Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

旅中の夢が叶った

2014.12.08 14:26|エチオピア☞EDIT
来年の干支がわからないイクエです。
干支ばかりか今が平成何年かもあやしい。
海外にいると西暦しか使わないからなあ・・・。

トゥルミの村で成人の儀式を見て衝撃を受けたイクエとケンゾー。
刺激的だった日の翌日の朝は、まったり朝のお散歩へ。

a_DSC_0003_2014120620144324c.jpg

マーケットの近くにはコンクリート造りの建物もあるけれど、ちょっと離れると自然に囲まれた素朴な集落。

a_DSC_0004_20141206201443a9e.jpg

ハマル族の人たちはいまも昔と変わらないスタイルで暮らしている。
家畜を放牧したり畑を耕したりして生計を立てている。

半分自給自足のようなもので、余った分はきのう見たマーケットのようなところで売っているのだと思う。

女性は働き者で、そばに赤ちゃんを置いて子育てしながら畑仕事。
あたり前だけど畑仕事のときも、革を腰に巻いただけの姿。
この格好が日常なんだなと改めて思う。

a_DSC_0036_20141206201632e07.jpg

さわやかな空。
まっすぐのびる道。
草木で造られたハマル族の家々。

a_DSC_0021_201412062015323f2.jpg

a_DSC_0019_20141206201526aae.jpg

きっと何百年前から、いや数千年前から変わらない光景なのかもしれない。
こんな景色が目の前に広がっていることが信じられないような、うれしいような。

a_DSC_0018_20141206201455ee6.jpg

a_DSC_0012_20141206201459913.jpg

昔読んだ雑誌に書かれていたことを思い出す。
たしか、こんなことだった。

『タイムマシンに乗って、時代をさかのぼったり未来に行ったり時間旅行をしたいのなら、地球を南北に旅すればいい。』

ああ、そうか。
わたしが生きている今の時代に、まだタイムマシンは発明されていない。
でも、地球を旅することでわたしにも時間旅行ができる。

a_DSC_0017_20141206201451e7d.jpg

日本でいうとここが弥生時代くらいにあたるとしたら、ここから南に下ったケニアは数百年前くらいの時代と似たような光景が見られるんじゃないか。
北のトルコや東欧は数十年前くらいにあたるかもしれない。
いっぽう発展していて福祉が整った北欧には日本の未来の姿があるかもしれない。

a_DSC_0032_20141206201623e48.jpg

「どうして旅したいの?」と言われると答えに困るけれど、タイムマシンに乗って過去や未来を見ることができるのなら乗ってみたいなって思う。

21世紀に生きているわたしは残念ながらタイムマシンには乗れないけれど、飛行機には簡単に乗れるし簡単に外国に行ける。
100年前、200年前の人たちにはできなかったことが簡単に叶えられる時代に生きている。
そしていろんな国に行くことで、まるでタイムスリップしたかのような気分を味わえる。

a_DSC_0022_20141206201530852.jpg

あと100年後はどうだろう。

タイムマシンは発明されているかな。
いや、されてないんじゃないかな。

じゃあ、100年後に生きる人はわたしのように時間旅行ができるかな。
いや、できないと思うな。
もうそのときは、ハマル族のライフスタイルも近代化されて、洋服を着てコンクリートの家に住んでるんじゃないかな。
100年後は世界が画一化されて、地球を南北に旅しても時間旅行は味わえなくなるんじゃないかな。

だから世界を簡単に旅し時間旅行を楽しめるのは、この時代に生きるわたしたちだけの特権なのかもしれない。

a_DSC_0028_2014120620154890c.jpg

『時間旅行をしたい』というわたしの夢は、いまこうやって旅をしていることで叶っている。

帰り道、家畜を引き連れて洗濯と水浴びに川へと向かうハマル族の家族といっしょになった。

a_DSC_0034_20141206201632c75.jpg

目配せをし微笑み合いながら、同じスピードで歩いていく。
「これ、食べられるよ」と赤い実を差し出され、口に入れ「あ、おいしいね」と言いながら並んで歩いていく。

まるでここはわたしの知らない時代のようだけど、でもわたしたちは確かに同じ時代に生きている。
それがなんだかおもしろい。
いろんな時代をいっぺんに包有している地球って大きいなあ。

a_DSC_0031_201412062015434d8.jpg

わたしの夢は叶ったけれど、実はこの日ケンゾーのささやかな夢も叶った。

『旅行中にいつか美容師の旅人と出会って、髪を切ってもらいたい』。

a_DSC_0374_20141206201659b8f.jpg

ジンカの街で、のぶくん・ももちゃん夫婦と出会い職業を聞いたときふたりで舞い上がった。

「やっと美容師に出会えたよ!」

a_DSC_0379_20141206201703829.jpg

いままでわたしが切ったり、ベトナムの路上床屋やパレスチナの難民キャンプの理容室で切ってもらってきたケンゾー。
ジャパニーズスタンダードとはかけ離れた髪型になっていた。

旅して2年。
ようやくケンゾーの夢が叶うね。

a_DSC_0381_20141206201659171.jpg

眉毛までお手入れしてもらうなんて贅沢。

a_DSC_0388_20141206201707965.jpg

とっても丁寧に切ってくれた。
のぶくん、ありがとう!!
お礼にビールおごるからね。

髪型は若々しくなったけど、ケンゾー、うれしすぎて笑いジワが・・・。
おじいちゃん。

a_DSC_0389_20141206201903691.jpg

のぶくんは、なんと美容師セットを日本から持ってきていた。
奥さんのももちゃんも、だんなとは別の自分の美容師セットをもってきている。

a_DSC_0384_201412062017091fa.jpg

「普段日本で使っていたハサミは置いてきちゃったんですよ。
 だって高級品だから、無くしたらイヤだから。
 持ってきているのは餞別でもらったもの。」


「日本で使っていたハサミはいくらくらいだったの?」

「高いですよ・・・。
 20万円。」


えぇぇっ!!
美容師さんのハサミってそんな高級品だったんだ。
そりゃパソコンや一眼レフよりも高いから、日本に置いてきて正解だよ。

ケンゾーの次は、いっしょに旅しているだいごろくん。
やっぱり髪をなかなか切れないってのは旅人の悩み。
かなりのボーボーぶりだよ。

a_DSC_0392_2014120620191668e.jpg

このあとは奥さんのももちゃんにバトンタッチ。
これまた日本を出てから一度も髪を切っていないきっこちゃんが、切ってもらう。
だいごろくんに負けず劣らず、きっこちゃんもかなりのボーボーぶり。

a_DSC_0400_20141206201918962.jpg

ストレートヘアをハサミで切っていくというのがエチオピア人には珍しい様子。

a_DSC_0398_20141206201916343.jpg

髪が堅くてちゅるちゅるのアフリカ人。
ハサミなんかじゃ太刀打ちできない髪なので、バリカンで切る。

ジンカで出会ったけんくんも言っていた。
「床屋さんに行ったらハサミが無くてバリカンで切られそうになったので慌てて止めたんです。
ハサミ使ってよ!ってお願いしてハサミを外からもってきてもらったのはいいけど・・・。
美容師はハサミで髪を切ったことがないからさあ。
ハサミを持った美容師の手がぶるぶるふるえて、こわくてやめました。」

だいごろくんやきっこちゃんがハサミで切ってもらっていたのを見ていた現地のおじさん。
誇らしげに言った。

「お前たちのやり方はオールドスタイルだ。
 おれたちはマシンを使うんだぜ。」


マシンしか無理だからでしょ・・・。

短く切られていくきっこちゃんを見ながら「おー、きっこ。かわいい!」と連呼しながらカメラを向けるだいごろくん。

a_DSC_0404_20141206201938b88.jpg

でも実はこの日、きっこちゃんの誕生日だったけどだいごろくんはすっかり忘れてしまっていたという大失態をおかしていた。

この日がわたしたち夫婦の結婚記念日でもあり、次の日がのぶくんの誕生日でもあったので翌日「お互いの大事な日だったんだねー」って盛り上がっていたら、きっこちゃんがボソッと「わたし・・・きのう誕生日だったんだ」ってつぶやいた。

だいごろくんは頭を抱えてヤバいって顔をしてきっこちゃんに近づいた。
「きっこー、ごめんなあ、ごめん。」ってきっこちゃんの頭をなでて謝っていたけど、きっこちゃんの目にうっすら涙がにじんでいたのをわたしは見逃さなかったよ・・・。

だいごろくんはおとといまで腸チフスと熱帯性マラリアの両方で療養生活をしていたから、それどころじゃなかったんだよ。
きっこちゃん、許してあげて!

美容師夫婦の魔法の手により、3人のヘアスタイルがぐっと良くなった。
その間に、空は真っ赤に染まっていき、トゥルミの村は夜を迎えた。

a_DSC_0397_20141206201909308.jpg

さて、わたしはというと別の日にももちゃんに切ってもらった。
日暮れ前の別のホテルの屋上で。

a_DSC_0064_20141206201624bc0.jpg

日本を出てから髪を切ったのはチュニジアの美容室で1回きり。
そのときは5秒で切って終わりと言うひどい仕打ちを受けた。

プロからこんなふうにちゃんと切ってもらえることがうれしくて顔がニヤニヤしてしまう。

a_DSC_0066_20141206201634e9f.jpg

やわらかく髪を持ち上げる丁寧な手つき、サッサッサというハサミの心地よいリズム。
安心する〜!
嬉しい!

胸の下まで伸びていた髪を、肩の上まで短くしてもらった。
チュニジアのガタガタの仕上がりと大違い。

a_DSC_0533_20141206201939707.jpg

ももちゃん、のぶくん、ありがとう!!
世界一周を終えて、2人で広島で美容室を開業させると言う夢が叶ったら、お客さんとして行くからね!

そのときは白髪染めもお願いします・・・。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

ステキ☆

こんにちは♪
アフリカ編も毎日の楽しみとして読ませて頂いてます(^-^)
部族の方々の生活ぶりも素晴らしいですが、日本の美容師さんの腕がすごい♪
男っぷりも女っぷりも上がって、ますます旅が楽しくなりますね!(^∇^)

けん玉

年越しのオファーありがとうございます。残念ながら、時間がないです (笑)。多分、現地での時間が一日若しくは二日とかになっちゃうので (笑)

でも、お二人が南米にいるころに、もしかしたら長浜ラーメンと共に会いに行けるかもです (笑)

今、アメリカではけん玉ブームらしいですよ

素敵です!

先日、僕達もノブさんとモモコさんにアルゼンチンで出会って髪を切って頂いたのでブログを読んでびっくりしました^^
僕の今の髪型は、これまでで一番お気に入りです!
プロの方に切っていただく安心感、ものすごく心地いいですよね!

もう許したよー笑

なんか最近たくさん登場させてもらえてて嬉しいな(^ ^)ありがとう!
誕生日のことはもう許したよ。笑。あの日ブルジャンプを見たことは一生忘れないだろうなぁ。
タイムマシンなんて発想はなかったけど、言われてみればたしかにその通り!時代もそうだし、日本に生まれたこともそうだし、いろんな奇跡があって今いろんな経験ができてるなぁ。ほんと恵まれてる。

だいごろ

2人のブログを読んで忘れてたはずの苦い記憶が鮮明に蘇った!笑
エチオピアは僕たちの世界旅のおそらく最長滞在国(一ヶ月半)になると思うし、ベストカントリーになる事は間違いなさそう。その一部を2人と共有できて本当に良かったなぁ。
また髪がボサボサになってきたから、南米でノブくん&モモちゃんのストーカーをになる計画をただいま策定中。笑

4枚目や6枚目の写真綺麗~と思わずいってしまったよ♪時間の旅羨まし過ぎるばい~(*^o^)/\(^-^*)ヘアースタイル良くなったね~☺

meringさま

コメントありがとうございます!

ちょっとは男前、女らしくなりましたかね?
人を幸せにする職業って素晴らしいですよね。
ほんとに手に職がある人が羨ましいです。

これからのアフリカ編も楽しんでもらえると嬉しいです!

長浜ラーメンさま

ぜひぜひ替え玉持って南米へ!!
ラテンの人々に豚骨の匂いを嗅がせてあげましょう。笑

なぜ今けん玉なんですかね?
ハイパーヨーヨーならぬハイパーけん玉なんてものも登場してるのかな?

まさやさま

そうなんだ!
ももちゃんのFacebookの書き込みにお二人の写真が載ってたので「おおー、一緒なんだ!」って話してたんですよ。やっぱり旅人の世界は狭いなあ。笑

また髪が伸びてきたので、どこかで美容師旅人を見つけないと!

きっこちゃんへ

久しぶり!元気?
今はもうブラジルかな?

いやあ、エチオピア疲れたけど楽しかったね。疲れたけど(笑)
今後ケンカした時に誕生日忘れた事を蒸し返さんようにね。

俺らはアフリカで年越しだよ。
南米でも会えるかな?
それじゃあ、良いお年を!

だいごろへ

きっとこれから先ず〜っと根にもたれると思うよ。まあしょうがないね。笑

けんくんも言ってたけど、やっぱりアフリカのハイライトはエチオピアだと思う。インドに負けず劣らずのインパクトやったね。エチオピアと比べると、ほかのアフリカの国はちょっと物足りないよね。

同じく髪がボサボサになってきたよ。早く誰か切ってくれる人を見つけんといかん。

ただすけへ

年末で忙しいんやない?こっちは南半球で夏真っ盛り。ぜんぜん年の瀬って感じがせんばい。

髪型が若くなってももうダメやね。体がついていかんばい。笑
せめて気持ちだけでも若く保たんといかんね。

今年もあともうちょい、仕事がんばって!
非公開コメント