Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

アフリカで活動する日本のナースの強さ

2014.12.28 06:29|ウガンダ☞EDIT
「メリークリスマス!」と挨拶しようとしたらブログが更新できずにすっかりクリスマスが終わってしまってさびしいイクエです。
泊まるところが探せなくて民家の庭にテントをはらせてもらってたので、インターネットが使えませんでした。
そういえば、こっちのサンタクロースのイラストではサンタさんも黒人!
肌の色が黒いのに赤い帽子を被って白いふさふさのヒゲを生やしているので違和感があるんだけど、もしかしたら日本のサンタクロースのイラストも本場のものより、肌が黄色っぽいかもしれませんね。

シングルマザーの息子として育ち、アフリカではシングルマザーを支援し、そして帰国したらシングルマザーを雇えるケアハウスをつくりたいという志の強い「ふたむー」の家でお世話になったイクエとケンゾー。

次に向かうのはウガンダで活動するナース、つかさちゃんの家。
つかさちゃんがいるのはゴンベという街。

ゴンベ

ここから乗合いタクシーもない、奥地にあるらしい。
公共の交通手段がないから、バイクタクシーに乗るしかない。
なんて不便なところなんだろう。

a_DSC_0244_20141227203020b2b.jpg

バイクで1時間半くらいかかるような場所。
運転手のうしろに、ケンゾー、そしてイクエ。
3人乗りで未舗装のでこぼこ道をひた走る。

a_DSC_0245_20141227203038686.jpg

いちばん後ろに座っている私は、お尻が荷台からはみ出ている。
振り落とされそうでヒヤヒヤ。
バイクの荷台のパイプをしっかりと握りしめ、足に力を入れる。
ちょっとでも体勢を崩すと落っことされそうなので、体を動かせない。
だから手も足もしびれてくる。
それなのに・・・。
運転手とわたしに挟まれたケンゾーは、寝ている!
コクリコクリと頭を揺らし、ときどきふわっとのけぞる。
突然ケンゾーの重みを受けるわたしは後ろに倒れそうになる。
こっちの苦労なんてまるでわかってない。

世の中の妻は、夫に殺意を感じるときがあると思うんですが、それすごくわかりますよ。

「どうか、おねがい。無事故で早く着いて~!!」と目をつぶり、祈る。
いまのこの自分の怖い状況を考えないようにしようと、意識を朦朧とさせてみる。

それなのになかなかバイクは到着してくれない。
どんどん奥地に入っていく。
ほんとうに道、あってる?
あってたとしたら、つかさちゃん、とんでもないところに住んでるよ。

ようやく集落のようなところに出て、バイクはとまった。

どうやらここがつかさちゃんが活動している病院らしい。

a_DSC_0248_201412272030292a3.jpg

つかさちゃんとご対面。
白衣を着た協力隊員。
色が白く、細くて、148センチのわたしよりも背が低い華奢な女性。
でもきっとこの体に、こんなアフリカの奥地で活動していけるだけのパワーがひめられている。

a_DSC_0249_20141227203029866.jpg

看護師で協力隊に参加している人は多い。
みんな看護師としての知識も経験もある人たちだけど、いまは日本からのボランティアという身。
ボランティアが責任の伴う医療行為をするのはなにかあったときにトラブルになりかねない。
ということで、協力隊で派遣されている看護師たちのほとんどは実際の医療行為に従事するのではなく、よりよい医療サービスを提供できるようにアドバイスをしたり、運営の改善に取り組んだりすることが主な活動。

そして、つかさちゃんたちのような隊員のことを「5S(ごえす)隊員」と言う。
5Sとは、Sから始まる5つのキーワードのこと。

・整理
・整頓
・清掃
・清潔
・躾


a_DSC_0255_201412272030259df.jpg

この5つの実行を啓発し実現させて、医療の質を高めることがつかさちゃんの任務。
日本では小さいころから、保育園や学校、家庭で「整理整頓しなさい」とか「部屋をきれいに」とか「ちゃんと手を洗おう」とか「きれいなものと汚いものを分けよう」とかしつけられている。
だからわたしたち日本人にとっては5Sというのはあたり前のこととして身についているけれど、これがあたり前じゃない国はけっこう多い。

日本の医療が高度なのも、カメラなどの精密機械や自動車産業が発展しているのも、日本人があたり前のように現場で5Sを徹底させていることが大きな理由かもしれない。

たとえば工場でも、道具や部品がぐっちゃぐちゃ、どこに何があるか分からない、ちょっと錆びててもほこりがついていても気にしない、ひつとぐらい部品が欠けてもいいや、といういいかげんなことで物を作っていたら質の高いものを効率よく製造することはできない。

トヨタではこんな基本的なことを見直して現場で徹底させることを「改善」と言っていて、海外でも「KAIZEN」という言葉が知られている。
ちょっと前にアフリカで日本の「もったいない精神」の重要性を訴える女性がいて「MOTTAINAI」って流行っていたのを思い出す。

つかさちゃんの病院の保管庫。

a_DSC_0300_2014122720312454c.jpg

医療用手袋やテープ、消毒液などがラベルとともにきちんと整理整頓されて保管されている。

a_DSC_0301_20141227203126cc1.jpg

これが以前はぐちゃぐちゃで、段ボールにそのまま入っていたり、どの部屋に何があるのかさえもわからず、在庫がどのくらいか、不足しているものはなにかも把握できない状況だった。
そんなことでは素早い適切な処置なんてできない。

物を並べることで在庫状況がわかる。
整理整頓することで素早く必要なものが取り出せる。
見つけだせないからといって面倒くさくなって使わなかったり別のもので代用するなんてことがなくなる。

a_DSC_0294_201412272031190bf.jpg

つかさちゃんが赴任したばかりのときは、カルテ保管庫もひどい状態だったそう。
そのときの写真を見せてもらったけれど、大量の紙の束が棚にも床にも雪崩のように重なり散らばっていた。
まるでゴミ捨て場のようだった。
名前や診療年月でラベリングして分けるとか、すぐに取り出せるようにしようとかそう言う発想はない。
カルテ保管庫なんてあってないようなもの。
落ちていたカルテを見たら1950年代のカルテだったんだそう。
いまではカルテ保管庫もつかさんちゃんの指導できれいに整理されている。

a_DSC_0305_20141227203125c67.jpg

つかさちゃんが暮らしているのは病院から歩いて5分の職員住宅。
病院があるとは言え、ど田舎なので職員住宅以外、目立った建物はない。
長屋の建物が数棟並んでいて、ここに医師や看護師、関係者などが家族で生活している。

a_DSC_0318_20141227203556694.jpg

a_DSC_0319_20141227203756084.jpg

6畳くらいの居間と4畳半くらいの寝室、そして小さな台所。
トイレは外で、シャワー室はない。
つかさちゃんは、塀で囲まれた小さな庭のようなところで桶で水をすくって体を洗っている。

何かと不便な家だけど、つかさちゃんはとても工夫して上手に暮らしている。
日本の団地みたいで落ちつく。

a_DSC_0321_20141227203901e68.jpg

なんとこの集落には水がない。
つかさちゃんの住むこの家にも、働いている病院にも水道はあるのに蛇口から水が出ない。
10年以上出ないらしい。

イギリスの植民地だったウガンダ。
この集落もイギリスが水道を造ったらしいんだけど、すでに水道管が壊れ、古すぎて直せるレベルじゃないらしい。
集落に数か所、水が出る水道が外にあるんだけど、常に水が出る訳ではない。
週に2回、数時間だけ。
だからそのときにタンクに入れて、その水でやりくりしないといけない生活をつかさちゃんは2年近く送っている。

雨が降るとつかさちゃんは、ボールやバケツをいくつも外に出して水を貯める。
日本人がひとりしかいない場所で、日本とはまったく違う異文化の人たちと活動するだけでも大変なのに。
日常の暮らしをしていくってことはとても難しく、隊員たちはよくやってるなあって感心する。

そういえばケイティも悪徳管理人から電気代を20倍水増し請求されて悩んでいたけど、つかさちゃんにも似たような被害が・・・。
つかさちゃんのところは水が出ないばかりか、よく停電している。
停電はしょうがないことなので暗いなか耐えていたらしいんだけど、気づいたら自分の家だけしょっちゅう停電している。
ん? これはおかしい!
住宅を管理する人に調べてもらったら驚きの事実が発覚。
隣の人が配線を付け替えて盗電してたんだって!!
隣の家は両親とも病院で働く同僚で、子どもも数人いて笑顔であいさつしていた関係だったのに・・・。

そんなことをされていたのに、今でもちゃんと挨拶してご近所付き合いしているつかさちゃんは偉い!

a_DSC_0314_20141227204947552.jpg

泊まらせてもらうかわりにわたしたちが夕食をつくるつもりだったけど、つかさちゃんが料理をふるまってくれることに。
歩いて3分ほどの小さなマーケットに買い出しに出かける。

こんな場所にもガソリンスタンド発見。
量や料金を示すメーターはあるけど自動じゃない。
ハンドルをぐるぐる手でまわすとメーターが上がり、お客さんに指定された量になればまわすのをストップさせる。

a_DSC_0317_20141227205045ffe.jpg

この村にスーパーなんてものはない。
その日、手に入るもので作る。
限られた材料で何をつくってくれるのかなあ♡

a_DSC_0308_2014122720312821d.jpg

こんな干物みたいなものも売っている。

a_DSC_0309_20141227205019a9c.jpg

もちろんお店の人たちとは顔なじみ。
つかさちゃんは人気者でお店のおばちゃんたちから声をかけられる。
かわいい娘のようにからかわれて、笑顔でやり返して、みんなで爆笑。
つかさちゃんがここで暮らす人たちといい関係をつくっているのがわかる。

「写真撮りなさい!」と言うわりには、いざカメラを向けると固まってしまうおばちゃん。
そしてそれを見て大笑いするまわりのおばちゃんたち。

a_DSC_0316_2014122720564762e.jpg

手に入れたものでつかさちゃんは何を作ってくれるのか。

「きょうのメニューは酢豚です。」

「酢豚!?
それわたしが中華料理でいちばん好きなメニューだよ!
酢豚なんて食べるのいつぶりかな。」


「豚肉が売ってなかったから、大豆をつぶして丸めたものを買っているのでそれをお肉代わりにします。」

a_DSC_0324_20141227203940f1a.jpg

手際よく料理をこなすつかさちゃん。
看護師って忙しいし、夜勤もあって食生活は乱れていて、家事が不得意な人も多いのでは?なんて勝手なイメージをもっていたけれど、そんなこと全然ない。
仕事もできて、掃除も料理も上手なつかさちゃん。

できあがった酢豚は、本物の味!!

a_DSC_0328_20141227203951831.jpg

アフリカで作るから「なんちゃって酢豚」かな、って思ってたけどとんでもない。
アフリカの水も出ないようなこんな奥地で、こんな本格酢豚を味わえるなんて想像もしていなかった。
幸せだよ!
ありがとう!!
お嫁さんにしたいよ!!!

そんなつかさちゃんだけど、わたしの前職が報道記者だったことを知ると「看護師の次になりたかったのは記者だった」と言った。
看護師の人で記者になりたいなんて言う人と会ったことがない。
いろんなところに興味が向いて好奇心が旺盛だからこそ、こんなアフリカで活動することを選んだのかもしれない。

東京の総合病院のICU室で働いていたつかさちゃん。
まもなくアフリカでの活動を終えて帰国を迎える。
帰国したら大学院で公衆衛生について学び直し、またアフリカで活動することを夢にしている。

つかさちゃんの小さな部屋には勉強机が置かれていて、空いた時間には大学院に入学するための勉強をしている。

a_DSC_0322_201412272039278d3.jpg

机の前にはつかさちゃんの夢が力強い文字で書かれていた。
「ナースの卵達と途上国を結ぶ架け橋になる! 40歳~50歳」

わたしよりも若いつかさちゃんが、10年も20年も先のことを見越して夢をもち、がんばって人生を歩んでいっている。
頼もしくて、力強い。
そして、ほんとうに素敵だ。
心からエールを送りたい。

次回はそんなつかさちゃんが活動している病院をじっくりご紹介します。
アフリカの病院ってすごい!!
悪い意味ですごい!!
そんな驚がくの病院で活動するつかさちゃんは、ほんとうにすごいよ!!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント