Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

旅して2年 良かった国・お金・感想・・・まとめ

2014.09.08 01:56|世界一周裏話☞EDIT
夫婦で地球一周旅行をしているケンゾーとイクエです。
わたしたちふたりの、ふらりと旅先を訪れ、ゆるりと楽しみながら、地球をぐるりとすることを目指しているこの旅も2年が経ちました。
2012年9月6日にイクエの故郷の熊本の駅を列車で出発、下関からフェリーに乗り翌日の7日に韓国・釜山に上陸、ふたりの長い長い旅が始まりました。

旅に出て2周年。
きょうは、2年目の旅を振り返ります。
(スタートから1年間の旅については去年の9月6日の記事をご参考ください。)


★こんな国を旅しました ♪
この1年間で旅したのは以下の国です。
・中央アジア
 キルギス 

・中東
 トルコ(2度目) イラン イスラエル パレスチナ ヨルダン

・ヨーロッパ
 イタリア バチカン フランス チェコ オーストリア ポーランド イギリス アイルランド ポルトガル スペイン ハンガリー スロバキア スロべニア クロアチア セルビア ボスニア・ヘルツェゴビナ モンテネグロ コソボ マケドニア アルバニア ギリシャ

・アフリカ
 チュニジア モロッコ エジプト スーダン エチオピア

以上32か国(地域)です。
1年目に旅した国を合わせると2年間で50か国(地域)を旅しました。

a_DSC_0523_201409080130549b1.jpg


★使った金額発表!
各国のビザ代や航空券も含めて、2年目の旅で使ったお金は全部でズバリ214万4741円!!
単純に365日で割ると、1日当たり5876円。
1年目は209万508円、1日当たり5727円だったのでほぼ同じ金額を使ったことに。
(これとは別に旅行保険代を年間24万2346円支払っているので、実際には1日当たり664円余計にかかっている)

2年目は物価の高いヨーロッパも旅しているので、1年目と同じくらいの金額で抑えられたのは上出来かな。
カウチサーフィンを始めたり、自炊をするようにしたのがよかった。

3年目は何かとお金がかかるアフリカと南米がメインになる。
がんばって1、2年目の金額になるべく近づけられたらいいんだけど。


★安かった国 高かった国はここ!
いちばん安かったのは、1年目と2年目をまたいで滞在したキルギス。
30日間の滞在で7万6000円、1日当たりにすると約2534円と断トツで安い。
キルギスは交通費が安いので助かった。

a_DSC_0282_201409080126039e6.jpg


逆にいちばん高かったのは、イタリア。
16日間の滞在で17万5949円、1日あたり1万997円もかかってしまった。
観光地の入場料がどこも高かったし、交通費もけっこう高い。
シチリア島まで足を延ばしたので仕方ないね。
サッカーのチャンピオンズリーグの試合も観たし。

a_DSC_1049_201409110108374dd.jpg


★旅のトラブル 何があった?
旅のトラブルとしてふたりがまっさきに思い浮かべるのは「ロンドン国際空港間違い事件」。
ロンドンを出国するとき、間違った空港に行ってしまい正しい空港に移動する時間も残されておらず航空券を買い直すはめに・・・。
しかも早朝発の便だったので前日から空港入りして空港に泊まっていて時間はたっぷりあったのに、チェックインのときにスタッフに指摘されるまで気づかなかった。
ロンドンには4つの空港があり、同じ航空会社の同じ目的地の同じ時間帯があったことも一因だけど、いちばん大きな原因は旅慣れしてきたことによる気のゆるみ、確認ミス。
その場で買い直したチケット代134ポンド(約2万3千円)は高い勉強代となりました。

盗難被害は、ナポリの満員バス車内でケンゾーがスリに遭ったこと。
お財布をチェーンにつけてバッグの中に入れていたけどチェーンごと盗られていた。
お財布には10ユーロしか入れてなかったのが不幸中の幸い。

イクエは盗られたことはないけど、気づいたらショルダーバッグのチャックが全開、というスリ未遂には何度か遭っているので気をつけないと!

ケガ、病気で病院のお世話になったのはイクエだけ。
イランで自転車を買って自転車旅を始めた3日後にまさかの転倒。
そしてスロべニアで膀胱炎になったこと。

a_P1030911_2014090801432129a.jpg

健康で日本に無事に帰るといういちばんの目的を達成するために、これからも健康管理をしっかりしないとね!


★それでもやっぱりおすすめしたい!カウチサーフィン
去年の1周年の記事を書いたとき「2年目はカウチサーフィンに挑戦したい」と書き、この1年でそれを実行することができました。
イラン、イタリア、パレスチナ、ヨルダン、イギリス、アイルランド、モロッコ、スペイン、ハンガリー、スロベニアでおよそ25家庭にお世話になりました。

会ったこともない、知らない人の家にホームステイする不安はあるし、実際にトラブルがあることも事実です。
わたしたちは3回だけ嫌な経験をしました。
ヨルダンでホストファミリーの長男に物を盗まれたこと、イランでホストからツアーに勧誘されたうえ倉庫に寝泊まりさせられたこと、モロッコでヒッピーの家に泊まり騒々しくて眠れない夜を過ごしたこと。

でもその経験をはるかに上回るいい出会いや経験がカウチサーフィンを通してできました。
ホームステイすることで現地の人と友だちになれるし、その国のリアルな食文化や生活スタイルに触れることができ、その国のことをより深く知ることができます。

インターネットが普及し世界は狭くなり、旅人はネットの情報に頼りながら旅する現代。
昔よりも旅がおもしろくなくなったと言われることもありますが、カウチサーフィンを利用して旅をおもしろくするのは現代の旅人の特権だと思います。
これからもカウチサーフィンを使って旅を彩っていきたいです。

a_DSC_0458_201409080126510c4.jpg


★おススメの国 ベスト3
どの国も魅力がいっぱいだったけど、そのなかでも観光や滞在を楽しめる国ベスト3を発表します。
仕事が忙しい社会人でも、1週間ちょっとの連休があれば旅行できるおススメの国はここです!
(2年目に旅した国の中でのベスト3です。
現在わたしたちはエチオピアまで来ていますが、ブログの内容は少し遅れているので、ブログ記載のクロアチアまでの国の中で選びました。)

ケンゾー
3位 モロッコ
「モロッコ=砂漠」っていうイメージしかなかったんだけど、いざ訪れてみると山あり渓谷あり神秘的な湖ありと景色のバリエーションの豊かさに驚いた。

a_DSC_0493_20140908013015d0d.jpg

a_DSC_0346_201409080126009d9.jpg

2位 アイルランド
レンタカーを借りてドライブ旅をしたアイルランド。
自然豊かな国でどこを走っても爽快な気分に。
アイルランド民謡の生セッションを聴きながら美味しいビールを飲むという至福の時間を楽しむことができた。
もういちどため息が出るほど美味しかったギネスビールを飲みたい!

a_DSC_0225_20140908012525426.jpg


1位 キルギス
オシュからビシュケクまでの移動中に見ることができた山越えの景色と、アルティン・アラシャンの神々しいまでの絶景は今でもくっきりまぶたの裏に焼きついている。
ビールも安いし、居心地いい宿もあるし、美しい自然はあるし(というか自然しかない)、長期間滞在してゆっくりのんびりするには最適な国。

a_DSC_0111_20140908012447159.jpg


イクエ
3位 アイルランド
大自然やケルト文化、アイルランド民謡など、国土が小さいながらもたくさんの魅力が詰まった国。
機会があればもう一度長期で旅したい。 

a_DSC_0411_20140908012645602.jpg


2位 チュニジア
まるで違う星みたいな地形。
数々の映画が撮影されたのも納得。
ベルベル人の住居や集落はとってもユニーク。

a_DSC_0270_201409080125276e7.jpg

a_DSC_0200_20140908012525f03.jpg


1位 モロッコ
海も砂漠も緑も湖もあって自然豊かで観光資源にバリエーションがある。
モロッコ人もほとんどの人は気さくで穏やか。
誰にでも自信を持っておススメできる国。

a_DSC_0798_2014090801312902c.jpg



★世界の絶景 ベスト3
「絶景」と心から思えるのは、人が作り出した遺跡や建物よりもやっぱり自然の景色。
自然の景色の美しさは季節や天候に左右されるので、つねにその絶景が見られるとは限らないけどケンゾーとイクエが選んだ絶景はこちら。

3位 サハラ砂漠(モロッコ)
砂と空しかないのに、何度見ても飽きない砂漠。
なめらかな曲線、定規で引いたような直線、刻々と変わる風紋、光と陰。
自然がつくる究極の造形美がここにある。

a_DSC_0268_201409080125246da.jpg


2位 イニシュモア島の波(アイルランド)
アラン島のひとつのイニシュモア島で、断崖絶壁から見た波。
体の中にまで響く爆音、何十メートルも下から飛んでくる水しぶきは足がすくんで恐怖を感じる。
ドキドキしながらも見とれてしまった。
葛飾北斎の有名な波の絵『神奈川沖浪裏』を思い出させる光景だった。

a_DSC_0283_2014090801255975c.jpg


1位 アルティン・アラシャン(キルギス)
絶景の宝庫、キルギス。
その中でももっとも美しいアルティン・アラシャン。
鮮やかな緑や雄大な草原、そこでテントで暮らす遊牧民、美しい山々に満天の星空とどこを見てもうっとり。
過酷なトレッキングのあと、突然目の前に現れたカラコル湖にはあまりの美しさに叫び、走り、鳥肌が立ち、涙がでた。
これまでの人生においてもいちばんの絶景。

a_DSC_0451_20140908014418604.jpg

a_DSC_0338_20140908012603b91.jpg



★思い出深い国 ベスト3
やっぱり旅での思い出は、観光地よりもそこでの出会い。
ふたりにとって大切な国となり、大好きになった場所のベスト3です。

3位 スペイン
セビージャの春祭り真っ最中に入国。
闘牛にフラメンコにスペイン料理にと大満喫。
友人やカウチサーフィンのホストの家を渡り歩きながらの旅だった。
明るくて気配り上手でさっぱりしていてお酒が大好きな(九州人気質と似ている!)スペイン人とは相性が良かった。
そんなスペイン人に甘えさせてもらって自分たちのペースを崩さずに旅ができた国。
とても居心地がよくて、もっと長居したい、なんなら住んでもいいかも!と思えた国。

a_DSC_0333_20140908012606186.jpg


2位 イラン
はじめてカウチサーフィンに挑戦した国。
カウチサーフィンの楽しさとイラン人のホスピタリティーを実感し、ビザを延長して2か月も滞在してしまった。
たくさんの人の家におじゃまし、いっしょに食事をし、毎日うれしくて楽しい気持ちに。
自転車旅をはじめたもののイクエがケガをするというエピソードも今となっては忘れられない思い出。
イランは「悪の枢軸国」なんかではなくて、とても発展していて知的な人が多く、イスラム国だけど自我を通して生き生きと輝く女性もいて、イメージをいい意味で覆された国。

a_DSC_0648_20140908013029435.jpg


1位 パレスチナ
「パレスチナなんて旅行できるのかな」と不安を抱えて入ったけど、街を歩けば「ウェルカム トゥ パレスタイン!」と人懐っこい笑顔で歓迎された。
NGOの人たちや難民キャンプで暮らす人たち、イスラエルの入植地の目の前で生活する家族とも出会い、ヘブロンでホームステイもできてパレスチナの現状や生活に触れられた充実した毎日だった。
そのいっぽう、パレスチナの人たちの悲しくて悔しい現実に胸が締めつけられる毎日だった。
もっとも意味のある旅となったし、ここを訪れてよかった。
みんなが幸せに暮らせるようにと願ってやまない。

a_DSC_0034_2014090801243985b.jpg


★730日 旅をしながら暮らしてきた日々
ケンゾー
「え?まだ2年目だったっけ?」ていう感じ。
各地を転々とするその日暮らしがいつしか日常に、あっという間の1年間だった。
いくらいままで経験したことのない刺激的な旅する日々も、「それが毎日続くと飽きる日が来るのかなあ」なんて思ったりもしていた。
けれど実際にはそんなことはまったくない。
同じように見えて少しずつ違っているそれぞれの国、場所の特徴を肌で感じる旅は飽きがこない。
カウチサーフィンやヒッチハイクなどに挑戦して旅にスパイスを加えることができたのも良かった。
ホームステイをすると地元の人たちとの距離がぐっと近くなりリアルな生活を垣間見ることができる。
レストランでは味わえない美味しい家庭料理を食べるチャンスも増えるしね。
ドキドキ感や人の優しさを感じることができるヒッチハイクは旅のマンネリ防止におすすめ。
目の前を車が走り去っていく切なさはなかなか辛いけど、その分止まってくれたときの喜びはひとしお。
人の素の温もりに触れられて心がほっこりする。

a_DSC_0529_2014090801302855e.jpg

a_DSC_0405_201409080126400d0.jpg


イクエ
「730日、毎日旅をして飽きないの?」と問われたら即答します。
「全然飽きないよ」。
発見、感動、すてきな出会いに飽きはきません。
さらに「生活するように旅する特別な日常」が1年目よりも板についてきたので、2年目のほうが旅の気苦労や移動のストレスが軽くなり、自然体で楽しめています。
旅を始める前は、期間は2~3年だったのにまだ半周で2年も経ってしまいました。
だから予想以上にふたりともこの旅を楽しんでいるのかも。
ふたりのプライベートな旅をつづったこのブログをこんなにも多くの人に読んでいただけるなんて予想してなかったことです。
みなさんがこのブログを楽しんでくださり、応援や共感のコメントのおかげで自分たちのやっている旅に自信ももてるし、「よし!とことん旅を楽しもう!!」という気概もでて、みなさんの存在がわたしたちの旅を充実させる糧になっています。
ありがとうございます!

a_DSC_0088_20140908012446794.jpg


★ケンゾーからイクエへ「ポジティブシンキングとユーモアで!」
自転車で転倒、さらには膀胱炎と2回病院に罹ることになったけど、とりあえず今もこうしてふたりで旅を楽しむことができていることに満足。
イクエが自転車で転倒して顔面から血を流しているシーンは、今でもふとした時に脳裏に蘇って泣きそうになることがある。
3年目はアフリカ、高地が多い南米とハードな旅が待っている。
これまで以上に健康に気を配って、お互いにケアし合っていかないとね。

ケンゾーもとうとう40代に突入する3年目。
日々増してくる老化現象とも戦いながら旅をしていかないといけない。
出会った20代の頃とは特に外見が激しく変化してきているけど、そこは目をつぶってこれからもよろしくね。

3年目もつねにポジティブシンキングとユーモアを忘れずに、ふたり仲良く旅を楽しんでいこう。

a_DSC_0550_20140911010906e35.jpg


★イクエからケンゾーへ「あれ?わたしより旅にハマってる?」
わたしは20歳のころからバックパックで旅してきた旅行好き。
いっぽうケンゾーのバックパッカーデビューは結婚後30歳過ぎてから。
だけど旅して2年目。
ケンゾーは帰ろうとも言わないばかりかわたしよりも旅にハマってるフシがある。

ケンゾーが言ってたことで印象深い言葉がある。
「はじめてバックパックで旅したとき、うぉー!!世の中にはこんな楽しいことがあったんだ!!今まで30年以上生きてきてなんで知らなかったんだろうって思った。」

そんなケンゾーといっしょなのでふたりですごく楽しめているし旅の不安もない。
1年目のときは英語で会話するのが苦手だったケンゾーだけどカウチサーフィンで自然に語学力がつき、英語での交渉もやってくれる。
楽しい毎日が過ごせているのも、そのままの自分で旅ができているのもケンゾーがいるから。
こんなふうにトイレとおふろ以外の時間ずっといっしょにいて、慣れない異国でけんかもせずにいっしょに笑って楽しめて、旅の行き先や旅行の仕方でもめることもなく旅ができているのは、相性がとってもいい証拠なのかなって思っています。
これからもそのままのふたりでふたりの人生を楽しもう!
これからもよろしくね!

a_DSC_0550_20140908013039b9e.jpg


★まだまだ旅は終わらない!これからの旅にむけて
ケンゾー
7年前の新婚旅行以来のアフリカと、ふたりにとって未知の南米。
刺激的な日々が待ち受けていそうな3年目の旅。
この1年はこれまで以上に現地に飛び込んで溶け込んでいきたいなあ。
とくにアフリカは人との出会いを求める旅にしていきたい。

このブログを読んでいっしょに旅をしてきた読者のみなさん、2年間お付き合いいただきありがとうございます!
きっと3年目もふたりの旅のスタイル、ブログのスタイルは変わらないと思います。
刺激的な内容のブログを書くことはできませんが、その国の人柄、景色、雰囲気がみなさんに伝わるブログになるといいなあと思っています。
これからもケンゾーとイクエのふらり旅を応援していただけると、旅とブログのモチベーションがぐっと上がります。
3年目もよろしくお願いします!

a_DSC_0122_20140908012447934.jpg


イクエ
日本から西へと進んでいるふたりの旅も後半戦。
といってもアフリカ、中南米とおもしろそうな地域を今後旅するのでこれまで以上にワクワクしながら旅を楽しめそう。
2年目はカウチサーフィンに挑戦しホームステイができたので、3年目は住み込みで家のお手伝いやボランティアなどにも挑戦し活動を通してその国を知り、楽しむことができればと思っています。
実現できるかな。
旅行後のプランは白紙のわたしたち。
旅をしながら帰国後の生き方についてもそろそろ考えないと!
さあ、これからのふたりの旅はいかに!?
これまで以上に楽しい旅をしその感動をみなさんとわかちあっていきたいので、これからもご愛読、応援、よろしくお願いします。

a_DSC_0162_2014090801251704b.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

Enjoy your trip !!

いつも楽しく拝見させております。
イクエさんの怪我や病気に一緒にハラハラしたり美味しいものを一緒に食べている気分になったりします。私自身も海外旅行が趣味で年に数回は出かけます。
イスタンブールと台湾の高雄、アンダルシアとバルセロナが次に控えているので、お二人のスペインの様子はとても興味深かったです。

昨年、次女の友人でセルビア人の学生が家に来ました。その時にアメリカの中東への姿勢がテレビで報道されていて、彼の「生まれたときからずっと戦争が身近にあった。戦争で解決することなんてなくて、みんなが傷つくだけ、もうたくさんだ!」と心底から言っていたことが印象的です。

身体に気を付けてこれからの旅もよりよいものでありますように!

No title

旅をして2周年の記念日を迎えられて、おめでとうございます。 
毎朝ふたりでふらりのブログを読んで、エナジーチャージしています。今朝のブログは、ケンゾーさんとイクエさんのそれぞれの視点、選択を並行して読めて、とても面白かったです。
3年目の旅が益々充実して、イクエさんのしたいことが実現できますように!
 

No title

いつも見ています!
イクエさんとケンゾーさんは本当に相性がいいのですね!
そこが一番すごいです!
これからも仲良く、楽しく
アフリカ、中南米の国を
安全に旅してください!
毎日のブログをとても楽しみにしています。

No title

はじめまして!いつもこっそり?!拝見させていただいております(笑)
こちらのブログを知ったのは、春にツアーで旅行した時に、同じ一人参加の方に紹介されて。
それ以来欠かさずチェックしております。
ご自分たちの経験だけでなく、その地域や建物の歴史など詳しく説明してあって本当に素晴らしく、いつも楽しく読ませていただいております。

これからも、お二人仲良く、怪我、病気に気を付けて楽しい旅をなさって下さいね!
危険な地域もたくさんあると思いますので、「旅慣れ」で過信せず、十分気を付けて下さい。

2周年おめでとうございます!
3周年も健康で楽しく迎えられるよう頑張って下さいね。

二周年おめでとうございます!

はじめまして。ここに毎朝通う様になって、早一年。毎日楽しく、自分も旅をしてる気持ちで読ませて頂いてます!
旅自体もですが、イクエさんとケンゾーさんのふたりの掛け合いがすごく好き!仲良くって憧れます。
これからもブログの読者として、応援しています♪
お体に気をつけて楽しい時間をおすごし下さいね。

2周年おめでとうございます。
二人のスタイルの旅を楽しく見ています。3年目のアフリカ、南米楽しみにしています!

これからもお気をつけて‼︎

2周年おめでとうございます‼︎
アフリカ&南米もお気をつけて下さい。
お二人の旅を通じて世界中の色んな場所やそこに住む人々を知ることで出来てとても楽しい気持ちで見ています。時には民族間の悲しい歴史や紛争など考えさせられるものもあって、関心を持つきっかけにもなりました。
これからもふらり旅で無理せず楽しんで下さいね‼︎応援してます

2周年、おめでとうございます!

いつも楽しく読ませていただいてます。

思い出深い国1位と2位の渋い選択が、お二人の真摯な姿勢をよく表してますね。
マスコミや米国のウソを鵜呑みにしてはいけないと思い知らされます。

3年目もお体に気を付けて、おおいに楽しんでください。

(日本に戻っても、このまま「旅のプロ」を仕事にできないかなー?なんて勝手に考えてます。。。)

二周年おめでとうございます!

ゆるり旅いいですねー。
ゆるりすぎてアフリカは行かないのかな?と思っていました(笑)
三年目のアフリカ、中南米もお気を付けて。
ブログ楽しみにしています。
キルギス行ってみたくなりました。

2周年御目出度うございます

ふっとしたことで、このブログにたどり着き、大変興味深く拝見させて戴いてます。少しずつ以前の旅行記も読ませていただいて居て、あっここ行って見たい。ふーんなるほど等々非常に参考になります。世界旅行をする度胸もないですけど、ところどころ行って見たいなと思います。ロンドンに住んでいるので、
いずれカウチサーフィンの場所も提供したいなと思います。これからもお身体お大事に仲良く旅行をお続け下さい。

初コメです(^^)
いつも楽しいブログの提供ありがとうございます!!!
それぞれの国の歴史や文化などもブログに記載しているので、本当に本当に楽しいです( ´ ▽ ` )ノ
私も1年半後(かなり先ですが)世界一周に旅立とうと思ってるので参考にさせて頂きます(^○^)♡
本日のブログはお互いの想いとかがあってほっこりしちゃいました( ´ ▽ ` )ノ
仲良しさんですね♬
これからもお二人らしい旅を作り上げて下さい☆更新楽しみにしています!
( ´ ▽ ` )ノ

2周年、おめでとうございます

いつも楽しみに拝見させていただいています~(=^o^=)
三年目の、アフリカ、中南米の旅もお身体に気をつけて
旅を楽しんでくださいねぇ~♪   

これからも、ブログ更新を楽しみにしています♪

Tomomiさま

すてきな国が控えてますね。とても楽しみですよね!
どこも食事もおいしそうだし。

セルビア人のお友達なんて珍しいですね。
わたしたちは、とてもセルビア人に優しくしてもらいました。
セルビアは、戦争で多くの国土を失ったうえ、世界からも悪者にされ、なおかつ敗戦国。
戦争の無意味さを痛感している人も多いと思います。
戦争を体験している人の言葉をわたしたちはもっとしっかり受け止めないといけませんね。

けいこさん さま

ありがとうございます!
毎朝ブログを読んでエナジーチャージをしてくださるなんてありがたい!!
こんなブログでもエナジーになるなんてうれしいです。

これからもエナジーになるようなワクワクするようなブログを書いていくので3年目もよろしくおねがいしますね。

愛ちゃんママ さま

いつも読んで下さってありがとうございます!

たまに馬鹿らしいことでケンカをしますが、仲良く楽しく3年目の旅も楽しんでいこうと思います。
お互い、老化と戦いながらの旅になりそうです(笑)。

寝る前のストレッチをがんばり、健康で元気にアフリカ、中南米を旅していきますね!

junさま

こんなブログを紹介してくださった方がいるんですね!
いつも読んで下さるjunさんとその人に感謝です。

そうですね、旅慣れでケガや病気をすることがないように、気を引き締めて旅を続けたいと思います。
アフリカや中南米は危険も多そうだし。

これからも、junさんにいつも読んでいただけるようなおもしろい情報を提供していければと思っています。
今後ともよろしくお願いします!

meringさま

毎朝、1年間もこのブログに通っていただいてありがとうございます!
そして、おつかれさまです(笑)。
けっこう長文なので、読者の方にながながとつきあわせて悪いなあ、と思うこともあるんです。
どうかこれからも飽きずにブログにお付き合いくだされば、うれしいです。

ほんとうにありがとうございます!

Yuko.Nさま

ありがとうございます!
アフリカ、南米は今まで以上に刺激がいっぱいの旅になりそうです。
これからも楽しんでいただければうれしいです♡

asamiさま

コメントありがとうございます!

みなさんの温かいコメントからいつも元気をもらっています。
3年目も、みなさんに旅をしている雰囲気を感じてもらえるようなブログを書いていけたらいいなあと思っています。
引き続き応援よろしくお願いします!

太吉 さま

そうなんですよ、なんか渋い結果になってしまいました。
もっと華やかな場所をあげられればいいんですが、なぜかそうはならなくて。。。

旅を仕事にできたら最高ですねー。
でも難しそう。
とりあえず、おいしいものを食べて楽しく過ごせるように最低限の稼ぎをしなければと思います。
ふぅ〜、どうしようかなあ・・・。

ちゃお さま

ロンドンに住まれているんですね!
すてき!!!
世界をまわる旅もいいけれど、一か所で根をはって生活するのもいいなあと思います。
ロンドンってなんとなく東京に似ていて、ロンドンなら違和感なく住めるかもしれないなあって思いました。

カウチサーフィン、ぜひされてみてください。
カウチサーフィンで家を提供すると、こんどは自分が相手の国に遊びにいけますよ。

これからもよろしくお願いします。

匿名希望 さま

コメントありがとうございます。

旅行のご予定があるんですね!とても楽しみですよね。
旅の楽しみは、旅が始まる前から始まっていますよ。

このブログが行き先や持ち物、旅の仕方を決める際に少しでも参考になればなあと思っています。
これからも、お暇なときにこのブログをご覧いただき、未来の世界旅行への妄想をかきたてていただけると嬉しいです。

ミミズクさま

コメントありがとうございます!

旅で出会う人にも、「え?そのペースで世界一周ですか?!」とよく言われます。笑
3年目は旅のスピードをちょっと上げないといけないなあ、とも思ってるんですが、はたしてそんなことがわたしたちにできるかな?

キルギスおすすめですよ。ぜひ美しいキルギスの自然を楽しんで欲しいです。

これからもよろしくお願いします!

totoroさま

いつも読んで下さって、なおかつコメントもいただき、ありがとうございます。
totoroさまのように応援していただける人がいることは、わたしたちの励みになっています。
これからもどうぞお付き合いください。
思いっきり旅を楽しんでいこうと思います。

2周年おめでとうございます!

今も旅はじめの頃と変わらないワクワク感で毎日の旅を楽しんでいて、そのうえ独自の目線でしっかり書かれたブログもいつも魅力満載で、ブログ拝読がいつのまにやら楽しい日課となっています。(なんだか気恥ずかしくてコメントはあまり残せてませんが^^;)

ずっと密かに読ませて頂いてたので今日の記事で自分が二年も読み続けていることに驚きました!実際に私が旅をしているわけではないので私の語学力も旅力も増えていません(笑)が、ブログのおかげでたくさんの事を知り、考え、興味を持ち、この二年で自分の幅が広がった気がします。

3年目も楽しく元気に無事旅が続けられるよう応援しています!

ゆう さま

おめでとうごさいます、と言われるとなんだか照れますね。
ありがとうございます!

ほんとうに二年間もお付き合いくださって、とてもありがたいです。
わたしたちと同じように旅を楽しんでいただけることは、ほんとうに嬉しいです。

貴重な時間をブログに割いてくださっているので、これからもゆうさんにワクワクを届けられるブログにしたいと思います。
これからもよろしくお願いします!

初めまして

本年67才、金丸君のブログに引き寄せられ、私もいつか海外でギター弾き語りしてみたいと思っています私です。(3年前生まれて初めてオリジナルでワンマンライブをやって病みつきになり、毎年やっています)
そんなわけであなたのブログもよく拝見しています。私達夫婦も1パーセントの英語力でよく出かけますが失敗ばかり、またそれだけが思い出に残っていると言う事は旅は思い通り行かない方が楽しいと言う事です。命まで取られません!大いに失敗談を綴って楽しませて頂きたいものです。影ながら応援しています。

seigo toyota さま

いくつになっても、新しいことにチャレンジするってとても素敵なことですよね。
ワンマンライブなんて、すごいです。
ぜひ聴いてみたいです。

確かにいろんな失敗は旅の思い出になりますよね。
思い通りにいかないことが逆に楽しい結果を生むことにもなります。

危険な目にあわないように注意しながら、これからもいろんなことにチャレンジして旅を楽しんでいきたいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2周年!おめでとう(^_^)v

最近はコメントしてないけど、楽しみにブログ見てはぽちっとやってます(^o^)三週年目も楽しませてもらいます!改めておめでとう(^_^)v

ただすけへ

毎日仕事おつかれさん!
忙しいと思うけど、3年目もポチッとよろしく。笑
非公開コメント