Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

天使の笑顔にメロメロになるおっさん

2014.08.20 05:43|スロベニア☞EDIT
ほぼ一日中エアコンの効いた部屋にこもって軟弱化しているケンゾーです。
次の国はネット環境が悪いと思われるので、更新が途切れないように毎日ちまちまとブログを書いています。
もうすぐしたらエアコンなんて夢のまた夢っていう日々がやってくるから、今だけだから、いいよね。

おしゃれな街リュブリャナでカウチサーフィンのホストと待ち合わせをしているケンゾーとイクエ。
ふたりの前に現れたのはベビーカーを押したママ、ペトラ。
まさか小さい赤ちゃんがいる人がホストしてくれるとは思ってもいなかった。

近くの実家に車を置いているそうなので歩いて向かうことに。
この公園もきれいに整備されていて雰囲気がいい。
リュブリャナはとても住みやすそうな街だ。

a_DSC_0218_20140815044752c78.jpg

「ここよ」とペトラが入っていったのはかわいいお菓子屋さん。
ペトラのお父さんとお母さん、お姉さんが手作りのケーキやアイスを販売しているんだって。

a_DSC_0220_20140815044727b84.jpg

しかもただのお菓子じゃない、作っているのはアレルギーフリーのスイーツ。
数種類のケーキと全てのアイスクリームはベジタリアンよりも厳格なビーガンもOKなように卵や乳製品を使っていない。
小麦粉と砂糖まで不使用だっていうから驚き。
「好きなケーキやアイスを選んでね」と超健康スイーツを頂けることに。

a_DSC_0222_2014081504474169f.jpg

ペトラのお父さんとお母さんがこの店を開いたのは、60歳ぐらいのときなんだって。
それまでお父さんは技術者でまったく違う仕事だった。
でも、お母さんがお菓子作りが好きだったからその年齢から第2の人生を2人で歩むことにしたのだそう。
今ではリュブリャナの有名店になっている。

a_DSC_0221_20140815044739020.jpg

ケンゾーはピスタチオのアイスをチョイス。

a_DSC_0229_20140815045050f26.jpg

うん、ふつうに美味しい。
なんで砂糖を使ってないのにちゃんと甘いんだろう。
これだったらアレルギーを持ってる人でも安心して食べられるね。

イクエはふつうのケーキを選択。
せっかくなのでビーガン用のケーキを食べてみたかったけど、値段を見たら高かったので遠慮したんだって。
1カットで1000円近くだったけど、でもビーガンやアレルギーの人も食べられるケーキなんてなかなか手に入らないから売れているみたい。
イクエが食べたのは、ペトラのお父さんが好きだと言うバニラ味のケーキ。

a_DSC_0230_2014081504510304a.jpg

こっちはふつうに美味しい甘いケーキだった。
ふつうのケーキだから当然か。

ビーガン用のクッキーをお土産にもらったんだけど、ふつうのクッキーと何も変わらない味と食感にビックリ。

a_DSC_0236_2014081504542984b.jpg

小麦粉と卵を使わないでなんでクッキーができるんだろ?

ここでお店にいたミハレク家のかわいい子どもたちを紹介 ♪
次女のルシア(10)と四女のヘレナ(7か月)!

a_DSC_0227_2014081504511601a.jpg

かわいいー!!
なにこの生まれついてのアヒル口!!
めちゃくちゃかわいいやん。
しょっぱなから天使のようなヘレナの笑顔にケンゾー撃沈。

a_DSC_0233_20140815045110814.jpg

a_DSC_0235_20140815045139109.jpg

でもちょっと気になることがない?
このヘレナちゃん、女なんだよね。
じつはミハレク家には6人の子どもがいるんだよ!
5人兄弟のケンゾーもビックリだよ。

まさか8人家族の家にホームステイするとは思ってもいなかった。
どんな兄弟姉妹なんだろうね、楽しみだ。

自然派のミハレク家が住む家は市街地から40km離れた山の中。
車で走ることおよそ40分、終盤は完全な山道。
パッと視界がひらけた先に大家族の家があった。

a_DSC_0286_20140815051141614.jpg

a_DSC_0281_20140815051124aec.jpg

家の中からは子どもたちの遊ぶ声が聞こえてくる。
このロケーションだといくら騒いでも近所迷惑にならないからいいね。

大きな窓からさんさんと日が差し込むダイニングルーム。
子どもたちの格好の遊び場だ。
ヘレナちゃんもお兄ちゃんお姉ちゃんに負けじと縦横無尽に床の上を這い回る。

a_DSC_0238_20140815045445276.jpg

a_DSC_0239_20140815045754ae8.jpg

やっぱり木造の家はいいね。
柔らかくて温もりがあって子どもに優しい。
ヘレナちゃんは家の中ではオムツもせずにスッポンポンでいるんだって。
ペトラは「この子は6人目だから、赤ちゃんの考えてることとかどうすればうまく子育てできるかわかってきた。この子がトイレに行きたいタイミングもわかるの。」って言ってたけど、たしかにスッポンポンなのにケンゾーとイクエが滞在中一回もヘレナちゃんがおもらししているのを見なかった。

a_DSC_0257_20140815050317129.jpg

a_DSC_0244_20140815045716e42.jpg

ここで大家族のメンバーを紹介しま~す。
左から、三女ジュリア(8)、長女クララ(12)、次女ルシア、お母さんと四女ヘレナ、お父さんと次男レナート(6)、そして長男ウルバン(12)。
いちばん上のウルバンとクララは双子なんだって。
お父さんは外科医、今は育児休暇中だけどペトラもお医者さん。
みんないい表情だよね。
ほんとうにけんかもせず、いい子たち。

a_DSC_0385_201408150516316a6.jpg

6人も子どもを生んだペトラだけど、最初の子は31歳のときの子どもなんだって。
「スロヴェニアの女性の出産年齢はけっこう高いのよ。」って言ってた。

3年前くらいに建てたというこの家。
「とにかく家の中は物があふれてスゴいことになってるから!」
って前もって聞いてた。
たしかに、とくに服の量が多くてスゴいことにはなってるんだけど、子どもが6人もいたら散らかるのは仕方がない。
洗濯機をまわす回数も多くて、たたむのも大仕事。
赤ちゃん1人だけの量でも洗濯って大変なのにね。

それよりもビックリしたのは、家の中にドアがひとつもないこと。
ぜーんぶの部屋が丸見えなんだよ。
もちろんトイレも!

a_DSC_0247_20140815045810041.jpg

a_DSC_0248_20140815050051a19.jpg

バスルームはお父さんとお母さんのベッドルーム横。
開放的すぎて落ちつかない!

a_DSC_0250_2014081505003759a.jpg

「家を建てたのはいいけど、お金がなくてドアが付けられないんだ」ってお父さんは言ってるけど、「もうなくてもいっか!」って思ってるんじゃない?
でも女の子が多いし、これから年頃になってきたら絶対イヤだよね。

陽が沈んで夕食タイム。
子どもたちはそれぞれ思い思いの食べ物を食べている。
ベジタリアンのミハレク家、長男ウルバンが食べてるものは・・・

a_DSC_0363_20140815051125758.jpg

a_DSC_0369_2014081505150921b.jpg

a_DSC_0371_2014081505140279e.jpg

ブルーベリー!
ひたすらむしゃむしゃとブルーベリーを食べるウルバン。
それだけでお腹空かないのかな?

a_DSC_0372_20140815051439b6d.jpg

ケンゾーたちも夕食はパンやフルーツ。
なんだかちょっと物足りないなあと思っていたら、お母さんがお菓子を作ってくれた。
チーズたっぷりのロールケーキのようなお菓子。
オリジナルはドイツって言ってたかなあ。

a_DSC_0381_2014081505171963d.jpg

a_DSC_0383_20140815051638acd.jpg

といっても、夜はフルーツメインでかなり軽く済ませるみたいだね。
大人になって野菜しか食べないっていうのは健康にいいかもしれないけど、育ち盛りの子どもは肉も魚も食べなくて大丈夫なのかな?

a_DSC_0364_20140815051453b84.jpg

a_DSC_0376_20140815051452c91.jpg

ミハレク家はけっこうスポーツ一家で、次女のルシアちゃんは新体操でオリンピックをめざしている。
肉や魚を食べなくても豆や乳製品で筋肉を作るタンパク質なんかは補えるのかな?

聞いてみたら、足りない分はサプリメントで補ってるんだって。
お父さんもお母さんもお医者さんでいろんな患者さんを診ているからか「現代の子は太り過ぎで健康によくない」「肉は脳をダメにする」って言ってた。

しばらくすると、ヘッドライトを頭に装着した子どもたちがぞろぞろと集まってきた。
外を探検でもしに行くのかなと思ったら・・・なるほどね。

a_DSC_0258_20140815050041687.jpg

a_DSC_0262_2014081505074255a.jpg

歯磨きタイムだった。
かわいいなあ、ちびっ子たち。
人数が多いからお母さんは大変だね。

a_DSC_0261_20140815050344783.jpg

ペトラはけっして子育ての手を抜かない。
ほんとうに子育てのプロって感じだ。
こんなに子どもの人数が多いのに、子ども同士のわめく声もないし、家の中があわただしくててんてこ舞いって感じもまったくない。
かといって子どもたちはおとなしいわけでもなく、いつも明るくて楽しそうにしている。
不思議だ。

ケンゾーたちに用意されたのは、えっと誰かの部屋。
イクエにはジャストサイズの子ども用のベッド。

a_DSC_0263_20140815050614125.jpg

たくさんのおもちゃに囲まれて寝るのも悪くない。
いい夢見られそう ♪

とくに楽しい夢も見られず目覚めた翌日。
狭いスペースで仲良く寝ている子どもたち。

a_DSC_0002_201408150448566b5.jpg

ベッド取っちゃってゴメンね。
でも、この子たち、ケンゾーとイクエがいないときもベッドに寝なくてロフトや大きな段ボール箱に入って寝たりしてるんだって。
たしかに子どもの時って、狭いところって意外と好きじゃなかった?
秘密基地っぽくてケンゾーは好きだったなあ。

朝日がたっぷり降り注ぐダイニングで朝ごはん。
窓の外へと視線を移せば、のどかな山村の景色に心洗われる。

a_DSC_0265_201408150507485b7.jpg

a_DSC_0268_20140815050804f62.jpg

仕事で忙しい2人は以前はリュブリャナの中心部に住んでいたけど、この大自然に癒やされたくて引っ越してきたんだって。
こんな田舎だからけっこう不便で街への直通バスもないし、近くにスーパーもない。
でも毎日この景色を見られるんだから、そんな不便さなんてたいしたことない。

そして癒しと言えばこの子でしょ。
こんなにいつも笑ってる子、はじめてだよ。

a_DSC_0269_20140815050726f38.jpg

ほんとうに不思議なくらい表情豊かでいつも笑っている。
きっとお兄ちゃんやお姉ちゃんからいつも愛情をもらっていて、ペトラの子育てもいいからだと思う。

a_DSC_0251_20140815094943ae5.jpg

子ども6人の母親であるペトラの子育ての秘訣。
それは「つねに赤ちゃんをリスペクトすること!」。

「まだ何もわからない赤ちゃんだから」って赤ちゃんを軽視しちゃダメ。
赤ちゃんも好きで泣いてるんじゃない。
泣いている原因を考えてそれを取り除いてあげることが大事。
赤ちゃんが泣いていたら自分がほかのことで忙しくてもいったん作業を中断して「ごめんね」と言って、嫌な思い、怖い思いをしている赤ちゃんを安心させてあげる。
まだ小さい赤ちゃんだけど、一人前の人間としてちゃんと向き合ってあげることが大切なんだって。

きっとその子育ては大成功してると思う。
だって、いつもこの笑顔だもん。

a_DSC_0276_20140815051053c50.jpg

a_DSC_0280_20140815051019a4e.jpg

こんな顔で見つめられると、そりゃ40間近のおっさんもメロメロになっちゃうよ。
笑顔がたまらないヘレナをバックパックに入れて持って帰りたくなったケンゾーだった。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

いや、ダメでしょ(乂`д´)

多忙で自炊がおろそかになっていた頃の話。特に、肉、魚はすぐ腐らせてしまう。その時、たまたま出会ったベジタリアン推奨本。人間は野菜、果物だけ食べていた方が健康的、足りない分は植物性タンパク質、牛乳、などで補うとか。そっか〜( ̄▽ ̄)肉、魚は食べなくても生きて行けるんだ〜( ̄▽ ̄)単純なnicoはすぐに実践。
➡️結果、半年後に倒れる(;_;)診断はこの飽食の時代にまさかの『栄養失調』(´゚д゚`)肉、魚を意識的に食べるように言われました。無理なら一日卵3個…って!そんなに食えるか!坂東英二か!と心の叫びは置いておき、動物性タンパク質は生きて行く上で必要って事ですな。

No title

せっかく色んな食いもん喰える時代に産まれたのにベジタリアンだのビーガンだのって分からないなー。
自分ヒトリが勝手にやる分には文句無いけど選択の余地無しに、〜〜主義とか〜〜教とか押し付けんのってほんっとに最低。
子どもは物の分別がつかないからって頭ごなしにエゴを通そうとする親いるけど、そういうのって誰か近しい人と共有してないと自信がないからそうするんだろうね。

ベジタリアンとかビーガンっていつ頃から始まって、どのようにして広がっていったんだろう。そういう背景から調べるのって楽しいよね。

ログハウスみたい

緑豊かなお家ですね。
コレだけ草木に囲まれる生活だと子供達も健康的になりそうですね。最近、日本の子供は病気がちだったり、アレルギー持ちが多いそうですが毎日塾やら習い事、スマホにテレビゲーム等の生活を考えると当然の結果なんでしょうね。
この記事は是非日本のお母様方にもヨンデホシイデス。

アイス食べたかった (笑)

nicoさま

栄養失調は大変でしたね!!
健康面でも不安がありますが、肉、魚好きのわたしたちとしては、野菜だけの生活なんて考えられないです。
でも、ベジタリアンの人にとっては日本の「焼き肉食べ放題」とか考えられないんでしょうね。
ああ〜、日本の焼き肉が恋しい。
というか、焼き肉のタレが恋しい。
あのタレが肉のうまみをひきたててますよね。
ベジタリアンの人は卵さえ食べない人が多いですが、どんな野菜で補っているのか不思議です。
卵大好きな板東英二は健康そうですし、やっぱり卵も大切なんですね。

おへそさま

ヨーロッパの人、ベジタリアンやビーガン、多いですよお〜。
親がベジタリアンだから子どもも、ってパターンもありますが、わたしたちが出会った人たちはむしろその逆が多いです。
おじいちゃん、おばあちゃん、おとうさん、おかあさんは肉も魚も食べるのに、自分は小学校のときにベジタリアンになることを決めた、というヨーロッパの友人もいます。
もともと肉が嫌いで「じゃあベジタリアンになろう」と小さいころに決めたり、友だちや芸能人をみてファッションのようにベジタリアンになったり。
たぶん、ヨーロッパではこの20年くらいでいっきに増えていると思います。
そのうち日本もそうなるかもしれないですよ。

長浜ラーメンさま

そうなんです。
この家庭の子どもたちは、とてもいい子たちで(お行儀が良くて親の言うことを聞く、という意味ではなく、朗らかで楽しげで優しい)まさにすくすくと育っている感じです。
子ども同士仲良く遊んでいるし、毎日楽しそうです。
この家庭のお父さんとお母さんはお医者さんで多忙なはずなのに、家庭ではそれをいっさい感じさせません。
ちなみに、この家庭にはテレビはありません。
これだけ子どもがいると、テレビなんて娯楽は必要ないのかもしれません。
非公開コメント