Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スタンプだらけ パスポートのページを増やそう

2015.02.28 05:47|ザンビア☞EDIT
念願のニベアのクリームを買ったイクエです。
ケンゾーと兼用で使ってます。
旅行をしてから夫婦ともにシワが多くなったので、少しでもなくなれば・・・。
効果はいかに!?

マラウイで1日多く不法滞在してしまったイクエとケンゾー。
賄賂を渡した女性警官に「もうマラウイには二度と来れないわよ」と言われたけれど、言われなくてももう来ることはないと思う。
日本とマラウイって遠いもんね。
といってもマラウイはすごーくいい国なんだよ。

「さようなら、マラウイ。」

マラウイからザンビアに入国。

「こんにちは、ザンビア。」

ここからは乗合いタクシーでバスターミナルへ。
ひとり15クワチャ(約300円)。

a_DSC_0443_2015022703564615e.jpg

途中、ザンビアクワチャがないからATMでおろしたいというと「だったら運賃1.5倍ね」とドライバーに言われた。
すると同乗者のおばちゃんがドライバーに「何あんたケチなこと言ってるの。ちょっとそこの銀行に寄ってあげるくらいいいじゃないの!」と抗議。
おばちゃんのひとことで寄ってくれた。

きょうはいっきにバスでザンビアの首都のルサカを目指す。
ほんとうはマラウイの首都のリロングウェから直通バスに乗る予定だったけどきょうはあいにくの運休日。
だから自分たちでここまできた。
ここからルサカ行きのバスを探さないと。

ルサカ

でもすんなりとはいかない。
きょうのルサカ行きの大型バスはすでに出発済み。
この街で一晩明かさないといけないのかあ・・・。

でも、ルサカに行く小型バスがまだ出発していなくて乗れるみたい。
大型バスよりも頼りないし、きっとスピードは出ない。
ルサカまで何時間かかるんだろう。
周りの人に聞くと「大型バスと1時間くらいしか変わらない」と言う人もいるし「3時間くらい違う」と言う人もいる。
3時間くらいの差だったらいいけど、それ以上だと夜に着いちゃうからあまり気は進まないけど、乗るしかないかな。

a_DSC_0444_201502270356471a0.jpg

運賃を聞くと大型バスと変わらない。
それはひどいよ。
このクオリティーだし、ノロノロ運転だろうし。
言い値150クワチャを130クワチャ(約2600円)に値下げしてもらって乗車。
(あとでわかったけど150クワチャ(約3000円)で乗ってる人もいれば、100クワチャ(約2000円)以下で乗ってる人も。いいかげんだなあ。)

乗ったはいいけどなかなか出発しない。
待つってだけで疲れる。

a_DSC_0445_20150227041558505.jpg

もちろん補助席が埋まるまで出発しない。
それどころか、補助席がいっぱいになっても出発しない。

右側に2席、補助席を挟んで左側に1席。
なのでふつうは一列に4人乗ることになる。
だけど運転手は一列に5人乗せないと気が済まないらしい。
前と後ろの間隔も狭いのに、窮屈すぎるよぉ。

2時間以上が経ち、ようやく出発。
スムーズに行っても日暮れ直前にしか着かない。
願うのは、バスがスピードを出してトラブルもなく走ってくれること!
頼みますよ。

でも予想外だったことが・・・。

マラウイよりもかなり発展しているはずのザンビア。
なのに、道が未舗装!!
がくんがくんバスは揺れるし、定員オーバーで隣の人と密着して暑いし、のろいし。
不快指数MAX。

a_DSC_0447_201502270356483c0.jpg

「もうちょっとで舗装された道になるはず」
「次の街こそは」
「あと少しの我慢」。

そう自分に言い聞かせてなんとか耐えるけど、道はいっこうに良くならない。
太陽が空高くのぼり、気温がじわじわと上がっていく。
車内の温度も高くなり、汗がじっとり。
みんな密着しているから余計暑いし、狭い車内に詰め込まれているので息苦しい。

だけどなかなか窓を開けられない。
というのも未舗装なので前に車が走っていたら砂埃が一帯を包み込む。
景色も楽しめないし、苦痛以外の何ものでもない移動。

a_DSC_0448_20150227035649eb3.jpg

「景色を楽しめない」と言ったけど、ほとんど同じ光景。
何もない。
たまに集落があるくらい。

電気がない家々。
ザンビアもマラウイとそれほど変わらないのかもしれない。

a_DSC_0450_20150227035909d10.jpg

舗装された道になることはない。
バスはあいかわらずスピードを出せない。
予定よりもかなり時間がかかっている。

ケンゾーとGPSでバスの現在地を確認しては、ため息をつく。

「うわあ、まだここか。」
「これ、今日中に着かんかも。」

日がどっぷりくれたところでトイレ休憩。
夜風にあたり、ほてった体を冷やす。

ここまでがんばった自分たちにご褒美のコーラ。
少しだけ喉を潤したけど、たっぷりたまった疲労がなくなるわけじゃない。

a_DSC_0451_2015022703591095b.jpg

上の写真のバスの後ろについている白いキャリアー。
これもバスがスピードを出せない原因のひとつ。
バスが狭いので客の荷物が入らず、このキャリアーに大量の荷物を載せてひっぱりながら走る。
飛行場で乗客のトランクやバッグを載せて運ぶようなやつ。

ここまででバスに乗ってからすでに9時間経過。

途中からどんどん乗客が降りていってバスがすいてくるかなと期待していたけど、まったく逆の展開に。
首都のルサカに近づけば近づくほど、新たな客が乗ってくる。
立っている人もでてきて、車内はムンムン。

a_DSC_0452_20150227035912798.jpg

でも「これもアフリカ旅の醍醐味だ」って自分に言い聞かせる。
こういうことがたまにあるから「今自分たちはアフリカを旅している」ことを感じることができる。
久しぶりの「旅してる感」。
これも悪くない。

舗装された道になり、バスは首都のルサカに着いた。
「え!? なにあの施設。」
「うっわ、ちゃんとしたホテルがある。」

「めちゃくちゃ都会やん!
 電気がすごい。」

「でも、なんかがっかり。
 普通の都会やん。」


「ここアフリカじゃないね。」
「こんなにきつい思いしてたどり着いたのが、こんなただの都会って。」

これまで見てきたマラウイとはまったく違う街の光景に、わたしたちは驚くとともにアフリカらしさがないので失望を感じていた。

バスターミナルに着いたのは深夜12時。
13時間以上バスに乗りっぱなし。
アフリカの国は、首都の治安が良くないところが多い。
ここルサカも安全とは言えないと思う。

どうやってホテルに移動するか。
ホテルまでは2キロ弱。
バスターミナルにはタクシーの客引きがいる。
でも、こんな深夜にターミナルで待っているタクシーのドライバーを信用していいものかどうか。
かといって人通りがないなか、歩くのも怖い。

迷ったけど、結局歩くことにした。

周りを警戒しながら足早に。
車や人がいたら、ぱっと離れる。
建物の隅に引き込まれそうなところには近づかない。
神経を尖らせて、いろんなところを見回しながら早歩きする。

胸がドキドキする。
息も荒くなって、ようやく宿を発見。
わたしたちが行きたかったところとは違うけれど、これ以上ウロウロしたくない。

a_DSC_0455_20150227035913b24.jpg

ドミトリーもあってひとり60クワチャ(約1200円)。

朝6時前にマラウイのリロングウェのホテルを出て、18時間以上。
日が変わってしまった。
その間ビスケット以外食べていない。
お腹はペコペコ。
でも食堂もスーパーも開いていない。

キッチンを使わせてもらえることになった。
温かいものが食べたい。
しかも簡単にできるもの。

a_DSC_0456_20150227035915cfa.jpg

わたしたちには秘蔵の品があった。
それは、マラウイの協力隊員のむっちゃんがくれたもの!
ありがとう、むっちゃん!!

a_DSC_0090_20150227035644e94.jpg

マルタイの豚骨ラーメン!!
わたしたちが慣れ親しんだ味。
ソウルフード。

a_DSC_0457_201502270401495fa.jpg

こんなときに食べるラーメンは格別だね。
あっという間にたいらげてしまった。

きのうは真っ暗でよくわからなかったルサカの街。
明るくなって街に出てみた。
きのうはほとんど車も通っていなかったけど、昼間はたくさんの車。
車線もたくさんあって信号があって、整然と車が通行している。
この秩序、先進国?
いままでの国とは違う。
街路樹まである。

a_DSC_0461_201502270401528ab.jpg

大きなショッピングセンターのパーキングにもたくさんの車。
ショッピングセンターに入っているのはケンタッキーや大型スーパー、カフェやブランドファッションの店など。
こぎたない格好をしている自分たちが急に恥ずかしくなる。

(アフリカ旅を終えた今感じるのは、マラウイから南西の国はかなり発展していたということ。
ザンビア、ボツワナ、ナミビア、南アフリカ・・・。
物価も高くてわたしたちがもっていたアフリカのイメージとはかけ離れていた。)

それでもここルサカに来るまでにバスから見た農村の集落は原始的で水も電気もないようなところだったし、この国は貧富の差がとても大きいのかもしれない。
物価はとても高く、貧しい人たちにとってはとても生きにくい国だと思う。

a_DSC_0469_20150227040229d59.jpg

わたしが「この街、発展してるなあ」って感じるポイントは看板広告があること。
電化製品や日用品、通信会社やテレビ番組の宣伝が街にあふれている。
人々に購買意欲があり、それくらいのお金をもっている人たちがいる。

a_DSC_0460_201502270401519f4.jpg

そんな看板のなかに、こんな変わったものを発見。
ベッドに横たわる夫。
見つめる妻。

a_DSC_0471_20150227040231db7.jpg

「あなたの連れがどうだか知らない?
 きょう調べましょう」


これはザンビアの保健省などが出している広告。
HIV感染のテストをすることを奨励している。

a_DSC_0472_20150227040451d01.jpg

ザンビアではHIVの感染率が12パーセントぐらいと言われている。
数人にひとりがHIV感染者。
アフリカ全体でもそうだけど、けっしてエイズは珍しいものではなく、自分や自分のまわりの人も感染する可能性は非常に高い。

昼ごはんの時間。
さて、どこで食べようか。
ショッピングセンターに入ってる店は高くて行く気がしない。

さっき路上でたっぷりの油で大量の鶏肉を揚げている店があった。
美味しい匂いが漂っていたし、お客さんも多いみたいだったし。

衛生的な不安はあるけれど、揚げたての新鮮な鶏肉を食べられそう。

a_DSC_0467_20150227040227fe9.jpg

店の前には6つの鍋が並べられている。
中に入っているのは鶏肉や魚の唐揚げや煮込み料理。
指して注文。

a_DSC_0468_20150227040228a90.jpg

このお店のチョイスは、大正解だった。
トマトベースの鶏肉も魚の唐揚げもやわらかくて香ばしくておいしい!
一皿10クワチャ(約200円)。

a_DSC_0464_20150227040155be8.jpg

a_DSC_0466_20150227040225320.jpg

さらにセットになったシマ(トウモロコシの粉を練った主食。別名「ウガリ」)がいける!
これまでシマをおいしいと思ったことは一度もないし、数口食べたら飽きて残してたんだけどアフリカに来てはじめての完食。
パサパサしてないし、ほどよいもっちり具合でアツアツ。
シマはアフリカの国の中でザンビアがいちばんおいしいかも。

a_DSC_0463_2015022704015353a.jpg

わたしたちにはザンビアでやらないといけないことがあった。
それはパスポートの増補!!

「増補」なんて言葉、日常会話では使わないよね。
増補っていうのは、パスポートのスタンプを押されるページを増やすこと。

長期で旅行しているといっぱいスタンプを押されて余白がなくなっていく。
ビザが必要な国では、1ページ丸々使ってビザを貼られる。

余白が残り少なくなってきたわたしたちは、出入国のたびに「ゲゲ!こんな真ん中にスタンプ押された!もったいない」とか「このスペースに押してくれればムダがないのに!」とか「ビザで1ページ取られた!」とか「ここの国のスタンプ、でか過ぎだよ!」なんていつも不満を言い合っていた。
普通、旅行をしているとたくさんスタンプがたまっていくことがうれしいはずなのに、その逆になりつつあった。

パスポートのページを増やすことは日本大使館でやってもらえる。
大使館によってかかる日数や値段が違う。

もっと安いところもあったんだけど、できるときにやっておかないといけないのでザンビアでやることにした。

ザンビアの日本大使館ってちっちゃそうだなあ。
どこかの雑居ビルの1室かもなあ。

そう思ってたらぜんぜん違った。
塀に囲まれている敷地はかなり広い。
なかなかこんな大きな日本大使館ってないんじゃない?

a_DSC_0473_20150227040453310.jpg

ちょうどこのときは日本の総選挙の時期。
大使館では在外投票が行なわれていた。
日本の投票所みたいについ立てのある机が置かれていて、ザンビア在住の日本人の有権者が投票していた。
受付の大使館の日本人職員が、日本人の有権者に日本語で説明して投票用紙を渡す。
なんか、こんなところで日本を感じて不思議な気分になった。

ちなみにイクエとケンゾーには投票の権利はない。
3か月以上そこに住んでいないとダメだから、わたしたちみたいに各地を転々としているのは有権者でなくてただの放浪者。

投票を放棄しているから「日本の政治はだめだ」とか「与党が・・・」とかあまり文句を言える立場ではほんとはないんだよね・・・。
すみません。

パスポートの増補は1週間くらいかかるかなって思ったんだけど、なんと即日でできるらしい。
値段は139クワチャ(約2780円)。

大使館の職員の人には「あんたたち、なんでそんな長いこと放浪してるの?ちゃんと働きなさい」なんてことは言われなかった。
かわりに聞かれたのは「西アフリカには行かれましたか?これからエボラの蔓延している国に行く予定はありますか?」ってこと。
「はい」って答えたら止められるのかもね。

増補は、職員が手作業でやっているのかけっこう味わいのあるつくりになった。
緑の糸でページが綴られている。

a_DSC_0517_20150227040454f6b.jpg

たまに増補したパスポートは海外で偽造パスポートと勘違いされることもあるらしい。
モンゴルで出会った旅好きの日本人はそれが嫌で、10年間のじゃなくてわざわざ5年間の青色パスポートをもち、こまめに作り直していた。

追加されたのは40ページ。
かなり厚くなってしまったけど、これからは気兼ねなくスタンプを押してもらえる。

帰国までにあといくつスタンプがたまるかな。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント