Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

旅したアイルランド こんな国

2014.06.08 05:37|ヨーロッパ☞EDIT
アイルランドには4/3~4/10まで7泊8日滞在しました。
レンタカーを借りて美しい自然を眺めながらドライブする日々。
自由気ままな車旅は楽しかった。
あっという間に時間が過ぎたアイルランドの旅を振り返ります。

◇旅の費用はいくら?

アイルランドでいくら使ったのか発表します。
 
交通費           385.22ユーロ
外食費            24.10ユーロ
その他のフード・ドリンク   41.55ユーロ
宿泊費            92.00ユーロ
観光費            25.00ユーロ
雑費             10.00ユーロ

合計  577.87ユーロ(1ユーロ=142円)
約10,296円/1日2人で

高!!
まさかの1万円オーバー!
すべては予想外に高くついたレンタカー代のせい。
なにしろ全体の半分がレンタカー代だからね。
たぶんもっと良心的な会社だともっと安く借りられると思う。
それと、アイルランドって田舎のイメージがあって物価が安いって思うかもしれないけどイギリスとほとんど変わらない。
アイルランドを旅するバックパッカーは、覚悟してね。


◇移動手段はこうでした

もちろんレンタカー。
今回はちょっと高くついたけど、レンタカーで旅すること自体はかなりお勧め。
アイルランドの醍醐味である美しい自然を楽しむには車で移動するのが最適。
道路はちゃんと整備されているし、日本と同じ左側通行で違和感はない。
ラウンドアバウトと呼ばれるロータリーがちょっとクセものだけど、これは何度も間違えながら慣れるしかない。
ガソリンは1ℓが220円くらい。
かなり高いので割安で燃費もいいディーゼル車を借りたほうがお得。

a_DSC_0203_2014060422383020f.jpg

もし公共の交通機関で旅するなら、地方に行ったらゲストハウスなんかであっ旋している日帰りツアーに参加することになると思う。
アイルランドの観光地は街から離れているところが多いので、公共交通機関で観光するのはちょっと難しそう。
何人かヒッチハイクしている人も見かけた。
アイルランドではヒッチハイクは割とやりやすいらしいよ。

あと各地のインフォメーションセンターには地図のほかに地域別のガイドブックが置いてある。
もちろんすべて無料。
英語しかないけれどかなり役に立った。

a_DSC_0442_20140604223914a73.jpg


◇こんなお宿に泊まりました

アイルランドにはたいていの街でドミトリーのあるゲストハウスを見つけることができる。
広いキッチンやWi-Fiもあって、バックパッカーにとっては使いやすい宿が多い。
スタッフの対応もいい。
駅やバスターミナルの近くにあるゲストハウスも多いので、交通の便もいい。
ただアイルランドは物価も高いので、ドミトリーでも1人15ユーロくらいするのが難点。

a_DSC_0255_20140604223846e18.jpg

カウチサーフィンを利用すると、アイルランド人とも触れ合えていい思い出ができるはず。
ダブリンとクリフデンで計4泊ホームステイすることができて、とても楽しかった。

a_DSC_0184_201406042238247e3.jpg

a_DSC_0470_20140604224006e46.jpg


◇これが一番うまかった!

ケンゾー 「ギネスビール」
エニスという小さな町の地味なパブで飲んだ念願の本場のギネスビール。
思わず「何これ!?うっまー!!」と叫んでしまったほど衝撃的に美味しかった。
きめが細かくクリーミーな泡、濃厚でほのかに甘くコーヒーのような後味。

a_DSC_0584_2014060422400951e.jpg

ぐびぐびと飲みたい衝動を抑えて一口一口しっかりと味わいながら飲む。
ゆっくりと流れる時間に身を委ねながら、じっくりとグラスを傾ける至福のとき。
このあとギネスは違う場所で何度か飲んだけど、この店で飲んだギネスを越えるものにはとうとう出会えなかった。
運命の出会いだったんだと思う。
このギネスを飲むためだけに、またアイルランドに行きたいって思える。

a_DSC_0586_20140604224009fe2.jpg

イクエ 「みんなとの食卓のごはん」
正直言って、一番おいしかったのはケンゾーと同じエニスのバーで飲んだギネスビール。
もはやあれはビールとは別物だった。
ビールと言うよりもおいしいコーヒーに近い味。
「え?なんでコーヒーの味?」って飲みながら何回も言ってしまった。
ふたくち目以降もコーヒーの味がするってわかって飲んでるのに、「え?なんでコーヒー?」ってまたびっくりするくらい。

でも食事で思い出深いのは、クリフデンでショーンが作ってくれたオーガニック野菜の煮込み料理とダブリンの女子大生たちと食べたお好み焼きかな。

a_DSC_0213_20140604223827d9b.jpg

a_DSC_0214_201406042238429a0.jpg

a_DSC_0465_201406042239172c1.jpg


◇おすすめ!!一番良かった場所

ケンゾー 「車窓からの眺め」
6日間のドライブ楽しかった~ ♪
運転が憂鬱になることなんてまったくなかった。
いつでもどこでも窓の外に広がるのは美しい景色。
同じなようでいて、じつはとてもバリエーション豊かな風景。
雨に降られることもあったけど、おおむね天気に恵まれたのがよかった。
青い空と白い雲、太陽の光を受けて鮮やかに輝く緑の牧草地、そしてかわいい牛や羊の赤ちゃんたち。
「きょうはどんな景色が待ってるかな?」って毎日車を運転するのが楽しかった。
アイルランドのふつうの景色が素晴らしい。

a_DSC_0010_20140604223821e33.jpg

a_DSC_0216_20140604223843692.jpg

a_DSC_0043_20140604223822778.jpg

イクエ 「アラン諸島のイニシュモア島」
アイルランドの原風景が広がっていたイニシュモア島。
ずっと続く石垣、味わいのある民家、荒涼とした大地。
でもそのなかでも印象に残っているのは打ちつける波!

a_DSC_0283_20140604223847e27.jpg

ものすごい轟音と崖の上まで飛んでくる波しぶきは大迫力で、足がすくむほどこわかった。
でもいっぽうで、とても美しいと思った。
ダイナミックな波の動きはずっと見ていても飽きない。
わたしが一番好きな画家は葛飾北斎なんだけど、北斎の絵『富嶽三十六景・神奈川沖浪裏』の荒れ狂う海そのままの世界に感動した。

a_DSC_0288_20140604223911f81.jpg


◇ふらり ゆるり アイルランドの感想は?

ケンゾー
アイルランド=「自然が豊かな国」っていうイメージはなんとなく持っていたけど予想以上に素晴らしかった。
とくにスペシャルなものがある訳じゃないんだけど、どこを見渡しても素朴な美しさがある。
それとレンタカーで旅したことが大正解。
自分たちのペースで気の向くままに美しいアイルランドを巡ることができてよかった。
もう一度じっくり時間をかけて旅したいなあ。

a_DSC_0236_20140604223845b0d.jpg

a_DSC_0456_201406042239158c0.jpg

イクエ
ずっと行ってみたかった国のひとつ、アイルランド。
想像していた以上に緑豊かで、美しいところだった。
もっと長くじっくり旅したかったな。
ひとつの街に最低3日くらいはのんびり滞在するのがいいと思う。
老後に金銭的余裕があったら、またアイルランドに行ってアラン諸島に1週間くらい滞在してぼーっとしたいな。
アイルランドの言語もケルト文化も今は廃れてきているのがちょっと残念。
アイルランドの文化が若者にも継承されていき、イギリスとは違うアイルランドらしさがこれからも残っていくことを願っています。

ケンゾー、6日間運転おつかれさまでした!!

a_DSC_0549_20140604224006fd0.jpg

a_DSC_0362_20140604223912d9a.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

No title

いい旅してるな~
素晴らしい風景と暖かい話をありがとうございます。
またまた行きたい場所が増えてしまった。

とし さま

「いい旅してるな」って言われると、こんな旅でいいんだってちょっと自信になります。
ありがとうございます。
これからもふたりの旅をお楽しみいただければうれしいです。
どうぞおつきあいください。
非公開コメント