Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

「なくなればいいのに」と思われている世界遺産

2014.09.15 05:59|コソボ☞EDIT
いまでも1日1回はコーヒーを飲みたくなるイクエです。
日本にいるときは1日5杯くらい飲んでたかも。
朝に自宅で、そして職場で。
イライラしているとき、リフレッシュしたいとき、「おつかれ」と自分をいたわりたいとき。
子どものころはコーヒーは苦くて嫌いだったけど、浪人中の受験勉強のときに眠気覚ましでがんばって飲みはじめて好きになりました。

コソボ第2の都市で観光地とも言えるプリズレン。
太っ腹なゲストハウスもあるし、川沿いに発展した昔ながらの街並みも美しい。

a_DSC_0185_20140914235907cb9.jpg

古い石橋にモスク。
丘の上の左側に見えるのは城塞。
「プリズレン」という地名は「要塞」という意味なんだって。

a_DSC_0073_20140914234754136.jpg

この要塞に上ってみることにした。

コソボ紛争では大きな被害は免れたと言われているプリズレン。
それでも紛争によって破壊されたと見られる家々がところどころに放置されている。

a_DSC_0083_2014091423480632f.jpg

a_DSC_0084_2014091423480794e.jpg

紛争前はプリズレンの住人の8割近くはアルバニア系住人だったけれど、紛争中は恐怖心を感じたり出て行かされたりして多くのアルバニア人がここから離れたのだそう。
逆に紛争が終わると、今度はセルビア系住民とロマなどの少数民族が危険を感じてほとんどがこの地から去っていった。

路地では紛争を体験していない子どもたちが無邪気に遊んでいる。

a_DSC_0088_20140914234814c7f.jpg

まだ水面下で問題を抱えているコソボだけど、この子たちがこれからも戦争なんて体験せずに成長しますように。

丘からは、通りを走る軍の車が見える。
NATO主体の、コソボを安定させるための国際部隊KFORの車。

a_DSC_0094_2014091423480724a.jpg

紛争が終わって10年以上経つのに、こんなふうに軍の姿がまだいたるところで見られる。
丘の上からはKFORの広い敷地も見えた。
白い建物が並ぶところがKFORの駐屯地。
いつまでここに存在しつづけるのかな。

a_DSC_0103_20140914234906906.jpg

要塞からの眺めは想像以上に圧巻だった。
赤い屋根ばかり、びっしり。

a_DSC_0105_20140914234901f01.jpg

最近イクエとケンゾーの間でブームの、ミニチュア加工にした写真をどうぞ。

a_DSC_0115_201409142352352b4.jpg

a_DSC_0118_20140915000852833.jpg

目立つのは、モスクの高いミナレット(塔)。
赤い屋根の家々の間から、にょきっと立っている。
いったいこの街にいくつのモスクがあるのだろう。

a_DSC_0117_20140915000840860.jpg

でも、この街にあるのはモスクだけではない。
教会だってある。

左手のミナレットのあるモスクのすぐ後ろに見える、モスクとよく似た色合いの建物はセルビア正教会のセントジョージ(聖ゲオルギイ)教会。

a_DSC_0116_20140914235229e3f.jpg

紛争中は、セルビア軍はイスラム教徒のアルバニア人への嫌がらせとしてモスクを破壊した。
そのいっぽう、アルバニア系勢力が巻き返した2004年には反セルビア人暴動が起こり、今度はセルビア正教会の施設や教会関係者の住居がアルバニア系群衆の復讐によって破壊されてしまったのだそう。

要塞からの帰り道、セルビア正教会の聖サヴァ教会があった。
屋根がなく、室内の柱が上から見えている。

a_DSC_0124_20140914235603386.jpg

とても歴史ある建物だったはずなのに、無惨な姿になってしまっていた。
いまならまだ手を加えれば、美しく修復できるはずなのに。

a_DSC_0127_20140914235554d65.jpg

残された壁には、イコン(宗教画)が描かれていたのがわかる。
イエス・キリストの絵。
きっとセルビア人からしたら、信仰の対象がこんな状態で放置されているのは、とても屈辱的なこと。

a_DSC_0129_201409150005182b6.jpg

紛争によって、お互いの宗教施設を壊しあった。
紛争後、壊された宗教施設を修復するのは勝者だけの特権なのか。

歴史や文化が刻まれた建物は、宗教うんぬんではなく人類の大切な遺産として守っていかなければならないと思うのに。

a_DSC_0128_20140914235631ee4.jpg

たくさんの壁画が描かれていたであろう教会のドームの天井は、黒く汚れ、もはや美しいものではなくなっていた。

ふたたび街へと下りてきて、さっき城塞から見えていた大きなモスクの中に入る。
華やかに装飾されたドームの天井。

a_DSC_0134_20140915000846b04.jpg

さっきの教会と、歴然とした差がある。

a_DSC_0142_20140915000444f27.jpg

これまでいろんな国でモスクを見てきたけれど、アラブや中央アジアのモスクとはまったく違う雰囲気。
「ヨーロッパ」の雰囲気が漂っている。
ピンクを使い、あでやかなバラをあしらった装飾はまるで宮殿のよう。

a_DSC_0135_201409150004336b5.jpg

このモスクは城塞から見たとき、セルビア正教の建物と並んで見えていたもの。
モスクの奥にあった、そのセルビア正教のセントジョージ教会にも行ってみることにした。

a_DSC_0107_20140914235221839.jpg

モスクには自由に入れたけど、この教会はUNMIK(国連の暫定統治機構)とKFORが管理していてパスポートをチェックされた。
入口には「教会への破壊行為や略奪は犯罪であり、必要であればその犯罪をやめさせるためKFORが武力行為にでます」と注意書きがされていた。

どんな教会なのか楽しみにして入ったのに、装飾はなくガランとしていて殺風景で驚いた。

a_DSC_0202_20140914235809c6f.jpg

箱をつくったのはいいけれど、まだ装飾までは追いついていないといった感じ。
1856年に建てられたもとの教会は、2004年に完全に破壊されてしまったのだそう。

切なくて、寂しい気持ちになった。

ここプリズレンの街は戦争の被害もほとんどなくコソボいちの観光地と思っていたけど、やっぱりここにも戦争の陰はあって、この街にある歴史的な建造物は対立によってないがしろにされている。

この街には世界遺産がある。
セルビア正教のリェヴィシャの生神女教会。
1306年から1307年に造られたものでビザンチン建築の美しい教会。
芸術的にも価値のあるフレスコ画があって、東側のビザンチンと西側のロマネスクを融合させたものらしい。

気を取り直してそこに行くことにした。

プリズレンの街には、真新しい銅像をいたるところでみかける。
武器を持った兵士のような男たち。

a_DSC_0189_20140914235914910.jpg

UCK(コソボ解放軍)のメンバーたち。
セルビアからの独立を求めて戦った戦士たちは、感謝や尊敬の対象に。

けれど、このUCKは紛争中に警察官やセルビア人の一般市民を虐殺したり、セルビア人女性を強姦するなど残忍なことをおこなっている。
セルビア人、クロアチア人、ロマなどを対象としたUCKによる殺害や強制移送は「民族浄化」とも言える。
UCKの挑発に乗るかたちで、セルビア軍はコソボの攻撃を強化したとも言われている。

コソボ紛争は、独立を求めるコソボに対しセルビア側が武力でそれを食い止め、セルビアがアルバニア人をはじめ他の民族たちを民族浄化したことがクローズアップされる。
そしてそんなセルビアの暴挙を食い止めるために、アメリカがセルビアに爆弾を落とした。

けれど、実際には紛争はそんな単純な正と悪の構図ではない。

UCKは資金集めのためにアフガニスタン産のヘロインを販売していたことも明るみになっている。

セルビアが撤退し、UNMIK(国連の暫定統治機構)の管理下に入ったあとも彼らによる他民族への殺害や人身売買、セルビア正教会の破壊などがあとをたたず、セルビア人や少数民族の人権は無視され迫害を恐れて彼らがコソボから逃れていることが問題となっている。

けれど、アルバニア人が大多数になった今、コソボはもはやアルバニア人の国のようになってしまって、ほかの民族のことは無視され、UCKは尊敬の対象。

ほかの民族にとってはとても生きづらい国なのだと思う。

a_DSC_0190_20140914235810d99.jpg

赤い地に黒い双頭の鷲のマークは、お隣の国アルバニアの国旗。
コソボの国旗ではないのに、このアルバニアの国旗をまるでコソボの国旗のようにいたるところに掲げてある。

ほんとうのコソボの国旗は、青地にコソボの国が描かれその上に6つの星がついている。

コソボ


6つの白い星は何を意味するのか。
ここに生きるアルバニア人、セルビア人、トルコ人、ロマなど6民族との調和や団結を表している。

アルバニア民族主義を掲げる人たちにとっては、そんな国旗は使いたくないのかもしれない。

たどり着いた世界遺産の教会。
フェンスに囲まれ鉄条網が張り巡らされ、閉鎖されて中に入ることなんてできなかった。

a_DSC_0166_20140915000137e4f.jpg

管理されておらず、庭には雑草が伸び放題。
敷地内は物置のようになっていた。

ここに住む大多数の人たちにとって、セルビア人の教会なんて邪魔なものでしかないのかもしれない。
このままだときっとこの世界遺産は朽ち果ててしまう。

a_DSC_0164_20140915000414b0a.jpg

平和になったコソボに、世界からたくさんの人たちが訪れてほしい。
わたしたちのすばらしい国を知ってほしい。

そんなふうに思っているコソボの人たちは多い。

だったら、この世界遺産を殺すことなく手入れし観光地のひとつとすることで、もっと多くの人たちがここを訪れるのに・・・。

世界遺産があるかないかで、観光客の数はずいぶん変わると思う。

いまどうにかしない限り、人類の宝である遺産がひとつ、地球上から姿を消してしまう。

a_DSC_0163_20140915000407857.jpg

閉ざされた柵の向こうには、歴史的にも芸術的にも価値があるとされるフレスコ画が見えた。
檻に閉じ込められたようなマリア像。

a_DSC_0169_2_201409142359025c2.jpg

こちらを見つめるそのマリア像は、泣いているように見えた。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

4年前、バイクで旅した者です。

初めまして。
4年前、ドイツでバイクを購入してヨーロッパを放浪していたのですが、私も途中コソボを通りました。
1日で素通りしただけだったので、教会やモスクは全く見ることが出来ませんでした。
というより、事前にあまり情報を仕入れていなかったので、こうした素晴らしい見所がこれだけたくさんあるとは知りませんでした。

また、これもやはり当時は見ることが出来ませんでしたが、今なおくすぶる両民族間の対立にも胸が締め付けられました。
本当に悲しいですね。宗教の違いがこういったところでも影を落とすなんて。

またいつか、私もコソボに行きたいです。
あとご存じでしたら恐縮ですが、現在松尾さんという方がコソボをバイクツーリングされています(既に出国済み?)。
こちらもご覧になられては如何でしょうか。
https://www.facebook.com/bikenomatsuo

末筆ですが、弊ブログでもシェアさせて頂きました。ありがとうございます!
引き続き、素敵な旅を!


岡田さま

コメントありがとうございます!

バイク旅いいですね、わたしもバイク好きなので憧れます。旧ユーゴは親切な人々が多いので旅しやすかったのではないですか?だからこそ、あんな悲惨な戦争が起きたことが衝撃的でもあるんですが・・。

シェアありがとうございます!
これからも引き続きお付き合いよろしくお願いします。
非公開コメント