Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別記事
リンク
見てくれてありがとう!
ふたりのお勧め旅グッズ











 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


人生の達人を前に

2014.08.11 05:54|オーストリア☞EDIT
毎日お茶を1.5リットルくらいは飲んでいるイクエです。
たまにミネラルウォーターも買ってるけど、きりがないのでせっせと電熱コイルでお湯を沸かしてお茶を作っています。
ケンゾーが下痢なのですが、もしかしてこのせい?

このブログを読んでくださっていて出会うことができたウィーン在住のサトコさん。
サトコさんは世界遺産ヴァッハウ渓谷の近くに別荘をお持ちで、そこでゆったりと過ごさせてもらっている。

ただお世話になるだけでは心苦しいので、家庭菜園の水やりや草むしりをお手伝い。
庭にはいくつか浴槽のようなものが置いてあって雨水が貯められている。
自然の恵で使えるものは使おうという意識。

a_DSC_0425_20140809013508e00.jpg

緑がまぶしい!
じんわりといい汗をかいたあとは、もちろん冷えた白ワインやシュナップスをいただきます♡

サトコさんが「卵を買いに行こう」って誘ってくれた。
小さな小さな集落にお店なんかないけれど、すぐご近所で手に入るらしい。

a_DSC_0416_201408090134467f2.jpg

向こうに見える、屋根にソーラーパネルがあるのがサトコさんの別荘。
手前の家が卵屋さん。

卵屋さんっていっても、ふつうのご自宅。

a_DSC_0417_20140809013458cd2.jpg

住んでいるのはおばあさんで、庭でニワトリを放し飼いにして育てている。

a_DSC_0414_201408090134390c1.jpg

サトコさんが持参したパックに産みたての卵をおばあさんが入れてくれた。
大きくて立派な卵。
おばあさんはこうやって、ご近所の人に卵を売っている。

a_DSC_0418_20140809013505312.jpg

家に帰ると、ドゥッドゥッドゥッドゥッという音が遠くから聞こえてきた。
その音はどんどん近づいてくる。

外をのぞくと、サトコさんの義理のお父さんが芝刈り機に乗って登場〜♪

a_DSC_0433_20140809013729b73.jpg

だんなさんのクラウスさんの実家はこの近く。
おじいちゃんは、この家の草刈りを手伝いに来てくれた。
おばあちゃんを同伴して。

監視係のおばあちゃんはおじいちゃんのそばについて「あっちも刈りなさい」「ここがちゃんと刈られてないよ!」と厳しく指導。
夫婦の力関係がわかりますな。

a_DSC_0430_201408090137395ef.jpg

おじいちゃん、がんばって〜!

a_DSC_0439_2014080901372686f.jpg

おばあちゃんから「ちゃんときれいな花は残しておくように!」と指示を受けたみたいで、庭の野生のお花畑のなかには一本の小道だけできていた。

a_DSC_0443_20140809013742f2b.jpg

イクエとケンゾーのために、おばあちゃんがご当地のスペシャル料理をつくってくれることに!
わ〜い!!

旅行をしていて思うのは、ほんとうに地元の人がおいしいって絶賛する料理はレストランでは食べられないということ。
やっぱり家庭料理がいちばんなんだよね。
だから旅をしていて家庭料理をごちそうになるっていうのはとてもラッキーで幸せなことなので、いつも大喜びする。

メインディッシュは「シュヴァインズブラーテン」という豚肉を使った料理。
いわば、ローストポーク。
おばあちゃんがもってきてくれたのは、とってもきれいで新鮮な豚肉。
生肉を見て「きれい」っていうのは違和感があるかもしれないけど、ほら、きれいでしょ。

a_DSC_0648_20140809013906cf3.jpg

別荘にはおばあちゃんとおじいちゃんの若かりしころのすてきな写真が飾ってあって、おじいちゃんはイケメン、おばあちゃんは女優さんみたいだった。
その写真を見ていたら、横でサトコさんが「今はぜんっぜん違うのよ。すごく大きくなってるの。」って言ってたんだけど、たしかにこの何十年かでおばあちゃんはかなりビッグになっているようだ。

a_DSC_0649_201408090139155f4.jpg

ヨーロッパの女性ってみんなこんな感じなんじゃないかな。
いままで子どもも産んで、大変な子育てもして、孫もできて、そしておいしく食べて生きてきた。
幸せ太り?
なんだか微笑ましいくらい。

かたや、うちのだんなは・・・。

a_DSC_0656_20140809013920fac.jpg

ほっそ〜い。

幸せですか?
けっして妻が虐げているわけじゃないですよ。

細身のケンゾーが草取りをしている間に、おばあちゃんの手料理のできあがり〜♡

a_DSC_0676_201408090141070a4.jpg

オーブンで焼いたお肉はソースを吸い込んだのか、厚さがもとの3倍くらいになっていた。
こんがりと、でも柔らかくいい具合に焼けていて見ているだけでよだれがでる。

a_DSC_0681_20140809014104793.jpg

お肉の隣のまん丸いものは、クヌーデル。
つぶしたじゃがいもに小麦粉などを混ぜてこね、湯がいたもの。
ぷにん、と弾力があるけど、見た目ほど重たくなく2、3個は食べられる。
この中にひき肉を入れたり、フルーツを入れてデザートにする応用料理もあるんだって。

ほかのサイドメニューはパスタのスープと、キャベツの酢サラダ「ザウアークラウツ」。

a_DSC_0665_20140809014102ada.jpg

a_DSC_0664_20140809014108ff7.jpg

サトコさんは「わざわざ作らなくてもいいよ」っておばあちゃんに言ってたけど「ダメ!この豚肉の料理にはサイドメニューはこれだって決まってるの!」って言って、わざわざこの2品も作ってくれた。

定番のセットメニュー。

みんなでいただきま〜す!!

a_DSC_0667_20140809014108e31.jpg

豚肉の一切れも大きいし、まん丸にこねたじゃがいももパスタのスープも炭水化物でお腹にたまるはずなのに、おいしくてたいらげてしまった。

おばあちゃん、ありがとう♡
ごちそうさまでした。

午後には近くの湖に車で泳ぎに行くことにした。

先に芝刈り機に乗って家を出ていたおじいちゃんを車で追い越していく。

a_DSC_0454_2014080901383878c.jpg

おじいちゃんも、芝刈りありがとう♡

わたしはペーパードライバーだし、オートマ限定免許なので、外国での運転はいつもケンゾーにおまかせ。
「痩せ過ぎなのにずっと運転させてすまないねえ」って思うようにはしているけど、こんなすてきな道。
運転するのをケンゾーも楽しんでいるみたい。

a_DSC_0687_2014080901425189d.jpg

a_DSC_0688_20140809014220890.jpg

空の青、大地の緑。
この組み合わせほどさわやかですがすがしくて、こころを晴れやかにする色はない。

なんか動いてる!っと思ったら、鹿が放牧されていた。

a_DSC_0686_2014080901421715f.jpg

鹿も青空の下、こんなところで心ゆくまで草を食べられたら幸せだろうね。

緑のなだらかな丘を越え、車は森の中に入っていく。
こんなひっそりとしたところに、突然湖があらわれる。

a_DSC_0695_201408090143130db.jpg

静かな隠れ家のような場所だけど、地元の人には人気のレジャーの場所。
海水浴に行く感覚で、湖に遊びに行く。

a_DSC_0689_20140809014248713.jpg

a_DSC_0711_20140809014403b15.jpg

日本では「湖で泳ぐ」ことにあまりなじみがない。
(琵琶湖みたいな大きな湖だと泳ぐのかな。)

ヨーロッパの人に「わたしたちは湖にわざわざ泳ぎにいかないなあ。日本は島国だからだいたいどこからでも日帰りか1泊で海に泳ぎに行けるから。」って答えると「でも、海だと波があるでしょ。海でちゃぷちゃぷ遊ぶんじゃなくて、がっつり泳ぎたいときは波がない湖じゃないと!」って言われたことがある。

なるほどね。
湖は天然のプールって感じか。
たしかに近くに湖があるのなら、スポーツジムのプールじゃなくて大自然の中の湖で泳ぐ方がリラックスもできるよね。

ってことでやせっぽっちのケンゾーさんが、湖に泳ぎに行く。
もっと体を引き締めたいのかな(笑)。

a_DSC_0702_20140809014429a0d.jpg

わたしはというと・・・。
水が冷たすぎるので、湖畔でごろーん。

見上げると、天に昇るような木々。

a_DSC_0722_2014080901450489b.jpg

足元を見ると、大量の・・・。

a_DSC_0728_20140809014426492.jpg

アリ!
森だからしょうがないって我慢してここにとどまってたんだけど、どうもわたしたちのいたところだけアリの大群。
アリの通り道におじゃましちゃったみたい。

アリと格闘していたらかわいい森の妖精たちが、ひと泳ぎして帰ってきました。
サトコさんの娘さんアンナちゃん(後ろ)とお友だちのラーラちゃん。
小さいころから親友で、いまの2人の共通の趣味はカメラ。

a_DSC_0732_20140809014503ecd.jpg

湖であそんだあとは、おじいちゃんとおばあちゃんの家に立ち寄る。
おじいちゃんとおばあちゃんは、クラウスさんの弟さん家族と暮らしている。
オーストリアの田舎の家って、おしゃれだね!

a_DSC_0733_20140809014624004.jpg

太陽の光がふんだんに入る大きな家。
でもお庭にはこんなに小さなかわいい家も。

a_DSC_0735_20140809014639b8e.jpg

中をのぞいたらテーブルと椅子。

ここでティータイム、はたまた昼からワインタイム。
そのあとはマットの上にごろんとなってお昼寝。
最高の休日の過ごし方かも。

a_DSC_0736_20140809014616b49.jpg

いや、べつに休日限定じゃなくてもいい。
ちょっと1時間くらいここでお昼休みを過ごせれば。

おばあちゃんは、ケーキ「グーゲルフプフ」を焼いてわたしたちを待っていてくれた。
料理上手なおばあちゃん、おいしいもので人を喜ばせ上手なおばあちゃん。

a_DSC_0743_20140809014642cb1.jpg

こんなおばあちゃんを射止めたおじいちゃんも、むかしはイケメンだったわけで・・・。
おじいちゃんの若いころの写真。

a_DSC_0745_20140809014623843.jpg

このオートバイ、サングラス、ショートパンツ。
60年くらい前かな。
当時のイケメンに間違いないでしょう。

このオートバイにおばあちゃんをのっけて、デートしてたんだって。
当時結婚することは親に反対されてたから、駆け落ちして教会で式をあげたらしい。
やるねぇ。

a_DSC_0746_20140809014711672.jpg

イクエとケンゾーが世界旅行をしているというと、おばあちゃんたちは驚いた。
「わたしなんてこの村だけで生きていて、ウィーンにさえもたま〜にしか行かないのに。」

おじいちゃんとおばあちゃんは、この村だけで生きている。
だけど、この地でいろんなできごとを体験し、いろんな感情をもち、子どもを育て、孫をもち、幸せで満足で、豊かな人生を送ってきた。

a_DSC_0381_20140809060911deb.jpg

そんな人生の先輩を前にすると、いい年して目的もなくふらふらと漂って自分の根付くところをもたない自分がちょっと恥ずかしくもなるのです。

Comment

いやいや!
いいじゃないですか
イクエさんとケンゾーさんのように世界の色々な場所へ直に行くってすごく素晴らしいことだと思いますけどね〜
世界は日本だけじゃないですし生きてる間にたくさんの場所へ行くってとてもいいことだと思います
たくさんの人と交流もできますし・・・
ケンゾーさんはスペインがすごく気に入られたみたいですが、母国の他に好きな場所があるっていいなと思います
こちらのご夫婦のように一つの場所で根を下ろして暮らしていくのも勿論素敵だと思いますが
あとはやはり海外へ昔に比べるとぐっと行きやすくなったというのもありますかね

グローバル化の影響でこれからはどんどん世界は小さく均一化していくと言われていますから以前イクエさんも書かれていましたように旅をするならやっぱり今だよなあと思っています
新興国なんかはほんの数年で様変わりするでしょうし
今からお二人が旅されるのはアフリカでしょうか?アフリカも今後どんどん変わっていくと言われてますしね
なので今しかできない旅をお二人も楽しんで下さい

ppさま

優しいお言葉、ありがとうございます!
旅ができていることに感謝しながら、思う存分世界を楽しんで満喫したいと思います。
帰国後のことを考えると怖いですが、、、。

そうなんですよね。
新興国は、日本とは比べものにならないスピードで発展し、首都の雰囲気は均一化されてきています。
とくに、ファッションや流行りの英語の音楽はどこの国でもほぼ一緒で。
さらに、旅行者側もパソコンを持ち歩いてるから、いつもネットを使えるし、人によってはずっと宿で漫画や映画をパソコンで見てる人もいます。
海外旅行の敷居が低くなるいっぽう、醍醐味はへってきてますよね。
秘境と言われる場所もどんどん少なくなってますし。
十年後、二十年後はどうなるんでしょうね。