Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

モロッコのオアシスのような日本人宿

2014.06.22 06:53|モロッコ☞EDIT
妻が膀胱炎になってしまったケンゾーです。
病院に行って薬を処方してもらったのでひとまずホッと胸をなでおろしてます。
でも痛みで一睡もできなかった妻を横目に爆睡。
ごめんよ、イクエ。

千年以上の歴史があり、世界最大の迷宮都市と呼ばれている旧市街よりも、ぶっ飛んでいたベルベルヒッピーたちの印象しか残らなかったフェズ。
連日寝不足で心身ともに疲れてしまったので田舎に逃げることに。

観光客と土産物でごった返すメディナのメインストリートを抜けてバスターミナルへ。

a_DSC_0183_201406220616595a8.jpg

今回モロッコではじめて夜行バスに乗ることに。
ほとんどリクライニングできないうえ、かなり狭い。
39歳と33歳の体には堪えるけど、これを乗りきればオアシスが待っている。

a_DSC_0187_20140622061657d07.jpg

ケンゾーとイクエが向かっているのはモロッコ中央の南部、アルジェリアとの国境に近いティネリールという街。
フェズからティネリールは民営バスで147ディルハム(約1875円)。
荷物代は1人5ディルハムでよかった。

ティネリール

体はバッキバキだけど、意外と眠ることができた。
たぶん今までヒッピーのアジトで寝不足だったから。

朝7時、白みはじめた窓の外。
バスは「これぞモロッコ」というような景色の中を走っていた。

a_DSC_0192_20140622061657968.jpg

どこまでも真っすぐに延びた道をかっ飛ばしていくバス。
まわりは見渡す限り何もない砂漠なんだけど、ときどき急ブレーキをかけてバスが止まる。

a_DSC_0196_201406220616598b1.jpg

おっちゃんどこからやって来たの?
いつから待ってたの?
ちゃんとバスが来てよかったね。

太陽が昇ると寒かった車内が一気に暑くなる。
でも砂漠を見るとなんかテンション上がるんだよね。
車窓から眺めてるだけでワクワクしてくる。

a_DSC_0199_201406220617017d5.jpg

朝8時ティネリールに到着。
最終的な目的地はここからおよそ13km北にあるティズキという集落。
小さな集落なんだけど、ここに日本人宿があるのだ。

ティズキまではミニバスかグランタクシーで30分くらい。
郵便局の前にある乗り場からグランタクシーに乗ることに。

a_DSC_0204_2014062206171581e.jpg

シャウエンや海岸沿いの街以外では、グランタクシーはだいたいベージュ色。
ほとんどがボロボロのベンツ。
これにドライバー以外に客が6人乗る。
ていうか、6人客が集まらないと出発しない。
日本だとドライバー入れて5人のところを、こっちでは2人も多い。
むりやり後部座席に4人、助手席に2人乗る。

ティネリールからティズキまで1人7ディルハム(約90円)。
ふつうのセダンの車に大人7人がぎゅうぎゅう詰め。
イクエの2人ぶんくらいありそうなおばちゃんたちと一緒になったらまあ最悪。

a_DSC_0208_201406220617143e6.jpg

客が集まるまで1時間くらい待って出発。
黒煙を吐きながらグランタクシーが山を登っていく。
眼下に見下ろすティネリールの街。

a_DSC_0515_20140622061822dd1.jpg

a_DSC_0516_20140622061835316.jpg

a_DSC_0210_20140622061716876.jpg

こうして見るとティネリールがオアシス都市っていうのがよく分かる。
茶色い山、茶色い地面、茶色い家と鮮やかな緑のコントラストがくっきり。

小さな集落ティズキに到着。
ドライバーに「ティズキのアーモンド」って言えばホテルの前で降ろしてくれる。

a_DSC_0214_201406220617189ed.jpg

ここがノリコさんがやっている日本人宿「メゾン ド アーモンド」
ロッククライミングをしている忍者の女の子の看板が目印。

a_DSC_0216_201406220617197ac.jpg

a_DSC_0217_201406220617354af.jpg

中に入ると癒しの空間が広がっている。
ゴロンと寝っ転がられるスペースが多いのが嬉しい。

a_DSC_0219_20140622061735b12.jpg

a_DSC_0227_2014062206175616e.jpg

ベランダからはダイナミックな景色を眺めることができる。
くっきりと色分けされていてどこかの国旗みたい。

a_DSC_0226_20140622061756475.jpg

a_DSC_0222_20140622061738a4b.jpg

よく見ると伝統的な土壁の家が並んでいる。
茶色い岩肌と完全に同化しちゃってるね。

a_DSC_0223_201406220617402a5.jpg

日射しが厳しい昼間でも風が通るこのベランダは涼しくて快適。
ここで本を読んだり昼寝をしたり・・・。
フェズでくしゃくしゃになった心のリフレッシュにはもってこい。

a_DSC_0220_20140622061736b31.jpg

ノマド(先住の遊牧民)の女性が作っているポーチや巾着、スカーフなども展示・販売されている。
カラフルでかわいくて値段もお手頃。
お土産じゃなくて自分用にぴったり。

a_DSC_0228_20140622061757158.jpg

宿代は1泊1人70ディルハム(約900円)。
もちろんWi-Fiもあるし、「歩き方」や日本語の本もたくさんある。

a_DSC_0231_20140622061759215.jpg

夕食は50ディルハム(約640円)、朝食は20ディルハム(260円)。
ここに来るなにが楽しみだったかって、ノリコさんが作る夕食!
噂では(ほかの人のブログ)美味しい和食が食べられるって聞いてたんだけど・・・

a_DSC_0242_20140622061821cdf.jpg

鶏の唐揚げ!!
炊きたての白ご飯と味噌汁付きー!!
あ〜も〜気絶しそう。

a_DSC_0241_20140622061800c2d.jpg

つぎの日はいわしのそぼろ丼!!
甘辛いタレが食欲をそそる!

a_DSC_0353_2014062206465463c.jpg

なんとこの日は肉じゃがまで!!
ダシがちゃんと利いてて失神寸前!
日本人でよかった〜。

a_DSC_0356_20140622064654229.jpg

毎日たくさんのフルーツもついてて言うことなし!

a_DSC_0243_20140622064651e55.jpg

a_DSC_0357_201406220646551a7.jpg

朝食はタジンで焼いた卵焼きのようなもの。
卵がふわふわでパンとの相性はばっちり。

a_DSC_0258_20140622064651aba.jpg

かわいいランタンが部屋を優しく照らす夜。

a_DSC_0247_201406220618181be.jpg

a_DSC_0249_20140622061819bee.jpg

ベランダから夜空を見上げると、びっくりするくらいの星が瞬いていた。
これは沈没要注意の宿だな。

a_DSC_0255_201406220618202ab.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント