Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

エチオピアの天使にメロメロ

2014.11.10 06:12|エチオピア☞EDIT
どんどん痩せてきていたので最近は意識してたくさん食べるように心がけているケンゾーです。
とくにお尻に肉を付けないと長時間の移動がツラいんだよね。
どうやったらお尻に肉が付くかなあ。

丸1日かけてやっとたどり着いたエチオピア最初の目的地ゴンダール。
ここゴンダールは1636年から1864年までエチオピアの首都だった。
日本でいう京都みたいな感じかな。
その前はゴルゴラという街が首都だったんだけどマラリアが蔓延していたこともあって、標高が2000m以上あり蚊のいないこのゴンダールに遷都したのだそう。

意外かもしれないけど、ここには世界遺産に登録されている遺跡がある。
意外っていうのは、どうしても「エチオピア」って聞いてイメージするのは「世界最貧国」「飢餓」っていうネガティブなものか「コーヒー発祥の地」か「長距離走に強い国」っていうことくらい。
でもエチオピアには世界遺産が8件もあるって知ってた?
じつは観光資源はとても豊富な国なんだよね。

それではエチオピア1つ目の世界遺産へ。
宿から歩いて5分のところにあるゴンダール城
「不思議の城」と表現されることもある古い城だ。

a_DSC_0152_2014110616211139b.jpg

なぜ「不思議の城」と呼ばれているのか?
なんでも、「ここは中世のヨーロッパ?」と思ってしまうようなヨーロピアンな外観をしているんだそう。
こんなアフリカの内陸部にどうしてヨーロッパスタイルの城が?と摩訶不思議な感じになるというゴンダール城。
ガイドブックには入場料は50ブルと書いてあったけど、実際に行ってみると200ブル(約1100円)、まさかの4倍に値上がりしていた。

4倍ってどういうこと?!
世界遺産だからってそんなに有名じゃないのに1000円越えは高すぎるよ。
ちなみに国際学生証があると半額以下の75ブルで入れる。
かなり迷ったけどこれを見ないとゴンダールに来た意味がないので入場することに。

ここは中世のヨーロッパかと見紛うほどの城がこちら。
いかがでしょう?
ちょっと、というか、かなり微妙?

a_DSC_0185_2014110616251207b.jpg

17世紀から18世紀にかけてこの地を首都としていたゴンダール王朝の歴代の王たちが建てた城や聖堂、修道院などが残っている。

a_DSC_0161_201411061621432ca.jpg

a_DSC_0164_20141106162129ac4.jpg

それぞれの王は自分の趣味に合わせ、音楽を愛した王はコンサートホールを、馬を好きだった王は厩舎を、本を愛した王は図書館を、とそれぞれの好みを反映した城を建てたんだそう。

a_DSC_0170_20141106162334a5a.jpg

a_DSC_0177_20141106162332429.jpg

敷地も広く、中世ヨーロッパとは言わないまでもなかなか雰囲気はある。
けれど保存状態が悪くてかなりボロボロ。

a_DSC_0173_201411061623463b3.jpg

a_DSC_0174_20141106162333a6c.jpg

結婚式の写真撮影をしている人たちもいたからオシャレスポットでもあるんだろう。
じっさいエチオピア音楽のPVではよくここが登場していた。

a_DSC_0181_20141106162349962.jpg

a_DSC_0184_20141106162459689.jpg

でも1100円は高過ぎ。
これはかなりショックだったよ。
半額でも高すぎるなあ。
ていうか、見なくてもいいかも。
実際、城の中はほとんど入れないし、たとえ入られても何もない。
敷地外からも外観は見られるし、節約派の人は外から眺めてもいいと思う。

後日外国人ツーリストが集まったときに「ゴンダールには世界遺産のお城があるけどイマイチだった」って話したら、横から欧米人のおばちゃんが「あれは城じゃない!ただの廃墟よ、あんなの!」って言ってた。
たしかにこの世界遺産を見にわざわざ足をのばして入場料まで払ってこれだったらガッカリくる。

まあエチオピアの世界遺産はこんなもんか。
気を取り直して、街の入口にあるファシリデス王のプールを見にいくことに。
これは世界遺産じゃないし、過度な期待はせずに軽い気持ちで行こう。

これがゴンダール王朝を開いた初代のファシリデス王のプール。
プールと言っても遊びで泳ぐためのプールじゃなくて洗礼用のもの。

a_DSC_0190_2014110616255472b.jpg

a_DSC_0192_20141106162512620.jpg

高地にあるゴンダールはカトリック教会の侵出を恐れエチオピア正教だけの街作りを求めて1636年に遷都された街。
街へ入ろうとする人はすべてここでエチオピア正教の洗礼を受けてはじめてゴンダールの街に入ることができたんだそう。

a_DSC_0195_20141106162755478.jpg

a_DSC_0194_20141106162801bb8.jpg

およそ400年前に造られた洗礼用のプール。
苔むした石壁と同化してしまっている木々が長い時の流れを如実に物語っている。

a_DSC_0196_201411061627564d1.jpg

a_DSC_0199_20141106162742224.jpg

神秘的、スピリチュアルで宮崎駿の世界そのもの。
実写版「天空の城ラピュタ」が目の前に広がっている。

a_DSC_0205_201411100028087c3.jpg

a_DSC_0206_20141106163026463.jpg

a_DSC_0208_20141106163142b47.jpg

プールしかないし水も枯れているんだけど、正直言ってゴンダール城よりもこちのほうが趣があってぜんぜんいい。
「ああ、エチオピアって歴史ある国なんだ」って思わせるに充分な風格。
ちなみに、ゴンダール城のチケットを見せると無料で見ることができる。

最後にゴンダールもうひとつのハイライトへ。
エチオピアの新年は9月。
エチオピアの正月を数日後に控え、街中はとても活気に満ちている。
正月には肉を食べて祝うエチオピアの人々。
路上の即席マーケットでは真剣にニワトリの品定めをする人々の姿が。

a_DSC_0225_20141110001311ff5.jpg

a_DSC_0227_2014110616301974f.jpg

街の中心部から離れた小高い丘を登っていく。
喧噪が遠ざかり、のどかな雰囲気に包まれたエチオピアの日常が広がっている。

a_DSC_0238_2014111000132916c.jpg

a_DSC_0230_20141106163407b63.jpg

a_DSC_0242_20141106163414f7a.jpg

人懐こい子どもたち。
キラキラとした天使の笑顔を見せてくれる。

a_DSC_0234_201411061633480c0.jpg

a_DSC_0268_20141106164421dc3.jpg

子どもたちと絡みながらのんびり歩くこと30分、ダブラ ブラハン セラシエ教会に到着。
待ち構えていたかのように若者数人が声を掛けてくる。
「中に入るにはガイドを付けないといけない。」

a_DSC_0250_20141106163637a77.jpg

ひとりの青年に見覚えがあった。
昨日ホテルの周辺を歩いているときに「この辺りは危険なエリアだからカメラ気をつけてね」と注意してくれた男だ。
その時は素直に「ありがとう」と返したけれど、なんとなく威圧的で違和感を感じた記憶がある。
理由はよく分からないけど、直感的に「この男、信用ならない」と思った。
その男が待ち伏せしていたかのように教会の前にいて「ガイドを付けろ」と言ってきたのだ。

またガイドだよ。
エチオピアではほんとにガイド戦法が流行している。
でも、ガイドを付けないと入場できないっていうのは真っ赤な嘘。
すぐ目の前にちゃんとチケット窓口があって、50ブル(約275円)払うだけで見ることができる。

こちらが17世紀にイヤス1世により建てられたダブラ ブラハン セラシエ教会。
外側も内部もほぼオリジナルのまま残っている貴重な教会なんだって。

a_DSC_0251_20141106163613bbd.jpg

石組みの建物に草葺きの屋根。
竹を組んで造られた屋根はどこかアジアチックでもある。

a_DSC_0252_20141106163624c10.jpg

シンプルな内部、けれど壁も天井も色鮮やかな壁画で埋め尽くされている。
壁画もすべてオリジナルのまま、エチオピアで最高傑作と言われているんだそう。

a_DSC_0253_20141106163634ac1.jpg

a_DSC_0254_201411061641142e1.jpg

描かれている絵柄はどこかコミカルで親しみがもてる。
くりくりお目めのエチオピア人らしく目がとても大きい。

a_DSC_0258_201411061641154ec.jpg

a_DSC_0261_20141106164216c43.jpg

天井を見上げると・・・顔だらけ!!

a_DSC_0255_2014110616415519f.jpg

ちょっと不気味なこの大量の顔は「エチオピアの天使」と呼ばれている天使たち。
神の力はあらゆる方向へ向いている、という意味で天使たちはいろいろな方向を向いているんだそう。

エチオピアの天使はイエスに洗礼を授けた聖ヨハネを象徴しているんだそう。
大きな目と顔の横に生えてる翼が特徴的。

a_DSC_0260_20141106164144a54.jpg

これは、ヘロデ王に首を切られてしまった聖ヨハネが、首を切られてもなお50日間首だけ飛んでいって伝道活動を行なったという伝説に基づいているんだって。
見た目はパッチリお目めでかわいいけど、かなりシュールな伝説だね。

ふたたび歩いて街へと戻る。
エチオピアの子どもたちの笑顔はほんとにかわいい。
エジプト、スーダンとイスラムの国では女の子が話しかけてくることはほとんどなかった。
というか、女の子が外で遊んでるところ自体見かけない。

その点エチオピアでは女の子たちもふつうに男の子たちといっしょに外で元気に遊び回っている。
街の雰囲気や景色がぜんぜん違うんだよね。
宗教が違うってほんとに大きなことだ。

a_DSC_0248_201411061635512d8.jpg

小ちゃな女の子がタタッと走り寄ってきて握手を求めてくることもしょっちゅう。
やわらかくて小ちゃな手を握ってあげるとニコッと笑って満足そう。

a_DSC_0244_20141106163417aa6.jpg

a_DSC_0243_20141106163345d63.jpg

いやあ、リアルなエチオピアの天使におじさんメロメロだよ。
多少イヤなことがあっても、この笑顔があるからエチオピアを嫌いにならないで過ごせそうだ。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント