Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ゆる〜い旅でもいいじゃない

2014.06.15 05:37|スペイン☞EDIT
夫が「まるで保育園児みたい」とかわいく見えることもあれば、「まるで年とったおじいちゃんだ」と年寄りにしか見えないこともあるイクエです。
このまま40年経っても、夫が子どもっぽく見えることもあるのでしょうか。

ポルトガルに来るつもりはなかったイクエとケンゾー。
なぜじゃあわざわざイギリスから飛行機でポルトガルにやってきたのか。
それは、飛行機代が安かったから!
(でも、ロンドンで空港を間違えるという失態をおかしたので航空券を新たに買いなおし、前に買ってた分のチケットの払い戻しも受けられず大失費に。結果的には直接モロッコに飛んだほうが安かったことに・・・。)

イギリスの次はモロッコの予定だったんだけど、安い航空券を検索していたら「ポルトガル安いね」「でも、ポルトガルからどうやってモロッコに行く?」「陸路でスペインに入ってそこからフェリーで行けるよ」という会話になって、急きょポルトガルに行くことにしたのだった。

旅をしていてよくほかの人から「どうやってルートを決めるんですか?」「次の行き先はどうやって決めるの?」と聞かれる。
その答えは「航空券が安いところ!」
もちろん、昔から行きたかったところには航空券の値段なんて関係なく行くことにしているけど、だいたいは「ねえ、つぎどこの国に行く?」「ここから安く行けるところを調べてみるか」という流れでインターネットで調べて決めている。

今回もそうだった。

直接飛行機でモロッコに行かないことになったので、回り道になっちゃうけどそれも旅の醍醐味。
ルートは
イギリス(飛行機)→ポルトガルのファロ(バス)→スペインのセビージャ(バスを乗り換え)→スペインのアルヘシラス(フェリー)→モロッコのタンジェ

きょうはファロからアルヘシラスまでいっきに陸路で移動。

アルヘシラス

ポルトガルのリゾート地にはなっているものの、閑散としているファロの街。
海もあって、昔の街並みも残っている観光地なのに、のどかでゆる~い感じだったな。
ヒマな街と言えばそうだけど、こんなゆる~い街でゆる~く過ごしてリフレッシュするのも悪くないと思う。

同じ宿に70歳を過ぎたイギリス人のおばあちゃんが泊まっていた。
そのおばあちゃんはポルトガルの南部の港町が大好きで、毎年来ているのだと言っていた。
特に何をするわけでもない。
好きな時間に起きて、ゆる〜く街を探索して、市場に買い出しにでかける。
そして宿のテラスでひとりワインのボトルをあける。
昼寝をする。
夕方になる。
1日がゆる〜く過ぎていき、幸せなゆる〜い日常が積み重なっていく。

a_DSC_0546_20140614093638edf.jpg

日本人だと旅行でもあくせく朝から晩まで観光しちゃうけど、こんなふうにゆるゆるな旅を楽しむのも悪くないなあって思う。
というか、ゆるゆるな旅ができる技をもっていてさすがだなあと思う。

大航海時代の先駆者だったポルトガル。
かつては積極的に世界に進出し、さまざまな場所に植民地をつくってきた。
勢いのあったポルトガルは、日本の文化にも影響を与えた。
種子島に鉄砲を伝えたのもポルトガル人だし、フランシスコ・ザビエルもポルトガル王の命令で派遣され日本にキリスト教を伝えた。

そんな世界一目立っていたポルトガルが、いまでは影の薄い存在になっている。
そう思うと、このファロも哀愁漂う街に見える。

バイバイ、ポルトガル。

バスターミナルへと歩き出す。

a_DSC_0005_201406131751407e5.jpg

今回、イクエとケンゾーはポルトガルを旅程に入れるつもりはなかった。
「ついでだから行っとくか」というノリで来た。
しかも、立ち寄るのはファロの街だけ。
さらに滞在は2泊だけ。

ごめんね、ポルトガルちゃん。
でも、過去の栄光にすがらずマイペースでゆる〜くやってるところ、好きです。

ポルトガルのくせに(失礼!)バス代はイギリスよりも高い。
ファロからスペインのセビージャまで4時間の移動でひとり18ユーロ。
ポルトガルのくせに(失礼!)座席は立派で快適。

a_DSC_0007_20140613175148a24.jpg

ゆるゆるな雰囲気のいくつかのさびしい街を通り抜け、ゆるゆるな田園風景を車窓から眺めながらバスはスペインへと向かう。

ポルトガルとスペインの国境はこの川。
橋を渡るとスペイン。
スペイン側には建物がたくさん建っていて、もはやゆるゆるではない!

a_DSC_0010_20140613175144c4d.jpg

EU圏内なので、パスポートチェックもないしバスが国境で一旦停止することもない。

きょうの目的地はスペインの南部の港町アルヘシラスだけど、バスをセビージャで乗り換えないといけない。

しかもセビージャには大きなバスターミナルが2つあって、到着したターミナルとアルヘシラス行きのバスが発着しているターミナルは別だった。

路線バスでアルヘシラス行きのバスが出ているプラド・デ・サン・セバスティアン・ターミナルへ移動。

a_DSC_0023_3.jpg

スペイン人ってなんか明るくて楽しそうで、そして優しい!
頼んでもいないのに、バックパックを背負ってるよそ者のわたしたちを見て「どこに行くの?」「あのバスに乗るのよ」とか、バスに乗ったら乗ったで「あなたが降りるバス停はあと2つ先よ」なんておばちゃんたちが大声で教えてくれる。
とても優しくてありがたいんだけど、全部スペイン語。
なんのためらいもなく、スペイン語でまくしたてられる。

わかったふりをしてニコニコして「グラシアス(ありがとう)、グラシアス」を連発することしかできないわたしたち。
スペイン語は無理だけど、わかったふりして、笑顔で取り繕って、感謝することは得意。
だって、日本人ですから。

路線バスを降りると、ヘンな集団が目に飛び込んで来た!
なにあの人たち!?

a_DSC_0028_201406131751469b4.jpg

写真は女性陣しか撮ってないんだけど、となりにこのおばさまたちの夫とおぼしき男性陣もいた。
ちなみに男性陣は黒いスーツ姿。

じつはこの時期セビージャは聖週間。
セマナ・サンタと呼ばれる宗教行事が行われている。

教会からマリア像やキリスト像が出されて、おみこしにのせられて街を練り歩く。
信者たちはこんな黒い格好で正装するんだって。

a_DSC_0030_20140613175212430.jpg

アルヘシラスに行くべく、次のバスに。
バスには往復割引がある。
帰りの便は日付を指定しないオープンタイプのものにした。
セビージャ 〜 アルヘシラス往復で32.95ユーロ。
やっぱり西ヨーロッパって移動費が高い。
きょうのバス移動だけでひとりおよそ35ユーロ(約5000円)も使ってしまった。
いまやLCCの安い飛行機を利用するほうがお得かも。

a_DSC_0031_20140613175216768.jpg

イギリスからいっきにスペイン南部に来ると気候がまったく違う。
日差しが強くて、まぶしい。
春を通り越して夏という感じ。

菜の花が満開なのが、かろうじてまだ春であることを教えてくれる。

a_DSC_0042_20140613175216e3a.jpg

風力発電の風車がずっとずっと続いている。
いろんな角度に向けて立てられていて、必ずどれかは風を受けてまわっている。

風車を巨人と間違えて戦うドン・キホーテのお話の舞台はここスペイン。
昔ながらの風車はほとんどないけど、いまではこの巨大な真っ白い風力発電の風車があちこちにある。
ブンブンブンと勢いよくまわる巨大な風車は、人間が太刀打ちできない怪物のよう。
「たしかにこれだったら、巨人に間違ってしまったのもわかる気がする」
大きな白い巨人を窓から見上げながら、ケンゾーと話す。

a_DSC_0036_20140613175215732.jpg

この白い巨人の群れは、どこまで続くんだろう。
何百本、いや何千本も見てきた。
スペイン全体でいったい何本の風車があるんだろう。

スペインでは電力供給源のトップが風力発電なんだって!
全体の21.1パーセントを占める。
これに対して原子力発電は20パーセント。
風力のほか水力や太陽光などを入れると再生可能エネルギーが生み出す電力は全体の40パーセントで、原子力発電の2倍。
ちなみに日本の再生可能エネルギーの割合はたったの10パーセントくらい。
スペインの割合の4分の1。
少ない!!

車とか電化製品とか「日本製ってすばらしいね」っていつも海外の人に褒められる。
日本って世界に誇る技術をもっているんだから、新エネルギーの開発や発展のために世界をリードできるはずなんだけど・・・。

a_DSC_0056_20140613175309096.jpg

しばらくすると風車がなくなって、視界に海が見えてきた。

「あ、海だ!」
「えっ!なにあれ?」

a_DSC_0052_20140614170912bb6.jpg

何かが飛んでいる。
色とりどりの凧?
でも、凧にしてはあまりにも大きい。
パラグライダーにしては小さい。

ケンゾーが思いついたように言った。
「カイトサーフィンだ!」

カイトサーフィンは、サーフィンみたいにボードを使って波に乗るんだけど違うところは凧の力でひっぱってもらうこと。
ふつうのサーフィンよりもその分楽に自由に動けるらしい。

a_DSC_0053_20140614170912d2b.jpg

風車もあれば、カイトサーフィンのメッカでもある。
ここは風がよく通る場所なのだろう。
たしかに街路樹を見ると、風を受けて枝がゆさゆさと揺れている。
「風の丘」なんて名付けたくなる。

進行方向右手の海ばかり見ていたら、左手でもおもしろいスポーツに興じている人がいた。

ウィンドサーフィンみたいだけど、やってるのは海の上ではない。
これ、なんて言うんだろう。

a_DSC_0054_20140613175310b6d.jpg

風にまかせてクルクル草原の上を走り回っている。
これならわたしにもできそう。

バスは菜の花が一面に咲く丘の間を縫うように走ったり、海沿いを進んだり、山を越えたり。
くねくね道を登りきると、さっきまで横目で見ていた海が眼下に見えるようになった。
海を見下ろすと、海の向こうに島が見える。

a_DSC_0059_201406131753129b8.jpg

霞んでいる海はまるで空のよう。
島はまるで空から突き出した山脈みたい。

これは対岸のモロッコなのか、それともこの辺りの半島なのか。
なにかわからないけど、そのぶん蜃気楼のようでとても幻想的。

a_DSC_0060_20140613175313ffe.jpg

スペイン南部の独特の景色に明るい気持ちになりながら着いたアルヘシラスの街。
モロッコへのフェリーは明日の早朝。
今夜はこの街で1泊。

a_DSC_0063_2014061317533668a.jpg

アフリカへの玄関口とあって、ヨーロッパらしさがあまり感じられない。
アジアや中東にある安宿街も、この街にはある。
ヨーロッパを旅するときはだいたいホテルはインターネットで予約したり、あらかじめ決めているけど、この街では決めてない。

「安宿街に行けばなんとかなるかな」
そんなふうに宿を探すから、ほんとにヨーロッパじゃないみたい。

そして1軒目で即決。
本当は即決するつもりはなくて、いくつか見てから相場を調べて決める予定だった。
ダブルは「25ユーロだよ」っておじさんが言うから「わかりました。またほかも見てきてちょっと考えます」って言ったら「小さいベッドでいいなら20ユーロでいいから!」って引き止められた。
「じゃあ、ここにしようかな」ってことに。
こんなやりとりがあるのもヨーロッパっぽくない。

決めた宿はここ。
HOSTAL LA PLATA

a_DSC_0071_20140613175340a30.jpg

「狭いベッドだけど、安くしてあげるから」っていわれた部屋はほんとに狭かった。
これ、ぜったいダブルルームじゃなくてシングルだよ。
まあ、1泊だしあしたは夜明け前にフェリー乗り場にいかなきゃいけないからいいか。

a_DSC_0072_2014061417091357c.jpg

アルヘシラスの街は、ポルトガルのファロにひきつづき活気がない。
どうしちゃったの?っていうくらい、街が閑散としている。
でも、日本の田舎にもこんな商店街はあるよね。
シャッター商店街。
スペインでも同じことかも。

a_DSC_0065_20140613175338944.jpg

一応、街の中心地って言われる広場に行ってみた。
たしかに人は多いけど、なんかみんな特にやることもなくまったりしている。
ファロ同様、ゆる〜い感じ。

a_DSC_0067_20140613175338477.jpg

こんなゆる〜い街で緊張感なく過ごしたけれど、いよいよモロッコ。
旅行者も多い観光大国だけど、アフリカ。
ゆる〜いままだとダメ。
気を引き締めないと!

翌朝。
まだ真っ暗な中、フェリーターミナルへ。
暗いうちに港をめざすっていうのがちょっとワクワク、冒険心を引き立てる。

イタリアのシチリア島からチュニジアに船で渡った時も夜中だった。
思い出すなあ。

a_DSC_0073_201406131753588bd.jpg

チュニジアに続いて、2回目のフェリーでのアフリカ上陸。

モロッコと言えば「世界三大ウザい国」のひとつ。
「世界三大ウザい国」というのは、観光客からお金を取ろうとつきまとっては話しかけたり騙したりする人が多く、旅人が「ウザい!」と感じる3つの国。
ほかの2つはインドとエジプト。
インドは3か月旅したから、免疫はついている。
でもエジプトにはまだ行ってない。
イクエとケンゾーにとっては三大ウザい国の2か国目となるモロッコ。

a_DSC_0076_201406141709153c5.jpg

果たして、モロッコのウザさはインドを越えるのか!?
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

スタンプについて質問です

こんにちは、いつも楽しく拝見させていただいてます^_^
質問なのですが、お二人はシェンゲン国→イギリスとアイルランド→シェンゲン協定国を回ってますがその際、入国でスタンプは押されましたか??
モロッコ、、私にはちょーウザい国でしたー笑でも楽しかったので、お二人も楽しんでくださーい

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はな さま

ヨーロッパはシェンゲン協定があるからややこしいですよね。
スタンプはイギリスの出入国のときだけで、アイルランドではスタンプをもらっていません。
だからパスポートを見ると、アイルランドに行った痕跡がないんです。
ちなみにアイルランドの入国はバス、出国はフェリーでしたが、入管そのものがなくてスルーでした。

参考になります

こんばんは!
はじめまして。1月30日から、ちょうどお二人と逆周りの旅をします。
モロッコのマラケシュからサハラ砂漠に行き、メルズーガからそのまま
マラケシュに戻り、飛行機でリスボンに行けばいいかな。と安易な?ことを
考えていました。
数日前、旅慣れた友人にそれを話すと、「なんてもったいない!」
「メルズーガからフェズに出て、そこからタンジェーアルヘシラスと海峡をわたらなきゃ!」
と激怒されてしまいました。
しかし、この切羽詰まった時期に...とはおもいながら、本当は行きたかったファローサグレス
に行き、それからリスボンに行こう!とは思いながらさて、どうやって行こうかと格闘中です。
お二人のこの情報を参考にさせていただきます。
さらなる情報がございましたらご教授いただければ幸いです。
バスの本数などはそれぞれいかがなものでしょうか?

ひろし さま

長期旅行者からしたら、せっかくその国に行くんだからいろんなところに行かないともったいないと思います。
でも時間に限りがあるのなら、有る程度の取捨選択は必要です。
よく外国人と日本人の旅のスタイルの違いを感じますが、外国人はひとつかふたつの街にじっくりと滞在し、ゆったりした時間を過ごします。
日本人はとりあえず有名な観光地に行って、ガイドブックに載っていた景色を自分の目で見て、行ったという証拠写真を撮ったら、次の街へ移動、という忙しいスタイルが多いですね。
ときどき、そのことを外国人にバカにされますが、価値観や休暇システムに違いがあるからしょうがないと思います。
旅で何を大切にするかは人それぞれなので、ご自分でご判断を、としかアドバイスできませんが、わたしたちはモロッコの自然に魅了されました。
砂漠に渓谷、湖に緑の山々。
モロッコとポルトガル、どちらかに絞るのもありだと思います。
もしモロッコで砂漠とマラケシュだけ自分は見られればいいと信念をもってるなら、誰になんと言われようとそれを貫いていいと思います。
バスはありますが、人気路線はすぐに埋まるので現地に着いたらすぐ次の目的地のバスを予約したほうがいいですよ。
非公開コメント