Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

移民労働者が社会を支えているのかも

2014.07.26 07:24|スペイン☞EDIT
パンツを2枚買ってご機嫌のケンゾーです。
買った夜にさっそく履いたら「新しいのをす〜ぐ履きたがるもんねえ」と妻にバカにされました。
いやいや、履くために買ったのに意味が分からん。
パンツを眺めとってもしゃあなかろうもん。

食べて飲んで世界遺産も観光して、マドリードを大満喫したケンゾーとイクエ。
お世話になったチャミとも今日でお別れ。
4日間も泊めてくれてありがとう。
ルベンと末永く幸せにね!

a_DSC_0437_20140726052157c11.jpg

マドリードではチャミのお世話になったから宿代はかからなかったけど、飲んで食べてふたりにしてはかなり豪遊した日々だった。
でも本来の貧乏旅に戻らないとね。
これからのスペイン旅ではカウチサーフィンをフル活用することに。
移動もヒッチハイク!と言いたいところだけど、スペインでヒッチハイクは厳しい。
ということでフランスで大活躍だった「BlaBlaCar」を利用することに。

BlaBlaCarはカーシェアリングのあっ旋サイト。
使い方も簡単でバスや列車に比べてお得なのでとても便利。
「◯月◯日◯時に〇〇から〇〇に車で行きます。わたしの車に乗りたい方は◯ユーロ払ってください。」と一般の人がサイトに書き込んでいるので、利用者は乗せてもらいたい人を探して連絡するというもの。
ただ携帯電話が必要なことと、言葉の問題がちょっとネック。
チャミに手伝ってもらって次の目的地への車をゲットすることができた。

地下鉄に乗って待ち合わせ場所へ。

「ちゃんと会えるかなあ」。

BlaBlaCarを利用するときは落ち合うまでがドキドキなんだけど、今回はすぐに出会うことができた。
今回の目的地はマドリードからいっきに北上、およそ240km離れたブルゴス
バスだとだいたい17ユーロくらいのところ、今回は1人13ユーロ。

a_DSC_0440_20140726052207eb7.jpg

ブルゴス

新緑に彩られた美しい山々や、茶色い建物がかわいらしい街を車窓から眺めながら車は北へと走っていく。
車だとバスと違ってノンストップなので時間の節約にもなる。

a_DSC_0441_201407260522068b9.jpg

a_DSC_0443_2014072605220212f.jpg

およそ2時間でブルゴスに到着。
今晩お世話になるホストの家の前で降ろしてくれたのでとても助かった。
カウチサーフィンのホストと会うときもちょっと緊張する。
さあて、今回はどんなホストと友だちになれるかな?

マンションの前まで来たのはいいけれど、何号室かわからない!
あいにく携帯電話はつながらない。
悩んだ末、一軒一軒インターフォンを押して確認することに。
でも、インターフォンを押してスペイン語でなんて言えばいいのやら。

大学時代スペイン語の授業を受けていたイクエとはいえ、単位を落としてクラスを留年したくらいなのでスペイン語はまったくできない。

いままでだって、イクエがスペイン語を話している姿を見ていない。

なのになぜかイクエがインターフォンを押して話しだしている!

a_DSC_0444_20140726052208c06.jpg

「エスタ エス カサ デ クリスティーナ?(クリスティーナさんの家ですか?)」

イクエも自分がなぜ急にスペイン語を思い出したのか分からないみたいだけど、人間窮地に立たされたら眠っていた力が発揮されるのかな。

10軒くらいピンポンを押して、最後の階の番号を押したとき。
やっとお目当ての人がでてくれた!

ケンゾーとイクエを笑顔で迎えてくれたのはクリスティーナとベルクイン。

a_DSC_0536_20140726052622700.jpg

ルーマニア人のクリスティーナとペルー人のベルクイン。
スペインは移民大国。
仕事目的でスペインにやってくる外国人は多い。
同じスペイン語圏の南米からベルクインがやって来ているのはよく分かる。
でもなんでルーマニア?って不思議に思ったんだけど、じつはスペイン移民の出身国のトップ2はルーマニアとモロッコなんだって。
モロッコはジブラルタル海峡を挟んですぐ隣だから多いのも納得だけど、なんでルーマニア人が多いんだろうね。
クリスティーナに聞いたら「とにかくルーマニアの国内経済が悪すぎるから」って言ってたけどね。

ちなみにクリスティーナはついこの間までお手伝いさんとして働いていたけどいまはお休み中。
ベルクインはなんとスペイン軍で働いている。
軍の戦車なんかのメンテナンスや修理をするメカニック。
スペイン軍まで移民労働者を雇っているなんて意外だね。
でももうすぐ契約期限が切れるから次の仕事を見つけてビザを取り直さないといけないらしく、それは簡単なことではないみたい。

移民労働者っていうと、劣悪な生活環境で苦労しながらなんとか暮らしているイメージをもっていたけどそんなことはまったくない。
2人は寝室が2つとリビングとキッチンのあるアパートに住んでいて、小さいけど車ももっている。
一般的なスペイン人と変わらないように見える。
そして、こんなふうにケンゾーとイクエを招いてくれてご飯まで用意してくれた。

a_DSC_0531_201407260657505ca.jpg

スペイン人と同じように働いているから、同じような生活水準で暮らしたっていい。
いままで「出稼ぎ」や「移民労働者」に対してもっていたイメージは、こちら側の勝手な固定観念だったのかもしれない。

さっそくクリスティーナに「近くの村に自分のお母さんが住んでるんだけど、とても素敵な村だから行ってみる?」と誘われた。
そりゃもちろん行くよ。
こういう交流があるからカウチサーフィンはいいんだよね ♪

ベルクインの運転でショートトリップ。
街の中心からほんの10分くらい走っただけで周囲にな〜んにもない草原に出た。

a_DSC_0446_20140726052223de9.jpg

a_DSC_0449_20140726052224cf6.jpg

a_DSC_0450_20140726052228f1c.jpg

都会も楽しくていいけど、やっぱり自然がたっぷりあるほうがホッとする。
ヨーロッパは都会でもちょっと郊外に行くと途端に田舎の風景が広がるんだよね。
まあロンドンとかパリは例外で、郊外に出るのも大変だけど。
その点、ケンゾーの故郷の福岡は手頃なサイズで暮らしやすい。
海にも山にも近いし、繁華街もギュッとコンパクトに凝縮されている。
個人的には日本一住みやすい街だと思ってるんだけど、まあ、ケンゾーは福岡から出たことないから説得力はイマイチだね。

きれいな景色の中を走ること45分、クリスティーナのお母さんが住む村に到着。
れんが造りの家が並ぶ小さな村だ。

a_DSC_0453_201407260522271d4.jpg

a_DSC_0456_201407260522292a4.jpg

a_DSC_0465_20140726052303877.jpg

もちろんお母さんもルーマニア人で出稼ぎ労働者。
まずはじめにお母さんが家族を置いてルーマニアからスペインに出稼ぎに来て、そのあとスペインでの生活が軌道に乗ったお母さんに誘われる形でクリスティーナもスペインにやってきたんだって。

お母さんはこの村の高齢者の夫婦の家に住み込んで介護の仕事をしている。
奥さんの方が寝たきりで会話もできないので、介助のほか、旦那さんの食事の用意や家事全般をやっている。
お母さんが働いている介護先の家にお邪魔して、お母さん手作りのリンゴのパイやサンドイッチをごちそうに。

a_DSC_0461_20140726052256dc0.jpg

a_DSC_0462_201407260523005f6.jpg

a_DSC_0464_2014072605230385f.jpg

ケンゾーの2倍くらいあるんじゃないかってくらい背丈も幅も大柄で介護の仕事がぴったりなお母さん。
無口だけどニコニコと笑顔がかわいらしいお母さんだった。
いっしょに写真を撮り忘れたのが残念。

お母さんの仕事はとても大変だと思う。
この集落は田舎で住人のほとんどがお年寄り、しかも15人くらいしか住んでいない。
こんな何もない田舎に住み込み、重労働をするのは簡単なことではない。

