Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

これは何色? 自然しかつくれない絶景

2014.08.26 05:31|世界の絶景☞EDIT
「自分がもし印税で贅沢な生活ができる有名ミュージシャンだったら、専属のマッサージ師をつけて毎日マッサージをしてもらうのにな。」という叶わない夢をもっているイクエです。
プロのマッサージ師を専属につけることはできない生活だけど、夫にマッサージしてもらえる生活は送れています。
そのかわり、わたしも夫にやってあげないといけない。
しかもいくら夫とは言え遠慮はしているもので、本当なら毎晩2時間くらいやってもらいたいんだけどね。

きのう「世界遺産」編でお伝えしたクロアチアのプリトヴィッツェ湖群国立公園。
大小16の湖が連なり、上から見るとまるでひとつの川のように見える。
その美しさを1日分の記事で伝えることができないので、きょうはひきつづき「世界の絶景」編としてご紹介します。

ディナル・アルプス山脈の森の中に、まるで水の桃源郷のように存在しているこの公園。
どこを見ても美しく、絵になる。

a_DSC_0202_20140826014357e76.jpg

a_DSC_0173_20140826020730b06.jpg

こんな不思議な色をもつ美しい湖が、この現実社会にたしかにある。
実際、こんな幻想的な景色を目の前にすると、自分が違う世界にまぎれこんでしまったような、夢のような、ふわふわとした気分にもなってくる。

a_DSC_0145_2014082601362266a.jpg

高低差のある渓谷の間に、段々畑のように重なりあっているいくつもの湖。
どの湖も豊かな水を湛えている。
いっぱいになった水が湖から溢れ出し、滝となって、下の湖へと流れる。

a_DSC_0117_201408260135028fe.jpg

このあたり一帯は、1億3500万年前から6600万年前にできた石灰岩のカルスト大地。

棚田のように森の斜面にそって、階段状にできている湖。
苔や藻が光合成を繰り返してできる石灰華の堆積物が水の流れを堰き止めて湖を形成している。
湖を縁取っている堆積物は、流れてくる植物を絡み取りながら1年間におよそ1センチずつ高くなっていく。
ゆっくりと進化していく絶景。

a_DSC_0229_20140826013952285.jpg

その堆積物の隙間からあふれ落ちる水。
美しい滝から水が落ち、美しい湖をつくる。

a_DSC_0254_2.jpg

水は生命の源。
ほとばしる水から聞こえる、生命の息吹。

a_DSC_0185_20140826013557ff1.jpg

a_DSC_0188_20140826014400efc.jpg

絶えることのない水をたっぷりと地面が吸収し、そこに植物が生え、みずみずしい若葉をつけ、鮮やかな森が形成されていく。

深い山、切り立つ崖、とめどなく水が流れる谷。
スケールの大きな自然は、とても神々しい。

a_DSC_0125_2014082601343382f.jpg

ヒグマにオオカミにワシミミズク。
この豊かな森の中は、希少な動物たちのすみか。
120種以上の鳥たちもここに生息している。

a_DSC_0214_20140826014421f0d.jpg

ナラやトウヒ、モミで覆われたうっそうとした森。
ここには、アルプスと地中海の植物たちが共存している。

a_DSC_0223_201408260140075ad.jpg

あまりにも美しすぎて、自然が作り出した色とは思えない湖の色。
かといって、人類の手によってでも作り出せない色。

この色をなんと表現すればいいのか。

a_DSC_0150_201408260136095a3.jpg

a_DSC_0080_20140826013411bfb.jpg

エメラルドグリーン、コバルトブルー、モスグリーン、スカイブルー・・・。
水は高い濃度の炭酸カルシウムを含んでいて、ミネラルや有機物の量、さらに太陽の向きや光の量によって、刻々とその色を変えていく。

a_DSC_0234_201408260139469dc.jpg

a_DSC_0169_20140826013637ead.jpg

この湖には、たしかに色がついている。
それなのに、こんなにも透き通っている。

そしてそんな不思議な色の湖のなかで、ここちよさそうにスイスイと泳ぐ魚たち。

a_DSC_0296_20140826014152a10.jpg

a_P1040283_2014082602072855c.jpg

ここは昔から生き物たちの秘密の隠れが。
そんな場所に、おじゃまさせてもらっている人間。

a_DSC_0191_2014082601442591e.jpg

ここは、自然の美しさ、大きさ、豊かさを教えてくれる場所。

人間はなんて小さいんだろう。

a_DSC_0200_20140826014407b08.jpg

大雨や、雪解け、強風。
自然の威力によって、土砂崩れが起きることもある。
滝がなくなったり、あらたな滝が出現したりすることも。

a_DSC_0271_20140826014213ca4.jpg

大木が倒れてしまうことだってある。

でも、人間の手であえてもとの姿に戻すことはしない。
それが、ここの公園のおきて。

だって、本来自然は姿を変えていくものだから。

a_DSC_0220_20140826013916646.jpg

自然の中に身を委ねて、森の小道を歩いていく。
鳥たちは持ち前の美声を競うかのように高らかにさえずっている。
湖のような青い色したトンボたちは自慢の羽をひらひらとさせて舞っている。

見上げれば、日の光を受けてキラキラと輝く若葉。

a_DSC_0225_20140826013933e84.jpg

その木々の根本を、滝が濡らしている。
幾千もの滝の音が折り重なり、大地を響かせる鼓動となる。

a_DSC_0283_2.jpg

生きている自然。

地球はこんなにも躍動的。

a_DSC_0115_20140826013446efc.jpg

本当の「絶景」は、人間が造り出すことはできない。

a_DSC_0101_201408260134553c5.jpg

ダイナミックな自然を体全体で感じたくて、きょうも世界中からたくさんの人たちがこの自然の宝庫に足を踏み入れる。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

子供に見せてあげます。

いつも読ませてもらっています、2回目のコメントです。
今日のブログ、本当に素晴らしいです。
1年生の息子が帰ってきたらさっそく見せて読んであげようと思います。
私は子供には「この世にはとても美しいものがたくさんあるんだよ」って教えてあげたいなと思っています。もちろんこの世には美しい物だけではないですが、でも、想像を超えた美しさがあるこの地球を、大事にして自然を敬う人になって欲しいと思っています。
息子はアメリカの国立公園に連れて行ったとこがありますが、ヨーロッパやアジアの様子は、お二人のブログを時々見せて、世界の広さを教えてるんですよ。
また楽しみにしています。

本当に絶景ですね

こんにちは。はじめまして。いつも楽しくブログを見ています。
パレスチナのこともすごく勉強になりました。ハンガリーやクロアチア、今、ブログに書かれている国は行ったことがないのですが、お二人のブログを見て私も行ってみたくなりました。こないだの美女の谷もいいなと思いましたが、今日のプリトヴィッツェ湖群国立公園の風景が本当に美しいくて思わずコメントしました!
これからも更新楽しみにしています!

kaokao さま

お子さんにご紹介してもらえるなんて恐縮です。
小さいころから世界のことや地球のことをお母さんに話してもらえるなんて、とてもすてきな人に成長されるでしょうね。
でも、そのうち親をおいて「世界旅行に行きたい」なんて親泣かせのことをいっちゃうかも(笑)。

アメリカの国立公園では、息子さんは小さいながらもいろんなことを感じ取られたでしょうね。

これからも子どもたちにも見せられるような写真をブログで紹介できたらなあと思っています。

チチャさま

コメントありがとうございます!
超有名なプリトヴィッツェもとても素晴らしかったのですが、「美女の谷」のようにその土地に行くまで知らなかった穴場的なスポットを見つけられると、わたしたちも興奮してしまいます。

これからも有名どころからマイナーなところまで、すこしでも臨場感たっぷりにお伝えできたらなと思っています。
ぜひまた、思わずコメントしてください!

二度惚れ!!

こんにちは、こんなにも過去の内容にコメントお許し下さい。

最初に・・・ケンゾーさん優しい奥様で良かったですね、
この景色を見せてあげたい奥様の気持ち・・愛ですねぇ~~~♪(笑)

リアルには追いついたので、最初から読み直してます。
中国まで読んでいますが、我慢できなくてクロアチアに飛んでしまいました。

ザグレブから日帰りできるなんて・・・しかもこんなに充実!!
今度はフリーでクロアチア行くべきか悩み始めています。

私は3月ツアーだったので前日夜の到着で、翌朝半日だけの歩きでした
ランチは近くでマス料理だったので・・(食べ物で覚えるタチです


ここの写真で、再び行きたくてウズウズし始めました
ドブログニクも好きだし、クアロアチアは何度でも行きたい国ですね。
現地をお腹いっぱい味わいたかったら、やはりフリーが一番なんですね。
今更ですが・・・

毎日、素敵な記事に癒されています・・有難うございまぁ~す♪

tako さま

昔の記事まで読んでいただいて、本当に光栄です!!

クロアチアは美しい国ですよねー。
アドリア海の城壁沿いの街ってほんとうにおとぎの世界。
「紅の豚」や「魔女の宅急便」のモデルになったという噂にも頷けます。
プリトヴィッツェも絵に描いたように美しいし。
アドリア海といい湖といい、「水」が青くてきれいな国です。

どこかの街1か所でゆったり滞在するというヨーロッパ人の旅のスタイルも贅沢でいいかもしれませんね。
わたしたちのようなバックパッカーには、クロアチアは滞在費や外食費がかかりますが・・・。

モンテネグロの「コトル」には行かれました?
コトルもドブロブニクに負けず劣らずステキです。
わたしたちはこじんまりしたコトルのほうがかえって好きかも。

スロベニアもかわいい国だし、バルカン半島は魅力いっぱいですね。
非公開コメント