Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

奇人変人それとも天才?

2014.08.02 06:15|スペイン☞EDIT
きょうケンゾーの髪を切ってあげたイクエです。
わたしがヘタだから虎刈りになったのか、それともケンゾーがハゲてきているからか、まだらになってしまいました。

バルセロナはスペインでいちばんの観光地。
みんな何が目的でこの街を訪れるのか。

それはカタルーニャが生んだ偉大な建築家、アントニ・ガウディの作品を観るため。
ちなみにスペイン語ではアントニ・ガウディとなって、カタルーニャ語ではアントニ・ガウディ。
カタルーニャ語がスペイン語と異なるのは、きのうお話したとおり。

ガウディのもっとも有名な建築物はサグラダ・ファミリアだけど、バルセロナの街ではほかにもガウディの作品たちに会える。

ガウディの作品たちは世界遺産に認定されている。

きょうはそんなガウディの建築物を巡る旅におつきあいください。

まずは街を見下ろす丘にあるグエル公園へ。

グエルというのは実業家の名前。
(ちなみにグエルはスペイン語でカタルーニャ語ではグエイ)
この山の手に60戸が建つ新興住宅地を作ることをガウディと計画した人。
グエイ伯爵は、まだそれほど有名ではなかったガウディが1878年のパリ万博に出品したショーケースのデザインに目を留めて、ガウディに自分の家の設計などを依頼するようになった。

そこはこんなふしぎな塀に囲まれていて、こんもりと緑が生い茂る場所。

a_DSC_0133_20140730202058923.jpg

当時工業化が著しく進んでいたバルセロナ。
そんな工業化をよく思わないガウディとグエイ伯爵は、自然と調和して生活できるイギリスの田園都市のような場所をここに作ろうと決意したのだそう。
といっても、1900年当時にそんな「自然と芸術に囲まれて暮らそう」なんて価値観に共感する人なんていなかった。
けっきょく計画された60戸の宅地のうち、売れたのは3軒。
2軒の買い手はグエイ伯爵とガウディというなんとも皮肉な結果に。

a_DSC_0137_2014073020210574f.jpg

2人の価値観がこの時代に受け入れられていたら、この場所に60戸の不思議な家々が建ち並んでいたはずなのに。
そうはならず結局この場所は市の公園として寄付されたんだって。

これが作られたのは1900年から1914年。
1914年と言えば第一次大戦が始まった年だもんね。

それどころじゃなかっただろうし、もしガウディとグエイ伯爵のような考え方が浸透する社会だったらそもそもばからしい戦争なんて起きなかったかもしれないし。

公園の入口に建つ来訪者の待合所と門衛の小屋。

a_DSC_0142_20140730202110765.jpg

シュールレアリスムの巨匠で、溶けたような時計の絵でおなじみの画家サルバドール・ダリはこの建物を見てこう言ったのだそう。

「砂糖をまぶしたタルト菓子のようだ」

その表現にも納得。

a_DSC_0140_2014073020210661a.jpg

公園の主役は「ギリシャ劇場」と呼ばれている大きなテラス。
柱で支えた1階部分は市場に、そして2階のテラス部分はここに住む人たちの憩いの場にする予定だったんだって。
今の時代だったら、こんなすてきな住宅地すぐに売れそうだけどね。

a_DSC_0143_201407302021085d2.jpg

a_DSC_0152_20140730210319cf9.jpg

ちなみにこのギリシャ劇場や公園内の建物の中に入るには入場料がいる。
だけどグエル公園自体は入場無料で、地元の人たちのランニングの場所になっている。
「入場料が高いからサグラダ・ファミリアだけでいいや」って人もあきらめずに、この公園まで足を伸ばしてみて。
外観だけでもガウディの世界観はじゅうぶん楽しめますよ!

丘になっている公園。
鮮やかな花が咲き誇る。
この自然の地形と一体化した、石を重ねた壁のようなものが続いている。

a_DSC_0175_2014073021032130a.jpg

人工物だけど、人工物じゃないような。

100本柱のプロムナード。
雨の日でも住民が濡れずに歩けるようになっている。
海の底に来たような、恐竜のお腹の下を歩いているような気分。

a_DSC_0145_201407302103094ec.jpg

ぐるっとまわって少し丘を登り、ギリシア神殿の裏へ。
人々が集う広場からはバルセロナの街が一望できる。
さらにその奥にはまっさおな地中海。

街の中からにょっきっと出ているサグラダ・ファミリアとクレーンも!

a_DSC_0159_2014073102100769d.jpg

広場の縁はベンチになっていて、不思議なモザイクで飾られている。

モザイクと一体化している人、発見!
たまたまなのか、それとも狙ってこれを履いてきたのか。

a_DSC_0165_201407310211177f9.jpg

さて、次に向かったガウディの建築物はカサ・ミラ
マンションとして建てられたもの。
残念ながら外には足場が組まれて修復中だった。

カサ・ミラの一部は、現在ガウディの博物館になっている。
チケットを求めて並んでいる人の奥に柵が見える。

a_DSC_0335_20140731004647fb3.jpg

柵って冷たいイメージがあるけど、これはなんだかゆらゆらとうごめきそうでやわらかそう。
ガウディのお父さんは銅板を加工して鍋や釜を作る銅細工職人だったんだって。
堅くてまっすぐなものを丸くしていくという父親の手仕事を見ながら育ったんだろうね。

a_DSC_0339_20140731004644764.jpg

カサ・ミラは建設当時はバルセロナ市民から「醜くて変な建物」と見られていた。
家賃も一般市民の月給のおよそ10倍もしたため、なかなか借り手が見つからなかったのだそう。
そのため「三世代に渡って値上げはしない」という契約がなされ、いままでほとんど家賃は変わっていないんだって。
いまでも4世帯が住んでいるらしい。
いちばん下の階はショップになっている。
雑貨店に入ると、中庭が見えた。

a_DSC_0327_201407310046395e8.jpg

カサ・ミラは直線を使わないで建てられている。
波のような砂丘のような。

こんなところで暮らすと、実生活が夢か幻かわからなくなってきそうね。

a_DSC_0329_20140731010225d57.jpg

カサ・ミラから歩いて行ける距離のところにカサ・バトリョと言われる住宅がある。
こんどはどんな建物なのかな。
ワクワクしながら、キョロキョロしながら歩いて行く。

交通量の多い大通りのビル街に、おとぎ話にでてきそうな建物が!

a_DSC_0341_20140731004653e3f.jpg

これは何色って表現したらいいんだろうね。
絵の中でしか表現できないような建物が目の前に存在している。

a_DSC_0347_201407310106440c4.jpg

このデザインが何をモチーフにしているかは諸説ある。
屋根がうろこのようで形が盛り上がっていることから、ドラゴンをイメージしたのでは?なんて人もいるし、屋根が帽子の形をしているという人もいる。
壁にちりばめられたタイルのモザイクは花吹雪をイメージしてると主張している人もいる。
いっぽう、光に反射するモザイクは海の輝きをイメージしたものっていう説もある。

いろんなイメージがわくからおもしろい。

わたしは柱が骨に見えたし、ベランダの部分がドクロのように見えた。

a_DSC_0353_20140731011555038.jpg

確かに「骨」説もあって「骨の家」なんて呼ばれているらしい。
でも、海をイメージしたものでドクロに見えるベランダは「海藻」だと言う人もいる。
海藻と言われれば、たしかにワカメのように見えなくもない。

さあお待ちかね、いよいよガウディの最高傑作とも言われるサグラダ・ファミリアをお見せしましょう。

a_DSC_0307_20140731011418d27.jpg

1882年に着工されたこの教会は、130年経った今も建設途中にあることはあまりにも有名。
複数のクレーンがひっきりなしに動いて、工事を進めている。

a_DSC_0311_20140731011418753.jpg

のんびり作業を進めてるからいつまで経ってもできないのかな?なんて思っていたけど、けっこうたくさんの作業員の人たちが一生懸命働いている。
作業着を着てヘルメットをかぶった日本人女性っぽい人もいた。
きっと世界中から手伝いにきているんだと思う。

a_DSC_0218_20140731011413cf3.jpg

キリストの生誕と幼少期を表した「生誕のファサード」はガウディ自身が完成させたもの。
このやわらかさ。
ガウディはやっぱり変人じゃなくて、まじめに芸術に打ち込む天才だったのかもしれない。

a_DSC_0212_2014073101265022d.jpg

a_DSC_0219_2014073101263973a.jpg

でも、いちばん目立つところにこんな緑のクリスマスツリーみたいなのをつけるところはやっぱり天才と言うよりも奇人?

a_DSC_0209_20140731012658a99.jpg

サグラダ・ファミリアの表面を飾るガウディの彫刻は、スペイン内戦のときにかなり損傷を受けてしまった。
けれど、それが修復されて元のすばらしさを取り戻している。
その修復に一役かったのが、なんと日本人!
福岡出身の彫刻家、外雄悦郎氏。
サグラダ・ファミリアの専任彫刻家。

a_DSC_0210_20140731013636d0c.jpg

だいぶ工事が進んでいるとはいえ、まだまだってところも多くある。
このつるんつるんのコンクリートの表面は、将来どうなるのか想像がつかない。
楽しみでもある。

a_DSC_0205_20140731013638f66.jpg

さて、いよいよ中へ。
と思ったら、サグラダ・ファミリアはスペインでいちばん人気の観光地。
朝早く行ったのにもかかわらず、すでにチケットを求める人の長蛇の列。
列は折れ曲がっていて、並んでいるところからはもはやチケットブースが見えない。

a_DSC_0201_20140731013633204.jpg

入場料は14.8ユーロとお高め。
でも、そんな高さが気にならないほどの息をのむ空間が内部には広がっていた!

サグラダ・ファミリアの外観の写真や映像は見たことある人は多いと思う。
でも、中がどうなってるか知ってる!?

さらに、以前サグラダ・ファミリアに来たことがある人も、その当時からは建設が進んでいるから昔とは違う光景が広がっていますよ。

きょうご紹介しようと思ったんだけど、長くなりそうなのであしたじっくりお伝えします。

ガウディは、変人なのか。
奇人なのか。
それとも天才なのか・・・。

その答えが、サグラダ・ファミリアの内部にありました。

お楽しみに ♪
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

うらやましいです!

サグラダファミリアは僕が世界一周で一番楽しみにしている場所の一つなので、読んでいてすごくわくわくしました!
楽しみをとっておくために次の内部の記事は読まないでおこうかすごく悩んでます。笑
でもきっと気になって読んじゃうと思います!

まさや さま

実は記事のあたまに「近々行く予定の人は読まない方がいいですよ」って注意書きすることにしてるんです。
本気で見ない方がいいですよ!
ちあきさんに見てもらって、感想を教えてもらうのがいいかも。
楽しみは自分のためにとっておきましょう!

楽しみ~(^o^)

No title

サグラダファミリア、ネット予約してったら15秒くらい待っただけで入れましたよ。
あとグエル公園の有料ゾーン、閉園直前には無料で全部解放されてました!

とかどうでもいい情報すみません!!

ただすけへ

サグラダ・ファミリアどうやった?

OGGYへ

ネット予約したらサクッと入場できるのは知ってたけど、面倒くさくてしなかったんよね(笑)

グエル公園の情報は知らんかった!そんな裏技があるとは・・・。貴重な情報ありがとう!
非公開コメント