Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

危険地帯ナイロビのダウンタウンの宿

2014.12.14 05:49|ケニア☞EDIT
最近とにかく眠くて仕方がないケンゾーです。
朝起きて「あ〜よく寝た」って思うことがしばらくない。
眠いのにいざ寝るとなるとなかなか寝付けないことが多いし、夜中にしょっちゅう目が覚める。
そして、あまり寝てないのに朝になると目が覚めてしまう。
あ〜、ぶっつづけで12時間くらい爆睡したい!

恐怖で緊張しっぱなしだったナイロビの一夜が明けた。
緊張感とは裏腹に、久しぶりに熱々のシャワーとふかふかのベッドで快眠だった。
Wi-Fiが無いこと以外は文句の付けようが無い快適なホテル。

だけど移動しないと。
行き先は危険地帯のダウンタウン。
情報収集&ブログの更新のためにWi-Fiが必要だし、どっちみちウガンダに移動するにはダウンタウンにあるバスターミナルに行かないといけない。

意を決してダウンタウンに移動することにした4人。
移動手段はタクシー。
普段はよっぽどのことがない限りタクシーなんか使わないけど、なんたってここは凶悪都市ナイロビ。
タクシー以外の選択肢なんかあるわけがない。

流しのタクシーは怖すぎる。
レセプションでタクシーをお願いするも、はたしてこのドライバーを信用していいものかどうか一抹の不安は捨てきれない。
レセプションのスタッフに何度も確認する。
「彼のこと、信用して大丈夫なのか。」

いったいどこまで警戒する必要があるのか?どこまで信用できるのか?
まだナイロビに到着して1日も経ってないのにストレスが溜まってしょうがない。

a_DSC_0016_20141213214955bb1.jpg

1泊したイーストリーという地区からダウンタウンまではおよそ4km。
タクシー料金の言い値は1台1000シリング(約1200円)。
高い気もするけれど相場がまったく分からない。
一応値段交渉してみたけれど、1シリングも下がらなかった。
ホテルで呼んでもらったから高いのかもしれない。
安くても危険な目にあったら馬鹿らしい。
まあ、とにかく無事にホテルにたどり着くことができるんだったら、多少ボラれてようがこの際構わない。

ドライバーに行き先の通り名を言うと「あ〜、ニューケニアロッジでしょ。」とすぐにホテルのことをわかってくれた。
きっとこんなふうにバスターミナルの近くで1泊して、翌日お目当てのニューケニアロッジに移動するバックパッカーが多いのだと思う。

不安な様子を隠しきれない4人を乗せ、最も危険なダウンタウンへと走りだしたタクシー。
4人とも急いで車のドアをロックする。

7年前、新婚旅行でナイロビを訪れたときにガイドから「車の窓はぜったいに開けないように!」と言われたナイロビ市内。
タクシードライバーが窓を全開にして走っているので「大丈夫?」と聞いたら「ノープロブレム!」と言われた。
前回がかなり慎重だったのか、治安状況が少しは良くなったのか・・・。

a_DSC_0017_20141213214957da9.jpg

a_DSC_0021_20141213214959716.jpg

車窓から眺めている分にはとくに危険な感じはしない雑多な大都市。
およそ30分でダウンタウンのど真ん中へ。
めざすゲストハウスが見えてきた。

a_DSC_0026_20141213214958315.jpg

a_DSC_0027_20141213215000c34.jpg

「NEW KENYA LODGE」
ジャングルジャンクションと並んでナイロビでの定番宿。
ナイロビでは宿の選択肢はかなり限られる。
安全な高級ホテルに泊まるか、危険度は増すけれど安いゲストハウスに泊まるか。

そのゲストハウスも実質2択。
高級住宅街にある「ジャングルジャンクション」は何度も武装強盗に襲われているので却下。
日本人の旅人たちも銃を突きつけられロープで縛り上げられ、貴重品を全部奪われる被害にあっている。
必然的にダウンタウンにある「NEW KENYA LODGE」しか選択肢は無かった。

タクシーを降りてホテルまでほんの10m。
昨日とは違い真っ昼間だけどドキドキの10m。

a_DSC_0028_201412132150300bc.jpg

階段を駆け上がると慣れ親しんだ顔ぶれが出迎えてくれた。
きのう別れたケイン&おばちゃんコンビとノブくん&モモちゃん夫婦。
よかった、みんな無事にたどり着いてたんだ。

a_DSC_0031_20141213215035c06.jpg

a_DSC_0034_201412132150363c9.jpg

NEW KENYA LODGEはドミトリーが1ベッド750シリング(約900円)。
ダブルルームは1500シリングだからドミトリーのベッド2台分と同じ値段。

Wi-Fiあり、共同シャワーはちゃんとお湯が出る。
宿泊客が少なかったからか、4ベッドルームを個室として使わせてくれた。

a_DSC_0030_20141213215032407.jpg

なんとなく山小屋のような雰囲気で居心地はとてもいい。
モヤレからナイロビまでの移動で砂まみれになった服やバックパックを豪快に洗うこともできたし、近くにスーパーがあるので必要なものはすぐに買える。
ここでエチオピア旅の疲れをすっかり落とすことができた。

a_DSC_0035_20141213215649310.jpg

難点はキッチンが使いづらいこと。
キッチンと言ってもガスコンロが一つあるだけなんだけどね。

a_DSC_0208_20141213215038881.jpg

シンクが無いので洗面台で食器や食材を洗わないといけない。
あと、声を大にして言いたいのは「なんで海外にはまな板が無いのか?!」ってこと。
鍋や食器類は充実してるのになぜかまな板だけ無いことが多いんだよね。
ホテルだけじゃなくて一般の家にもけっこうな確率で置いてない。
アフリカだけじゃなくてヨーロッパでもそうだから不思議だ。
どうやって肉とか野菜を切ってるんだろう。

あともうひとつ、このゲストハウス最大の難点はセキュリティ意識が甘いこと。
スタッフは4、5人いるみたいなんだけど、専属の警備員はいない。
みんなソファーでお茶を飲んだりしゃべったりしていて、だれがスタッフなのか部外者なのかもよくわからない。

恐怖のダウンタウンのど真ん中に位置しているのにゲートの施錠が心許ないことこの上ないんだよね。
南京錠があるんだけど、日中はほとんどロックされていない。

a_DSC_0217_2014121321505575b.jpg

頼みのメインロックは横にスライドさせるだけ。
外から手を伸ばしたら簡単に開けることができる。
現にスタッフや宿泊客はそうやって出入りしていた。
鍵の意味ほぼなし。

a_DSC_0218_20141213215105113.jpg

ゲストハウスはビルの2階部分なんだけど、なぜか螺旋階段があって1階とつながっている。
1階にどんな人たちが住んでるのか知らないけど、ゲストハウスに上がってこようと思えば簡単にできる。

a_DSC_0216_20141213215053aec.jpg

さらに、横のビルに入っているバーからゲストハウスの屋上に容易に飛び移ることができる。

a_DSC_0211_20141213215051126.jpg

侵入方法はいくらでもあるのが現状。
今までは幸運なことに強盗の被害はないようだけど、もうちょっと対策をしておかないといつ狙われてもおかしくない。

心臓バクバク、ドキドキでたどり着いたナイロビのダウンタウン。
「地球の歩き方」にも『最危険地帯なので決して行ってはいけない』と書いてある世界有数の危険地域に宿泊すること3泊。
実際に足を踏み入れたダウンタウンはどうだったのか?

思ったよりも危険な雰囲気ではなかった。
このダウンタウンはヒルトンなどの高級ホテルや官庁のビルなどが集まっているビジネス街に隣接しているので日中はとても人通りが多く賑やか。

a_DSC_0212_201412132150531fb.jpg

a_DSC_0214_20141213215054f03.jpg

ビジネスマンや女性、子どもも多くて実際に出歩いても特に危険を感じることはなかった。
けれど、日が暮れると状況は一転。
人通りがぱたっと無くなり、何が起きても不思議ではない危険な雰囲気にガラッと変わる。

ダウンタウンの中にも比較的安全なエリアと危険なエリアが混在しているので裏道を歩くのは昼間でもかなり危険。
ナイロビではたとえ強盗などに襲われても他人に助けを求めるのは無意味。
目の前で犯罪が発生しても自分が巻き添えになる恐れがあるので、地元の人々は足早にその場を立ち去るんだそう。
ケンゾーとイクエも必要以上に外を出歩くことはせず、外に出る時はパスポートやカメラは身につけず、必要な現金だけポケットに入れて手ぶらで出かけるようにしていた。

外出してダウンタウンで昼食を食べたりスーパーに行ったりしかしてないけど、それでもケニアいちの繁華街の雰囲気を満喫できたことは楽しかった。
以前来たときはヒルトンホテルに缶詰状態で、高層階の窓から街を見下ろすことしかできなかった。
そのときは街を歩いている人がみんな怖い人に見えたし、目の前の世界が違う世界のようでとても距離を感じた。
でも、今回はその世界に身を置き、滞在し、ダウタウンの日常にちょっと仲間入りできたようだった。

でも、ここが危険な場所であることには変わりはない。

ダウンタウンは繁華街でたくさんの人が行き来しているので、ここに数日泊まっていると安全なような錯覚になってくる。
ニューケニアロッジにはたくさんの日本人の旅人がいるし人のいいスタッフもいるので、居心地がよくて自分が危険地帯に滞在していることを忘れてしまう。
でも気を抜いたら深刻な事件にあってしまうかもしれない。
ゲストハウスのなかにいるときも、もし強盗が来たらどうふるまうかというイメージトレーニングをしていたほうがいいかも。

ナイロビではとくに何もせずゲストハウスに籠ってたんだけど、1か所だけ訪れた場所がある。
それはスラム。
そもそも危険なイメージしか湧かないナイロビのスラムに行くことなんかできるのか?
アフリカで2番目に大きなキベラ スラムとはどんなところなのか?
あしたお伝えします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント