Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ええー!スペインなのにダメなの?!

2014.07.20 05:50|スペイン☞EDIT
自分で前髪ともみ上げを切ったらビックリするくらい変になったケンゾーです。
おとなしく妻に切ってもらえばよかった。
エジプトでちゃんと散髪しよう。

華やかだったフェリアに情熱的なフラメンコ、そして感動的でさえあった闘牛。
満喫したセビージャに別れを告げるはずが、クレジットカードがATMに吸い込まれてしまいもう1泊するハメになってしまったケンゾーとイクエ。
まあしょうがないけど、これがフライトを翌日に控えてたりしたら大ごとだった。

日曜日にもう1泊して翌日の月曜日。
銀行が開くのは8時15分という中途半端な時間。
開店時間前でも対応してもらえるかもしれないので、早起きしてちょっと早めに銀行へ。
だけどね、対応どころか行員がまだ1人も出勤してないんだよ。
開店まであと20分なのに。

10分前になってようやく1人ご出勤。
女性の行員に事情を説明すると「あ〜、はいはい」って感じでもうちょっと待つように言われた。
この感じだと、きっとカードが出てこなくなることはしょっちゅうなんだろうな。

銀行を開ける時間になろうとしたとき、ぞくぞくと行員が出勤してきた。
日本みたいに早めに出勤する必要はなさそう。
ケンゾーとイクエがガラス越しに中をうかがいながらじっと見ているけど、無視している。
8時15分になって、ようやく対応してくれた。
時間以外にちょっとでも働くことは、嫌なんだろう。

ATMに近づく行員。
そして1分もしないうちに、後ろからカードを取り出した。
手には2枚のカード。
一枚はケンゾーのカード。
ほかのひともこの土日に吸い込まれる被害にあっていたようだ。

「パスポート」と言われて渡すと、名前を確認しただけで「はいよ」って感じでカードを返してもらった。
面倒な手続きもなくすぐに手元に帰ってきたのは嬉しいけど、わざわざ延泊までしたのにあまりにもあっという間すぎてなんだか複雑な心境。

まあ、何はともあれ無事にカードが戻ってきてよかった。
予定より1日遅れで次の街へ出発だ。
次なる目的地はグラナダ。

グラナダ

セビージャではホテルも高かったし、フラメンコや闘牛にけっこうお金を使った。
しかも予定外の延泊まで。
このあともスペインではけっこう出費がかさむことが予想されるので、なんとかお金を節約したい。
となると・・・ヒッチハイクやっときますか!

ケンゾーとイクエがはじめての国でヒッチハイクをするときには『 HITCHWIKI 』(http://hitchwiki.org)というサイトを参考にしている。
このサイトには世界各国のヒッチハイクの傾向と対策や、お奨めのヒッチポイントが載っているのでとても便利。
モロッコで出会ったドイツ人のバックパッカーに教えてもらった。

hitchwiki.jpg

観光大国、陽気で人懐こいスペインはヒッチハイク楽勝なんじゃない?とのぞいて見ると・・・。
『スペインではヒッチハイクは一般的なものではなく、外国人しか行なっていない。しかし、親指を立てるサインはヒッチハイクだと理解している』

ガーン!
まさかのスペインでヒッチハイクが厳しいなんて。
出会ったスペイン人はみんな優しくてノリがよかったのに、信じられない。
とりあえず1回トライしてみよう。
意外と拍子抜けするほど簡単にゲットできるかもしれないしね。

セビージャからグラナダまではおよそ250km。
まずは市街地からバスに乗って郊外のハイウェイの入口へ。
HITCHWIKIには、どこでヒッチハイクポイントがしやすいか地図で説明されているし、ヒッチハイクポイントまでの行き方も細かく説明してある。

a_DSC_0001_20140720050126147.jpg

ハイウェイは車を止めるスペースがなくて危険なので側道でチャレンジ開始。
木陰に立ってはいるんだけど暑くてたまらない。
短期決戦、さあ止まってくれ!

a_DSC_0003_20140720050120b93.jpg

a_DSC_0004_20140720050136134.jpg

・・・・。
あっという間に30分が経ってしまった。
こちらにまったく見向きもせずに通り過ぎる車ばっかり。
やばい、止まる気がまったくしない。

こうなったら必殺の技を使うことに。
紙に「グラナダ」と途中の街「マラガ」と書いてドライバーにアピール。
たのむ、止まってくれ〜!

a_DSC_0006_20140720050128737.jpg

・・・・。
ふたりの願いむなしくさらに45分が経過。
炎天下の中立ち続けた疲れ。
車が止まらない精神的ショックでイクエの顔が見てられなくなってきた。

a_DSC_0005_20140720050126f61.jpg

だめだ、もうレフリーストップ。
これ以上続けたらイクエが干涸びておばあちゃんになってしまう。
スペインでのヒッチハイクはあえなくノックアウト。
ふたりとも傷心しきって市街地へと戻るバスに乗った。
けっきょく往復のバス代5.6ユーロ損してしまった。
もう溜め息しかでない。

バスターミナルでグラナダ行きのバスに乗る。
セビージャ 〜 グラナダは1人22.59ユーロ。

a_DSC_0007_2014072005020031f.jpg

出発して3時間、雪を被った山が見えてきた。
シエラ・ネバダ山脈だ。
グラナダはその裾野に広がる街。

a_DSC_0009_20140720050156a2f.jpg

ケンゾーとイクエにはひとつ気がかりなことが。
グラナダには2泊する予定ですでにネットでホテルは予約済み。
だけどセビージャの滞在が1日延びてしまってグラナダ滞在がずれてしまった。

延泊が決まった時点ですぐにホテルに変更依頼のメールを送って、さらにセビージャのホテルのスタッフに電話までかけてもらって宿泊日の変更を伝えてもらっていた。
キャンセルするわけじゃなくて1日ずらすだけだから大丈夫だろうと思ってたんだけど、きょうになって予約サイトのBooking.comからキャンセル料として宿泊費全額カードから引き落としたというメールが送られてきたんだよね。
Booking.comにもキャンセルじゃなくてちゃんと泊まりますってメールで説明したんだけど、当のホテルが追加料金なしでちゃんと泊めてくれるかどうかが気がかり。

a_DSC_0232_20140720050523969.jpg

結果的には、追加料金を払う必要なく泊まることができた。
「HOSTAL NEVOT」
ツインルーム1泊19ユーロ
バス・トイレ付き Wi-Fiあり キッチン・朝食なし

グラナダの町並みもとても美しい。
ブティックや靴屋さんがとても多く、人々の購買意欲もとても旺盛。
店の紙袋を両手にぶら下げた女性たちが街を行き交っている。

a_DSC_0019_20140720050252c0d.jpg

ブティックやレストラン、パブが軒を連ねる路地を抜けるとカテドラル(大聖堂)が姿をあらわす。
1518年に建てられはじめるまではここにモスクが建っていたんだそう。

a_DSC_0020_201407200502513a4.jpg

a_DSC_0021_20140720050319084.jpg

ゴシックやルネッサンスなどいろいろな様式がミックスされたカテドラル。
ところどころイスラム様式も残っているんだそう。
素人にはよく分かんないけどね。

a_DSC_0025_20140720050316c89.jpg

a_DSC_0029_2014072005033086b.jpg

a_DSC_0034_20140720050333a0e.jpg

グラナダはイベリア半島でのイスラム最後の砦だった場所。
711年にイスラム国家だったウマイヤ朝がアフリカ大陸からジブラルタル海峡を越えイベリア半島に上陸し、イベリア半島のイスラム化を進めていく。
イスラム勢力に対抗し、イベリア半島を取り返そうとしたキリスト教勢力の活動がレコンキスタ(国土回復運動)。

11世紀以降イスラム勢力は衰退していき、南へ南へと追いやられていく。
そしてイスラム最後の王朝ナスル朝の拠点となったのがここグラナダ。
しかしこの地で2世紀以上踏みとどまるも1492年にグラナダ陥落、レコンキスタが達成された。
グラナダからイスラム教徒が追放されモスクは教会へと作り替えられるも、イスラム様式の町並みは壊されることはなかった。
今現在も街のそこかしこに残るイスラム建築が、イスラム国家だった面影を静かに伝えている。

a_DSC_0038_20140720050330239.jpg

a_DSC_0039_20140720050410593.jpg

a_DSC_0040_201407200504049aa.jpg

a_DSC_0043_20140720050412892.jpg

グラナダの街の散策は小さなダーロ川沿いがおすすめ。
アルバイシンと呼ばれるこの地区はグラナダでいちばん古い町並みが残っている。
川の両側に古くてかわいい建物が建ち並び、中世そのままの世界を楽しむことができる。

a_DSC_0236_20140720050527184.jpg

a_DSC_0241_201407200505516f3.jpg

a_DSC_0242_20140720050548280.jpg

川のほとりから上を見上げれば、イベリア半島におけるイスラム芸術の最高傑作と呼ばれているアルハンブラ宮殿の姿が。

a_DSC_0243_20140720050550b25.jpg

a_DSC_0245_201407200505520d5.jpg

ここから眺めるとちょっと無骨な感じに見える。
アルハンブラ宮殿はあした詳しくお伝えします ♪

やがて日が暮れて夜の帳が下りてきた。
グラナダは夜も楽しみがいっぱい。

a_DSC_0010_20140720050159769.jpg

a_DSC_0208_20140720050444f76.jpg

a_DSC_0202_2014072005040626a.jpg

a_DSC_0200_201407200503596b8.jpg

スペインの夜と言えばバル巡り。
なかでもグラナダのバルはとても有名。
飲み物を注文するとタパスと呼ばれるおつまみが無料で付いてくるのだ。
しかもそのつまみのクオリティーがなかなか高いんだそう。
コミカルなキャラクターが目印のバルに入ってみる。

a_DSC_0215_20140720050445c2b.jpg

a_DSC_0217_20140720050451c21.jpg

ケンゾーはビール、イクエはサングリアを注文。
ほんとにタダで食べ物が食べられるのかちょっとドキドキだったんだけど・・・

a_DSC_0219_2014072005045688d.jpg

a_DSC_0218_201407200504526c9.jpg

ちゃんと出てきたよ!
バゲットの上に生ハムとチーズ。
これは1人に1つずつってことだね。
ケンゾーだけ飲み物のおかわりを頼んだら・・・

a_DSC_0221_201407200505133cf.jpg

今度はパンに豆と生ハムを挟んだタパスが1つやって来た。
なるほどね、店によってタパスの種類も違うだろうからはしごをしていったら楽しいだろうね。

a_DSC_0223_20140720050522e4f.jpg

ケンゾーとイクエも2軒はしごしてバル&タパス巡りを楽しんだ。
でもね、やっぱりおつまみはおつまみでしかない。
居酒屋の突出しをいくつか食べたってお腹いっぱいにはならないよね。
タパスが無料でサービスされるものの飲み物1杯2ユーロくらいはするので、お腹を満たすほど注文するとなれば結果的にそれなりの値段になってしまう。
けっきょく帰りにスーパーでインスタントラーメンを買って、マグカップと電気コイルを駆使して夜食を作って食べることに。

a_DSC_0228_20140720050519463.jpg

タパスでお腹を満たすつもりで行くのはやめた方がいいかな。
あくまでもつまみ、おまけ程度に思ってた方がいいと思うよ。
きょうは朝早くから大変だったね。
イクエはヒッチハイクのとき顔がおばあちゃんになりかけてて心配したけど、酒を飲んでラーメン食べて明日は復活だ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

よかったです!

クレジットカード出てきてよかったですね!

ヒッチハイクのサイトがあるってこと、初めて知りました。
いつか僕もヒッチハイクにチャレンジしてみようと思います!

ちなみに僕は昨日相方に前髪を切ってもらったらカリメロみたいになりました。
次は自分で切ります。

No title

クレジットカード返って来て良かったですね!!
スペインの街並も綺麗で食べ物も美味しそう!!

ヒッチハイクサイト英語ですが見てみます。
ありがとうございます!!

まさやさま

コメントありがとうございます!

今まではなんとか無事にカードが手元に戻ってきたからよかったです。フライト直前だとかなりヘコみますよね。お互いに吸い込みには気をつけましょう!

イランは僕たちも旅して大好きになりました。イランでいい思い出がたくさんできたようで、なんだかとても嬉しいです。
引き続きトルコも楽しい旅になることを願ってます!

カエルさま

ケロケロ〜!
おかげさまで無事にクレジットカードと感動の再会を果たすことができました。これもひとえに、カエルダッシュのお二人のおかげです。ありがとうございます!
非公開コメント