの鼻をペロペロ。
見ているこっちは噛まれないか心配。

でも、コイツは動じない。
「フワア〜ア!」と大あくび。

a_DSC_0270_2015031223191873d.jpg

マウンには、最近世界遺産に認定されたものがある。
それが、オカバンゴ・デルタ

世界最大級の1万8000㎡の湿地帯。
そんなオカバンゴ・デルタは野生動物の宝庫。

去年、世界遺産のリストに加えられた。
この登録で、ちょうど世界遺産の数は1000件になったんだって。

マウンの見どころはこのオカバンゴ・デルタ。
1日から1週間の日程で、サファリカーやボートでまわって野生動物を探したり、「モコロ」と呼ばれる木をくり抜いた伝統のカヌーを体験したり。

魅力的ではあるんだけど、なんせツアー代金が高い!!
数万円はする。
モコロに乗るだけでなんで、こんな高いの〜っていうくらい。

Wikipediaで調べたらこんな文章が書いてあった。

「オカバンゴデルタの玄関口であるマウンには小さなホテルやバンガローが建ち、欧米を中心に富裕層の観光客が多く訪れ、オカバンゴデルタの観光はダイヤモンドに次ぐボツワナ政府の収入源となっている。」

「富裕層の観光客」!?

わたしたちは、貧相な観光客ですが、なにか?

ということで、貧相なわたしたちはツアーに参加せずにまったり居心地のいいキャンプサイトでくつろぐつもりだった。

でも、わたしたちのように貧相なバックパッカーたちがほかにもキャンプサイトにはいる。
貧相は貧相なりに、最大限にここでの滞在を楽しみたい。

わたしたちと同類のバックパッカー3人がこんな話をもちかけてきた。

「オカバンゴ・デルタの1泊2日のモコロツアーをいっしょにやらない?
このホテルで申し込むとバカ高いんだけど、直接現地人に頼むと信じられないくらい安くなるらしい。
きのう、それで行ってきたほかの旅人に会ったんだよね。」

話を持ちかけてきたのは、フランス人の男の旅人マシュー、スウェーデン人のフィンセントとアルゼンチン人のアナのカップル。
彼らから聞いた代金は、信じられないくらい安かった。

自称ガイドの現地人がやってきた。
「ホテルのスタッフにバレたら追い出されるから、小声で話して」と彼は言う。

彼が説明する1泊2日の旅程はとてもシンプル。
車でオカバンゴ・デルタまで移動して、そこからモコロに乗って中州に移動。
適当なところに自前のテントを張って、自分たちでごはんをつくって泊まる。
次の日、またモコロと車でここに戻ってくる。

彼が提示した金額は通常のツアーよりも激安ではあったけれど、事前にほかの旅人から聞いていた金額よりも高かった。

わたしたちはテントをたたんでしまって、すでにパッキング済み。
みんな内心は行く気で満々。
普通なら「まあ、安いしそれでいっか」ってなるんだけど、3人は折れない。

「高いから、それならもう参加しない!」
「やーめたっ。」
「さようなら!」


わたしたちと同じ匂いを感じる。
お金にシビアな旅人を、わたしたちは嫌いではない。

けっきょく、わたしたちと自称ガイドは交渉を続け、ひとり184プラ(約3100円)で落ちついた。
通常のツアーの5分の1くらいの金額。

このツアーが安かろう悪かろうであることはみんな心得ている。
通常のツアーと比べると、モコロで行くコースも違うだろうし、ちょっとしたハプニングや「話が違う」ってこともあるだろう。

でもそれでもわたしたちは楽しめる自信がある。
それが貧相なバックパッカーの強みでもある。

案の定、出発予定時間に大幅に遅れてガイドがわたしたちを車で迎えにやってきた。
なぜかガイドが3人いる。
モコロをガイドが漕ぐから3人必要らしい。

わたしたちは5人。
ガイドは3人。
なのに、車一台でホテルにやってきた。

乗れんやろ!

事前に乗れんってわかるはずなのに、なぜかそのことに今ごろ気づくガイド。

「親戚から車を借りるからとりあえず親戚の家に行こう」と言うガイド。
そしてほかの2人のガイドは歩き、わたしたちは親戚の家に車で移動した。

a_DSC_0296_201503122320292c8.jpg

この親戚の家でまたも待ちぼうけ。
でも、誰も文句を言わない。
こんな展開になることは想定内。

1時間近く待って、ガイドが言った。

「車借りるために、もっとお金が必要。」

貧相旅人5人は、声を合わせて言う。
「はあ〜っ!?
 話が違う!」

そしたら、こんな結果になってしまった。

a_DSC_0301_2015031223202718d.jpg

無理矢理1台に乗せられる。
後部座席に4人。
荷物を載せるところに2人。

こんなことも想定内。
かなり窮屈だけど、しょうがない。
むしろ、こんな窮屈でも楽しめるのが強み。

こんな窮屈な中、いつまでたってもオカバンゴにたどり着かない。

ガイド、道をしらない模様。

a_DSC_0305_2015031223203692f.jpg

木々の間を通り抜けるのはいいけど、どんどん木が生い茂り、とうとう車で進めなくなる。
そして、車体を枝にぶつけながらバック。

道のないような林や、突然現れる草原をぐるぐるしながら、民家発見。
民家を見つけるたびに道を聞くガイド。
というか、オカバンゴではなく、道を聞くたびに民家を探すことが目的になってきている。
まあ、それも想定内だけど・・・。

a_DSC_0311_20150312232127975.jpg

いろんなことを想定内だったわたしたちだけど、さすがに不安になってきた。

これって今日中にオカバンゴにたどり着く?
モコロに乗れる?

激安ツアーだからいろんなことを想定しないと。
ツアー中断ってことも・・・。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント