Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

旅先の条件 居心地のいい街とゲストハウス

2014.08.28 07:29|セルビア☞EDIT
小学校のとき夏休みのお昼に見ていたテレビ番組は、みのもんたの『あなたの知らない世界』だったイクエです。
姉と2人で見てたんだけど、怖かったなあ。

セルビアの首都、ベオグラードから次に目指すはウジツェという街。
とくにこの街に何があるっていうわけではないんだけど、セルビアの次はボスニアに行く予定なので、まずは国境近くまで行く作戦。
それも、ヒッチハイクで!

ウジツェ

ヒッチハイカーのバイブルとでも言えるインターネットサイト「Hitchwiki」によると、セルビアはヒッチハイクがとてもしやすい国らしい。

ベオグラードから車で4時間ほどかかる距離だけどできるかな。
これまでハンガリーでストレスフリーな生活をしていたイクエとケンゾー。
刺激的なことからしばらく離れていたので、ヒッチハイクに向けてなかなか重い腰が上がらない。
バスや列車で行く方が楽だし、速いしなあ。
でも、ヒッチハイクをすれば旅にメリハリが出るしいい出会いの機会にもなるし、達成感も味わえる。
わかっているけど、大変そうだし面倒。
ふたりでウジウジしていたけど、とりあえずマジックで紙に行き先を書いたプラカードを作成し景気づけする。

ヒッチハイクポイントはHitchwikiに書いてある。
街の繁華街から抜けた、ウジツェに通じるハイウェイの手前。
とりあえずそこまで路線バスで移動。

a_DSC_0301_20140827013022fd9.jpg

ヒッチハイクする踏ん切りがつかなくて、宿でダラダラしていたつけがまわってきた。
宿を出たときは晴れていたのに、曇り空になり、バスに乗る直前にぽつぽつと雨粒が・・・。
雨のなか、路上でヒッチハイクは難しい。
いや、でも少しくらいの雨なら同情して乗せてくれる人はいるかな。

でも、傘もなく路上に立つことが難しいほど雨脚が強くなってきた。

目的地に着いたころには、ざあざあ降り!

a_DSC_0305_20140827013038fef.jpg

ちょっとでも弱まったらできるかなあ。

待っても雨はいっこうに弱まらないばかりか、ますます強くなっていく。

ここからバックパックを担いで路上に移動し、そこでプラカードを持って車を待つのは無理。

a_DSC_0306_20140827013037b20.jpg

ふたたび路線バスに乗って、いま来た道を戻る。
余計にお金も時間も労力もかかる結果に。
つねにうまくいくとは限らないのがヒッチハイク。

長距離バスターミナルに行って、ウジツェ行きのバスに乗る。
ひとり1180ディナール(約1450円)。
荷物代として余計に50ディナール取られた。
列車だともっと安いんだけど、失望と疲れでそこまで頭がまわらなかった。
おとなしく最初から公共交通機関で行ってたら、いまごろウジツェに着いてたかも。

a_DSC_0310_20140827013042a9c.jpg

ヒッチハイクのようにどこで降ろされるかなというドキドキもなく、わたしたちを乗せたバスは何事もなくウジツェの街に着いた。

セルビアの首都ベオグラード、モンテネグロの首都ポトゴリツァ、ボスニアの首都サラエボの中間に位置するウジツェの街。
交通の要所なので騒々しい都会なのかなと思っていたら、デェティナ川がゆるやかに流れ、山肌にへばりつくように赤い三角屋根の家が建ち並ぶ、高原の街といった雰囲気。

a_DSC_0312_20140827013034127.jpg

旧ユーゴスラビアは、セルビア、モンテネグロ、クロアチア、ボスニア・ヘルツェコビナ、スロベニア、マケドニア、コソボによる連邦制の国だった。
ところが、90年代になりスロベニアやクロアチア、ボスニア、マケドニア、コソボと次々にユーゴスラビアからの離脱を表明、それを引き止めるセルビアと大規模な内戦に発展してしまった。
実際には、「セルビア」vs「残りの国々」という単純な構図ではなく、クロアチア人とイスラム教徒が戦うこともあったし、戦う相手はごちゃごちゃだった。
というのも、旧ユーゴスラビアは多民族国家で、セルビア正教の人も、カトリック教徒もイスラム教徒も同じ街で暮らしていたので、それぞれの宗教や文化をめぐって泥沼の争いになってしまったのだった。

しかし国際世論は「クロアチアやボスニアなどが独立を求めているのに、セルビアがそれを阻止している。さらにセルビア人が民族浄化と称してほかの民族を大量虐殺している」という見解に傾いた。

セルビア人が他民族を大量虐殺したのは事実だけれど、クロアチア人もセルビア人を大量虐殺していた。
けれど、武器輸出をしたいアメリカや利権を優先させたい強国がたくみな情報戦線をつかい、世界的に「セルビア人=悪者」というイメージがすっかり定着してしまった。

内戦が終わってからは、ユーゴスラビアの他の国々は発展し明るくなっていき、海外から訪れる旅行者も増えているのに、セルビアだけがどこかに暗さを秘め、時代から取り残されたような雰囲気。
内戦後の社会の立て直しのための海外からの支援も、セルビアは少ないように思う。
そのため、国が観光業に力を入れる余裕はまだないのかもしれない。

「セルビア=悪者」というイメージも手伝って、旧ユーゴスラビアの国々のなかでセルビアは観光地としては不人気で訪れるバックパッカーも少ない。

わたしが10年前に訪れたときは、ドミトリーがあるようなゲストハウスがクロアチアにはあったけど、セルビアにはなかった。
けれどここ数年で、セルビアにもバックパッカー向けのゲストハウスが少しずつできはじめている。
明るい兆しなんじゃないかな。

ここウジツェにも、できたばかりのゲストハウスがある。
まだ需要はそれほどないだろうけど、ゲストハウスがなければ旅人はその街に来ないので、こうやって先駆けてゲストハウスをオープンさせることにはとても大きな意味がある。

a_DSC_0317_201408280647168c3.jpg

現在のところ、ウジツェで唯一のバックパッカー向けゲストハウス「eco hostel」
この建物の一部がゲストハウスになっている。

木材を多用した、やわらかくて明るい雰囲気のゲストハウス。
Wi-Fiもあるし、共用スペースや小さなキッチンもあってゲストハウスとしては申し分ない。

a_DSC_0330_20140827014121e6e.jpg

a_DSC_0335_20140827014120a30.jpg

チェックインするなり、ウェルカムドリンクとして「ラキア」というユーゴスラビアのご当地蒸留酒がふるまわれた。
アルコール度数が高くて、口に流し込むと喉から胃へと熱いものが伝わっていくのがわかる。
カーッとくる。
ヒッチハイクが失敗に終わり、疲れていて空きっ腹のわたしたちには、このアルコール度数は強すぎる。
でも、疲れをふきとばし心地よくさせてもくれる。

ドミトリーと個室があって、ホテル予約サイトでダブルルームを予約しておいた。
割引が適用されて、ふたりで1651ディナール(約2000円)だった。
屋根裏部屋っぽいところで、148センチのイクエにはジャストサイズ。

a_DSC_0329_20140827013353660.jpg

気になるのは、ドアに貼ってある注意書き。
「夜間は静かにしてください」とか「きれいに使ってください」とか「部屋に洗濯物は干さないで」なんて書いてるのは、そこまで珍しいことではない。

a_DSC_0325_201408270139246ab.jpg

でも、真ん中の1文に釘付けになってしまった。
「ドミトリーではセ◯クスをしないでください。」

a_DSC_0327_20140827013934ebe.jpg

「完璧に音をたてずにやることは無理だし、音は聞こえます。ひとりエッチもダメです。」なんてことが書いてある。
日本人にとっては「ほかの人も寝ているドミトリーでそんなことするわけないじゃん!」って感じなんだけど、けっこう海外のドミトリーでは他の客がやってるのを寝た振りをしながら不快な思いで耐え忍んだという話を聞く。

そんな、おもしろい、いや、真剣な注意書きを書いたスタッフはとても気さくで優しい人たち。
ベオグラードの宿のスタッフもフレンドリーで気遣い上手な人だった。
旧ユーゴスラビアの国の中でもセルビアは人の良さや、他人への気配りはトップクラスだと思う。
学生のときセルビアに来たときも「セルビア人=悪者」というイメージを覆されたのを覚えている。

このゲストハウスでいちばん居心地のいいスペースは、テラス。
近くのパン屋さんで焼きたてのパンを買ってきて、キッチンでコーヒーをいれてさわやかな朝。

a_DSC_0319_20140827013920568.jpg

テラスからも、赤い三角屋根の家々が山肌に並ぶ、ウジツェらしい景色が見られる。
有名な観光地がなくても、居心地のいい街にくつろげる宿があれば、自然に旅人は集まってくる。

a_DSC_0322_201408270139214a1.jpg

テラスから黒い四重の塔のようなものが見える。
周囲から浮いている異質な建物だけど、街のランドマークとしては田舎臭くてあまりにも素朴。

a_DSC_0337_201408270141232dd.jpg

散歩がてら行ってみると、それは教会だった!
今まで見てきた教会の中で、もっとも素朴でかわいくて味わいがある。

a_DSC_0339_201408270141244ad.jpg

ヨーロッパで見る石造りの教会は、太い柱や高い天井で壁には華やかな彫刻が施されステンドグラスが鮮やかだけど、このセルビア正教会は低い木造の屋根で山小屋のようなぬくもりがある。

a_DSC_0341_201408270147247ec.jpg

親しみがもてる教会をあとにし、今度はウジツェの街が見下ろせる城塞を目指す。
途中でワカメちゃんのようなイラストの看板を発見!

a_DSC_0349_20140827014754f24.jpg

街の床屋さんの看板だった。
裏にまわったら、ワカメちゃんでもカツオでもなかった。
残念。

a_DSC_0350_20140827014750530.jpg

ウジツェの街は、坂は多いものの低地にある繁華街の規模は小さくて歩いてまわれる。
濃い緑の山に囲まれ、赤い屋根の家がひしめき、デェティナ川が蛇行しながら流れている街は、ただ歩いているだけで心が洗われる。
何もなくても旅人がちょっと長居したくなるような街。

a_DSC_0385_201408280650213d6.jpg

街の西側にある、中世の城塞スターリ・グラッド。
まわりをデェティナ川に囲まれた軍事要塞で、オスマン朝の軍隊がこの地にいた1863年までは使われていたんだそう。

a_DSC_0355_20140827014750353.jpg

a_DSC_0363_201408280649190bb.jpg

a_DSC_0356_20140827014743a0d.jpg

風に吹かれながら、街を見下ろす。
内戦のときは残酷なことが繰り返されたけど、いまは平和な日常がある国。
それでもわたしたちに見えないだけで、内戦の傷跡はいたるところにあるのかもしれない。

a_DSC_0365_20140828065014f05.jpg

1泊だけしてきょう移動するつもりだったけど、この街もゲストハウスも居心地がいいので延泊することにした。

そうと決まれば、まだこの街を観光する時間はたっぷりある。
ゲストハウスの人におすすめスポットを聞いてみる。
むかし線路だった場所が廃線になってウォーキングコースになっているところがあるらしい。

a_DSC_0392_2014082806502675f.jpg

以前は列車でしか通れなかったところをてくてくと歩いていく。
いくつものトンネルを抜けて、鉄橋を歩く。

a_DSC_0394_20140828065740d55.jpg

地元の人たちがランニングしたり、親子で散歩をしていたり。

田舎の街では列車が運行をやめ、廃線になり、ますます街が廃れていくところも多いけど、こんなふうに線路だったところが市民の憩いの場になるっていいな。

a_DSC_0396_20140828065327ecd.jpg

元線路の遊歩道はずっと続いているけど、きりがないのでこの滝をわたしたちの折り返し地点としよう。
ダムのようになっていて自然の滝とは言いがたいけど、地元の人にとっては「ベリービューティフル」な場所らしい。

a_DSC_0403_20140828065625ea4.jpg

早足でまわることを決めた旧ユーゴスラビアの国々。
あしたにはセルビアを出て、ボスニア・ヘルツェゴビナに入国する。
観光地だけを見て楽しくささっとまわる予定にしていたけど、気になる場所がある。
そこはけっして楽しい場所ではないけれど、立ち寄らないといけないような気もしている。

さらにこのままセルビア人とあまり接触することなく、セルビアを出国することにもためらいがある。
せめてヒッチハイクでもして、少しでもセルビア人とかかわり合いがもてたら。

a_DSC_0408_20140828065352ccf.jpg

あしたは、ヒッチハイクでその場所を目指してみようかな。
ヒッチハイクではじめての国境越え。
うまくいくだろうか。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

in バルカンs

イクエさんの赤色のハット帽子は自分にとってこのブログの代名詞テキなものになってます (笑)
最後までなくさないで下さい。

No title

「世界中から嫌われた街」というタイトルから素通りされると思っていたセルビア。
記事が増えて嬉しいです。
10年前のセルビアの話や写真があるといいけど、ないですよね・・・

No title

セルビアは5月頃に大洪水がありましたが、お二人がセルビアを訪れた時は大丈夫でしたか?
東日本大震災の時に多額の寄付金がセルビアからあり、その恩返しで日本からも募金が続々と集まってましたね。

No title

お久しぶりです(/´△`\)

ヨルダンでお二人で酷い目にあったときにコメントしたものです(笑)

ゴールデンウィーク前後に私もバルカン半島を旅したんですけど、私がバルカン半島を抜け出した翌日にセルビアとボスニアで大洪水が起こってました…

もうちょっと旅する時期がズレてたらお二人にも会えたかも知れないのにー!!!!!

この辺は今は平和な雰囲気がありますけど、それでも隣国の首都同士がバスで直通じゃなかったり(特にモンテネグロとアルバニア間の移動はめんどいし、コソボからセルビアに直通で行けないし)で民族同士いろいろと問題抱えてそうですよね。。。

モンテネグロからコソボに行こうとした時にお店の人が

「あそこはアルバニア系の民族だからやめた方が良いぞ?」

等と言ってました。

私は旧ユーゴスラビアに好きな国が多くて、この地域何度も訪れてます♪

ドブロヴニクのsobeのオジサンにも

「また来年の夏来るからねーっ(/´△`\)」

って約束しちゃったんで多分行くと思います(笑)

お二人は今スーダンみたいですね!

ケープタウンまで南下するのかな。。。ちょこちょこ危険な地域があるので気を付けて旅してくださいね!

長浜ラーメン さま

じつはこれまで旅先で帽子を失くすことが多かったので、今回もこの赤い帽子を日本を出国して2か月くらいでなくしちゃうんじゃないかと思ってたんです。
ところがもう2年近く失くさずに持っています。
毎日使ってるのに!
赤い色だから、目立つので忘れないのかもしれません。
だいぶ色がさめてきましたが・・・。

やまもと さま

以前の写真はデータで残してなくて、写真は日本に置いたままなので残念ながらご紹介できません。
イクエが当時ベオグラードで道に迷ってしまい、たまたま道を聞いた男性が車で目的地まで連れて行ってくれたうえに、丸一日かけてベグラードの町を案内してくれたり、すてきなカフェに連れて行ってくれたり、夜景を見せてくれたりしたのがとてもいい思い出です。

おかやんさま

わたしたちがセルビアを訪れたのは6月末でした。洪水のことはわたしたちも気になっていたのですが、被害を受けた場所を見かけることはありませんでした。けれど、隣のボスニア・ヘルツェゴビナでは洪水の跡を見かけることもありました。

遠く離れた日本とセルビアがお互いのことを気遣い、支援し合うというのはとても素晴らしいことですよね。わたしたちもたくさんの優しいセルビア人に助けてもらいました。

あおいさま

お久しぶりです!

わたしたちが旧ユーゴ圏を旅したのは6月末〜でした。あおいさんとは1ヶ月ちょい違いでしょうか。

毎年のようにバルカン半島を訪れているんですね。羨ましい!
いまだに複雑な民族・宗教問題を抱えていますけど、それぞれ個人個人の人々はとても優しくていい人たちなんですよねえ。日本人のわたしたちにはなかなか理解することが難しい問題ですけど、ふたたび争うことがないことを祈ってやみません。

リアルタイムはスーダンです!暑くて何もする気が起きなかった砂漠地帯を抜けて、首都のハルツームで英気を養っているところです。笑
1ヶ月後くらいに始まるアフリカ編も楽しんでいただけると嬉しいです♫
非公開コメント