Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

外国人の夢「あのソースを飲み干したい!」

2014.06.07 06:16|アイルランド☞EDIT
毎日お尻のところに穴が空いてるパンツをはいている夫をもつイクエです。
パンツでウロウロするからしょっちゅう穴が目につく。
一枚以外すべて穴空き。
早く買ってほしいんだけど「物価の安いところで」って買ってくれないんだよね。
ようやくヨルダンで一枚買わせたんだけど、もう一枚くらい買い替えてくれないかな。
後ろだから自分は見えないから気にならないんだろうけど。

とうとうアイルランドレンタカーの旅の最終日を迎えてしまった。
6日間は短かったな~。
せめて10日あったらよかったんだけど、仕方がない。
財布と相談して6日間にしたから。

きょうは大自然に囲まれたクリフデンのショーンの家から、ぶーんとひたすら東に走って首都のダブリンに戻る。

ダブリン

レンタカーの旅が終わってしまうのは名残惜しいけど、ダブリンでまたあの子たちに会えると思うとわくわくする!
そう、また女子大生たちのシェアハウスに泊めさせていただくのです♡

わたしがこんなに嬉しいんだから、アラフォーおやじのケンゾーなんてもっとときめいているだろうね。

クリフデンの自然を目に焼き付けながら、車を走らせる。

a_DSC_0423_201406040016568af.jpg

毎日快晴とはいかなかったけど、それでも気持ちのいい天気に恵まれたことはラッキーだった。
スピードを上げてハイウェイを走る。
ハイウェイの隣では、猛スピードの車におかまいなしでのどかに羊たちが草を食べている。

a_DSC_0425_201406040016539c6.jpg

アイルランドのハイウェイはほとんど無料なんだけど、首都のダブリンの出入り口と他のわずかな地域にだけ料金所がある。
でも、この料金所をかわすための脇道もあるし、料金所の手前には「この先料金所あり」の看板があるから、そんなときはいったんハイウェイをおりる。
少し回り道にはなるけれど、そのぶんアイルランドのかわいい街を通り抜けドライブを楽しめる。

a_DSC_0428_20140604001718b46.jpg

ドライブのときのランチはいつもスーパーに立ち寄ってパンや野菜、チーズなんかを調達。
適当な場所を見つけてのんびりピクニックを楽しむ。
こんなこともきょうで最後かあ。

a_DSC_0431_201406040017174c1.jpg

ダブリンに近づくにつれて交通量が増えて、建物も密集してくる。
いよいよ、都会に舞い戻る。

ダブリンに入って迎えてくれたのはこちらの工場。

a_DSC_0435_2.jpg

細長い大きなタンクのようなものが立ち並び、煙突もちらほら見える。
この工場、何を作ってるでしょ~か?

答えは・・・。

a_DSC_0439_20140604001719b20.jpg

ギネスビール!
ギネスの工場は繁華街にど~んと建っている。

でも、アイルランドで一番失望したことはこのギネス。
ケンゾーなんてアイルランドで一番楽しみにしていることはギネスを飲みまくることだった。

でも、その夢叶わず・・・。

だって高いんだもん!
なんで?
酒税が高いのかな。

バーで1杯の相場は4~5.5ユーロ。
日本のアイリッシュバーで飲むほうが安いんじゃない?
700円以下で飲める気がする。

激安スーパーでギネスの500mlの缶ビールで2.5ユーロくらい。
これも日本と変わらない?

a_DSC_0441_20140604001721c34.jpg

戻ってきた女子大生たちの家。
今夜は彼女たちからある日本食をリクエストされた。
あなたたちのためなら、がんばって作るよ!

a_DSC_0446_2014060400175057d.jpg

近くに中国人が経営している大きなスーパーがあって、中華食材以外にも日本の食材も買うことができる。
モヤシも売っていた。

a_DSC_0447_20140604001750e6d.jpg

リクエストされたのはOKONOMIYAKI

お好み焼きって、あのソースが決め手だよね。
あのソースがなければ、もはやお好み焼きではない。

果たしてあのソースは手に入るのか!?

a_DSC_0450_20140604001757cae.jpg

中国人のスーパーで買えた!
ちなみに隣にはオタフクの焼きそばソースまで陳列されていた。

イクエとケンゾーがお好み焼きを作ったので、彼女たちも何かを作ってくれる模様。

a_DSC_0449_20140604001753a2d.jpg

さて、料理ができあがりました ♪

a_DSC_0457_20140604001757353.jpg

ビザ アンド ジャパニーズピザ♡

ここで暮らしている4人娘(インドネシア・フィリピン・スウェーデンからの留学生)とその友だちも加わって国際色豊かにみんなで楽しくいただきます!

a_DSC_0458_2014060400181728f.jpg

お好み焼きってもちろんソースが欠かせないけど、あれもないと物足りない。
鰹節!!

さすがに鰹節は手に入ら・・・

a_DSC_0464_20140604001822708.jpg

あった!
彼女たちの家に。
じつは彼女たちが大学で勉強しているのは、食のマーケティング。
大学の調理室には世界各地の食材があって、もらってきたんだって。

東南アジア出身だし、ヨーロッパ出身のお友だちもアジア好きなのでみんな箸を普通に使える。
お好み焼きは大好評。

a_DSC_0460_201406040018200cf.jpg

いや、正確に言うとお好み焼きじゃなくて「お好みソース」をみんな絶賛。

「このソース、めちゃくちゃおいしい!!」
「買っていつも家にストックさせとこう。」
「何が入ってるんだろう。」

ソースの取り合いになって、余ると思っていたソースが空っぽになってしまった。

彼女たちにお好み焼きの作り方を聞かれたから教えてあげた。
ついでにお好み焼き屋さんについても。

「日本のお好み焼き屋さんは、店の人に焼いてもらうところと自分で焼くところがあるんだよ。
自分で焼くところは、テーブルに鉄板が付いてて、ソースとか鰹節とかも置いてあるの。」

「ソースが置いてあるの?
かけ放題なの?
っていうか、それ、ソースをごくごく飲んでもいいってことだよね!!」

「う・・・うん。
飲もうと思えば飲めるよ。」


イクエとケンゾーにとって、ごくごく飲みたいのはお好みソースよりも生ビール!!

a_DSC_0473_201406040018235bd.jpg

彼女たちと夜のダブリンに繰り出す。
アイルランドのビールも飲み納め。
飲み納めっていうほど、たくさん飲んではないけどね。

a_DSC_0475_20140604001824bba.jpg

生演奏もやっていて、若者たちで大盛況のバーへ。
このバーはいつも賑わってるんだって。

a_DSC_0489_2014060400190406c.jpg

ずらりと並ぶ生ビールのサーバー。
どれにしようかな。
やっぱり最後も黒ビールかな。

a_DSC_0480_20140604001902aca.jpg

かんぱ~い!!

a_DSC_0484_20140604001904ac0.jpg

ちなみにクリサントとアメリンダはインドネシア出身。
インドネシアはイスラム教徒が多いけど、彼女たちはクリスチャン。
お酒が好きで、たまにこうやってみんなで飲みにくるんだって。

a_DSC_0486_201406040019040f2.jpg

みんなで飲むビールはおいしい。
だけど、やっぱり同じギネスの黒ビールでもエニスで飲んだビールとは比べ物にならない。
まったく違う銘柄の味がする。
何の情報もなく入ったあの小さなバーは、もしかしたらアイルランドで一番のバーだったのかもしれない。

翌朝は、早くに彼女たちの家を出発。
「かわいいかわいいみんな、ありがとう~♡」

a_DSC_0001_201406040016504b7.jpg

アイルランドの朝焼けを見ながら、バスに乗った。
港まで行ってイギリス行きのフェリーに乗らないといけない。

港に直行すると思って乗った路線バス。
だけど、運転手のおじさんが言う。
「このバスは途中までしかいかないよ」

「ほら、ここで降りてあそこで別のバスに乗り換えるんだよ。」

間違ったバスに途中まで乗ったけど、運賃は払わなくてよかった。

運転手のおじさんは「日本は好きな国なんだ」って言ってた。

別のバスに乗り換えようと思ったけど、地図で見ると港はそんなに遠くない。
まだ時間はある。
朝のダブリンは輝いている。

「歩こうか。」

朝日を浴びた美しい橋。
アイルランドのシンボル、竪琴(ハープ)をデザインしたもの。
アイルランドでは古くから竪琴が親しまれている。

a_DSC_0003_20140604001650f0c.jpg

もう2キロくらい歩いてるんだけど、港はなかなか見えてこない。

ヤバい、出港時間に間に合う?

港の敷地に入ったはいいけれど、敷地にも貨物用の道路があって広すぎる。
わたしたちが乗るフェリー乗り場まであと2キロはありそう。

「もうヒッチハイクしないと間に合わない!」

早足で歩きながら指を立てるけど、なかなか車は止まらない。
どうしよう。

ようやく一台の車が止まった。

「途中までしか行かないけど、乗せてあげるよ。」

その車に乗ろうとしたら、港をパトロールしているスタッフの車が横に止まった。

「なにしてるの?
ここでは車は停止してはいけないんだよ。」

係員はドライバーに忠告している。

「いや、でもこの子たちがフェリーの時間に間に合わないみたいで途中まで乗せてあげようと思って。」

あちゃ~、申し訳ないことをしたなあ。
見逃してくれないかなあ。

心配していると、その係員が言った。
「わかった。
わたしの車に乗りなさい。
連れて行ってあげるから!
早くしないと間に合わないよ。」


係員はわたしたちを車に乗せてくれて、無線でフェリーのチェックインカウンターに連絡までとってくれて、わたしたちは無事乗り遅れることなく出港することができた。

最後に優しい人たちに出会えてよかった。
助けられてありがたい。

重い荷物を背負いながら何キロも歩き、焦っていたから、一気に緊張が解けて疲れがどっと押し寄せる。

安心したのか、フェリーのソファーに腰かけると急にお腹が空いてきた。
かわいい女子大生たちが作ってくれたあれを朝食代わりに食べよう。

「これ、持っていって食べてね♡
2人分なくてひとつしかないんだけど。」


そう言って渡してくれていた。

一口食べる。

「おいし~い。
なつかし~い。」

彼女たちがもたせてくれたもの。

a_DSC_0012_201406040016536fa.jpg

どら焼き!!
学校の授業で作ったんだって。

懐かしい日本の味をかみしめ、アイルランドの思い出もかみしめながらイギリスへと向かう。
イギリスでも、素敵な再会が待っている。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

No title

アイルランド編は荒々しい海や、草原の可愛い子羊など魅かれる写真が満載で、毎朝ブログを開くのがとても楽しみでした。 
明日はもう1度イギリス編ですね。楽しみ〜 1ポンドショップ教えてくださいね。

ほんと、良い旅してるね~(^_^)暖かさが伝わってジーンときたよ~

けいこさん

アイルランド編を気に入っていただいて嬉しいです。
わたしたちも自然豊かなアイルランドが大好きになりました。

このあとモロッコ編がスタートします。
ヨーロッパとはガラッと雰囲気が変わるモロッコもお楽しみに!

ただすけへ

日本は梅雨真っ盛り?
こちらは相変わらず人との出会いに感動しながらボチボチと旅しとるよ。

間もなくはじまるモロッコ編もよろしくね。
非公開コメント