Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ルワンダとタンザニアの橋渡しをした男

2015.01.27 02:40|ルワンダ☞EDIT
「未来少年コナン」と「アルプスの少女ハイジ」と「ルパン三世カリオストロの城」が大好きなケンゾーです。
将来子供ができたらコナンのように仲間を大事にして女の子を助けてあげられる男の子と、ハイジのように天真爛漫で優しい女の子になってほしい。
そして自分自身は、いつまでも遊び心を忘れずここぞというときにはダンディーなルパンのようになりたいなあ。

海外協力隊員のやすこちゃんとお別れしてルワンダを離れることにしたケンゾーとイクエ。
虐殺被害者から直接話を伺えるという貴重な機会を作ってくれてありがとう。
これからもますます地元の人たちのアイドルとして愛されてね。

ケンゾーとイクエが次に向かうのはお隣のタンザニア。
ミニバスに乗ってルスモという国境をめざす。
キレへからルスモまで500フラン(約80円)。

ルスモ

a_DSC_0377_20150125194141e84.jpg

ルワンダ旅最後の最後に「償いの家」プロジェクトを見ることができてよかった。
殺し、そして殺された加害者と被害者が虐殺後も共存していることがどうしても理解できずに、モヤモヤとしたものを抱えたままルワンダを旅していたけれど、やっと雲が晴れた気分。

a_DSC_0378_201501251941392e5.jpg

加害者も被害者も悲しい過去から逃げずに日々己と闘っている。
過去を変えることはできないけれど、新しい未来を造り出すことはできる。
すべての人が心穏やかに暮らしていける日々が一日でもはやく訪れるといいな。

およそ30分で国境に到着。
ここを歩いて越えるとタンザニアに入国だ。

a_DSC_0382_2015012519413887e.jpg

さあタンザニアへ!の前に、じつはこの国境で人と会うことになっている。
しかも日本人。

ここルスモのルワンダ ー タンザニア国境ではある建設プロジェクトが進行中。
この国境は両国間の物流にとって重要地点なんだけど、国境を流れるカゲラ川に架かる橋は狭くて老朽化が進んでいた。
慢性的に混雑しているうえに国境の手続きが煩雑で入出国に2週間かかることもあったんだそう。
そこで古くなった橋の架け替えと、国境施設の整備をJICAの支援として日本が一手に引き受けることに。

今回実際の工事を請け負っている現地責任者の方をやすこちゃんに紹介してもらって建設現場を見学させてもらうことに。
ルワンダ隊員の間でちょっとした観光スポットになっているんだって。

待ち合わせまでまだ時間があるのでちょっと腹ごしらえ。
国境の手前にあった食堂で最後のルワンダ飯。
大盛りのライスに豆、そして食用バナナ。
ここにきてウガ飯(ウガンダ飯)を彷彿とさせるものを食べるとは思ってもいなかった。

a_DSC_0381_20150125194140f32.jpg

腹いっぱいになったところで、建設現場(=国境)のすぐそばにある事務所へ。
日本人スタッフは9人。
建設が始まった2011年からずっとここに寝泊まりしているんだそう。

a_DSC_0392_20150125194226a13.jpg

ちなみに現地の雇用者はルワンダ人、タンザニア人あわせて約800人。
日当3ドルで働いてもらっているんだそう。
ルワンダの平均年収が300〜500ドルなので悪くない収入だ。
何もない田舎で雇用もないなか、現地の人はとても喜んでいるのだそう。
プロジェクトが始まってから貧しかった家の人たちが豊かになり、その人たちが家を建て直して集落がきれいになっていってるんだって。

建設現場は山奥の国境。
見渡す限り山ばかりで周囲はな〜んにもない。

a_DSC_0379_2015012701244997e.jpg

こんなところで3年以上缶詰状態で日々働いている。
品揃えの悪すぎる小さな店とさっきのウガ飯みたいなのしかメニューにない食堂が2〜3軒あるだけ。
それ以外は何もない。
娯楽もないし、お金を使うところなんてない。
日本の経済を支えているバリバリのサラリーマンと、かたや住所不定無職で2年以上ふらふらしている旅人。
なんだか仕事中に押しかけてしまうのが申し訳ない。

恐縮しながら事務所を伺うと責任者の亀田さんは事務作業に追われていた。
「ああ〜、来たかあ。
 今ちょっと手が離せないんだあ。
 そうだ、カレー食うかぁ?
 昨日のカレーがまだ残ってっと思うから、食べてて。」


亀田さんは欽ちゃんみたいな抑揚が大きくてゆっくりでほんわかした喋りかたをする気取らないおじさんだった。
なにをどうしていいのか分からないまま寮の食堂へ。
そして出てきたカレー。
しかも日本のルーを使った正真正銘日本のカレー!

a_DSC_0387_20150125194204477.jpg

a_DSC_0391_201501251942244c5.jpg

まさかここで日本のカレーを食べることができるなんて!
ついさっき、ルワンダ飯を食べてしまったことを激しく後悔するケンゾーとイクエ。
あ〜、お宝のカレーを腹がへった状態で食べたかった。

食事担当の現地のおばちゃんにカレーの作り方を教えたんだそう。
ルワンダ人が作るカレーは、ちゃんと日本のカレーの味だった。
お腹いっぱいでもやっぱりカレーはうまい。
美味しくて幸せなんだけど、お腹いっぱいであまり食べられないという悲しい現実。

食堂にはほかにもお宝がいっぱい。
日本から送られてきた日本食が大量に!

a_DSC_0389_20150125194207006.jpg

a_DSC_0384_20150125194203a80.jpg

そりゃあ、こんな僻地で暮らしてると、食べることしか楽しみがないよね。
3年以上経過しているこのプロジェクトもまもなく完了。
みなさんおつかれさまです。

カレーだけじゃなくて、なんとビールもご馳走になってしまったケンゾーとイクエ。
手が空いた亀田さんが現場を案内してくれることに。
まずは国境を一望できる高台へ車で連れて行っていただいた。
休みの日はこういった高台までトレッキングすることもあるんだって。

「歩いてるとさぁ、いっぱい現地の子がついて来るわけよ。
みんな裸足でたくましくて。
自分も小さいのに妹や弟をおぶったり、家畜の世話をまかせられてたり。
子どもも家族の一員としてちゃんと自分の役割を果たしながら助け合って生活してる。
なぁ〜んか、家族の原点を見るみたいだよなあ。
そういうの、アフリカいいよなぁ。」


a_DSC_0397_201501251942349e4.jpg

とうとうと流れる茶色い川がカゲラ川。
ナイル川の源流の一つで、この先はヴィクトリア湖へと注いでいる。
川を挟んで左側がタンザニア、右側がルワンダ。

a_DSC_0393_201501251942325a2.jpg

国境の橋はルスモ滝という滝の上に架かっている。
建設のことはまったくのど素人なんだけど、難易度の高い現場なのかな?

a_DSC_0394_20150125194232213.jpg

昔の橋は一車線しかなくて5トンまでしか渡れなかったけど、新しい橋は2車線で50トンまで通れるようになっている。
このプロジェクトは橋の架け替えだけじゃなくて新しい税関の建設も含まれている。
これが新しい建物。
さりげなく日の丸がイメージされているのが分かるかな?

a_DSC_0399_20150125194333caa.jpg

ルワンダからタンザニアへ輸入される物よりも、タンザニアからルワンダへ輸入される物のほうが量は多い。
税関では外から入ってくる品物をチェックしないといけない。
なので必然的にタンザニア側よりもルワンダ側のほうが施設も広く建物が大きく造られている。
先日タンザニア大統領が視察に訪れたそうなんだけど、「どうしてルワンダよりもタンザニアのほうが狭くて小さいんだ!!」って怒りだしたんだそう。
「それまで何度も説明してたのに、分かってくれないから頭にきちゃったよ。2つの国が絡むってのは難しいなぁ。」と苦笑いの亀田さん。

資材を盗まれることもあって、そのために工期が遅れてしまうことも。
本来は2014年内に完工する予定だったんだけど、「ここで年越しするはめになっちゃったよ」だって。
文化や習慣が日本とはまったく違うアフリカで仕事をするのは大変だろうなあ。
(このあと工事は完了し、1月10日に現地で完工式典が開かれました。)

これまでも海外の現場で働いてきた亀田さん。
南米や中央アジア、シンガポールにオーストラリア・・・。
それぞれ3年くらい住んで働いては、ちょっと日本に帰って次の国へ。
そんな生活を30年以上している。
奥さんもお子さんもいらっしゃっていっしょに海外に行かれることもあるんだけど、今回はアフリカのこんな超田舎。
単身赴任で来られている。
何もすることがないこんな田舎で、休みの日は読書をしてるんだって。
超有名なアメリカの大学に留学していたくらいなので英語はペラペラ。
なんだけど、英語は抑揚なしでイントネーションはフラット。
喋るスピードは日本語とおなじでゆっくりだから面白い。

このあと実際に橋を渡ってタンザニア側へ。
ルワンダは右側通行だけど、タンザニアは日本と同じ左側通行。
中間地点で道がクロス、通行が逆になるようになっている。

a_DSC_0402_20150125194341b87.jpg

これが亀田さんたちが架けた新しい橋。
日本の橋渡しでルワンダ・タンザニア両国が仲良く発展していくといいね。

a_DSC_0403_201501251943409ee.jpg

「せっかくだから、歩いて渡ったほうがいいだろ?」
亀田さんの粋な計らいで歩いて橋を渡ることに。

a_DSC_0404_20150125194357f0b.jpg

並んで架かっている古い橋は壊さずにそのまま残すんだそう。
20年前、虐殺を免れるために大量のツチ族の人々がこの橋を渡ってタンザニアへと逃れていった。

a_DSC_0405_201501251944032ce.jpg

当時、橋の下のカゲラ川には6000体とも言われる遺体が流れていたんだそう。
タンザニアへと逃れるツチ族の人々はどんな思いで橋を渡っていただろう。
亀田さんによると、信じられないことに今現在でも年間に十数体の遺体が上流から流れてくるんだそう。
誤って転落したのか、それとも殺されたのか。

政府に反対する住民が殺されているといううわさもこれまで聞いてきた。
今のルワンダ政府には謎が多い。
罪を償い、そして赦そうという国民の努力が台無しになるようなことが起きないことを願うのみ。

a_DSC_0400_20150125194341457.jpg

亀田さん忙しいなか案内していただいてありがとうございました。
海外で働く日本のお父さんの姿に尊敬の念を抱きました。

カレーおいしかったです!

a_DSC_0409_20150125194400c0f.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

日本に帰国して、初めてこの記事の存在を知りました。楽しく読ませて頂きました。元気ですか?今はどこにいますか?

亀田さま

無事に日本に帰国されたんですね。長い間おつかれさまでした!

その節は突然押しかけてしまったにも関わらず、現場を案内していただいてありがとうございました。あのときご馳走になったカレーの味は今でも忘れられません。

ブログを読んでくださったようで恐縮です。失礼な表現がありましたらお詫びいたします。
わたしたちはいま、南米のボリビア、世界一の銀鉱山があるポトシにいます。わたしたちの旅も残り少なくなってきました。亀田さんもお体ご自愛ください。またどこかでお会いできる日を楽しみにしています。
非公開コメント