Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

金髪のイクエの同級生

2014.06.09 05:55|イギリス☞EDIT
今まで虫歯になったことがないケンゾーです。
親知らずを抜いたり、歯石の除去以外は歯医者とは無縁の人生。
歯並びが悪いのはちょっと残念だけど、旅向きの歯でよかった。

出港寸前のフェリーにバタバタと乗り込んだケンゾーとイクエ
ああ~、間に合ってよかったあ。
サロンに腰をおろし、ほっと胸をなでおろす。

レンタカーで周遊したアイルランドに別れを告げイギリスへと舞い戻る。
マンチェスターでは1年ぶりの再会が待っている。
楽しみだな ♫

マンチェスター

ダブリンからホーリーヘッドまでフェリーで3時間半。
ホーリーヘッドで列車に乗り換えてチェスターへ。

a_DSC_0013_20140604225459290.jpg

列車の車窓から見える景色は・・・アイルランドとほとんど変わんなかった。
のどかーな風景。
なんだかまだアイルランドにいるような気分。

a_DSC_0014_20140604225459b57.jpg

車内でランチタイム。
トマトときゅうり、そして玉ねぎをスライスにしてパンに挟んでサンドイッチのできあがり ♪
素材の味で勝負するシンプルなランチ。
食い意地のはったケンゾーは玉ねぎをたっぷり挟んで、いっただっきま~す!

ブフォッ!!
思わずむせる。
「うわっ!
 この玉ねぎ強烈!」

なんこの玉ねぎ!パンチ効き過ぎ!!
舌も痛いし目も痛い。
口の中が玉ねぎ臭ですごいことになってるよ

「なんしようと?
 そんな欲張って玉ねぎいっぱい挟むけんたい。」

と玉ねぎを少なめにしてパクリと食べるイクエ。

a_DSC_0017_201406042255022da.jpg

ん?
どうしたイクエ?!
顔がおかしなことになっとるよ。

a_DSC_0019_20140604225505f34.jpg

ほらね、だけん強烈って言ったやろ。
「なんこの玉ねぎ。
 強力過ぎるやろ!」

とあまりの辛さに涙目で笑い出すイクエ

強烈な玉ねぎ臭を周囲に漂わせながら、およそ2時間でチェスターに到着。
ここでマンチェスター行きの列車に乗り換える。
待ち時間は30分。
あまり時間はないけどパソコンとiPhoneをトイレの前にあったコンセントで充電。
30分後、マンチェスター行きの列車に乗り込む。
これが最後の移動だ。

a_DSC_0026_201406042255045ca.jpg

ところがここでケンゾーが痛恨のミスをやらかした。
さっきチェスター駅で充電したときに使った変換プラグをコンセントから抜き忘れてしまった!
これはかなり痛い。
パソコンもカメラもなにも充電できない。
はあ、どうしよう

テンションだだ下がりのケンゾーを乗せて列車は定刻通りマンチェスターに到着。
なんで抜き忘れてきたかなあって溜め息ばっかりでるけど、もう仕方がない。
マンチェスターに日本用の変換プラグなんか売ってるかな?
今から再会する人に聞いてみよう。

駅前の待ち合わせ場所で待っていると・・・あ、この車かな?
シャーン!久しぶり!

a_DSC_0028_20140604225526b70.jpg

a_DSC_0029_20140604225525a6a.jpg

嬉しい再会をはたしたのは、1年前インドで参加したボランティアでいっしょだったシャーン。
「イギリスでまた会えたらいいね」なんて言ってたけど、ほんとに再会できたね。

a_DSC_0128_2014060422572736c.jpg

ちなみにイクエとシャーンは同級生。
意外?それとも納得?

シャーンはマンチェスターから30kmほど南下したマックスフィールドという街に住んでいる。
シャーンの職場は英国放送協会BBC!
いまはBBCフィルハーモニー担当。
毎年夏に開催されている世界最大のクラシック音楽の祭典BBCプロムスに、盲目のピアニスト辻井伸行さんが出演したときには一緒に食事もしたそう。
「彼はとってもスィートだったわ!」だって。

マックスフィールドまで1時間のドライブ。

a_DSC_0031_201406042255289ba.jpg

密集していた建物が少なくなっていき、緑が増えてきた。
両サイドの街路樹の奥には住宅が隠されるように建っている。

a_DSC_0032_20140604225529260.jpg

マンチェスターとマックスフィールドの間にあるこの辺りは高級住宅街。
マンチェスターユナイテッドのルーニーの家もこの近くにある。
ほかにもスポーツ選手や芸能人がたくさん住んでいるんだって。

住む世界が違う高級住宅街を抜けてマックスフィールドへ。
ここがシャーンが両親と住んでる家。
思い描いていたイギリスの家そのまんまだ。

a_DSC_0033_20140604225531286.jpg

こちらがシャーンの両親。
ほかにマンチェスターに住んでいる弟がいる。

a_DSC_0066_20140604225726778.jpg

お父さんは都市開発のコンサルタント。
おもなクライアントは政府。
日本人並みに朝から晩まで仕事に追われて忙しそう。

お母さんもシャーンが小さいころから最近までずっと仕事をしていたんだそう。
シャーンの仕事も忙しそうだし、イギリス人はなんだかんだで働くことが嫌いではなさそう。
やっぱり日本と相通じるものがある。

家の中は・・・これぞ英国の家!
陽がたくさん差し込み明るいダイニング。
緑や花に囲まれた癒しの空間。

a_DSC_0046_2014060422562477c.jpg

a_DSC_0050_201406042256550e2.jpg

「我が家のイングリッシュガーデンよ。」
お母さんが自慢げに言った。
これが本場のイングリッシュガーデンかあ。

そこまで広くはないけれど青々とした芝生が眩しい庭。
「イギリス人にとって庭はなくてはならない特別なもの。
 どんなに小さくても庭がないとダメなのよ。」

お母さんが教えてくれた。

a_DSC_0044_2014060422562512b.jpg

若いときは庭がないアパートメントでもいいけど、年を取ってくると地面が恋しくなるんだそう。
日本では便利なマンション住まいが高齢者にも人気だって言うとお母さんビックリしてた。

家の中はモデルルームのようにキレイ。
ひとに見られても問題ないから部屋のドアは開けっ放し。

a_DSC_0041_2014060422561922e.jpg

自分だったら来客のときはとりあえず居間だけこぎれいにして、他の部屋に物を詰め込んでごまかすね。
やっぱり普段からちゃんとしとかないとダメだね。

ケンゾーとイクエが使うように言われた部屋も文句のつけようがない。
ヨーロッパでは「ゲストルーム」がある家は珍しくない。
日本の住宅事情では、たまにくるゲスト用に一部屋空けておくなんて考えられない。

ゲストルームには専用のバスルームもある。
バスタオルも用意されていて至れり尽くせり。
もうこれはホテルだね。

a_DSC_0038_20140604225616895.jpg

a_DSC_0039_20140604225616a4b.jpg

夕食まで時間があるので家の近所をお散歩。
交通量も少なくてとても静か。
いいねえ、こんなところに住めたら。

a_DSC_0053_20140604225658f86.jpg

a_DSC_0057_20140604225721a38.jpg

日本で「家を買う」と聞くとほとんどの場合は新築をイメージする。
けれどヨーロッパでは中古があたり前。
その都度リフォームしながら100年200年と使われる。

a_DSC_0054_2014060422565981c.jpg

a_DSC_0055_20140604225700820.jpg

木造建築の日本ではなかなか難しい。
でも鉄筋コンクリートで造られたマンションもそんなに長くは使われない。
建てては壊し、壊しては建て・・・。
住宅に対する考え方が日本とヨーロッパでは根本的に違うような気がする。
家は代々受け継いでいくもの、後世に残していくもの。

夕暮れに染まるサッカー場で大人や子どもがサッカーを楽しんでいる。
イギリスにはどの街にも芝生のサッカーグラウンドがある。
日々の暮らしとサッカーとの距離感が日本とは比べ物にならない。

a_DSC_0051_201406042256556b2.jpg

夕食は意表をついたカレー!
「ここのカレーがとても美味しいのよ」とお母さんがわざわざお店から何種類も買ってきてくれていた。
うん、たしかに美味しい。

a_DSC_0058_20140604225723f17.jpg

ひょっとしたらシャーンと出会ったインドにかけてたのかな?
もしそうだとしたら、お母さんなかなか憎いことするね。

食後はテレビを見ながらリビングルームでまったり。
そういえば、テレビをちゃんと見るのは久しぶりだなあ。

a_DSC_0060_201406042257248d4.jpg

お父さんは夕食を10分で食べたらすぐに書斎にこもって仕事のつづき。
イギリスのお父さんも大変だね。

あしたからシャーンと一緒にウェールズへ泊まりがけで遊びにいく。
なんと親戚と一緒に購入した山小屋があるんだって。
ウェールズってどんなとこだろうね、楽しみだ ♫
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント