Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ミッション 高級な〇〇を食す

2014.08.17 06:26|ハンガリー☞EDIT
1日に3回くらい、1回につき約1時間の停電にみまわれるエジプト・ルクソールでハンガリーのブログを書いているイクエです。
電気が消えるのはいいけど、エアコンが使えなくなるのがつらいよねぇ・・・。

エゲルの街でワインと温泉を堪能したイクエとケンゾー。
かなり後ろ髪引かれる思いでブダペストへと戻ってきた。
ほんとうにおいしかったなあ・・・ワイン。

a_DSC_0084_201408131832054f2.jpg

前回はカウチサーフィンでマンションを無料で貸してもらっていたけど、さすがに何度もお願いするのは気が引けるので今回は安いゲストハウスをネットで予約していた。

じつはカメラの修理が予想以上に時間がかかってしまったので、この後一度ハンガリーを出てスロヴェニアとクロアチアの北側を観光して再びブダペストに戻ってきてカメラを受け取るということにした。
なのでブダペストではあわせて2か所のゲストハウスに宿泊。

ブダペストには有名な日本人宿「アンダンテ」というのがある。
スタッフは日本人だし宿泊客もほとんど日本人だし、清潔で快適でとても居心地がよくて沈没者続出の宿。
でもわたしたちにとってはかなり割高で、ほかのゲストハウスだとアンダンテの半額から3分の1以下で泊まれるので、わたしたちはアンダンテには泊まらないことにしたのだった。
ブダペストで沈没した人からは「ええ?!なんでブダペストに行ったのに、あの居心地抜群のアンダンテに泊まらなかったの~」って声が聞こえてきそうだけど・・・。
でも、それぐらいの宿泊料を払うなら居心地がいいのは当然で別にアンダンテにこだわらなくても・・・って思ってしまって結局お金で決めてしまった。

2か所のゲストハウスに泊まったけど、繁華街にあるし不潔ってことはないし、それなりに使いやすい。
だけど欠点は、探しにくいってこと!
ブダペストの安宿はアパートを改造しているようなところで看板も何もなくて探すのが大変。

泊まったのはこの古い建物の真ん中の緑のドアから入ったところ。

a_DSC_0081_201408131851172fe.jpg

看板もないし、何階にあるのかもわからないし、しかもバスが遅れて夜中に着いたので、不安100パーセント。
わからないまま階段をあがってウロウロしていたら、暗闇から大男がぬっと現れて・・・。
ホテルの場所を聞くも、その人英語が話せない。
あたふたしていたら、ドアを開けて自分の家に入れようとする大男。
よくわからず促されるまま入ったら、じつはその人がホテルのオーナーだった。

キッチンもあるし繋がりにくいけどWi-Fiもあるし、不満はない。

a_DSC_0173_20140813192257459.jpg

しかもドミトリーで予約していたけど、ベッドが3つある部屋をふたりじめできた。
1泊ふたりで3060フォリント(約1400円)。

a_DSC_0175_201408131923035f1.jpg

ホテルは安くて建物も古いけど、よく見るとおもむきがある。
それぞれの部屋が回廊のように並んでいて、大理石と鉄の手すりの階段も味がある。
築150年くらい経ってそう。

a_DSC_0076_20140813183209690.jpg

a_DSC_0079_20140813185050cc9.jpg

もうひとつ泊まったホテルもダブルルームでふたりで3400フォリントだったから、ブダペストはネットで安い宿を探しやすいよ。
実際の場所を探すのは大変だけどね。

ブダペストの街をすべて観光していたわけではないので、前回行かなかったところへ ♪

a_DSC_0122_20140813191427f0a.jpg

まずは市民公園へ。
一画には童話に出てきそうなお城や教会が。

絵に描いたような建物がこじんまりと密集していて、なんだかテーマパークみたい。

a_DSC_0130_2.jpg

それもそのはず、これは1896年のハンガリー建国1000年祭のときにつくられたパビリオン。
お城は実際に存在する、ルーマニア領にあるヴァイダフニャド城をモチーフに建てられたもの。
パビリオン用なので実際よりもサイズが小さいのかも。

a_DSC_0140_20140813191649ea4.jpg

そのほか、ここにはハンガリー各地の建築様式を取り入れた建物が並んでいる。
建国1000年祭のパビリオンとして建てられたので当初は一時的なものだった。
でも思いのほか評判が良くて、その後もっとしっかりしたものに建て直されたんだって。
当時は、パビリオン用のイミテーションでしかなく古く見せていた建物も、建設から100年以上が経って今ではすっかり古い建物になっている。

a_DSC_0137_2.jpg

今では一部の建物が美術館になっていたり、レストランになっていたり。

写真を撮っていたら、何やらヘンな乗り物がこっちにむかってやってくる!

a_DSC_0132_2.jpg

ビールを飲みながら必死にペダルを漕いでいる。

a_DSC_0133_2_201408131917139c9.jpg

「ペダルをこぎながらいい汗流して、おいしくビールを飲んで、その分カロリーを消費できるという名案!」って思う?
それとも「せっかくビールを飲んでいるのにわざわざまた汗をかくし、せっかくカロリーを消費しているのにビールでダイエットも台無しでナンセンス」ととるか。

イクエとケンゾーは、落ちついてビールを飲みたいけどね。

さて、ここブダペストにはパリのエッフェル塔でおなじみの建築家ギュスターヴ・エッフェル氏が設計した建物がある。
それは、
観光地にはなってないけれど、いまも現役の駅としてちゃんと利用されている。

そのブダペスト西駅へ。

a_DSC_0105_20140813192652513.jpg

エッフェル塔もフォームがエレガントだったけど、この西駅も格式ある雰囲気。

1874年から1877年にかけてつくられたもので、鉄パイプとガラスが用いられ当時は斬新な設計だったんだって。

a_DSC_0085_2014081318495827f.jpg

a_DSC_0090_201408131907101c4.jpg

パリでエッフェル塔を見たときは、鉄なのにやわらかみのあるフォームに感心したし、落ちついた色味なのに冷たく感じない独特の色にも感心した。
この駅も渋い色なのにあたたかみがある。

a_DSC_0087_20140813190731a8c.jpg

a_DSC_0101_20140813191231a90.jpg

a_DSC_0100_20140813195642275.jpg

内部は天井が高くて贅沢な空間。
こんな美しいホールが旅人を迎え入れてくれる。

a_DSC_0096_20140813190909208.jpg

a_DSC_0097_201408131909014f1.jpg

こんなところから旅立ったり、大切な人を見送ったりなんて、映画みたいでロマンチック。
でも、列車や信号は古くて汚い。
それはそれで味があっていいんだけど。

a_DSC_0091_20140813190549fb0.jpg

a_DSC_0094_20140813190927b87.jpg

じつはこの駅には「世界一美しいマクドナルド」と言われるマックが入っている。
入口のメニュー表が、高級レストランのように見える。
でも、お値段はマックプライス。

a_DSC_0108_20140813191149af7.jpg

さて、中に入ってみると・・・。

a_DSC_0110_20140813191414c48.jpg

おお〜。
確かにファストフード店っぽくない。
マックらしさゼロ。
半地下の部分がカウンターで商品の注文と受取りをするところ。
半二階が飲み物やデザートがメインのマックカフェのコーナー。

美しいのは美しいけど、「世界一」ってのは言い過ぎかな・・・。

イクエとケンゾーにはハンガリーでやり残していたことがあった。
最後にこのミッションを果たさないと!

向かった先はハンガリーの台所、中央市場
街の繁華街にドーンと雰囲気のある建物がたっている。

a_DSC_0152_20140813191911492.jpg

ハンガリーで最大の市場。
肉、野菜、フルーツにお土産・・・。
お目当てのものが見つかるといいけど。

a_DSC_0154_201408131919112f3.jpg

アレは肉屋さんで売ってるはず。
でも肉屋さんも十軒以上あるからどこで買えばいいんだろ。

一軒一軒尋ね歩く。

「フォアグラありますか?」

a_DSC_0157_20140813191915f0d.jpg

そう、ミッションとはフォアグラを食べること!
ハンガリーではフォアグラが有名。
ドナウ川の岸辺で飼育されていて、フランスにも輸出されているんだって。
年間2500トンのフォアグラが生産されていて実質的には世界一のフォアグラ生産国と言われることもある。

フォアグラは世界三大珍味のひとつ。
ガチョウやアヒルに必要以上のエサを与えて、わざと肝臓を肥大させて、この脂たっぷりの肝臓を食べるというもの。
強制的にエサを食べさせることに動物愛護の観点から批判する人も多く、フォアグラの生産中止を求める声は強い。

それでも、ハンガリーではフォアグラの売り上げは年間20億フォリント(約10億円)でおよそ5000人の人が仕事に関わっているらしいので、そう簡単にこの産業が中止されることはないと思う。

日本では高級でなかなか口にできないフォアグラも、ここだと安くて存分に楽しめるらしい。
これは貧乏バックパッカーにも有名な話で、バックパッカーたちはちょっと奮発してフォアグラを手に入れ、宿のキッチンで自分たちで料理する人も多い。

でも、どのお肉屋さんでも売ってるかといえばそうではない。
広い市場の中を探しまわった結果、中央くらいに鶏肉店が並んでいるのを発見。

パックされたフォアグラが無造作に山積みされている。

a_DSC_0163_201408131921562a6.jpg

イクエとケンゾーの当初の予定では「フォアグラ200gカットしてください」って注文するつもりだったんだけど・・・。
この真空パックされたような肝臓をまるごと購入しないといけないみたい。
考えてみれば当然だよね。
フォアグラなんて脂肪肝なのでパックから出してカットしたら溶けやすいし、新鮮じゃなくなる。

ふたりでフォアグラまるごとは多すぎるけど、あきらめるわけにはいかない。
いちばん小さそうなフォアグラを探して1890フォリント(870円)で購入。

宿に帰ってさっそくカット。
切り口が溶けていく。
まるでバターを切っているような感覚。

a_DSC_0166_20140813192211d7d.jpg

フォアグラなんて料理したことないし、料理するのもきっと最初で最後。
とりあえずニンニクとパプリカとジャガイモ、ズッキーニで炒めることに。

a_DSC_0167_20140813192211178.jpg

こんな固形物のフォアグラからみるみるうちに大量の油が出てくる。
しかも脂が出る分、身が小さくなっていく。
フォアグラってほとんど脂なんだって実感。

a_DSC_0168_20140813192157d45.jpg

狭い宿全体に、フォアグラの濃厚で独特な脂臭さが充満している。
泊まっている日本人はわたしたちだけ。
やばいやばい。
きっとほかの人たちは「あの東洋人は台所に閉じこもって何つくってんだ?」って思ってるだろうな・・・。
ベジタリアンもいるかもしれないし、苦情が出る前に換気扇つけてささっと料理を終わらせなくては。

a_DSC_0171_201408131924356ec.jpg

醤油を落としてご飯にかけてフォアグラ丼の完成!

ご飯も野菜もフォアグラの脂を吸って、すべてがフォアグラの味。
濃厚な脂。
おいしさと喉の渇きでワインが進む。

おいしんだけど、このくどい味は少量食べるのがちょうどいいかも。

フォアグラはまだ半分余っていたので、翌日は赤ワインも加えて玉ねぎと炒めてフォアグラサンドイッチの完成。
もうフォアグラは当分いいやっていうくらいフォアグラ漬けになったイクエとケンゾーだった。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

No title

初めまして。
今年の五月に六年勤めた会社を退職してから、専業主婦をしている者です。

新しいことに挑戦することが本当に苦手なので、
海外には新婚旅行のハワイにしか行ったことがないのですが、
みなさんが書かれている世界一周のブログを読ませていただいて、
毎日旅をしているような、とても充実した気持ちになっています。

今まで「日本が一番良い国なんでしょ。だから旅行しなくても十分幸せ」なんて思っていましたが、
たくさんの写真をみて、こんなに素晴らしい世界を知らないなんて、
なんだかもったいないなぁ・・・と思っています。
いつか主人と海外旅行に行きたいな。


今回のブログですが、フォアグラ!!
とっても羨ましいです。
大好きですが、なかなか記念日や結婚式でしか食べれないですよね。
あー・・食べたくなってきた(*^。^*)


お二人がとても仲良しで、素敵なご夫婦なので、大好きです。
これからもブログにお邪魔させていただきます。



ひろみんさま

初コメントありがとうございます!

ぜひぜひ、いつかと言わず近いうちに旦那さまに海外旅行を提案してみてはいかがですか?主婦業も大変ですからね、たまには非日常の世界に浸ってリフレッシュするのもいいと思いますよ。

丸々一羽分のフォアグラだったので、ふたりで食べるには多過ぎる量でした。贅沢なフォアグラ三昧の2日間を過ごして分かったことは、やっぱり少量を一口一口噛み締めながら味わう方が美味しく感じるってことでした。笑

また遊びに来てください。いつでもお待ちしてま〜す!
非公開コメント