Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

王のワインを庶民が飲むと

2014.08.05 06:06|ハンガリー☞EDIT
タンクトップがでろんでろんで乳首がチラ見えしているケンゾーです。
このままいくと『ごっつええ感じ』の「放課後電磁波クラブ」みたいになっちゃうよ。
あ、分からない若者はググってみてね。
もう今じゃあんなコント放送できないよ。

きょうはスペインを旅立つ日。
ああ、楽しかったなあ、スペイン。
いつもは新しい国への期待でワクワクの出国なんだけど、今回は後ろ髪引かれる思い。

スペインからは飛行機で次の国へ。
フライトは朝の9時、太陽が昇りきる前にバスに乗って空港へ。

a_DSC_0418_20140802095229059.jpg

a_DSC_0417_2014080209522669b.jpg

1か月半前にイギリスからポルトガルに飛んだとき、空港を間違えるという痛恨のミスをしたケンゾーとイクエ。
(その時の記事はこちら
今回はメールで届いたEチケットを穴が空くほど何度もチェック。
よし抜かりはないと思いつつも、ちょっとドキドキしながらターミナルへ。

a_DSC_0419_201408020952465a2.jpg

さて、みなさんが気になるのは次は一体どこに飛ぶのか?だよね。
まあブログの冒頭にルートを書いてるからバレバレなんだけど・・・。
ケンゾーとイクエが次に旅するのは、ハンガリー
ここバルセロナからハンガリーの首都ブダペストへとひとっ飛び。

ハンガリー

なぜブダペストなのか?
それは・・・なんてったって安いから!
WIZZ AIRで1人30ユーロ、荷物代を入れても2人で1万円ちょい。
安!!

これからのざっくりとした予定は、ハンガリーから旧ユーゴ圏の国を回りながらバルカン半島をギリシャまで南下、最終的にアテネからエジプトへ飛ぶつもり。
まだぜんぜん予定は未定なんだけど、このバルカン半島の旅は1か月半から2か月くらいかなあ。

チェックインも出国手続きも問題なし。

バイバイ、スペイン。

そして2時間半後、こんにちはハンガリー。

ブダペストには沈没者続出の超有名日本人宿「アンダンテ」があるんだけど、ケンゾーとイクエはカウチサーフィンで泊めてくれるホストをゲット済み。

このホストとは夜の7時半に待ち合わせしているので、5時間くらい空港で時間を潰すことに。
やる事と言えばひとつしかない、ブログ書き。
ただでさえリアルタイムと2か月もタイムラグができちゃってるからね。
更新が途切れないようにストックを貯めとかないと。

a_DSC_0420_20140802095253038.jpg

夕方6時に行動開始。
空港からバスとメトロを乗り継いでブダペスト市内へ。
乗り継ぎチケットは1人530フォリント(約245円)。

a_DSC_0002_20140802094912d7d.jpg

a_DSC_0005_2014080209491783e.jpg

ブダペストはドナウ川を挟んで西のブダ側と東のペスト川に分かれている。
今回のホストの家は街の中心から少し離れたブダ側にある。
メトロの最寄り駅から10分ほど歩いていく。

a_DSC_0006_20140802094924eb9.jpg

昨日までいたスペインと比べると、途端に街が古くさくなった。
あか抜けなくて、雰囲気がちょっと重たい。
街並みが同じ旧社会主義だったキルギスに似ている。
ハンガリーは全体的にこんな感じなのかなあ?

a_DSC_0007_20140802094923f8e.jpg

a_DSC_0008_2014080209492371b.jpg

わりと新しい団地の一室が今回のホストの部屋。
団地と言ってもそれぞれの建物はちゃんとしたマンションみたいできれい。

a_DSC_0010_20140802094948997.jpg

a_DSC_0016_20140802094953b79.jpg

案内された部屋に入ってこれまたビックリ。
とってもきれい、と言うか家具以外はな〜んにもない。

a_DSC_0013_20140802094944907.jpg

a_DSC_0014_2014080209495066f.jpg

じつは今回のホストはここには住んでいなくて、つい最近まで人に貸していたんだそう。
まだ借り手が付かず空室となってる部屋をカウチサーファーに提供している、っていうことなんだよね。
「あとは自由に使ってね」と部屋の鍵を渡された。
いやあ、ほんとにありがたいね。

