Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

笑顔あふれる死者の町

2014.10.04 05:50|エジプト☞EDIT
最近よく妻に「髪の毛どこにいったと?!」と言われる40歳ケンゾーです。
たしかに反論できないほど薄くなっていっている。
だけどそんな髪でも、エチオピア人たちには「いいなあ、さらさらストレートヘアー」って羨ましがられるんだよねえ。
まだあるってポジティブシンキングでいかないとダメだね。

歩いて30秒のホテルに泊まり、いまだに謎多きピラミッドのいろいろな表情を満喫したケンゾーとイクエ。
1泊3600円の部屋におさらばし、ふたたび安宿生活へと戻ることに。

戻ると言っても、あのリアル「タワー オブ テラー」のおんぼろビルには戻らない。
じつはネットでカイロのホテルを調べていたら、ほかにも安宿があることが判明。
しかも、個室でエアコン・Wi-Fi・朝食付きと有名な3つの日本人宿よりも条件がいい。

ひとつ欠点があるとすれば、それはロケーション。
おんぼろ日本人宿はバスターミナルに近くて空港からのアクセスもいいし、カイロやピラミッド観光をするにも便利。
けれど今から向かうのはカイロの東に広がるイスラーム地区。
交通の便が悪いのが難点。

けれど、このイスラーム地区も世界遺産に登録されていてカイロ観光の見どころのひとつ。
オールドカイロやピラミッド観光が終了したふたりには好都合なロケーション。
ギザからバスを乗り継いでイスラーム地区へ。
バスを降りて足を踏み入れた千三百年以上の歴史をもつイスラーム地区は、新市街とは雰囲気ががらりと変わってまるで別の街。
細い路地が迷路のように入り組んで、慣れ親しんだアラブの旧市街そのもの。

a_DSC_0334_20141003155149804.jpg

ただちょっと不気味なのは、店がすべて閉まっていてゴーストタウンのようになっていること。
人通りもほとんどなくて、シーンと静まり返っている。
きょうはまだ3日間行なわれるラマダン明けの祭りイードル・フィトルの真っ最中。
みんな家で家族とお祝いしてるのかな。

カイロ3か所目のホテルはアズハル地区にある「Arabian Nights」
場所の目安はついていたけど、数人の人に聞いてたどり着くことができた。

a_DSC_0336_20141003155158d1d.jpg

3ベッドルーム、シャワー・トイレ共同でネット予約すると1泊60ポンド(約860円)。
なぜか現地で延泊したら52ポンドだった。

a_DSC_0337_20141003155209b48.jpg

たぶん8ポンド分は予約サイトの手数料なんだろう。
15%以上も取るなんてなかなかおいしい商売だ。
なんにしても、エアコンもWi-Fiも朝食も付いてしかも個室で52ポンド(約750円)はかなりお得。

部屋の窓を開けて外を眺めていたら、壁とエアコンの室外機の隙間で何かゴソゴソと動く物体が。
何がいるのかとのぞいてみたら鳩だった。

a_DSC_0340_20141003155157ef2.jpg

こんな狭くてファンの音がうるさいところにわざわざ巣を作らなくてもいいのに、って思っていたら、こんなかわいらしいものを発見。

a_DSC_0339_201410031553077f5.jpg

卵が2つ!
針金や布切れを寄せ集めて作った巣の上に、うずらの卵より一回り大きなツルんとした卵がちょこんとのっている。
うるさいかもしれないけどここが安全なのかな。

見どころ豊富なイスラーム地区。
その中に一風変わった場所がある。
その名も「死者の町」
いったいどんなところなのか?

ホテルから歩くこと15分、なんだかちょっとおどろおどろしい建物が見えてきた。
たしかに「死者の町」というネーミングにまったく違和感は感じない。

a_DSC_0357_2014100315532124b.jpg

a_DSC_0358_20141003155329333.jpg

歩道橋の上から死者の町の全景を見渡すことができる。
交通量の多い幹線道路のすぐ脇に広がる死者の町。
かなりの年代物と思われるモスクのような大きな建物とごちゃごちゃとした低い建物。

a_DSC_0448_20141003160057c0b.jpg

a_DSC_0442_20141003160137138.jpg

じつは死者の町とは墓地のこと。
中世のころからカイロの人々が亡くなるとここに葬られてきた。

a_DSC_0443_20141003160138686.jpg

a_DSC_0444_20141003160056415.jpg

とくにマムルーク朝(1250年~1517年)時代の王や著名人たちがこの地に自分たちの墓を好んで建てたんだそう。
その際には墓だけでなく、マドラサ(神学校)なども併設。
そのおかげでこの死者の町にはその名前に似つかわしくないマムルーク朝時代のものを筆頭に美しい建物が数多く残っている。

a_DSC_0363_201410031553298ed.jpg

a_DSC_0365_201410031553290d9.jpg

これは1ポンド札の絵柄にもなっているカーイトゥベーイの墓とマスギド
カーイトゥベーイはマムルーク朝のスルタン。

a_DSC_0389_20141003155449608.jpg

派手さはないけれど、幾何学模様が彫られたドームはとても美しい。

a_DSC_0390_201410031554525f3.jpg

2本のミナレットが特徴的なスルタン・バルクークのハーンカー
1411年に完成したマムルーク朝建築の傑作と言われている建物。

a_DSC_0411_201410031558161e4.jpg

a_DSC_0412_201410031558308da.jpg

a_DSC_0413_201410031558259cf.jpg

広い中庭をもつこの建物は、今ではモスクとして使われている。

a_DSC_0415_20141003155825ba5.jpg

a_DSC_0416_20141003155835c7c.jpg

世界遺産に登録されているものも含め、貴重な建物が数多く残っている死者の町。
たしかにそれぞれの建物は規模もとても大きくて見応えがある。

a_DSC_0421_20141003155926640.jpg

a_DSC_0407_20141003155536d42.jpg

a_DSC_0402_20141003155755758.jpg

ただ残念なのは手入れがほとんど行き届いておらず、ほったらかし状態になっていること。
全体的にかなり寂れていて、朽ちるのに任せるままになっている建物も多い。

a_DSC_0434_20141003160134d2b.jpg

a_DSC_0425_20141003155932773.jpg

もっとちゃんと補修して周囲をきれいに整備したら立派な観光名所になると思うのにもったいない。

テロや政情不安などで観光客が少なくなったと嘆くエジプト。
でも、もっと観光地としての魅力を上げる努力をすれば、観光客は戻ってくるのになあと思う。
エジプトにはピラミッドをはじめたくさんの観光資源がある。
観光資源があることに満足してしまって「なにもしなくても観光客が来る」と思っているフシがあり、ほったらかしでちゃんと管理してないところが多いのはとてももったいない。

a_DSC_0441_20141003160138775.jpg

a_DSC_0404_20141003155533609.jpg

死者の町を散策しているとけっこう人がいることに驚かされる。

a_DSC_0372_20141003155353c23.jpg

a_DSC_0375_20141003155401443.jpg

じつはこの死者の町、カイロの人口が増えるにしたがってどんどん人が移り住んできているんだそう。
今では2万人以上の人々がここに暮らしている。
ぜんぜん死者の町じゃないんだね。

古い建物、狭い路地、なんだかパレスチナ自治区の難民キャンプにそっくりな町並み。
大好きなパレスチナを思い出してちょっと泣けてくる。

a_DSC_0377_20141003155358b0e.jpg

a_DSC_0382_2014100315543954b.jpg

a_DSC_0380_2014100315540398a.jpg

町並みだけじゃない、ここに住む人たちもパレスチナとそっくり。
とても友好的で人懐こくて、とてもいい笑顔を見せてくれた。
観光地としてはイマイチかもしれないけど、人と触れ合うには最高な場所。

a_DSC_0370_20141003155337523.jpg

a_DSC_0376_20141003155407c9e.jpg

a_DSC_0385_20141003155453929.jpg

a_DSC_0386_20141003155501506.jpg

死者の町は子どもたちのキラキラとした笑顔があふれる町。

a_DSC_0397_20141003155522c17.jpg

a_DSC_0401_2014100315552803d.jpg

a_DSC_0426_20141003155853289.jpg

a_DSC_0433_20141003160130daf.jpg

そして、ひたすら自転車の手放し運転を練習する少年がいる素朴で心なごむ町だった。

a_DSC_0430_20141003160054f02.jpg

a_DSC_0429_2014100315585572a.jpg

カイロの喧噪にちょっと嫌気がさしたなら、死者の町を訪れてみては。
人々の笑顔に癒やされ、きっと生き返るような気分を味わえるはず。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

No title

こんにちは

つばさです。

エジプト編楽しみに読ませてもらってます。

僕達は予算の都合上エジプト行きを断念しました。
でもお二人の記事を読んでると・・・行きたい・・・

あ!先日お二人が3日も通い詰めたハンガリーの『美女の谷』に行ってきました!!
正直ワインを美味しいと思った事はなかった僕ですが、初めて美味しいワインを飲みました。(甘いヤツ)

でも3日は行き過ぎだと思います。

僕もワインの味がわかる男になろうと思います。

ではでは

つばさ さま

エジプトはおじいちゃんおばあちゃんでも楽しめるから老後の楽しみに!
旅の予算、けっこう深刻?
エジプト、スーダン、エチオピアまでは安く旅行できるよ。

美女の谷、もう一回行きたいなあ。
ワインの美味しさがやっとわかる場所だよね。
今度は一週間コースで通おう。
非公開コメント