Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

切ないピグミー

2015.01.07 09:02|ウガンダ☞EDIT
「お正月を写そう ♪ フジカラーで写そう ♪」のCMが今年も流れているのか、ふと気になったイクエです。
もうやってないんですかね、樹木希林のヤツは。
わたしがもっとも好きだったのは、スケートリンクの上で樹木希林が顔写真のお面を後頭部につけて前屈みになってなんちゃって「イナバウアー」をやってたバージョンです。
「イナバウアー」って単語自体、かなり懐かしいですね。

さすらいの世界一周旅人、OGGYとともに訪れたピグミーの人たちの村。

身長が低いことで有名なピグミーの人たち。
彼らに笑顔で迎えられて握手をしたときに「あー、やっぱり小さい」って思った。

さて、どのくらい小さいかというとこのくらい。
右が首長さんで、左の胸毛がご立派な男性が副首長さん。

a_DSC_0084_20150103215309759.jpg

この写真じゃわかりにくい。
比較対象でわたしと並んだ写真がこれ。
ちなみにわたしの身長は148センチ。

a_DSC_0134_20150103215415aca.jpg

やっぱり小さい!
副首長さんは145センチくらいかなあ。

もちろんもっと小さい人もいれば、大きい人もいる。
大きいと言っても160センチくらい。
平均して150センチくらい。

a_DSC_0133_20150103215410a5d.jpg

身長148センチのわたしにとって、いつもは自分より背の低い大人というのがほとんどいない。
なので同じ目線で会話ができるここはわたしにとって居心地がいい。

a_DSC_0113_20150103215336d51.jpg

ピグミーの男性は「うわ、小さい」と思ったけど、ピグミーの女性に対しては男性ほど小さい印象をもたなかった。
なんでかな。
ピグミーに限らず一般的に男性よりも女性は小さいから、小さい女性に見慣れていて違和感を感じないのかもしれない。
といってもやっぱり改めて写真で見ると、小さい。

a_DSC_0125_20150103215409bd3.jpg

子どもはあんまり小さいとは思わない。
年相応の身長。
ピグミーの人たちは、途中まではほかの民族と同じように成長し、早い段階で成長が止まるのかもしれない。

a_DSC_0104_20150103215341a3f.jpg

でも驚いたのは身長じゃなくて彼らの年齢。
赤い服の首長さんと、となりの副首長さん。
いくつに見える?

a_DSC_0166_20150107034650320.jpg

わたしたちは首長さんが30歳くらいで、副首長さんが50歳くらいと思ってた。
でも、実年齢は首長さんは50歳、副首長さんは70歳なんだって!
若く見え過ぎてそのことが信じられない。
「お父さんはいくつ?お父さんがいくつのときに生まれたの?」「結婚は何歳?」「結婚して何年経った?」「子どもはいくつ?」なんて質問攻めをしながらわたしたちは何度もその年齢が合っているか確認してしまった。

姿勢もいいし、肌ツヤも良くて若々しい。
早いうちに成長が止まるから、老化現象も止まるのかも・・・。

ちなみに首長は世襲制。
だから現在の首長さんのお父さんも元首長。
こんな山奥の集落で暮らしているのに首長さんだけは英語が上手。
首都のカンパラの大学を卒業しているんだって。
首長さんは話も上手で理解力もあって知的な感じがする。
さすが首長さん。

a_DSC_0090_20150103215314bdc.jpg

ピグミーの人たちがわたしたちのために歌とダンスを見せてくれた。

円になって真ん中に太鼓を置き、リズムを取る。
歌い、踊りながらまわっていく。
リズミカルだけど単調で呪文のようにも聞こえる歌。

a_DSC_0097_20150103215313330.jpg

長い木製のヤリをもった副首長さん。
うさぎ跳びのようなことをしたり、屈伸して腰を落としたかと思えば立ったり。
足を伸ばしてコサックダンスのような動きも。
かなり機敏な動きで踊る。
とても70歳とは思えない。

ちょっとコミカルでナインティナインの岡村みたいだったので「OKAMURA」と呼ぶことにした。

a_DSC_0088_20150103215310c64.jpg

ピンピン玉を大きくしたような2つのボールが紐でつながっている楽器。
紐の部分をもって振り回し、2つのボールをカチカチとぶつけながら音を出していく。

a_DSC_0102_20150103215331e52.jpg

小さな円になってまわっていく。
伝統的な生活をすることは今ではほとんどできなくなっているけれど、やっぱりこうやってみんなで民族の音楽を歌って踊るのは楽しそうで、みんないい顔をしている。



a_DSC_0106_2015010321533563b.jpg

集落の裏にはマリファナが栽培されていた。
ピグミーでは昔からマリファナが好まれている。
彼らの文化ではマリファナは悪いものではない。

a_DSC_0143_20150103215454a34.jpg

「マリファナがバレたら逮捕されないの?」
「自分たちで使う分を育てるのなら許されてるんだ。
 でも大量に栽培したり、ほかの人に売るのは禁止されてるよ。」

でも闇では売ってるのかもしれない。

a_DSC_0147_2015010321545136c.jpg


ピグミー族は「世界最小の民族」ということで、海外でも知られている。
わたしもどこの国の人のことか知らなかったけど日本にいるときから「ピグミー族」と呼ばれている人たちがいるのを知っていた。
だからからか、海外からの支援も寄せられている。

集落には小屋のような家が並んでいる。
EUの援助で建てられたのだそう。

a_DSC_0157_201501032154558d0.jpg

「古くなってきたので新しい家を建てたいけど、お金がない。
 どこかに援助してほしい。」

首長さんはそう訴える。

だけど、ピグミー族の存在が外国にも知られていてピグミー族に支援が寄せられることを、周辺のほかの民族はこころよく思っていない。
「自分たちも貧しいのになぜピグミーだけ特別扱いされるのか。」
「ピグミーは自分たちの文化を優先して、いまの時代の文化にあわせようとしない。」

確かに彼らの不満もわからないでもない。

a_DSC_0161_20150103215546dbf.jpg

でも、ピグミーにはピグミーの悲しい現実がある。

首長さんが教えてくれた。

もともと狩猟民族だったピグミーは、森の中で狩りをしながら暮らしていた。
けれど政府は彼らを統治しやすいように、または土地を管理しやすいように、野生動物を保護するために,ピグミーを森から追い出して村に定住させた。

もともと森で生活していたピグミーたちは村に土地をもたない。
生計をたてるために農業をしようにも畑をつくることができない。
だから周辺の民族に比べればとても貧しい。

現在の現金収入は、森から木を集めて薪として売ること。
それでも、勝手に森に入って木を切ることが禁止されればその仕事さえ成り立たなくなってしまう。

a_DSC_0156_20150103215457f8f.jpg

日中から男の人たちが特に何をするでもなく暇そうにしている。
生き甲斐というのがあまりなさそうで、見ていて切ない。

狩猟民族のピグミーたちは野菜を食べる習慣がなく、以前は森で狩った動物や池で釣った魚を食べていた。
住んでいた森は、今では国立公園として政府が管理し、レンジャーが目を光らせている。
もし狩りが見つかったらレンジャーに痛い目にあわされる。

「小さいころはね、動物を狩って食べてたんだ。
 今じゃ禁止されてるけど、ゾウも食料だった。」


こんな小さな体で大きなゾウに立ち向かってヤリで仕留めるところを想像してみる。
そんなことできるのかな?なんて思うけれど、体が小さいほうが隠れやすいし小回りがきいて狩りに適しているのかもしれない。

「サルも殺して食べてたんだよ。」

「おいしいんですか!?」
「うん。
 ものすごくおいしい。」

首長さんは目をキラキラさせて言った。

その表情から今も密かに食べてるんじゃないかなと思った。
今は禁止されているって言っているけど、野生のサルはそのへんにたくさんいるし、仕留めて食べたところでバレない。

「サルはどんな味ですか?」
「とっても、甘いんだ!」

サルって甘いのかあ。
たしかに草を食べるヤギや牛よりも、マンゴーやバナナを食べるサルの肉のほうが何倍も甘いのかもしれない。

いまはキャッサバを食べているそうだけど、自分たちで動物を仕留めることができない今、昔のように肉を食べることができない。

首長さんは海外からの支援が必要だと何度も繰り返す。
「とりあえず、最低限の食べ物と教育がわたしたちには必要。」

「学校の授業料は無料じゃないんですか?」
「教材や制服を買うお金がないから。」

a_DSC_0153_20150103215457d36.jpg

でも支援金をもらえたところでそれはずっとは続かない。
もっと根本的な解決方法があればいいんだけど。
まったく違う環境の中に集められて定住させられて、現金収入もなく、自分たちができることもなく、彼らもどうやって生きていけばいいのかわからないのだと思う。

わたしたちが訪れた集落はとても小さくてそこに160人が暮らしている。
すぐ近くにはほかの民族の昔からの集落があって、空いているスペースがピグミーたちに割り当てられたのだろう。
なんだかすみに追いやられているようで肩身の狭い思いをしているような雰囲気。

やることがなくて狭い空間でつまらなそうにしている大人たちに比べて、子どもたちはとても明るくておどけている。

a_DSC_0129_20150103215411ea4.jpg

もともとピグミーの人たちは、朗らかで陽気な性格なんだと思う。
だからこそ、彼らがもっと楽しく生きていけたらいいのになあ。

ピグミーの村を見学するには、入村料を彼らに払うようになっている。
入村料を払えば歌と踊りを見せてもらえ、首長さんによる村の説明を聞くことができ、写真撮影もさせてもらえる。
着いて最初に首長さんに提示された入村料はわたしたちにとってはとても高かった。
わたしとしてはその時点でピグミーの人に会えたし、その生活ぶりからほとんど伝統的な生活をしていないことがわかったので、そんなに高いお金を払ってまで見なくていいなあと思ってしまった。
安くならないなら断ろうと思って正直に話すと結局1人2万シリング(約800円)に落ち着き、わたしとケンゾーとOGGYは彼らと交流したのだった。

a_DSC_0325_2015010321554622e.jpg

たまに訪れる観光客が落とすお金をあてにしているけれど、これもいつまで続くかわからない。
家や服装に特徴があるわけでもないし、彼らが伝統的な生活を奪われた今、観光客は魅力的な何かをここで見られるわけでもない。

これから彼らはどうやって生きていくんだろう。

無邪気な子どもたちはどうなっていくのかなあ。

何もないピグミーたちの集落だったけど、わたしたちはここを訪れてよかったなあと思った。
ピグミーたちの置かれている環境を知ることができたから。
そのいっぽうで、切なくなってしまった。

陽気な彼らは集落の外までついてきてくれて笑顔でわたしたちを見送ってくれた。

この時代に少数民族が伝統的な暮らしを貫いて生きていくことはとても大変なこと。
そして、今の時代に順応できないまま生きるのもとても大変なこと。

ピグミーの人たちが誇りをもちながら、のびのびと生きていける日はくるのだろうか。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

懐かしいですねぇ。
まだ2ヶ月前くらいのことなんですよね。
はるか昔のことに感じます。

首長の話ですが、他の人何人かのブログを見ると毎回変わってます。僕らのときはこの赤い服の人でしたが、おそらく毎日変わっています。首長がたくさん貰えるので、交代制なんだと思います。だから世襲制じゃないみたいですよ。

No title

新鮮なレポート、楽しく拝見しています!

サルの肉、ピグミーに限らず、食べているみたいですよ。

サルやイボイノシシや鳥の肉は、アフリカでは「ブッシュ・ミート」と呼ばれていて、広く食用にされている。

安いからだそうです。

牛や豚やニワトリや羊は、人間が飼育しなければいけないから、どうしても値段が高くなる。

でも野生動物の肉は原価ゼロみたいなものなので、牛やニワトリの肉の三分の一の値段で買える。

もちろん、「貴重な野生動物を食べるなんて!」と非難されるわけですが、、われわれの爺さんや婆さんより昔から、日本でもイノシシやシカの肉なんか食べていたわけですから、簡単でもなさそう。

どうして、野生動物が貴重になったのか、森を保護しなければならなくなって、森の中で暮らしていた人々を追い出すようになったのか、その方が、問題なんでしょうなあ。

わからないですけど。。。

OGGY へ

そうなんだね。
でもあの人が一番、というかあの人だけ英語がちゃんと喋れて知的だったよね。ほかの人に首長が務まるのかな?交代制なのか世襲制なのか分かんないけど、俺らの時は英語がちゃんと喋れるこの首長でよかったね。

ねのひさま

いつもありがとうございます。
今年もよろしくお願いします!

たしかに日本でも猪肉や鹿肉を食べますし、フランス料理では野生の肉は高級食材ですよね。
大多数の人々の便利な暮らしは、
少数派の人々から伝統的なライフスタイルを奪うことと引き換えに成り立っているのかもしれません。うまくバランスが取れるといいんですけどね。

No title

久しぶりにコメントします、新年もたくましく旅を続けておられるふたりを
ブログで知ることが出来てうれしいです。
ピグミーってなんだっけ?と思ってブログを開きました、
詳しい説明とイクエさん目線のツッコミ(今も食べてる、こっそり売ってる・・・等)で
すごくリアルに現地の様子が感じられました。
目をキラキラさせて語る、サルの味。笑

あ!そして出身が九州ってせいか、FBでケンゾーさんと共通の知人がいて(K・B場くん)なんか嬉しかったです。笑

今年も濃い旅を、どうか安全に楽しんでください!ブログまた読みにきます!

ヨメさちこ さま

お久しぶりです!

子育てはいかがですか?
赤ちゃんもだいぶ大きくなったのかな。

お二人のお店のホームページを以前拝見して、感心していました。
わたしたちの帰国後のプランは未定で、わたしたちもがんばんなきゃーって思ってます。

まずはさちこさんのように、ご懐妊で帰国ってのを狙おうかな。

共通の友達はケンゾーの同級生です。
びっくりですね!

帰国したらぜひごはんでも。
非公開コメント