ヨーロッパではいま移民の出稼ぎが問題になっている。
スペインも不況で仕事のない若者も多いため、移民労働者を批判する声もある。

だけど実際問題、こんな田舎で住み込みで介護の仕事をする覚悟があるかと言えばそうではない。

クリスティーナのお母さんを雇っていたことに関しても「スペイン人に仕事がないのに、ルーマニア人に仕事を与えるなんて」という意見が寄せられて一度解雇されたのだそう。
そのあとスペイン人を対象に働き手の募集をしたけれどけっきょく応募する人なんていなくて、再びお母さんが雇われたんだって。

ベルクインもスペイン軍で働いているけど、肝心のスペイン人が軍での仕事につきたがらないのかもしれない。
もしくはスペイン人よりも外国人のほうが安く雇えるから、政府が外国人を雇用しているのかもしれない。

今ではこの村ではクリスティーナのお母さんはここの大切な住人として迎えられているし、たまにこの村に遊びにやってくるクリスティーナも地域の人たちから孫のようにかわいがられている。

「近くの畑に野菜を収穫してきて」と頼まれて、収穫しに行くクリスティーナ。

a_DSC_0470_201407260612338cd.jpg

夕陽に照らされ黄金色に染まる村を散歩する。
文字通りなにもない小さな村だけど、この素朴な風景を見られただけで満足だ。

a_DSC_0467_20140726052324889.jpg

a_DSC_0478_20140726052327bbb.jpg

a_DSC_0466_20140726052305491.jpg

そして翌日、クリスティーナがブルゴスを案内してくれることに。
11世紀に誕生したカスティーリャ王国の首都だったブルゴス。
過去の栄華を思わせるに充分な街並み。

a_DSC_0495_20140726052337109.jpg

a_DSC_0492_2014072605233790c.jpg

a_DSC_0514_2014072605250355d.jpg

14世紀に造られたサンタ・マリア門を抜けて旧市街へ。

a_DSC_0498_20140726052415195.jpg

a_DSC_0499_201407260524181cb.jpg

街中ではリュックサックを背負ったトレッキング姿の人たちをよく目にする。
近くの山にトレッキングをしに行くのかな?
ブルゴスってそんなにトレッキングで有名な場所?

a_DSC_0500_20140726052429485.jpg

a_DSC_0526_20140726052614396.jpg

ここなんてトレッカーが行列をつくってるよ。
何事だ?

a_DSC_0515_20140726052500a8b.jpg

じつはこれ、カミーノ デ サンティアゴと言って「サンティアゴ巡礼」をしている巡礼者たち。
ブルゴスは巡礼路となっていて、巡礼者はカテドラルを訪れ、サンタ・マリア門をくぐって西へと歩を進めていく。
ゴールはスペインの西の端、聖ヤコブの墓があるサンティアゴ デ コンポステーラ
年間数万人の巡礼者が、多くは徒歩で数百kmもの巡礼路を辿っていく。
巡礼者たちは巡礼のシンボル、ホタテ貝を身につけている。

a_DSC_0518_20140726052523848.jpg

なぜ巡礼のシンボルがホタテ貝なのか?
「殉教したヤコブの亡骸が船で運ばれてきたとき、船艇にたくさんの貝が付着していた」など諸説あるみたい。
巡礼路には救護施設が点在していて巡礼者は格安で、場合によっては無料で泊まることができるんだそう。

a_DSC_0516_201407260525216bb.jpg

さらに、レストランの中には巡礼者特別メニューなんてものを用意しているところもある。
かなりお得なセットメニュー。

a_DSC_0504_201407260524500df.jpg

巡礼者たちが訪れるカテドラルが見えてきた。
予想以上の大きさに圧倒される。

a_DSC_0497_20140726052336a22.jpg

a_DSC_0501_20140726052424686.jpg

1221年に造られはじめ、346年後の1567年に完成。
セビージャ、トレドのカテドラルに次いでスペインで3番目の大きさを誇っている。
まったく意識してなかったけど、これでスペインのカテドラルのベスト3を制覇したことになる。

a_DSC_0502_20140726052423508.jpg

a_DSC_0505_20140726052459823.jpg

巡礼者をモチーフにした銅像が街のそこかしこにある。
中世の巡礼者はつば広の帽子にマント姿、水筒代わりのひょうたんをくくりつけた杖を持ち、巡礼の証であるホタテ貝を身に付けていたんだそう。

a_DSC_0508_20140726052459972.jpg

a_DSC_0520_20140726052530b0c.jpg

丘のうえにあるブルゴス城跡からはブルゴスの街並みを一望することができる。
高い建物がまったくないブルゴスの旧市街。
カテドラルの尖塔だけがにょきっと突き出ている。

a_DSC_0523_20140726052526056.jpg

a_DSC_0525_201407260526177bc.jpg

赤茶色の屋根で埋め尽くされている旧市街。
カテドラルの下半分が埋もれてるように見える。

a_DSC_0524_20140726052606759.jpg

a_DSC_0521_20140726052527903.jpg

ブルゴスには1泊だけ。
なんだかバタバタとしてしまってクリスティーナとベルクインには申し訳ない。
翌日は一時帰省するクリスティーナ。
なんとスペインから3日くらいかけてバスでルーマニアまで帰るんだって。
そんな時期にお世話してくれてありがとう。

スペイン軍でメカニックとして働いているベルクインからは別れ際に軍仕様の缶詰と帽子をもらったよ。

a_DSC_0550_201407260526470de.jpg

a_DSC_0553_2014072605264801a.jpg

短い時間だったけどありがとう!
ベルクインの故郷ペルーのマチュピチュに行くのがますます楽しみになったよ。

a_DSC_0537_20140726052615729.jpg

ブルゴスを後にしてケンゾーとイクエが向かうのは、スペインの中のもうひとつの国バスク自治州
バスク人が育んできた独特の文化に触れてきま〜す。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

No title

けんぞーさんのパンツを買う前に、イクエたんにスタイリストをやといましょう!
女子力を上げるんだ(((o(*゚▽゚*)o)))

No title

私は東京に20年住んでますが、福岡出身です。
1年に3回は福岡に帰ります。
福岡、最高に住みやすいと思っていますよ、ケンゾーさん。
東京出身も夫もそう言っています。
アメリカにも住んでいましたが、やっぱり福岡でしょ。って夫婦で思っています。

いつもブログを楽しく拝見しています。たくさん世界の事を私たちに教えてくれて、
そしていろんな場所を見せてくれてありがとうございます。
お二人の撮る写真も素敵だし、文章も好きです。

これからも私の知らない世界を見せてください、お体に気をつけて。

ルーマニア移民が多いのはルーマニア語がラテン語系で同じくラテン語系であるスペイン語が覚えやすいというのもあるかもしれません
ルーマニアがある東欧の国はスラブ語系ばかりなんですが、なぜかルーマニアだけラテン系なんですよね
なので同じラテン系という親しみやすさもあるのではないでしょうか

欧州は移動の自由という原則があるせいかどこの国でもたくさんの国の出身者がいて面白いですよね
また去年まではルーマニア人とブルガリア人は欧州の他国で働くには許可証がいたのですが、今年から2カ国の人とも欧州連合国のどこに住もうと働こうと自由になったのでより移民が増えるかもしれませんね
欧州を見てると国とは何だろうと思うこともよくあります
移民のこと、とても興味深かったです

ぱんつさま

そのとおり!
ほんとですよねえ。僕もそれを期待してます。

kaokaoさま

そうですよね!やっぱり福岡はよかとこですよねえ。
この旅が終わって帰国した後も福岡で住むことしかイメージできません。

いつもブログを読んでいただいて嬉しいです。
これからも旅先で見たこと、聞いたこと、感じたことをふたりなりに綴っていけたらなあと思っています。
またぜひ遊びにきて下さい!

ppさま

なるほど!ルーマニア語もラテン系なんですね。とてもしっくりくる解説ありがとうございます!
ヨーロッパを旅しているとパスポートの存在を忘れてしまいます。線引きをすることは、もはやナンセンスな時代なんでしょうね。
非公開コメント