Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

おしゃれ過ぎるぞバンナ族!

2014.11.29 06:11|エチオピア☞EDIT
この1か月、ありがたいことにほぼ毎日ビールを飲んでいるケンゾーです。
暑い日にキンキンに冷えたビールを飲めるという幸せ。
でもねえ、やっぱり焼酎とか日本酒が恋しくなるんだよなあ。
ジンとかウォッカとかウイスキーじゃなくて、やっぱり日本の酒がいちばんおいしい。

外見はふつうだけど、なかなかパンチの効いたドルゼ族を楽しんだケンゾーとイクエ。
つづいて、「これぞ民族!」という人々に会うためにカイアファールという町へ移動することに。
早朝発のジンカ行きのバスに乗ればカイアファールまで直通で行けるけれど、早起きしてバスターミナルまで移動して人を押しのけて席を確保することが煩わしい。
多少の狭さは我慢して乗合いワゴンで行くことに。
まずはコンソという町を目指す。

カイアファール

アルバ・ミンチからコンソまでは1人40ブル(約220円)。
荷物代としてひとつ10ブル払ったけど、たぶん5ブルでいいと思う。

a_DSC_0394_20141127232545834.jpg

ワゴンに乗り込んで一瞬にしてバスにしなかったことを後悔。
乗車率がハンパない。
14人乗りの車内に20人以上詰め込まれるんだからたまったもんじゃない。
身動きがまったく取れないから体中いろんなところが痺れてくる。

a_DSC_0406_2014112723343256a.jpg

人が降りて「はあ~、やっとゆっくり座れる」とホッとしても、またすぐに別の人たちが大量に乗り込んでくる。
ケンゾーもイクエも体が小さいからまだなんとか耐えられるけど、体のデカい欧米人たちは大変だろうなあ。

押しつぶされるほどぎゅうぎゅう詰めの車内だけど、かろうじて窓際に座ることができたので外の景色を眺めていると気が紛れる。
青い空に白い雲、緑豊かな山々に茅葺きの素朴な伝統家屋。
エチオピアの移動は大変だけど、「ここはアフリカなのか?」と疑ってしまうような自然豊かな景色を楽しむことができる。

a_DSC_0407_20141129092516810.jpg

a_DSC_0400_20141129092506373.jpg

a_DSC_0414_201411290942130df.jpg

2時間ちょっとでコンソに到着。
すぐにでもカイアファールに移動したいんだけど、今日はもうバスも乗合いワゴンもないよと言われてしまった。
「またまたあ、まだ昼の2時だよ。そのうちやって来るやろ。」と楽観視していたんだけど、ほんとに無いみたい。
腹ごしらえをしてヒッチハイクをトライしてみることに。

a_DSC_0423_20141129094238140.jpg

同じようにカイアファール方面へ行きたがっている人たちが数人いる。
いっしょに道路脇に並んで車を待つけれどぜんぜんダメ。
たまに割増料金で乗せてやるよ、っていう車に乗っていく人もいるけれどケンゾーとイクエはもちろんパス。
けっきょく3時間粘ったんだけどこの日の移動は諦めてコンソで1泊することに。
南部の民族巡りは移動がかなり大変だ。

a_DSC_0433_201411290942402af.jpg

翌朝、7時前にバスターミナルへ。
無事に乗合いワゴンに乗ることができた。
コンソからカイアファールまでは60ブル(約330円)。
もちろん今日も車内はぎゅうぎゅう詰め。

a_DSC_0004_20141127205359158.jpg

狭苦しい車に揺られること3時間弱、ドルゼ族とはあきらかに違う民族が出現。
みなド派手な装飾で全身コーディネートしている。

a_DSC_0012_20141127205926df8.jpg

a_DSC_0015_20141127205446ba2.jpg

a_DSC_0017_20141127210003757.jpg

これぞ民族という個性的で派手な格好をしている彼らはバンナ族
毎週木曜日にカイアファールで開かれるマーケットにバンナ族が大集結するのだ。

今まで見たこともない姿格好の人たちを目の当たりにしてテンションが上がるケンゾーとイクエ。
いやあ、マーケットが楽しみだ。

カイアファールではSami Pensionというホテルに泊まることに。
ダブルルームで1泊170ブル(約940円)。

a_DSC_0022_2014112721022455f.jpg

a_DSC_0021_20141127210106ba9.jpg

バス・トイレ付きだけど、残念ながら水は出ない。
でも部屋は清潔だし従業員の感じもいい。
お願いするとバケツに水を汲んで持ってきてくれる。

部屋に荷物を置いたらさっそくマーケットへ。
ホテルから一歩外へ出ると、いるいる!
周囲の集落からマーケットをめざし、バンナ族が続々と集結中。

a_DSC_0024_20141127210314c9d.jpg

a_DSC_0033_20141127211040e9b.jpg

スラリとしてスマートな体つき。
男性は短パンにノースリーブ、なぜかカメラマンが着るようなポケットがたくさん付いたベストを着ている人が多い。

a_DSC_0024_20141127210314c9d.jpg

a_DSC_0056_201411272120465fb.jpg

そして面白いのが、男性は全員あるものを手にしている。
例外なく全員が持参しているもの・・・。

a_DSC_0063_201411272323389cf.jpg

a_DSC_0062_20141127231830058.jpg

まくら!
バンナ族の男性は木製の枕を肌身離さず持ち歩いている。
枕としてだけでなく椅子としても大活躍なこの枕、ほとんどの男性は自分で手作りするんだそう。
みんなオシャレに気を遣ってるから、地べたに座って汚れるのを嫌ってるのかな?

a_DSC_0060_20141127212146124.jpg

a_DSC_0061_2014112721225277e.jpg

マーケットをめざし歩いているとひとりの少年に話しかけられた。
「枕いらない?」

a_DSC_0026_20141127210749d2f.jpg

英語がとても達者な少年の名前はアブラハム。
バンナ族のシンボル、木製の枕を観光客に売っている。

a_DSC_0028_201411290859583ae.jpg

枕を買うつもりなんてもちろん無いんだけど、このアブラハムがいいヤツでおもしろい。
ユニフォームを買うお金がなくて今学校には行ってないそうなんだけど、その辺の大人よりも英語が喋られる。
まったくの独学で観光客と会話をして身に付けたんだって。

アブラハムによると、バンナ族と似たハマル族という民族がいるんだそう。
こっちがバンナの枕でこっちがハマルの枕だよと説明してくれたけど違いがよく分からない。
「ちゃんとハンドメイドだよ」って言ってるけど、よく見ると金属製の金具が使われていてクオリティがイマイチ。
「金具なんか使ったらダメだよ。ぜんぶ木製にしないとお土産として売れないよ。」ってアドバイスすると「なるほど、そうだよね。」と素直に聞き入れるから可愛げがある。

「買って!買って!」としつこく売りつけてくることはしない。
関係のない話をしてたまに「で買わない?」と笑いながら営業トーク。
距離感や話し方が心地いい。
さいしょ一つ200ブルって言ってたんだけど100ブルまで下がった。
まあ、買わないけど。

ここカイアファールで嬉しい再会が待っていた。
エジプトで出会い、メケレで数時間だけ再会していた、だいごろ&きっこちゃんカップル。(ふたりのブログ→世界ぽろり旅
エジプトのコシャリ、エチオピアのインジェラをこよなく愛するミラクルな味覚の持ち主だ。
2人とはケニアのナイロビまでこれからしばらく一緒に旅することに。

a_DSC_0030_201411272110131a8.jpg

歩いているとアブラハムと同じように「枕どう?」と何人も声をかけてくる。
「ちゃんとオリジナルだよ。」

a_DSC_0034_20141127211217ffc.jpg

「いらない、いらない」と断っていたらあっという間に50ブルまで値下がり。
アブラハムにまた会ったら「100ブルじゃ売れないよ」って言ってやらないといけない。

マーケットをめざし、牛やヤギを連れてバンナ族が続々とやって来る。
連れてる家畜の数はそんなに多くない。
ヤギはだいたい1人1頭。
まるで犬を散歩させてるように連れて歩いているからおもしろい。

a_DSC_0049_201411272117593c2.jpg

a_DSC_0070_201411272352171fe.jpg

マーケットの途中になにやら人が集まっているところがある。
のぞいて見ると、青空バーだった。

a_DSC_0040_20141127211639859.jpg

バケツに入った見るからにヤバそうな茶色い液体をゴクゴク飲んでいる。

a_DSC_0036_20141127211423418.jpg

a_DSC_0037_201411272114475ce.jpg

手作りのローカルビールだって。
強烈な臭いが鼻につく。
飲め飲め言われるから恐る恐る一口飲んだけど、裏切らないマズさだった。
穀物系で作ってるみたいだけど、現地人以外が飲んだら一発でお腹を壊すだろうね。

マーケットをめざし歩いていると、後ろからクラクションの音が近づいてくる。
アディス アベバからやって来たツアーの一行だ。

a_DSC_0035_201411272112397be.jpg

移動が大変なエチオピア南部、民族巡りはツアーに参加するのがメジャー。
この日も20人くらいの欧米人がツアーでやって来ていた。

柵で囲われたここが家畜のマーケット。
ほんとにここで売り買いが行なわれているの?っていうくらいのんびりとした雰囲気。

a_DSC_0069_2014112909434675c.jpg

a_DSC_0079_201411290943477bf.jpg

商談というよりはみんなただのおしゃべりを楽しんでいる。
例の枕 兼 椅子に座っている男たちも多い。
おしゃべりじゃなくてじっくり観察して見定めてるのかな?

a_DSC_0109_201411290945042ad.jpg

オシャレでなんとなくクールなイメージのバンナ族。
けれど意外な一面が。
牛がちょっと暴れただけでみんな大騒ぎ。
ワーワー叫びながら逃げ回って柵によじ登る筋肉モリモリの男たち。

a_DSC_0085_20141129094500c7c.jpg

a_DSC_0083_20141129094456f10.jpg

ちょっといかつい見た目とは裏腹に、バンナ族の男たちはけっこうおちゃめ。
写真を撮っても何も言わないし、気さくに話しかけてくる人も多い。
エチオピアの民族=ウザいっていうイメージだったけど、ぜんぜんそんなことない。

つづいてメインのマーケットへ。
マーケットと言ってもただの広っぱ。

a_DSC_0116_201411290945576f8.jpg

男たちが何かを真剣に物色中。

a_DSC_0120_201411290946045df.jpg

バンナ族にとって大切なデコレーショングッズの数々。
時計、サングラス、ネックレス・・・。

a_DSC_0121_20141129094607ccb.jpg

a_DSC_0122_20141129094607d91.jpg

そして、人気なのがハイレグパンツ!

a_DSC_0123_201411290947187bf.jpg

a_DSC_0119_20141129094730bbd.jpg

男はみんなB'zの稲葉浩志ばりのぴちぴちショートパンツだからハイレグパンツがいいんだろうね。
ちゃんと細部までこだわってて抜かりはないね。

いい歳したおっちゃんが真剣にビーズを選んでいる光景も。
バンナ族の美意識の高さは世界一なんじゃないの?

a_DSC_0173_20141129094728c13.jpg

a_DSC_0153_201411290947285db.jpg

しっかり者のアブラハムと再会。
なんと椅子がひとつ売れていた!

a_DSC_0156_20141129094727760.jpg

イスラエル人が300ブルで買ってくれたんだって。
やるねアブラハム。

抜け目なく「100ブルでいいから買わない?」って言ってきたから、「別の人がもっといいやつを50ブルで売ってたよ」って言ってやったら、「ズコッ!」とドリフみたいなリアクション。
やっぱおもろいなこの子。

このマーケットでイクエはパンツ、ケンゾーはサンダルを購入。
それなりに値段交渉もできるし、とても感じのいいマーケット。

a_DSC_0147_201411290948325d6.jpg

心配していたウザさはぜんぜんない。
あしたはバンナ族コレクション ♪
オシャレなバンナ族をたっぷりお伝えしま~す!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

はじめまして

はじめまして。PicTraウェブサイトを運営している鈴木と申します。
”世界中の写真を翻訳しよう!"をコンセプトに2014年11月にウェブサービスを開始しました。

世界一周やバックパッカーをされている方に是非ともご利用して頂きたく投稿させて頂きました。
Facebookのアカウントがあれば30秒で登録できますで、もし宜しければ是非ともご利用下さい。

PicTra公式サイト
https://pictra-san.com/ja/about

PicTra公式Facebookページ
https://www.facebook.com/pictra.jp

非公開コメント