Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

さすらいの旅人がウガ飯に初挑戦

2015.01.04 06:24|ウガンダ☞EDIT
みなさん、明けましておめでとうございます!
お年玉つき年賀状では「切手シート」以外当たった記憶がないケンゾーです。
宝くじをあまり買わない家庭だったから、子どものころは年賀状の当たりを確認するのが毎年楽しみだったなあ。
まだ「あ~、間に合わん!」って焦りながら必死に年賀状書きをしている人も多いだろうねえ。
最近はメールやFacebookなどで済ませる人も多いみたいだけど、やっぱり手作り感のある年賀状はもらうと嬉しいよね。

日本の病院と比べると何もかもが衝撃的なウガンダの病院で2年間奮闘してきたつかさちゃんに別れを告げて、次の目的地へ移動することに。
つかさちゃん、忙しいなか美味しい料理をありがとう。
アフリカでの活動後も、さらなる夢に向かってがんばっていくつかさチャンをこれからも応援していくよ。

ここから目指すのはコンゴ民主共和国との国境に近いフォートポータル

フォートポータル

一度ふたむーのいるミティアナまでバイクタクシーで戻って乗合いワゴンに乗り換え。
ミティアナからフォートポータルまでは1人20000シリング(約820円)。

これまで首都のカンパラ以外、インフラが十分整っていない町ばかり見てきたケンゾーとイクエ。
このフォートポータルという町は国立公園や野生のゴリラに会えるトレッキングの拠点となる町。
ツーリストの姿もちらほら見かけるし、それなりに賑わっている町。
あくまでも今までの町と比べてだけど・・・。

a_DSC_0038_20141229162253bfa.jpg

a_DSC_0037_20150103195945319.jpg

ここフォートポータルはかつてこの地域を支配していたトロ王国の首都が置かれていた町。
町を見下ろす高台には特徴的な形の宮殿が建っている。

a_DSC_0005_2015010319593733f.jpg

1830年頃に建国されたトロ王国。
ウガンダ全域を支配する勢いを持っていたけれど、現在は儀礼的な王制を残すのみ。
現在の王は1995年に即位、当時わずか3歳で世界最年少の王だったんだって。
今この王様は首都のカンパラで大学に通っているそう。

泊まった宿は「VISITOURS GUEST HOUSE」
ロンリープラネットに載っているほかの宿も見たけれど、ただの廃れた安宿って感じで雰囲気がよくなかった。
ウガンダではバックパッカー御用達のWi-Fiつきで居心地のいいゲストハウスはあまりない。

セミダブルサイズのベッドのシングルルームで15000シリング(約620円)。
部屋もベッドもちょっと狭いけれど2人で寝る分には十分。

a_DSC_0001_2014122906531305c.jpg

カンパラの宿でもそうだったんだけど、深夜・朝方まで音楽を騒々しく流したり(しかも部屋のドアを明けっ放しにして)、廊下で大声でしゃべり散らす現地人の宿泊客が必ずいる。
静かにするようにお願いすると「ここはホテルだ。好きなことして何が悪いんだ!」と逆ギレするからタチが悪い。
こんな国はあんまりない。
ウガンダ人は自分勝手な人が多くてイラっとすることがけっこうある。

とくに安宿は売春宿になっていて、長距離トラックの運転手やミニバスのドライバーが利用している。
この宿でも夜中になると、若い娼婦たちがやってきて各ドアをノックして誘っている。
ノックや足音、おしゃべりの声がうるさくて眠れない。
シャワー室には使用済みのコンドームが何個も散乱している。
どうしてゴミ箱に捨てないのか不明。
部屋で事を終わらせたあとそのまま共同のシャワー室にいって、そのまま床にポイッとしてるんだろう。

朝、目が覚めると外から賑やかな音楽が聞こえてくる。
なんだろうとベランダからのぞいて見ると、白衣や黒い服を来た集団が練り歩いていた。

a_DSC_0004_20141229065318a87.jpg

どうも医療系の学校の卒業をお祝いしているみたい。
なるほど、だから白衣を着てる人がいるんだね。

a_DSC_0006_20141229065314556.jpg

イギリスやアメリカの大学の卒業シーンでよく見るガウンに角帽姿の人たちもいる。
この服、アカデミックドレスって呼ぶんだって。
そのままだね。

a_DSC_0010_2014122916594316b.jpg

イギリスはガウンの正面が開いてるんだけど、アメリカはポンチョのように正面が閉じてるんだそう。
ウガンダはイギリスの植民地だったからイギリス式みたいだね。

a_DSC_0005_201412290653116e8.jpg

じつはここフォートポータルである人物と待ち合わせをしていたケンゾーとイクエ。
ホテルのスタッフに教えてもらった部屋に行ってみると・・・いたいた。

a_DSC_0012_20141229065351b63.jpg

a_DSC_0013_20141229065336338.jpg

ひょろりと細長いこの男は、OGGY。
世界一周旅行者でブロガー仲間でもある。
(正月番組に飽きてきたら彼のブログをどうぞ→さすらい さまよい さがしもの

a_DSC_0018_20141229065341dd4.jpg

OGGYと会うのはこれで3回目。
なんだか会うたびにチャラくなっていってる気がするのは、ただの気のせい?

およそ2年にわたる旅の終盤にさしかかっているOGGY。
アフリカの旅を終えると日本帰国が待っている。(現在すでに帰国済み)
ちなみに帰国後のプランはまだ白紙状態。
なんか、旅の間に動画編集に目覚めて「帰国後も編集の仕事とかしたいなあ」なんて希望もあるみたい。
いちおう映像の世界に身を置いていたケンゾーとイクエ。
そんなに簡単な仕事じゃないけど、可能性は誰にでもあるからね。

ケンゾーとイクエのどのポイントが気に入ったのか分からないけど、どうしても帰国前に会いたいということでしょうがなくここウガンダで会ってあげることにした。

前回会ったのは11か月前のキルギス。
ホテルのレストランでコーヒーを飲みながら積もる話に花が咲く。

a_DSC_0024_20141229065343f99.jpg

「ここはコーヒーが無料なんですよ」って言うOGGY。
そんなことってある?
疑っていたけど「タダなんですよ!」って何度も言うからOGGYを信用してあげた。

飲み終わって「サンキュー」と笑顔で言ってレストランを出たら、スタッフが追いかけてきた。
「お会計は?」。
やっぱりか・・・。

お腹がすいたので3人で夕食へ。
ツーリスティックな町と言っても、そこはウガンダ。
地元の人が食べるウガンダ料理、通称ウガ飯以外の選択肢はほぼ皆無。
ウガンダ滞在1週間ですでに飽き飽きしているケンゾーとイクエ。
せっかくOGGYとも再会したのでちょっと奮発してピザを食べに行くことに。

a_DSC_0027_20141229065343225.jpg

昼に下見をしていた、ヨーロッパ人経営のおしゃれなゲストハウス。
利用客は外国人ばかり、とてもじゃないけどケンゾーとイクエが泊まれるような値段じゃない。
レストランもそれなりの値段だけどWi-Fiがあるのでネットカフェ代りに利用すれば悪くない。

とりあえずピザを注文。
値段は800円くらい、さすがにちゃんとしてて美味しい。

a_DSC_0028_2014122906540831a.jpg

ここで本格的に夕食を食べようと思ってたんだけど問題発生。
Wi-Fiがあるからごはんを食べながら長居しようと思ってたんだけど、じつはネットはフリーじゃなくて有料制だということが発覚。
しかもけっこう高い。
まさか有料だとは思ってもいなかったので、「ええー、ケチくさいなあ」と愚痴をこぼすとOGGYからこれまた予想もしていなかった反論が。
「なんでケチくさいんですか?
 有料にするのはそれなりの理由があるのかもしれないし
 それをケチだと言うのは違うと思うんですけど。」


ローカルなレストランと比べると5倍くらいの値段を取るようなレストランだし、Wi-Fiくらいフリーにしてくれたっていいと思ったので「ケチ」だと言ったケンゾー。
昼に下見に来たとき「Wi-Fiはありますか?」と確認したら「はい、ありますよ」と言われただけなのでてっきり無料だと決めつけていたというのもある。
有料だったらその時に一言「有料ですけど」って言ってくれてもいいと思う。
単純に「ケチだなあ」と思っただけなんだけど、OGGYにしてみたら「そんなことを言うほうがケチだなあ」と思ったんだろう。

たしかにケチな考え方かもしれないけど、もし自分がこのレストランのオーナーだったらWi-Fiはフリーにするな。
それなりの維持管理費がかかるのかもしれないけど、そこは損して得とれだと思うな。
ネット環境が悪いウガンダではWi-Fiがあるカフェやレストランは貴重な存在。
もしWi-Fiをフリーにしてそれを売りにしたら、ぜったいにネット目当てで客は増えると思うよ。

げんにWi-Fiがフリーじゃなかったので3人でピザ1枚食べただけで退席することに。
もしもフリーだったら本格的に食事をしてたけど、有料だったら用はない。
これってやっぱりケチなのかな?

a_DSC_0031_2014122906541008e.jpg

ちゃんとこういうところでは、ケチくさいケンゾーとイクエもチップを払う。
でもOGGYは「え?チップ払うんすか?」と言った。
まあ、価値観の違いかなあ。

ピザ1枚だけじゃぜんぜんお腹いっぱいにならない。
かといってウガ飯はねえ。
悩んだあげく、スーパーでインスタントラーメンを買って部屋で食べることに。

ケンゾーとイクエの部屋でディナーのつづき。
電熱コイルを駆使してラーメンを作る。
「おおー、すごい。
 ちゃんと作れるんだ」

電熱コイルで食べ物が作れることに驚くOGGY。

a_DSC_0032_20141229065411aaf.jpg

辛いのが苦手なくせに辛口のラーメンをチョイスしたOGGY。
予想以上に辛かったけど許容範囲だったみたい。
よかったねOGGY。

a_DSC_0033_2014122906541284a.jpg

a_DSC_0034_20141229065832361.jpg

ウガンダではとにかく食に苦労する。
ウガ飯以外の選択肢がほとんどないからツラい。
腹がすいたら憂鬱になる。

まだウガンダに入って数日しか経っていないOGGYが次の日の昼食にウガ飯に初挑戦。
定番の穀物セットを前にして「おお、美味しそうじゃないですか!」と笑顔のOGGY。
ふふふ、甘いなOGGY。
ウガ飯をなめたら痛いめにあうぞ。

a_DSC_0169_20141229065828e72.jpg

一口食べて笑顔が消えたOGGY。
みるみるうちに険しい表情に。

a_DSC_0172_20141229065833b28.jpg

a_DSC_0173_20141229065845c14.jpg

・・・。
言葉が出ないOGGY。
気持ちは痛いほど分かるよ。

a_DSC_0171_20141229065830122.jpg

「きょう、夕飯早めにしません?」
昼食を食べながら、もう次の夕食のことを考えている。

ウガンダ人が愛してやまない穀物セットにほとんど手をつけずギブアップしたOGGY。
ライスしか食べてないよ。

a_DSC_0175_201412290658530d9.jpg

大好きなスイカジュースもビックリするくらいマズくて一口飲んだだけ。
「これ腐ってません?」
それはないやろうって味見したけど、たしかに腐ってる味がした。
OGGYにとって散々なウガンダ料理デビューだったみたい。

ケンゾーはメニューにカレーを発見したので注文。
カレーといったって作るのはウガンダ人。
あまり期待してなかったんだけど、これが当たりだった。

a_DSC_0174_201412290659547f1.jpg

スパイシーでちゃんと味に深みもあって美味しい。
期待してなかった分美味さ倍増。
OGGYも「あ〜あ、それ頼んでいればよかった」って相当悔しがってた。

a_DSC_0410_20141229065852f00.jpg

あしたはOGGYと会ってきた世界最小のピグミー族を紹介します。
世界最小のピグミーはイクエよりも小さいのか?
それともじつはそんなに小さくはないのか?
お楽しみに ♪
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

ITの世界は制限されない

TVも1970年以前は将来が不透明で人気の無い就職先だったのですが、70年代に頑張ったおかげで、80年代に入り給料も上昇し、いつの間にか花形産業になりました。しかし、そろそろ凋落の兆しが見えています。お二人もそれを感じておられたのではないですか。
 ビートたけしもこれからの芸人はTVでは稼げないだろうと言っています。TVが定食メニューとするとインターネットは細かな単品メニューで、より細かなニーズに応えられます。これからはインターネットがTVにとって代わります。そしてブログよりもYouTubeのような映像媒体の方が発信力があるので、OGGYは先見の明があるのでしょう。
 此の世は一期一会、彼があなた方に会いにいったのは、もう二度と会えないかもしれないという想いからではないでしょうか。

あけましておめでとうございます!
ついにこの記事を書いてくれる日がやってきましたね。

ウガ飯懐かしい。
もう二度と食いたくないですけれども。笑

にしても、OJJYさんのコメントが謎すぎますね。

No title

あけましておめでとうございます◎

ウガンダの食事って・・・すごいですね。でも一度食べてみたいような・・・食べたくないような。笑

No title

こんにちは。
いつも拝見しています。

ウガンダ飯っておいしくないのですか?
見た感じかなり食欲をそそるのですが・・・・。

OJJY さま

ずいぶんお詳しいですね。

OGGYも前職はテレビにもネットにも関連することだったので、わたしたちよりもその辺のことは詳しいと思います

OGGYへ

遅くなってしまったけど、明けましておめでとう!

いろいろと書きたいこともあったけど、当たり障りのない内容にしたよ(笑)。
今となってはつらかったウガ飯もなつかしいよ。まあ、食べたいとは思わんけど。

今年もよろしく!

ゆーこりんさま

明けましておめでとうございます!

誤解がないように言っておくと、ウガ飯は決してマズくはないんですよ。ただ、猛烈に飽きるんですよ。穀物セット以外に逃げ場がないからツライんですよねえ。決してマズくはないですよ(笑)

夢見る社畜 さま

ウガメシは単調で飽きるんですよ。
途中からイヤになって罰ゲームをやってる気分になります。
食べながらため息が出て、、、。
おかずもスープしかないので逃げ場がなくて。
3口くらいで十分です。
非公開コメント