Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ドミトリーに君臨するメッセンジャー

2014.05.03 09:33|ヨルダン☞EDIT
口内炎ができている夫がネットで治しかたを調べたところ「塩を塗る」という方法が出てきたので、塩を塗ってあげているイクエです。
「っっっんん! うぉ〜!!!」と悲鳴をあげる夫に「ムフフフ」とにやけてしまうのはやっぱりわたしがSだからでしょうか。

一週間滞在しているイワクツキのホテル「バレンタイン・イン」。
日本人も多いけど、ほかの国からのツーリストも多い。

個室を利用するのは欧米人、安いドミトリーを利用するのはアジア人。

イクエとケンゾーの泊まっているドミトリー。
中国人、台湾人、韓国人でアジア人だらけ。
最近、日本人よりも韓国人バックパッカーのほうが多い。
中国人も増えている。
中国人は外国のビザを取るのが大変で行ける国も限られているし、自国よりも物価の高い国も多くていろんなハードルがある。
だけど、そんななかバックパッカーとして各国を渡り歩いている中国人の旅人。
日本人の旅人よりも気骨があるなあと思う。
海外でいろんなものを見て体験して、中国政府のことなんかを客観的に見ることができる若者が増えたら、中国も民主国家に近づくんじゃないかなあ、と淡い期待もしている。

バレンタイン・インの一番安いドミトリーは14人が寝られる大部屋。
ドミトリーに泊まるときに快適な宿泊になるかどうかの一番重要なポイントは、ベッドがフカフカかどうかでも、清潔な部屋かどうかでもない。
それは同室者がいいかどうか。

1人でもイビキがひどい人がいると安眠できないし、足が臭い人がいると部屋中足臭くなるし、夜中までお喋りする人がいるとなかなか眠れない。

a_DSC_0584_20140502201631fe8.jpg

そんななかバレンタイン・インのドミトリーのメンバーは優秀だった。
(欧米人のグループがいるとドミトリーの居心地が悪くなる可能性が高い。
ドミの中で夜中までお酒を飲んで大騒ぎしたり、ものを散らかして部屋が汚くなったり。
その点日本人はきれい好きでマナーも守るから、みんな日本人宿で沈没しちゃうのはドミトリーでも安眠できるからじゃないかなとも思う。)

でも、ひとりだけ例外的な人がいた。

30歳代と思われる女性の香港人(彼女は中国人の前で「わたしは中国人なんかじゃない。香港人!」と言い張っていた)。
彼女のことをここでは「メッセンジャー」と呼ぶことにしよう。(その理由はおいおい。)

彼女とはじめて顔を合わせたのは、わたしたちがこの宿に到着してドミトリーにするかダブルルームにするか悩みながらドミトリーの様子をチェックしにいったときのこと。

わたしたちが夫婦と知るやなぜか説教をした。
「夫婦だから同じベッドで寝るべきだ。
 ダブルルームに行きなさい。
 夫婦で別のベッドに寝るのはよくない。」


それでもわたしたちはドミトリーに泊まることにして、このメッセンジャーに改めて挨拶して話しかけてみた。

「こんにちは。
 ここには何日くらい泊まってるんですか?」

「うん、2週間くらい。」
「2週間もここに!?」

メッセンジャーは完全にこの宿に沈没していた。
誰よりも遅くまで寝ていて、昼過ぎに目覚めるけれどそのままベッドの上に座ってぼーっとしている。
そして、たまに「ウヒヒヒヒ」とひとりで笑っている。
こっちを見ながら笑っているときもあるので、怖くなる。

1時間くらいすると、また体を横たえて眠る、そして起きる、そして笑う。
日中はこれを繰り返す。

そして夜になると外に出て真夜中に帰ってくる。
服装がバックパッカーっぽくなくて、黒くて長いブーツに膝丈のタイトなスカートを履き、ショルダーバッグをさげて出て行く。

「ホテルにいないときは何をやってるんですか?
 どこに行ってるんですか?」

「プールに行ってるよ。」
「プール?!」

メッセンジャーが言うにはこの村のなかにスイミング用のプールがあるらしい。
こんな村にそんなプールがあるなんてちょっと信じられないけど、あるらしい。

みんなが寝て静まりかえった部屋にドタドタと帰ってくるメッセンジャー。
ちょっと迷惑。

さらに、寝た後もメッセンジャーは人の睡眠を妨害する。
寝言で叫ぶのだ。

「ぎゃあああああああ〜!!!!」

叫んだかと思えば笑う。

「ヒヒヒヒヒヒヒヒ」

おさまったかと思うと、ものすごい色気のある声で「アハ〜ン、う〜んっ」と喘ぐ。

睡眠を妨害するだけではない。
彼女はドミトリーの主となっていて、好き勝手に部屋を使っている。
他の人の外出中にその人のベッドに移動して寝転ぶ。
1時間くらいすると、別のベッドに移動する。
そして楽しそうに鼻歌を歌う。

そして、びしょ濡れの洋服をいろんなところに掛けている。
水を少しも絞ってなくて、ボタボタボタとしずくの音が部屋に響く。
自分のベッドにかければいいのに、困ったことに他人のベッドにそれを掛ける。
わたしのベッドにブラジャーを堂々と掛ける。

「これ、わたしのって思われたくないなあ。
私でさえも、一番目立つところにブラジャーを掛けるのは恥じらいがあるのに・・・」と思うけど、彼女にそれを指摘すると10倍になって返ってきそうなので言えない。

そもそも、メッセンジャーはここで何をしているのか。
旅人なのか。

「どのくらい旅行してるんですか?」
「2年くらい。
 そのほとんどが中東。」

「そんなに長く!?」
「1年近くヨルダンにいるよ。
 わたしはただ旅してるわけじゃないから。」


「NGOでボランティアとかされてるんですか?」
「ううん、わたしマッサージャなの。」

マッサージャ?
あ、マッサージ師ってことかな。
たまにマッサージ師とか美容師とか手に職があって仕事をしながら旅している人がいる。
彼女もそうなんだろう。

「マッサージ師じゃないよ。
 メッセンジャーだよ、わかる?」


いや、わからない。
なに? メッセンジャーって。

スーパーボイスを人に届けるのが仕事なの。
 まあ仕事っていっても、お金を払ってもらうわけじゃないけど。
 ボランティアよ。
 たまに謝礼金をくれる人はいるけど。」


スーパーボイス?
って何?

「わたしには天からの声が聞こえるのよ。
 天のお告げを人に伝えるの。
『スーパーボイスはあなたにこうせよと言っている』ってね。
 ほかの人にスーパーボイスを届けて生き方を教えてあげてるの。」


これは男性と女性の違いかもしれないけど、ケンゾーはこういった変わった人と付き合うのは好きではない。
「面倒くさい」「関わりたくない」と言う。
いっぽうイクエはこういうちょっと変わった人に興味をそそられるのだ。
だから、「無視しとけばいいのに」と嫌な顔をしているケンゾーのとなりでメッセンジャーと話し込んでしまう。

(日本にいるときも定食屋さんにひとりで行ったとき、似たようなことがあった。
隣に座ったおばさんから声をかけられた。
スーパーパワーをもっているそうで「自分は体から金(きん)を生み出すことができる。」と力説していた。
「自分が椅子に座った後、立ち上がると座ってた部分は金粉で覆われているのよ!すごいんだから。」とか「どんどん腕から金が噴き出してきちゃって大変よ。腕が金ピカに光るのよ。」とかわたしに自慢げに話しかけ、周りの人は白い目で見ていた。
帰り際「これ、あなたへのプレゼントよ。手を出して。」といって、大事そうにわたしの手の中に光るものをいれてくれた。
おばさんが行ったあと、手の中に入れられた金色に光る物体をまじまじと見てみた。
それは、金の色紙で包まれたチョコレートだった。)

メッセンジャーは、なぜ神の使いとして天の声を届ける場所としてここを選んだのだろうか。
お隣のイスラエルはイエス・キリストが生まれた場所でもあり、ユダヤ教やイスラム教の聖地もあるし、中東にはメッカもあるからこの場所に興味をもったのだろうか。

「どうして中東に来ることを選んだのですか?」

この質問は彼女にとっては愚問だった。

「だって、スーパーボイスがそう言ったんだもの。
『中東にせよ』って。
 わたしもなんで中東?って思ったわよ。
 中東なんて興味なかったし、行きたくなかったの。
 だって中東は日差しが強いし、日に焼けて肌が黒くなるでしょ。
 黒くなるなんてイヤ。
 でもスーパーボイスがそう指示したからしょうがなかったの。」


2週間もここに滞在しているメッセンジャーにペトラ遺跡のことを聞いてみた。
「ペトラ遺跡は行きました?
 1日券を買うか、2日券を買うか迷ってるんですよね。」

「行ったよ。
 でも、わたしはあんまりあそこは好きじゃないの。
 だってあそこにある遺跡のほとんどは昔の人のお墓でしょ。
 お墓には悪い気があるから、わたしは近寄らないようにしてるのよ。
 だから行ったけどほとんど見てないの。」


メッセンジャーは「良い気」「悪い気」を気にする人だった。
雪が降って暖房もないドミトリーは極寒なのに、「空気が悪い」と窓を開け放つ。
みんなが寝ている深夜にドタドタと帰ってきて、窓を開ける。
ケンゾーを含め、数人が起き上がり「寒いから閉めて」と言っても「この部屋は悪い気で包まれてるのよ!」と逆切れする。
それに対してケンゾーも「なに言ってんの!?」と怒って、閉める。
そして、またメッセンジャーが開ける。
めげずにケンゾーが再び閉める。
ほかの人もケンゾーに同調して、「閉めて」と言う。
メッセンジャーは「フンガ〜」「フンガ〜」と鼻息を荒くして布団を被ってふて寝する。
でも10分後には「ヒヒヒヒヒヒ」と寝言なのか起きてるのかわからないけど笑っている。

ただでさえ寒いのに、メッセンジャーが窓を開けるから余計に寒いこのドミトリー。
誰かがほかの人の分の毛布をこっそり奪って使っているようで、毛布がなくなる。
スタッフがベッドメイキングのたびに足りない毛布を探している。

「あなた毛布何枚もってる?」
「自分の分しかないよ」
スタッフに聞かれて、そう答える宿泊客。

スタッフはメッセンジャーにも聞いた。
「あなたは?」
「わたしは自分の分しかない。
 たぶんそこのベッドの人が余分に使ってるのよ。」


メッセンジャーは向かいのベッドを指した。
スタッフがそこを調べるけど、毛布はその人の分しかない。
仕方なく、スタッフは別の部屋から新たな毛布を運んできた。

でも、わたしたちは知っている。
メッセンジャーが1人で4枚の毛布を使っていることを。
極寒にも関わらず窓を開け放つのに、やっぱり本当は寒いんだ。

ずっとメッセンジャーは居座り続け、これからもこのドミトリーの主として君臨しつづけるだろうと思っていた。
だけど、そんなメッセンジャーが主を卒業するときはある日突然やってきた。

そのときわたしたちはドミトリーにいた。
もう時間は夜の10時をまわっていた。
レセプションのほうから、メッセンジャーの怒鳴り声と従業員のおじちゃんのやり合う声が聞こえてきた。
警察もやってきた。

鼻息を荒くして「フンガ〜」「フンガ〜」と言いながら勢いよくドアを開けてドミトリーに入ってきたメッセンジャー。
いろんな人のベッドにひっかけていたびしょびしょの洋服やブラジャーを撤収し、バッグに詰め込みはじめた。

わたしたちは悟った。
メッセンジャーがここを出て行くときが来たのだと。

メッセンジャーは毎日払うべき宿泊費を滞納していたのだった。

宿泊費が払えなくなり、宿を出て行かされたメッセンジャー。

でもきっとメッセンジャーはまだヨルダンにいるのだと思う。

今夜もどこかのドミトリーで、びしょ濡れのブラジャーを他人のベッドにひっかけて、ベッドの上で「ヒヒヒヒヒヒ」と笑っているはずだ。
もちろん、窓を開け放って。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

No title

いつも会話内容の鮮明さに驚かされます。

僕のことを記事にしていただいたときも、
一字一句違いないんじゃないか?というくらい正確な再現でした。
テープレコーダーか何かに録音してるんでしょうか?
もしくは職業病でしょうか??笑

いま僕も会話内容を再現しようとした記事を書いてみたのですが、
会話内容を何一つ思い出せませんでした。。
(明日アップの記事)

いつも読んでます

いつも読ませていただいてます!
時に感動したり共感したりする話や今回のように面白い記事など色々ありいつも楽しく読ませていただいています
ぼくも将来世界中を旅したいなーぁ、と中学生ながら思っています

はじめまして

いつも楽しみに読ませて頂いてます。
地図や行き方など詳しく紹介されているので、私もgooglemapとにらめっこしながら、妄想で旅しています(笑)
チベットの話や、インド-パキスタンの話、イランの話、アウシュビッツの話、イスラエル-パレスチナの話など、どれも考えさせられる内容や、知らなかったことが沢山ありました。
貴重な体験のシェアをありがとうございます。もっともっと聞きたいです。
お二人が感じた今、をこれからも楽しみしています。
ちなみに私も女性なのですが、変わった人にそそられる気持ちわかります(笑)
でも今を伝えてくれているお二人こそ、メッセンジャーなのかもしれないですね。

OGGYへ

その記事見たけど、ほんとにぜんっぜん憶えてないやん!せっかくいい出逢いがあったのにもったいない!
俺らは特に何もしてないけど、印象に残った言葉や会話だけでもメモに取ったら?

中学生さま

いつも読んでくれてありがとう!

中学生かあ、いいねえ。旅に限らずなんだってできるよ。
人生を楽しむのに年齢は関係ないからね。毎日を一生懸命に楽しんでいこう!

ミミズクさま

初コメントありがとうございます!

わたしたちのブログは「スーパーボイス」のような大層なものではないのですが、ミミズクさんのように共感していただけるととても嬉しいです。

これからもお付き合いよろしくお願いします!
非公開コメント