残念ながら部屋にWi-Fiはない。
近くにネットカフェもあったんだけど、なんとかネット代をケチれないかなあと探しまわっていたらいい場所を発見。
最寄り駅の近くのショッピングセンターでフリーWi-Fiをゲット。
ソファーもあって言うことなし。
LEGOショップさん、ありがとうございます!

a_P1040229.jpg

a_P1040230.jpg

お言葉に甘えてけっきょくこの快適な部屋に6泊させてもらったケンゾーとイクエ。
カリスマ日本人宿じゃなくて居候先で沈没しちゃったんだけど、ブログを書く以外いったい6日間も何してたんだろう。
ちょっと振り返ってみるか。

快適な部屋を提供してくれたのはコンピュータエンジニアのバラズ。
「飲みに行こう」と連れられて来たのは、かなり年季の入った古いビル。

a_DSC_0070_20140802095039fc4.jpg

こんなとこに飲み屋があるのか?と半信半疑でビルの奥へと入っていく。
薄暗い通路の先にはなんだか妖しい空間が。

a_DSC_0071_2014080209504037d.jpg

なんだこりゃ、ぐっちゃぐちゃだ。
壁一面落書きだらけで部屋中ガラクタだらけ。

a_DSC_0094_201408020951379c7.jpg

a_DSC_0092_20140802095135f5a.jpg

a_DSC_0091_201408020951280e2.jpg

散歩の途中なのか、犬を連れたおばあちゃんがビールグラスを傾けてる。
おばあちゃん、渋すぎ。

a_DSC_0077_201408020951074b1.jpg

ビールを頼んで2階へ。
カウンターはめっちゃおしゃれ。
ギャップがスゴすぎるよ。

a_DSC_0079_20140802095100a77.jpg

2階もなかなか個性的。
みんなそれぞれお気に入りの場所があるんだろうね。

a_DSC_0089_2014080209510853e.jpg

a_DSC_0090_201408020951109bb.jpg

a_DSC_0098_20140802095132550.jpg

紹介が遅くなったけど、こちらが快適な部屋を提供してくれたバラズ。
お酒が好きで、ここにはよく来てるんだそう。

a_DSC_0088_201408020951059d5.jpg

バラズには伝統的なハンガリー料理の店にも連れて行ってもらった。
この店の看板メニューはハラースレーという魚のスープ。

a_DSC_0152_2014080209522729c.jpg

a_DSC_0155_20140802095223084.jpg

すぐそばを流れるドナウ川で獲れた淡水魚を使った伝統料理。
トマトとたっぷりのパプリカで、おもに鯉を煮込んだスープ。

a_DSC_0157_2014080209522862f.jpg

ハンガリー料理はヨーロッパのなかではもっとも辛いと言われている。
みんなパプリカが大好きで唐辛子もたくさん使う。
スープといっしょにパプリカや唐辛子を混ぜたペーストが運ばれてきた。
もともとスープは辛口の味付けだけど、さらにお好みでこのペーストをスープに混ぜる。

a_DSC_0153_20140803060953df8.jpg

けっこうスパイシーな味だけど癖はない。
魚も生臭さはなくほろほろと柔らかく美味しい。
でもなかなかいいお値段なんだよね。
一皿2550フォリント(約1200円)。
今回で最後かなあ。


ケンゾーはどうしてもここブダペストでやっておきたいことがあった。
それは一眼レフのレンズの修理。
ちょっと前にカメラを落としてしまってレンズを強打。
調子が悪くなってだましだまし使ってたんだけど、とうとうモロッコ滞在中に使用不能になってしまっていた。
スペインでも修理を試みたんだけど、日数が足りなくて諦めたんだよね。

ということで、ニコンのサービスセンターへ行くことに。
住所はバルセロナのニコンショップで教えてもらっていた。
メトロとバスを乗り継いで郊外へ。

a_DSC_0116_20140802095139fc3.jpg

ほんとにこれであってるのかなあ、と不安な気持ちを抑えて教えられた住所に行ってみると・・・

a_DSC_0117_2014080209515816a.jpg

a_DSC_0118_20140802095156758.jpg

あった!
ちゃんとニコンのサービスセンターがそこにあったよ。
英語も喋られるスタッフがいて念願の修理をお願いすることができた。
だいたい2週間くらいかかるみたい。
インド、イランに次いで3度目の修理だ。
レンズも本体も旅終了までもつかなあ。


バラズと食事に行くこともあったけど、それ以外は自炊。
なんだけど、これがけっこう大変だった。
部屋には立派なキッチンがあるんだけど、調理器具がひとつも無いんだよね。
フライパンどころかスプーンやフォークさえ無い。

それでもせっかくキッチンがあるから料理をしたい。
かといって鍋やフライパンをわざわざ買うわけにもいかないし。
なにかいい方法はないかなあと1ユーロショプをのぞいてみた。
ハンガリーの通貨はユーロじゃないんだけど、「1ユーロショップ」というのが街の中に何軒かある。
だいたいお値段は1ユーロ相当。
そこで物色していたら、いいものを発見。
それはホーローの大きなマグカップ。
値段は140円くらい。
鍋としてもつかえるし、これで米も炊ける。

a_DSC_0059_20140802095014b23.jpg

ヨーロッパのスーパーでは、簡単に炊ける米を買うことができる。
小さな穴がたくさん空いている袋に1人分の米が小分けしてある。
この米は、袋ごと鍋に入れて炊いたあと、穴が空いてるのでそのまま水切りをして食べられるようになっている。

a_DSC_0018_2014080306095271a.jpg

米を炊いたあとは玉ねぎと鶏肉を炒めて・・・
(ビニールをまな板代わりにして十得ナイフでカット)

a_DSC_0062_201408020950315ab.jpg

a_DSC_0063_20140802095035983.jpg

溶いた卵を入れて親子丼の完成。
鶏肉のトレイが皿代わり。

a_DSC_0065_20140802095036200.jpg

これだけできれば充分だ。
このホーローカップはかなりいい働きをしてくれている。
すでにもっている電熱コイルとセットで使えば、電源さえあればどこでもパスタやラーメンが作れるし米が炊ける。
かなりいい買物だった。

そしてもうひとつ、ケンゾーとイクエを救ってくれたのがこれ。

a_DSC_0028_20140802095012260.jpg

ベーコンのブロック。
安い肉がこれしかなかったので「まあいっか」って感じで買ったんだけど、これがばかウマ!
薄切りにしたベーコンをジャガイモと玉ねぎ、にんにくといっしょにオーブンへ。
味付けは塩こしょうのみ。

a_DSC_0032_20140802095016ecd.jpg

オーブンから漂ってくる香ばしいベーコンの香りがたまらない。
ジャガイモとベーコンのグリルのできあがり ♫

a_DSC_0141_201408020952022ab.jpg

味はね、もうなんじゃこりゃああー!っていうほどウマかった。
噛むとジュワーっと旨味成分が口の中に広がる。
ベーコンから溢れでる脂身を吸ったじゃがいももたまらない。
薄くスライスしたじゃがいもはカリカリのチップスになってて食感がいい。

a_DSC_0145_201408020952017aa.jpg

いやあ100g70円でこの味は驚異的。
このベーコンも掘り出し物。

じつはハンガリーはワイン大国って知ってた?
北部のエゲル地方で造られるエグリ ビカヴェール(Egri bikavér)は辛口の赤ワイン。
ビカヴェールとは『雄牛の』いう意味で、脂っこい肉料理にぴったり。
スーパーで399フォリント(約185円)だった。

a_DSC_0147_201408020952010c1.jpg

そして世界的に有名なのがトカイ アスー(Tokaji Aszú)
かつてフランスのルイ14世が「これぞ王のためのワイン、ワインの王だ」と絶賛した世界三大貴腐ワインのひとつ。
あまり聞き慣れない貴腐ワインとは、ある種のカビに感染して水分が蒸発し、干しぶどうのような状態になった(=貴腐化した)白ぶどうから造られた甘口のワインのこと。
かなり高級なワインでスーパーでも万引き防止のタグが付いている。

a_DSC_0019_20140802094953531.jpg

トカイ アスーには3〜6までランクがあり、高級なものほど甘くなる。
ワイン専門店では最高ランクの6が日本円で7500円くらいだった。
もちろんそんなものは手が届かないので安いスーパーへ。
(イクエは買おうか本気で悩んでいたらしい。恐ろしやあ。)

スーパーでは最高ランクの6は置いてなくて、5でいちばん高いのが5999フォリント(約2800円)。
買うか買うまいかここでも悩んで、最終的には4999フォリント(約2300円)のランク5を買うことに。
いやあ、2300円のワインかあ、我ながら思いきったもんだ。

トカイではアスーではないふつうのトカイワインも造られている。
せっかくなので飲み比べるためふつうのトカイも買うことに。
高級ワインは飲み慣れてないから、ふたりの口には合わないかもしれんしね。
右が2300円の高級トカイ アスー、左がふつうのトカイワイン185円。

a_DSC_0023_201408020950085fa.jpg

素人でも違いは一目瞭然。
色がぜんぜん違う。
トカイ アスーは黄金色、見るからに甘そうだ。

a_DSC_0025_20140802095011bf4.jpg

はたして「王のワイン」のお味は?

あっまああああああい!!

これはワインとは別物だ。
蜂蜜をなめてるみたい。
料理とはまったく合わない、デザート用だな。
トカイ アスーはふつうのワインよりも小さくて500ml入りなんだけど、理由が分かる気がする。
まあ人数にもよるけど、そんな何杯も飲むようなものじゃない。
ちびちびとブランデーのように味わう。
けっしてマズいものじゃないけど、もう十分かな。
ケンゾーは王の器ではなかったってことだね。

こうして書き連ねると、さもアクティブに日々を過ごしたように見えるけど、やったことってレンズを修理に出してブログ書いて食べて飲んで・・・そんなダラダラしてたつもりはないんだけどなあ。
もちろんブダペストの観光もちゃんとしたので明日お伝えしま〜す。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

答え合わせ

王が飲むワインってどんな味がするものでしょうかね?妄想が止まりません
ちなみに自分は3回目のコメントになります、最初は2月25日に”山”の名前です、分かる訳ないでしょうが
最後に日本に帰国されるのはいつ頃になるんですか?レンズと共に無事に帰国される事を望んでいます

No title

今日ブダペストに着きました。
アンダンテに沈没予定です。笑

そんなカウチがあるなら早く言ってほしかったっす!

僕もニコンのカメラが壊れてるんで直そうかなー。
受け取りはどこでしたんですか?

チャラオ さま

王のワインはもはやワインとは別物の味でした。
わたしたちは普通のワインのほうが好きかな。

山の名前?
富士山じゃないし、、、。
ほんとにチャラオなのかお会いして確認したいです。

OGGYへ

念願の沈没おめでとう!笑
お金を使いすぎんようにねー。
センテンドレとかエゲルでカウチ探すのもオススメだよー。
ニコンは専用のオフィスがあって、結局修理に三週間くらいかかって、そのあいだにオーストリア、スロバキア、スロベニア、クロアチアに行った。
作業は早いけど、部品の取り寄せに時間かかったみたいだから、取り寄せがないならすぐできるかも。
行くなら詳しい住所教えるよ。
地下鉄とバスで行くようなちょっと外れたとこ。
非公開コメント