Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

レンタカーでハンガリーの地方都市巡り

2014.08.07 05:59|ハンガリー☞EDIT
「目尻のシワが100本あるよ。おじいちゃんになったらどうなると?」と妻に悪口を言われているケンゾーです。
100本は完全に大げさだけど、シワが増えていっているのは確か。
しゃあないよね、来月40歳やもん。

スペインからハンガリーへ飛ぶことにした時点で、ある素晴らしい計画を実行に移すことにしたケンゾーとイクエ。
オーストリアを旅したときにこのブログの読者でウィーン在住のサトコさんのご自宅に招待していただいたことがある。(その時の記事はこちら

おいしい食事をごちそうになったんだけど「次はぜひわたしたちの別荘に遊びに来てね」と嬉しい誘いをもらっていた。
「田舎で山や森しかないところだけど、ワインや自家製のお酒はいくらでも飲んでいいから」だって!
オーストリアの自然に囲まれてワイン三昧なんて、このチャンスを逃すともうないよ。
今回もサトコさんのお言葉に甘えて別荘にお邪魔させてもらうことに。

残念なことに、日本人観光客のガイドをされている旦那さんのクラウスさんは仕事でいっしょに行くことができない。
そこでケンゾーとイクエがブダペストでレンタカーを借りてオーストリアまで行って、そのままみんなで車で別荘に行くことにした。
レンタカーで巡るハンガリー・オーストリア6日間の旅のはじまりはじまり ♪

朝7時、6日間泊めさせてもらったブダペストの部屋を出てトラムに乗る。
ドナウ川を渡ってベストの街へ。
きょうは絶好のドライブ日和になりそうだ。

a_DSC_0037_2014080504573807f.jpg

ちなみにレンタル代は6日間で159ユーロ。
スコットランドのダブリンでレンタルしたときは、窓口でかなり追加料金を払うハメになってしまってイヤな感じになったけど今回は大丈夫かなあ。(この時の記事はこちら
ドキドキしながらレンタカー屋へ。

a_DSC_0039_20140805045741452.jpg

このレンタカー屋はちょっと変わってて、高級ホテルの駐車場に店舗がある。
経営はホテルで、主な利用者はホテルの宿泊者なのかな。
結局今回もTAXとして24ユーロ追加で払わないといけなかった。
それも予約するときにちゃんと明記しておいてほしいよ。

今回のメンバーはケンゾーとイクエ、サトコさんと娘のアンナちゃん、そしてアンナちゃんの友だちのラーラちゃんの5人。
イクエとふたりのときは小さなコンパクトカーしか借りないけど、今回はセダンタイプの普通車をレンタル。

a_DSC_0221_20140805050016a02.jpg

さあて、まずはサトコさんたちの住むウィーンをめざしてしゅっぱ〜つ!
ブダベストからウィーンまではおよそ250km。
いくつか観光スポットに寄り道しながらののんびりドライブで、夜7時過ぎにウィーンに着く予定。

レンタカー

a_DSC_0041_20140805045748efb.jpg

ドナウ川を渡りブダベストに別れを告げる。
といっても6日後にまた戻ってくるんだけどね。

a_DSC_0050_2014080504574801a.jpg

このレンタカーにナビはない。
iPhoneの地図アプリがナビ代わり。
助手席に座ってるイクエが必死に画面を見ながら道案内をしてくれてるんだけど、これがけっこう大変。
ヨーロッパは左折禁止や一方通行が多くて行きたいところになかなかたどり着けない。
はりきって橋を渡ったまではいいけれど、「あら?あっ、こっちじゃない!」「えええ?!」「あああ、間違えたああ!」「うそおおお」と郊外に行きたいのに、なぜかもう一度橋を渡ってスタート地点に戻ってしまった。
大丈夫かな、今日中にウィーンにたどり着けるかな?

気を取り直してふたたびしゅっぱ〜つ!

ハンガリーとオーストリアのハイウェイは有料。
利用者は事前にお金を払って通行の権利を買うシステム。
距離や利用回数は関係なく、10日間とか2週間とかで値段が決められている。
その期間は好きなだけハイウェイを使っていい。
ハンガリーはちょっと面倒で車のナンバーを申請しないといけない。
ケンゾーたちはもちろん有料のハイウェイを使わず下道だけでウィーンをめざす。
ただ、気をつけないと下道を走ってるつもりが、いつの間にかハイウェイに入っちゃってることがあるので要注意。
ここでもイクエのナビゲーション能力が重要だ。

a_DSC_0053_20140805045743ce0.jpg

a_DSC_0056_20140805045800ff9.jpg

走りはじめて3時間、とても立派な建物が見えてきた。
地図を見るとジェールという街だった。
お腹もすいてきたし、きれいな街みたいなので休憩することに。

a_DSC_0089_20140805045910766.jpg

街にはドナウ川の支流ラーバ川が流れていて、周囲はとてもきれいに整備されている。
ここを見ただけで住みやすそうな印象を受ける。

a_DSC_0058_2014080504580639f.jpg

とてもおしゃれでかわいらしい建物が並ぶ旧市街。
カラフルな建物が多くて街全体がとても明るい雰囲気。

a_DSC_0061_201408050458072ef.jpg

a_DSC_0064_20140805045813b79.jpg

a_DSC_0076_2014080504583625f.jpg

店のサインに遊び心があっておもしろい。
サインだけを見て「これは何屋さんだ?」と当てっこするのが楽しい。
アラサーとアラフォーだけど・・・。

これはそのまんま、帽子屋さん
a_DSC_0078_2014080504584141e.jpg

上の針がかわいい仕立て屋さん
a_DSC_0080_20140805045839483.jpg

じゃあ、これは?
a_DSC_0077_20140805045836020.jpg

こたえはカバン屋さん。
なるほど、ワニ革だからカバン屋ね。
なかなか散策するのが楽しい街だった。

a_DSC_0066_20140805045813c39.jpg

a_DSC_0068_20140805045832955.jpg

ふたたびウィーンへ向けて車を走らせる。
この時期は菜の花とラベンダーが満開。
街を離れると交通量も少なくてとても運転しやすい。

a_DSC_0092_201408050459139a5.jpg

ケンゾーがかけてるサングラスはバルセロナで2ユーロだった。
でもすぐにネジが外れて壊れてポイ。
安物買いの銭失いとはよく言ったもんだ。

夕方4時頃にオーストリアとの国境に近いショプロンという街に到着。
古代ローマ帝国時代の城壁がわずかに残っている歴史ある街。
細い道が迷路のように入り組んだ旧市街を散策することに。

a_DSC_0101_20140805045919cc0.jpg

a_DSC_0103_20140805045920c6a.jpg

くねくねとカーブしている旧市街の道。
ショプロンはハンガリー全土を襲ったオスマン・トルコの侵略をからくも逃れることができた街。
貴重な中世の街並みが美しく残っている。

a_DSC_0112_2014080504595124a.jpg

a_DSC_0106_20140805045951b00.jpg

ブダペストは大きな建物が多くて華やかだけど、ハンガリーの地方の街はカラフルでかわいらしい。
ハンガリーに行く人は、そんな地方の街に行くのもおすすめだよ。
数泊してのんびりするのもいいかも。

a_DSC_0105_201408050459399e7.jpg

ショプロンのランドマークとなっているのは火の見の塔
かつてはこの上から街を見守っていたんだそう。
かなりおしゃれな火の見櫓だね。

a_DSC_0100_201408050459248b8.jpg

ショプロンのすぐ近くにはハンガリーとオーストリアにまたがるフェルトゥー湖という湖がある。
知らなかったんだけど、ヨーロッパ最大の塩湖なんだって。
湖が近づくと道路にこんな標識が。
するといたいた。

a_DSC_0140_20140805050022bad.jpg

a_DSC_0122_20140805045949888.jpg

ガーガーガーガー賑やかな集団だ。
フェルトゥー湖は琵琶湖の半分くらいの大きさなんだけど、毎年ヨーロッパ北部から5万羽の渡り鳥がやってくるんだそう。

歩いていると甲高い鳥のさえずりがあちこちから聞こえてくる。

これがフェルトゥー湖。
うん、まあパッと見はふつうの湖だね。
でも野鳥の宝庫とあってこの湖と周辺の街は世界遺産にもなっている。

水深がとても浅くていちばん深いところでも1.8mしかないんだって。

a_DSC_0135_2014080505001266f.jpg

犬が水遊びしてガブガブ湖の水を飲んでたけど、しょっぱくないのかなあ。
試してみようかなとも思ったんだけど、この色だからね、やめといたよ。
養分をたっぷり含んで栄養豊かな湖なんだろうけど。

a_DSC_0127_2014080504594854b.jpg

a_DSC_0130_20140805050011977.jpg

じつはこのフェルトゥー湖周辺は今から遡ること25年、歴史が大きく動き世界が変わる舞台となった。

それはヨーロッパピクニック計画!
楽しそうな響きだけど、大真面目な一大イベントの話。

あしたは世界を変えたピクニックのお話です。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント