Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

韓国・慶州 「仏国寺」と「石窟庵」☆

2012.09.08 23:41|世界遺産 星いくつ?☞EDIT
きのう夫を叱ってしまったイクエです。

ブログについて聞かれることで多いのが
「どっちが記事を書いてるの?」という質問。
答えは「日によって違う」ですが、きょうから名乗って記事を書きます。

世界旅行3日目。早くもきょうは2か所の世界遺産を巡った。
世界遺産と聞くだけで、「それは行かなきゃ!」って思う。
実際に世界遺産の観光地を訪ねたら「よし!世界遺産を見たぞ〜」って思う。
そして「世界遺産に行ったんだよ!」って自慢したくなる。

でも、どうなんでしょう。
世界遺産は、重要だとされる文化財を保護する目的で
世界遺産委員会が選定するもの。
だけど人それぞれ価値観は違う。
「世界遺産」というネームバリューに惑わされて
自分の感覚でその遺産が「すごい」とか
「これよりも地元の寺のほうが好きだけどな」とか
自由に考える余地がなくなるのなら、なんかかなしい。

そこで、このコーナーでは世界遺産を紹介しながら
イクエとケンゾーの価値観で星をつけます。
星は1つから最高3つまで。
あくまでも2人の価値観なので、ご参考程度に。

さて、一つめの世界遺産は仏国寺

a_DSC_0131_20120908230423.jpg

ここ慶州は新羅王国の首都だったため、いたるところに古墳や遺跡がある。
仏国寺もその一つで、751年に熱心な仏教徒だった宰相の金大城が創建した寺。

a_DSC_0080_20120908211849.jpg

日本のお寺は「厳か」というか、あえて言えば「地味」なものが多いけれど
他のアジアのお寺では、カラフルな色彩が豊富に使われている。
表情も日本に比べて、どことなく「かわいい」。
チベット仏教もカラフルな曼荼羅が有名だけど
このお寺の様子もそれに近い感じがする。

a_DSC_0086.jpg

日本でいうなら神社だけど日光東照宮の雰囲気に似ている。
海を渡って日本に来た、生き生きとした色彩の仏教は
今日の寺のようなモノトーンの雰囲気にいつどういうふうにかわったんだろう。

この階段を上っていけば、本尊の仏像がまつってある法堂に行ける。

a_DSC_0082_20120908211849.jpg

階段は下のほうが「青雲橋」、上のほうが「白雲橋」と名付けられている。
「橋」というのには現世から仏の国に行く
「架け橋」という意味が込められてるんだって。
空に上っていくように、仏様の国に行って下界を見たらこんな感じだった。

a_DSC_0084_20120908211848.jpg

なんか上から下にいる人を見下ろすと優越感が湧いてくる。
殿様になった気分。
これって悟りの境地にはほど遠い証拠かな。

境内にはこんな光景も見られる。
さて、なんでしょう。写真でわかるかな。

a_DSC_0093_20120908211847.jpg

日本でもたまに見る、石積み。
「願いを込めて」なのか「みんながやってるからなんとなく」なのか
小さな子も大人も韓国人に限らずやっていく。

a_DSC_0091_20120908211847.jpg

「いい旅ができますように」
イクエとケンゾーも石を積んで仏国寺をあとにした。


続いての世界遺産は石窟庵
ここからはケンゾーが書きます。

石窟庵は仏国寺のお隣にある。
ただこの “お隣” がくせもの。
仏国寺の入口脇から約3km山道を登らないといけない。
運賃1300ウォンのバスもあるけれども、そこは節約旅行。
もちろん歩くでしょう、4、50分くらい。

木漏れ日がキレイな山道を歩いていく。
風もいい感じで吹いてて気持ちがいい。

a_DSC_0094.jpg

時々リスがやって来てかわいい表情を見せてくれる。

a_DSC_0099.jpg

でも周りの景色を楽しみながら登れたのも最初の10分くらい。
坂がどんどん急になってきた。

a_DSC_0108.jpg

日頃の運動不足がたたってイクエはけっこう辛そうに。
口数もどんどん減っていき、表情もなくなってきた。

a_DSC_0109_20120908233720.jpg

そして・・・

ち〜ん

a_DSC_0103_20120908224418.jpg

お寺はまだまだ先だけど
仏様に会う前に解脱してしまった!

そんなこんなで70分かけて到着。
石窟庵は本尊が納められてる部屋の上に土を被せて
自然の洞窟に見せかけている。
瓦屋根の建物が入り口部分で奥の古墳のようななかに仏様がいる。

a_DSC_0130.jpg

中の写真撮影はNG。
劣化が進んでいるとのことで石窟の手前からガラス越しでしか仏様を拝めなかった。


さて、今回の世界遺産。
「星いくつ?」

「星1つ

理由は、日本でなじみのある仏教遺産なので
ケンゾーとイクエにとってはあまり新鮮味がなかった。

それと仏国寺は、1590年代に秀吉がおこなった
文禄・慶長の役(壬辰倭乱)のときにほとんどのものが
焼失して、その後に復元されたのだそう。
そんな被害を受けなければ、もっと興味深いのを見られたのかも・・・と
残念な気持ちもあり、今回は☆です。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント