Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

「ペトラ遺跡」の本当の楽しみかた

2014.05.01 07:47|ヨルダン☞EDIT
きのう谷村新司の「サライ」をなんとなく聞いていたら、「え!谷村新司ってめちゃくちゃ美声やん!!」とちょっと感動したイクエです。
「サライ」は24時間テレビでおなじみだけど、出演者みんなで歌うから谷村新司の声をちゃんと聞けてなかったんだよね。
それと、あのビジュアルと美声がどうも結びつかないんだよね。
歌だけ聞くと、美声にうっとりするよ。

きのうの世界遺産編でご紹介した「ペトラ遺跡」
遺跡がどんなものなのかはきのう写真とともにお伝えした通りなんだけど、ペトラの本当の魅力はその遺跡ではなかった。

これまで写真で見てきたペトラ遺跡。
でも実際行ってみると「え〜!!ペトラってこんなに広大な敷地なの?こんな大自然の絶景のなかにあったの〜!?」ってびっくりした。

a_DSC_0259_20140429201445c7e.jpg

そんなペトラ遺跡の本当の楽しみかたっていうのは、遺跡を観ることじゃない。
それはトレッキングをすること!

トレッキングと言っても、登山用具が必要な本格的な山登りじゃない。
ペトラ遺跡には、いくつものトレッキングルートがあって観光客が遺跡めぐりをしながらトレッキングを楽しむことができるようになっている。

a_DSC_0196_2014042920131573a.jpg

たとえば、きのうの「世界遺産編」でも紹介した山の上にある修道院「エド・ディル」。

a_DSC_0304_2014050100504615e.jpg

ここまで行くのに、入口から2時間、山のふもとからだと1時間くらいかかる。
きついけれど、そこまで行く道のりも壮大な景色の連続。

こんな道を歩いていく。

a_DSC_0297_201404292019123b1.jpg

エド・ディルが造られたのは1世紀ごろだから、この道もその時代に造られたのかもしれない。
およそ2000年の間、何千、何万人の人が歩いたのだろう。
石を削って造られた道は数えきれない人たちに踏まれて、まるで溶けたようになめらかになっている。

上り坂できついけど、疲れたら一休み。
こんな絶景の中で、しばらくぼーっとして息を整える。
どこを見ても迫力のある景色。
あっちを見て「うわ〜」、こっちを見て「うお〜」。

a_DSC_0295_2014042920144576e.jpg

そして、ついに到着したエド・ディル。
でもさらにこの上にビューポイントがあって、上からエド・ディルを眺められる。
ペトラはこんなふうに、遺跡をさまざまな角度から見られる絶景ポイントがたくさんあるんだよ。

a_DSC_0302_20140501005040ee4.jpg

上から見るとエド・ディルの前にいる人たちが豆粒みたいに小さくて、遺跡の大きさを実感する。
よく1世紀に、こんな秘境に、こんな大きな、こんな美しいものを造ったよね。

a_DSC_0346_20140501020915b3d.jpg

美しいのはエド・ディルだけではない。
反対側を見ると、切り立った崖やゴツゴツした岩肌がこちらに迫ってくるかのようにそびえている。

a_DSC_0327_20140429202012f8f.jpg

ここに来る前は、ペトラって言えば「遺跡」だった。
そんな遺跡の写真ばかり見ていたけど、まさかこんな大自然を満喫できるなんて。
なんで誰も教えてくれなかったの〜。

ここでは遺跡よりも、この自然が主人公。

こんな大自然のなかで、暮らしている人たちがいる。
それが、遊牧民ベドウィン。

a_DSC_0359_201405010051143c3.jpg

彼らはいつもペトラ遺跡に「出勤」している。

a_DSC_0362_201405010051284b8.jpg

お土産を売ったり、観光客を馬やロバ、ラクダに乗せたり、ここで家畜を放牧させたり。
「出勤」というより、もともとここは彼らの生活空間だった。
いまは彼らのほとんどがペトラ遺跡のすぐ近くにある通称「ベドウィン村」という集落に定住している。

a_DSC_0203_201405010701544bf.jpg

ペトラ遺跡の入場料は高い!
7200円だもの。

これがどのくらい彼らに還元されているのか疑わしい。

ベドウィンとしては、自分たちの生活空間が観光地となって毎日外国人が入ってきて、伝統的な生活を変えることをよぎなくされた。
生計を立てるために、ここにやってくる外国人につきまとってお土産を売りつけたり、ウソをついて馬に乗せたりする。
(たとえば「馬に乗るのも入場料に含まれているからタダだよ」と嘘をついて、乗った後にお金を請求する。
観光客のなかには入場料が高いから「馬や馬車の代金も含まれている」と思い込んでだまされる人もいる。)

a_DSC_0031_20140429201243c29.jpg

政府(厳密にはヨルダンは国王が治めているので王室)は入場料を高く設定しているのに、サービスがともなっていない。
たとえばトイレくらいちゃんと管理してほしいけど、トイレの入口にはベドウィンがいて「トイレ代」と称して1ディナール(約144円)を観光客から徴収している。
ちゃんと政府が彼らを雇って給料を払ってあげればいいのに・・・。

だからここにくる観光客のなかには「ベドウィンはしつこい」とか「ウザい」とか「ベドウィンにだまされた」とか彼らに嫌な印象を持つ人も少なくない。
でも、彼らからしたら生活空間を荒らされて、かといって政府から充分な補償もないから、自分たちで多少強引にでも観光客から金を取るしかない。

ペトラ遺跡には毎日数千人の観光客が来てると思う。
つまり入場料で1日数千万円の収入があることになる。
このお金はどこにいってるんだろうな。

ベドウィンの生活の改善のために使われるのなら、高い入場料も払いがいもあるんだけど・・・。

たしかに、素晴らしい絶景と遺跡を探索してるのにベドウィンにつきまとわれたり、大自然の中にお土産を売る露店が並んでいるのは興ざめしてしまうかもしれない。
でも、彼らの生活空間にこっちがおじゃましていると思えば、案外それが気にならなくなってくる。

遺跡なのに、普通にヤギが放牧されている。

a_DSC_0246_20140429201507d0e.jpg

トレッキング途中にビスケットを食べながら休憩していると、ヤギに襲われそうになる。

a_DSC_0514_2014050100535883f.jpg

お土産屋さんの前で、ベドウィンのロバが交尾をしている。

ロバに並々ならぬ愛着をもっているイクエとケンゾーとしては、見たくなかったものを見てしまった感じ。

みんなにいじめられて哀愁漂うロバにこんな荒々しい一面があったなんて!

a_DSC_0353_20140429202013612.jpg

観光客を前にそんなことをするロバに営業妨害されたとばかりに、ベドウィンのおばちゃんが石をロバに投げつけてめちゃくちゃ怒ってた・・・。

それでも、やめようとしないロバ。

a_DSC_0354_20140501005110833.jpg

ロバのくせに。

ロバのくせに、持っているものが立派!!

a_DSC_0225_20140429201313ffe.jpg

鼻の穴に詰まった砂を取りたいみたいで、すごい勢いで「フンハア、フンハア」言ってるロバもいた。
ロバって歯茎も立派だったのね。

a_DSC_0372_20140501005121a14.jpg

乗ってくれるお客さんを待っているラクダは、カラフルな衣装を着せられておとなしくしている。

a_DSC_0369_20140501005155267.jpg

おとなしく、正座している。

a_DSC_0435_2014050100542752e.jpg

そんな動物たちを見ながら、次に登ったのはペトラ遺跡の中心にある小高い丘。
歩いて1時間近くはかかる。

a_DSC_0542_2014050100552778f.jpg

頂上に登ると、岩肌を削って造られた王家の墓が小さく見える。

a_DSC_0565_20140501005522d38.jpg

この頂上ではその昔、天に貢ぎ物を捧げる儀式が行われていたのだそう。
生け贄を置くための台や生け贄の血が流れる溝なんかがある。
確かに、このロケーションだとそんな神秘的なことをしたくなるのもわかる気がする。

a_DSC_0561_201405010055135e1.jpg

ペトラ遺跡は入場料は高いけど良くも悪くも、整備されていない。
なので危ない場所でもフェンスや注意書きなんてない。
絶景見たさに、みんなきわどいところまで行く。
ちょっとでも、足を滑らせたら大変。
でも、ぎりぎりまで行ってみたいんだよね。

a_DSC_0577_20140501005522077.jpg

でも、ほんとうに危ないらしい。
あんまり公にはなってないけど、事故死する観光客も年に数人いるみたい。

泊まっているホテルのスタッフのおじちゃんが「あの場所では足を滑らせて人が落ちて・・・。あの場所ではフランス人が・・・。」って話してた。

「この宿に泊まった人も何人か死んでるよー」って、淡々と話すおじちゃん。

「うちに泊まってた2人組のヨーロッパの女の子がね、丘の上に登ってさ、一人が背中を向けて写真を撮って振り向いたら後ろにいたはずの友だちがいなくなってんの。
あれ?どこいった?ってその子は辺りを見回したけど友だちの姿がない。
恐る恐る崖の下をのぞくと、友だちは落下して倒れてたんだって。
その子の胸には石が突き刺さってて、血が流れて・・・。
かわいそうだねえ。
その日の朝、その子たちにコーヒーいれてあげて『いってらっしゃい』って見送ったのに。」


だ、だいじょうぶ?
ペトラ遺跡。
ちなみにこの話をおじちゃんから聞いたのは、ペトラ遺跡の観光が終わったあと。

ペトラ遺跡って足元がつるつるの岩場のところが多いから、滑りやすいんだよね。

おじちゃんは続けた。

「あとね、このドミトリーに泊まってたドイツ人の子が行方不明になっちゃたんだよ。
ペトラに行って帰ってこないの。
荷物はベッドのところにそのままだし、警察にも届けて、ペトラを探しても見つからない。
だから警察はアンマンやほかの都市やヨルダンの国境なんかも調べたんだよ。
でも、その子の足取りが見つからない。
そして12日後にね、ペトラ遺跡でその子の遺体が見つかったんだ。」


このホテルでこれだけの事故死の話があるんだから、実際どのくらいの人が犠牲になってるのか・・・。
でも、政府は何の対策も取ってない様子。

ちなみに「ペトラ遺跡の入場料は高い」というのは旅人のなかで有名な話で、なんとか安く入れないか、払わずに入れないか考える旅人も多い。
わたしたちもペトラ遺跡に行ったあと、出会った日本人の旅人たちに「あそこにチケット買わずに侵入できると聞いたんですけど、実際どうですか?」と聞かれることも多かった。

で、その質問に対するわたしたちの答えはー。

「侵入はできる。
でも、侵入するべきではない。」


侵入ができるっていうのは、ペトラ遺跡の敷地は広大でフェンスや塀なんて一切ないから。
ペトラ遺跡のある盆地に向かって、街から下っていけばたどり着く。
実際、いっしょのドミトリーに泊まっていた中国人の男の子が侵入に成功していた。
アカバで出会ったアメリカ人も「侵入ルートの地図を友だちからもらったから、自分は侵入にチャレンジする」って言ってた。

a_DSC_0571_20140501005521c89.jpg

でも、この岩山や崖など大自然の砦に囲まれたペトラに侵入するのは難易度が高い。
たぶん侵入するまでに半日かかるから、無事に侵入できたところでペトラをじっくり観光できない。
侵入に成功した中国人の男の子も、一日じゃ全然見て回れなかったって言ってた。
そして、たまに見張りもいて見つかったら酷い目にあうよ。

それに、普通に入場料払って観光している人でさえ事故死しているから、危ない場所を通って侵入するのはケガしやすい。
誰にも言わずこっそり侵入して、落下したりケガをしても誰も気づいてくれないし、助けてくれない。

だから、侵入なんて考えない方がいい。

ちなみに「2日券、3日券を買って、2〜3人で一日ずつ回しながら使うのはどうでしょうか。」と質問されたこともある。
昔はけっこうこの作戦をとってた人もいたみたいだけど、今はチケット買うときにパスポートを提出してチケットに名前が印字される。
2日目、3日目にチェックされないで済む場合もあるかもしれないけど、見つかったらどうなるだろうねえ。

だから「侵入しよう」とか「安く入場しよう」とか考えない方がいいですよ。
高いけど、ちゃんと払いましょう!

まあ、でもビックリするくらいに高いからこんなことを思ってしまう旅人の気持ちもわかる。
せめて、半額くらいにしてくれたらみんなちゃんと払って入場するのにね。
高くし過ぎだよね。

なんといってもね、ちゃんと2日券、3日券を買えばドキドキせずにゆったりした気持ちでこの景色と遺跡を堪能できる。
これが高いけどちゃんとチケットを買うことの大きなメリット。

a_DSC_0209_20140429201221a79.jpg

そして、ペトラに行く時は宿の人に「これからペトラに行ってくる。」と宣言して行きましょう。
万が一事故に巻き込まれて帰ってこないときには、探してくれるから。

さて、話をもとに戻してペトラのトレッキングの続き。
映画『インディ・ジョーンズ』の舞台にもなった「エル・ハズネ」を上から見られるポイントがある。
そこに行くには「王家の墓」の後ろ側から山を登り、ぐるーっと回り込まないといけない。

a_DSC_0239_20140429201422c66.jpg

人通りも少ないし、標識もほとんどないので「えー、ここであってるのかな」という不安を抱えながら足を進める。
こんなふうに、道に迷い込んで二度と帰れなくなる人もいるんだろうね・・・。

昔の人が造った石の階段を登っていく。
つるつる滑るので注意!

a_DSC_0451_20140501005346a1b.jpg

「ほんとにこっちでいいの?」「通り過ぎてない?」と引き返したくなりそうになってくるころ、あのエル・ハズネが姿を現す。

a_DSC_0464_20140501062708298.jpg

a_DSC_0480_20140501062710935.jpg

ここからだと、岩肌を四角に切り抜いて造ったっていうのがよくわかる。
下をのぞくとちょっとぞっとするけど。

a_DSC_0489_20140501005358f2c.jpg

こんな危ないところにもベドウィンは露店を出している。
店をやっている青年が、見るからに危なそうな奥の岩の上にちょこんと座って笛を吹いていた。

a_DSC_0475_20140501005354544.jpg

「お茶でも飲む?」
「ううん、いらない。」

「下からほかに登ってくる人いた?」
「いや、全然いなかったよ。」
「そっか・・・。」

きょうはお客さんが少ないらしい。
このときは3月だったけど、ほんとうにお客さんが少なくて観光する身としてはすいていてとてもありがたかった。
でも、彼らにとっては売り上げが少ない季節。

ベドウィンの青年はとても穏やかな笑顔で、かわいい。
まだ若いけど、あと1週間後に結婚式を控えていた。

「こんなところにお店を出していても、みんなわからないよ。
下に行って『あそこでエル・ハズネを見下ろすことができます。お店出してます。』って呼び込みしないと!」


「うん。
下にぼくのフィアンセがいて、呼び込みやってくれてるんだよ。」


「来週、結婚式どこでやるの?」
「ここだよ。ペトラの中。」

きっと彼らは夫婦になってもこのペトラ遺跡の中で生計を立て、そして子どもを育てていくのだろう。

a_DSC_0232_201405010642437ff.jpg

a_DSC_0228_20140429201517aad.jpg

このペトラ遺跡は、単なる遺跡だけでなく、感嘆するほどの迫力ある大自然が堪能でき、そしてここで暮らしているベドウィンたちの生活も垣間見られる、スケールの大きな場所なのだ。

このペトラ遺跡にいるベドウィンは観光客からすると雰囲気を壊す「じゃまな存在」なのかもしれない。
でもこのペトラの風景からベドウィンや動物たちがいなくなれば、きっとさびしくなる。

さて、旅人から聞かれる質問。
「ペトラ遺跡に侵入できるか」という質問と同じくらい多いのが「1日券がいいか、2日、3日券を買うべきか。」

その答えはー。
「2日券か3日券を買った方がいい」

遺跡は1日で見てまわれる。
でも、トレッキングを楽しんだり、ベドウィンたちの様子や動物を眺めていたりすると1日じゃ足りない。

それに、青空の下のなかペトラ遺跡を堪能したい。
天気が悪いときに1日券を買ってしまうのはもったいない。
2日以上行けば、曇りでも晴れ間が出る瞬間があるかもしれない。

晴れた日の壮大な自然は気持ちがいいし、太陽の光に照らされる赤みがかった岩は美しい。

あなたもじっくり、この広大なペトラ遺跡の探索の旅にでませんか。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

No title

昨日の質問に答えていただき、ありがとうございました!

ホテルで聞かれたのですね~私も、そうしてみます。

ワディラム村からぺトラへのバスは、1日に1便しかないようですね。
私が調べた結果も、そうでした。時間もだいたい、そんな感じのようです。
最新の情報が欲しかったので、とても助かりました。

とても暑いんですね…。
ぺトラでもワディラムでも水をたくさん持っていくことになりますね(笑)
まずは数日アンマンをブラブラするので、安いお水を大量買いしようかと思います!

服装も、悩みます。
暑いなら半袖が楽だけど、陽ざしやイスラム国であることを考えると長袖??と(笑)


でも、なんとかめいっぱいヨルダンを満喫してきます♪

すごい

めちゃめちゃいかれてますね
こんなみるとこがあったなんて・・・

それにしてもよくこんだけいけましたね
ってかどうやってこんな道があるとか調べられたんですか?

エル・ハズネが上からみられるところがあるってのは日本にかえってから誰かの写真をみてこんなスポットがあったとはって気づきました。
地球の歩き方にも行き方はのってなかったので

ほんとすばらしいレポートありがとうございます。

たこ さま

楽しんでくださいね!

わたしたちはペトラは2日でじゅうぶんと感じました。
朝8時から行って16時、17時まで楽しんだ感じです。
本格的な登山をしないのであれば、2日で足りるかも。
今は日も長いので朝イチから日暮れまで楽しむと、もっと時間が使えますね。

薄手の長袖がいいかもしれませんね。
ストールなんかを羽織ると、日焼けも防げるし風も通って涼しいですよ。

たぬき さま

ペトラの案内板は不親切ですが、それでも片隅にトレッキングルートの地図がところどころに設置してありました。
パンフレットにも載ってましたが、チケットを買ったときにこのパンフレットをくれればいいのに別のところに置いてあるんですよね。
チケットの窓口とは反対側のブースです。
わたしたちはホテルに置いてあったパンフレットを持っていきました。

といってもこの地図もわかりにくく、最後はその辺にいるベドウィンに道を聞きました。
ベドウィンは客引きでウザいですけど、優しい人もけっこういますよ。

お天気に恵まれたことがなによりでした。
非公開コメント