Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

観光よりも好きなこと

2014.05.05 09:10|ヨルダン☞EDIT
お久しぶりのケンゾーです。
口内炎がぜんぜん治らなくてテンションが下がり気味です。
ドSな妻に傷口に塩を塗りこんでもらって「うぎゃーーー!!」と悲鳴をあげながら激痛に堪えたのにぜんぜん効果なし。
それどころか大きくなってる!
「まだまだ1回だけじゃ効かんよ」とニヤニヤしながらもう一度塩治療を勧める妻・・・。
そりゃ治るんやったら我慢するけど、ほんとに効くんかね?

ケンゾーとイクエがやって来たのは、ダーナ村。
ホテルが数件あるだけの小さな村だ。
唯一そして最大の魅力は目の前に広がるダーナ自然保護区。

a_DSC_0654_20140505084027d03.jpg

たくさんのトレッキングコースがあって、荒々しい岩山が作り出しているワイルドな景色を歩いて楽しむことができる。
日本人旅行者にはあまり馴染みのないダーナだけれどヨーロッパのツーリストの間ではとても有名なんだって。

日本にいた頃は山登りやトレッキングが趣味だったわけではないケンゾーとイクエ。
この旅ではよくトレッキングをしている。
歩くスピードで自然を眺めるっていうのがいいんだよね。
バスや車だとあっという間に景色が過ぎ去っていって、すぐに記憶からも消え去っていくんだけど、歩きながら見た景色はいつまでも鮮やかに記憶に残っていく。
スピードはとても遅いんだけど、一歩ずつちゃんと景色が変わっていくのがいい。
歩幅はわずか60cmくらいなんだけど、一歩前に見た景色と今とでは見える景色が微妙に違う。
これからもできるだけ歩いて世界を見て回りたい。
なんて偉そうなこと言ってるけど、お金がかからないっていうのがいちばんいいね。

まずはダーナ村が一望できるビューポイントへ。
現在はほとんどの人がいなくなり、廃村寸前のようになっているダーナ村。
廃墟となった住居跡を抜けていく。

a_DSC_0662_20140505084038184.jpg

しばらく歩くとダーナ村の全景が見えてきた。
数件のホテル以外はひと気がないダーナ村。
でもヨーロッパのツーリストには人気があるからもっと活気があってもよさそうなもんだけどね。
オシャレなカフェとかできたら繁盛しそうだけど。

a_DSC_0668_20140505084042da0.jpg

a_DSC_0669_20140505084041a96.jpg

山に囲まれているダーナ村。
ひと際高い山の上には氷河のような白い崖。

a_DSC_0679_20140505084102771.jpg

a_DSC_0672_201405050840442a1.jpg

さて、ここからが本番。
ダーナ自然保護区にはトレッキングコースがたくさんある。
なかにはガイドを付けないと歩けないコースも。
ふたりはもちろんガイドなしで歩ける簡単なコース。

「Wadi Dana Trail」という今回のルート。
ホテルがあるダーナ村から谷を下り、地球の割れ目のような谷底を歩いていくというもの。
本来は片道6〜7時間歩き、帰りは別の道を車で戻ってくるんだそう。
ケンゾーとイクエは行けるところまで行って、途中で引き返してくるつもり。

a_DSC_0725_201405050841358d5.jpg

ホテルがあるダーナ村は標高およそ1200m。
まずは一気に崖を下っていく。

a_DSC_0726_20140505084146b4c.jpg

このコース名にもなっている「Wadi」とはアラビア語で「谷」という意味。
その名の通り、ゴツゴツした赤茶色の岩山に挟まれた谷底を目指して下っていく。
向かって左側には緑があるのに、右側はほとんど茶色で緑がない。
不思議だね。

a_DSC_0739_20140505084204438.jpg

青のりがまぶされたような岩山。
「あ〜、お好み焼き食べたいなあ」なんて考えながら坂道を下っていく。

a_DSC_0740_20140505084204bed.jpg

a_DSC_0743_201405050842048d7.jpg

大自然に包まれてテンション上がったのか、突然ジャンプするイクエ。
うん、今日はまあまあ飛べてるよ。

ね、反対側の山はぜんぜん青のりがかかってない。
お好み焼き屋でこれが出てきたら、大阪人じゃなくても怒るよね。

a_DSC_0745_20140505084243b52.jpg

a_DSC_0748_201405050842359bf.jpg

欧米人のグループが双眼鏡で崖をずっと眺めていた。
ここはたくさんの種類の野鳥の楽園で、バードウォッチングには最適の場所。

歩きはじめておよそ1時間、中間地点くらいまでは下ってきたかな。
下りなんだけど、容赦なく照りつける太陽に体力を奪われる。
ここでちょっと休憩。

a_DSC_0753_20140505084249c80.jpg

a_DSC_0750_20140505084245914.jpg

きのうペトラからダーナ村に向かう途中は雪が積もっていた。
灼熱の砂漠地帯もあれば雪が降り積もる高原もある。
実際に訪れるとイメージとは違ったその国の素の姿に触れることができる。

a_DSC_0757_2014050508425053f.jpg

さて、もうちょっとがんばってみるか。
青い空、茶色い山、地面を覆う緑。
とてもシンプルだけど全然飽きない空間を歩いていく。

a_DSC_0764_2014050508431712b.jpg

a_DSC_0767_2014050508431958d.jpg

先の方にテントを発見。
トレッカーのものにしてはちょっと大きい。
ベドウィンかな?

a_DSC_0768_20140505084329049.jpg

やっぱりベドウィンだった。
でもテントにはUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)のマークが。
難民のベドウィン?
きっと、どっかでこのテントを手に入れたんだろうね。

a_DSC_0770_20140505084332d1f.jpg

近くでメェェ〜、メェェ~と声がする。
羊やヤギが放牧されてるのかな。
お、いたいた。

a_DSC_0776_201405050844047ba.jpg

a_DSC_0778_2014050508443878d.jpg

a_DSC_0777_20140505084409409.jpg

大人のヤギはぜんぜんかわいくないけど、赤ちゃんヤギはとてもかわいい。
ピョンピョン飛び跳ねるように走るしぐさが愛らしい。

飼い主のベドウィンの姿が見えない。
どこにいるのかなあと周りを見渡すと・・・。

a_DSC_0772_201405050843289f0.jpg

絵になるねえ。
絶景を眺めながらお茶で一服。
「飲まないか〜」といつものように誘われる。
お気持ちだけいただきます。

岩山の絶壁にちょこちょこと動く物体を発見。
小さくて分りにくいんだけど、よ〜く目を凝らして見てみると・・・。

a_DSC_0784_20140505084459f54.jpg

a_DSC_0783_20140505084420de1.jpg

ヤギの群れだった。
足場がほとんどない絶壁をピョーンピョーンと身軽にジャンプしながら移動している。

a_DSC_0782_20140505084420c31.jpg

山の羊とはよく言ったもんだ。
足を滑らして落ちたりすることはないのかな。
見てるこっちがハラハラする。

歩きはじめておよそ3時間、ここで切り上げて戻ることに。
行きはよいよい、帰りはこわい。
上りはキツかったなあ。
一度見た景色だしね。

a_DSC_0788_20140505084458fd6.jpg

6時間のトレッキング終了 ♪
心地よい疲れが全身を包む。

ホテルでまったりしているとすべてのものが紅く染まりはじめた。

a_DSC_0695_20140505084116b0c.jpg

a_DSC_0694_201405050841087b7.jpg

山も木々も、そして日焼けで火照った顔もさらに真っ赤に染まっていく。
な〜んにもない小さな村で、ただ歩いただけの一日だったけれど、いい一日だった。

a_DSC_0697_2014050508411160c.jpg

a_DSC_0711_20140505084114c03.jpg

名所や遺産を巡る観光もいいけれど、素晴らしい景色を眺めながらのんびり歩き回るほうが好きだなあ。
やっぱり自然に勝るものはないなあと実感した一日だった。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

No title

いつも楽しんで読ませて貰っています(≧∇≦)
熊本市のたかです!
いつも読んでいるのに、今気づいたのですが〜(^_^;)

写真、スカイダイビングじゃね〜しッ(; ̄O ̄)

やられたわいわいT_T

たかさま

いつもありがとうございます!

プロフィールの写真ですね。
スカイダイビングじゃないですよ〜。
何度もジャンプしては取り直した安上がりだけれど手間隙かけた写真です(笑)。
非公開コメント