Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

この旅最大のミス やっちまったー!!

2014.06.14 05:57|ポルトガル☞EDIT
この2日間大好きなチェリーを好きなだけ食べるという夢のような時を過ごしているケンゾーです。
ホームステイ先の庭に真っ赤な実をたわわに実らせたチェリーの木があって、「朝昼晩好きなだけ食べて」って言われたんだよね。
ありがたく1日500個くらい食べてる。しあわせだあ。

ビートルズの街リバプールからふたたび首都ロンドンへ。
ロンドンでは次なる国へのフライトが待っている。
バスを乗り継いで3週間前に降りたったガトウィック空港へと向かう。

a_DSC_0438_20140613055736ddd.jpg

ケンゾーとイクエが次にめざすのはポルトガル・ファロ。
フライトは朝の7時なので今日は空港泊。
ホテルに泊まって朝早く空港に行くこともできるけど、ホテルに泊まったところで起きる時間を気にして熟睡できない。
それに空港泊だと飛行機に乗り遅れる心配もないしね!

ファロ

飛行機移動の場合に確認しておかないといけないのは、利用する航空会社がどのターミナルにあるのかってこと。
チェックインのときに「こっちじゃなかった!」って焦ることはしたくない。
空港に着くなり、電光掲示板でフライト案内を確認。
今回は「Monarch」という航空会社。
この航空会社のフライトがたくさん表示されている。
よし、この会社が利用しているターミナルはここであってる!

閉店したカフェのソファーを寝床として使うことができて快適 ♪
翌朝5時、余裕をもってチェックインカウンターへ。
ふたりのパスポートを手渡す。

なぜかカタカタとキーボードを操作する係員が首を傾げる。
「どちらへ行かれますか?」
「ポルトガルのファロですけど。」
なんで「ファロですよね?」じゃないんだろう?
まさか搭乗リストに入ってないってことはないよね?
ちゃんとネットで事前にチェックインは済ませたはずだけど・・・。

「予約番号を教えていただけますか?」
なんでだろう?と思いながらiPhoneに保存してあるEチケットを見せる。
するとまったく予想していなかったことを言われた。
「これ空港が違いますよ。」
え?!ターミナルじゃなくて空港が違う?!
どういうこと?

焦ってiPhoneの画面を見るとたしかに「Flying Out London Luton to Faro」って書いてある!!
ガトウィックじゃなくてルートンだ!
一気に脂汗が噴き出してくる。
ええっ!うっそー!!
やってしまった!どうしよう、どうしよう!!

じつはロンドンには空港が5つもある。
行きも帰りも同じ空港の発着便を購入したつもりだったんだけど、1か月以上も前だからよく覚えてない。
Eチケットは何度も何度も見てたのに、ガトウィック空港とばっかり思い込んでた。

ロンドン空港

昨日の夜、空港に着いたときに気づいて移動してたら間に合ってたんだけど・・・。
予約していたチケットはファロ行き7:10発。
だけど、この空港からも同じ会社「Monarch」のファロ行きがあったんだよ。
時間は6:40発でほとんど変わらない。
同じ会社が同じ時間帯に別の空港から便を出してるなんて想像もしてなかった。

電光掲示板で確認したけど気づかなかった。
フライト番号までちゃんと確認すればよかったんだけどね。

慌てて航空会社のチケット発券カウンターへ。
泣きそうになりながら「空港を間違えてしまったんです」と助けを求める39歳と34歳。
すると「ファロ行きの便に空きがあるわ。時間がないから早くクレジットカード!」とおばちゃんに急かされる。
正規料金っていくらなんだろう?キャンセルする分の払い戻しってできるのかなあ?っていう不安はあるけれど、もうそんなことは言ってられない。
なんとしても今日中にファロにたどり着かないと、予約している明日以降の移動などがすべておじゃんになってしまう。

乗るはずだったファロ行きのチケットは2人で1万6千円。
その場で買った当日チケットは2人で2万3千円。
予定外の2万3千円の損失はかなり痛いけど、代わりの便に乗れるだけでラッキーだ。

時間ギリギリだったけど飛行機にも無事に乗れてひと安心。
いやあ、焦ったなあ!

a_DSC_0439_20140613055736cbf.jpg

空港が複数ある大都市は要注意。
まさかターミナルじゃなくて空港を間違えるなんてね。
旅をはじめて1年7ヶ月、こんな初歩的なミスをするなんて自分たちでもびっくり。
慣れてきたから今回のようなミスをしてしまったのかもしれない。
気を引き締めないと!
旅人レベルはまだまだだ。

飛び立った飛行機の窓から、イギリス旅の初日に訪れたセブンシスターズが見える。
朝日に照らされて真っ白に光り輝く断崖絶壁。
楽しかったイギリスとアイルランドにさようなら。

a_DSC_0448_20140613055737bfa.jpg

痛恨のミスがあったけれど、なんとか無事にファロに到着。
どんよりとした空だけどじっとりと暑い。
だいぶ南下してきたもんね。

a_DSC_0454_20140613055806b52.jpg

ターミナル前からバスに乗って市街地へ。
今回のポルトガル滞在は時間と財布の都合でファロのみ、しかも2泊だけ。
はたして南の端っこにある小さな街でポルトガルという国を垣間見ることができるのか。

a_DSC_0455_20140613055808172.jpg

バスターミナルから予約してあるホテルまでは歩いて10分くらい。
おもてのバス通りはそこそこ人通りがあるんだけど、1本脇道に入るとガラーンとしている。

a_DSC_0458_201406130558097d5.jpg

この辺りも街の中心地なんだけどなあ。
12時ちょっと前だからみんな昼休みなのかな。

予約していたホテルに着くと、フロントのおっちゃんが大汗をかいて忙しそうにしている。
ほかの宿泊客もちょうど到着したところでおっちゃんひとりが必死に対応。
おっちゃんは英語がほとんどしゃべれない。
さっぱり分からないポルトガルでまくしたてるんだけど、不思議なことにけっこうお互いに理解できるもんなんだよね。

a_DSC_0462_20140613055811297.jpg

a_DSC_0463_20140613055814e1a.jpg

汗をだらだら流してフーフー言いながら必死に説明するポッコリお腹のおっちゃん。
憎めないキャラクターだ。

どうやら本館はいっぱいなようで裏手にある別館に移動。
これまたフーフー言いながら案内するおっちゃんについて行く。
ホテルのスタッフはおっちゃんだけなのかな?

a_DSC_0465_20140613055826aa9.jpg

「Residencial Dandy」
ダブルルーム シャワー・トイレ共用 1泊20ユーロ

a_DSC_0468_20140613055828ce2.jpg

残念なことに別館にはWi-Fiがない。
「え〜、Wi-Fiないの?」とおっちゃんに言ったら、おっちゃんが必死に「Wi-Fiを使いたいときは本館まで来るといい。それに特別にいい部屋を用意してあげた。こっちにはキッチンがあるんだよ!ほら、いいだろ!自由に使っていいから。」と必死に笑顔で説明してくれる。(もちろんポルトガル語だけど)

たしかに、これはかなり嬉しい。

a_DSC_0469_20140613055828cae.jpg

快適だったとはいえ、さすがに爆睡はできなかった空港泊。
昼間は日差しも強いので夕方まで休憩。
睡眠バッチリ、はりきってファロ観光へ。

a_DSC_0542_201406130601308bc.jpg

あれ、やっぱりガラーンとしてる。
昼休憩とかじゃなくて、ただのさびれてる街なのかな。

『海に面したファロはリゾートの街』ってガイドブックには書いてある。
人影がまばらな街中を歩いていると「どこがリゾートの街なんだ?」って思うけど、マリーナにはたしかにヨットやクルーザーが停泊してある。
シーズンになるとこの街ももっと賑わうんだろうね。

a_DSC_0472_2014061305583048f.jpg

ファロには城壁に囲まれた旧市街が残っている。
旧市街の入口にはアルコ・ダ・ヴィラという門が口を開けている。

a_DSC_0477_201406130559046ef.jpg

「市の門」という意味で18世紀に建てられたんだそう。
でも門自体より気になるものが上にのっかっている。

a_DSC_0478_2014061305590532d.jpg

コウノトリの巣だ。
日本では絵本や物語でしか見たことないんだけど、海外ではよく見かける。
歴史的な建物や家の煙突の上に巣をつくっていても撤去したりはせず放ったらかし。
やっぱり子どもを運んでくる縁起のいい鳥だから待遇がいいのかな。

a_DSC_0473_20140613055832c23.jpg

あとから調べたところによると、正式な「コウノトリ」は東アジアのみに生息。ヨーロッパなどで見られるのはシュバシコウというコウノトリに近い種で、広い意味ではこちらもコウノトリと言われるらしい。

旧市街の中は観光客であふれて・・・なかった。
やっぱりガラーン。

a_DSC_0564_2014061306013616a.jpg

a_DSC_0547_20140613060131e44.jpg

ポルトガルってだいたいこんな感じなのかなあ。
やっぱりフランスやスペインと比べるとマイナー感は否めないよね。

広場に生えてる街路樹にたくさん実がなってる。
オレンジだ!
南に下ってきたって実感するよ。

a_DSC_0553_20140613060134a17.jpg

a_DSC_0554_20140613060135cd1.jpg

2、3個取って食べてみる。
ポルトガルのオレンジの味は・・・
ぐ、ぐうぇ〜!!すっぱい!!
ダメだ、甘みがこれっぽっちもない。
がっかりだ。

しっかりビタミンCを補充したところでカルモ教会へ。

a_DSC_0500_2014061305590769c.jpg

18世紀から19世紀にかけて建てられたバロック様式の教会。
金色で統一されている内部。
主祭壇には無数の天使が飾り付けられている。

a_DSC_0502_201406130559089f4.jpg

a_DSC_0509_20140613055911f46.jpg

う〜ん、顔だけの天使はちょっと気持ちが悪い。
でも比べ物にならないくらい不気味なものがこの教会にあったんだよね。

だいたいヨーロッパの観光地の教会って、地元の人も礼拝に来るような場所は入場無料なんだけど、教会の宝物を収めた奥の部屋は有料のところが多い。
いままでケンゾーとイクエは入場料が高いから奥の部屋に入ることはしてこなかった。
だけどこの教会、有料ゾーンは1ユーロでこれまでの相場と比べるとかなり安い。

「どうする?」
「でも、お金かかるならいいや。」
「でも1ユーロだよ。」

しばらくほかの人たちを観察することにした。
奥の部屋の入口までいって有料だとわかると引き返す人。
お金を払って奥へと進む人。
観察した感じでは、8割くらいは奥まで行かずに引き返している。

しばらく悩んだケンゾーとイクエ。
今後ほかの場所で1ユーロで入られる機会はないかもしれないし、せっかくポルトガルに来てほとんど観光もしないのではさびしい、ということでふたりが出した結論は「1ユーロ払って、奥まで行く」。

奥に進むと、中庭の奥には小さな部屋が。
その部屋を覆いつくしているのは・・・

a_DSC_0510_201406130559289f9.jpg

思わず、言葉がでてしまった。
「うわっ!なにこれ!!気持ちわるっ!!」

a_DSC_0541_20140613060031f5d.jpg

ガイコツ!!
もちろんぜんぶ本物の人骨。

a_DSC_0540_2014061306002812b.jpg

a_DSC_0532_2014061306002789d.jpg

昔の修道士たちの骨なんだそう。
あまりにも規則正しくきれいに配置されてて、逆にちょっと不気味。

a_DSC_0520_20140613055933a21.jpg

ざっと数えて3000人分くらいの頭蓋骨。
いったい何十年かけてつくったのか。
それとも昔のお墓を掘り起こしてつくったのか。

a_DSC_0521_201406130559355b3.jpg

欧米人のカップルが気合い入りまくりで写真撮影。
女の子のほうが骨に魅了されたのか撮影に没頭してた。

a_DSC_0525_201406130600262a1.jpg

a_DSC_0524_20140613060025bf3.jpg

骸骨だらけの壁の窓からなにやらかわいい声がする。
のぞくとそこは幼稚園!
こんなところのすぐ横でかわいい幼稚園児たちが遊んでたのがとてもシュール。
揺りかごから墓場まで、人の一生を端的に表してるような場所でなんだかおもしろい。

a_DSC_0511_201406130559282ba.jpg

a_DSC_0513_2014061305592942b.jpg

思いがけず、奇妙なものを見てしまった。

せっかく海の街に来たし、キッチンもあるのでおいしい海鮮を食べたい。
食材をゲットするべくメルカド(市場)へ。

あるある、新鮮な魚介類がたっぷり。
ケンゾーとイクエの目を引いたのは・・・

a_DSC_0571_20140613060515ceb.jpg

a_DSC_0570_20140613060513690.jpg

タラコ!!
ぷりっぷりの新鮮なタラコが無造作に山盛り状態。

a_DSC_0569_20140613060512298.jpg

やっぱり福岡生まれ福岡育ちなんでタラコには目がない。
でもね、ほかの県の人に言われるほど福岡県人って辛子明太子を食べてる訳じゃないんだよね。
子どものころはよく食卓に登場してたけど、大人になったらあんまり食べる機会ってないんだよなあ。
だって高いもん!
自分では食べたくても買わないなあ。
たまに人の家とかで出てきたら「やった!明太子やん!!」ってテンション上がるもん。

ぜいたくにタラコ2房を3ユーロで購入。
宿で作ったメニューはタラコスパゲッティ!
と言っても、生クリームは使ってないしそもそも明太子じゃないから超シンプル。

a_DSC_0001_2014061305573473d.jpg

味付けはオリーブオイルと塩だけ。
素材の味で勝負!

a_DSC_0004_20140613055735118.jpg

日本で食べる明太子スパゲッティとはまったくの別物だけど、ワイルドな海の味を堪能できてなかなかウマい。
シンプルだけど自分たちで料理したら美味しいね。

ポルトガルはこれで終了 ♪
残念ながらさびれた印象しか受けなかったけど、まあいっか。
あしたはスペインのアルヘシラスまで移動しま〜す。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント