Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

死海で浮いてみよう!

2014.04.19 07:30|イスラエル☞EDIT
持ってる全部のパンツに穴が空いてしまったケンゾーです。
4枚ともお尻の部分。
妻からは「オナラのし過ぎ!」と言われてしまった。
いやいや、さすがにオナラでパンツは破れんやろ。

イスラエル観光と言えばエルサレム、そしてもうひとつは死海
そう、あの塩分濃度が高くてプカプカ体が浮いちゃう湖。
ケンゾーとイクエにとってイスラエル・パレスチナ旅最後の場所だ。

死海はイスラエル・ヨルダンどちらの国でも泳ぐことができる。
イスラエル側で一般的なのはエン・ゲディというところ。

エンゲディ

ちなみに上の地図の点々で囲まれている部分がパレスチナ自治区。
死海の北側はパレスチナ自治区のはずなんだけど、水源とリゾート地の確保のために死海のまわりは北側でもイスラエル側が実行支配している。

今いるパレスチナのベツレヘムからは、いちどエルサレムに戻り死海方面へ行くイスラエルの会社のバスに乗らないといけない。
イスラエル・パレスチナをまたぐ移動は、バスを乗り換えないといけないので面倒。
まずはベツレヘムからエルサレムのダマスカス門までバス、8シェケル(約240円)。

a_DSC_0003_20140419062146f23.jpg

トラムに乗り換えてセントラルバスターミナルへ、6.9シェケル(約210円)。
このとき面倒だったのは、ダマスカス門前の駅のチケット販売機が専用カードのみで現金が使えなかったこと。
次の駅で一度降りてチケットを買い、また乗り直さないといけなかった。

a_DSC_0004_20140419062154292.jpg

セントラルバスターミナルでエン・ゲディ行きのバス、39.5シェケル(約1185円)。

a_DSC_0007_20140419062213ffb.jpg

死海は海抜マイナス420mと地球上でいちばん低い場所にある。
バスはどんどん坂道を下っていく。
死海が近づくにつれ緑が少なくなり、周りの景色は無機質なものに変わっていく。

a_DSC_0026_20140419062232749.jpg

a_DSC_0022_201404190621476a3.jpg

死海が見えてきた。
ふつうの海の表面ははるか400m以上も上。
不思議だねえ。

a_DSC_0024_20140419062147606.jpg

ふちがエメラルドグリーンに輝いている。
まるで南国の海。
死海がこんなきれいな色だなんて意外だなあ。
でもなんか化学変化を起こしてるみたいで、ほんとに泳いでもいいのかちょっと不安にもなる。

a_DSC_0032_20140419062240919.jpg

a_DSC_0033_201404190622576e0.jpg

a_DSC_0034_20140419062251a89.jpg

死海はエルサレムから日帰りで行くことが多い。
けれどバス代もけっこう高いし、このあとは南下してヨルダンに行くのでケンゾーとイクエは泊まることにした。

ホテルはエン・ゲディ ユースホステル
「エン・ゲディのユースホステルに行く」とドライバーに言っておくと目の前で降ろしてくれる。

a_DSC_0039_2014041906225323b.jpg

死海沿岸はイスラエル政府が力を入れているリゾートエリア。
最安のユースホステルではあるけれど一泊1人133シェケル(約3990円)もする。
朝食ビュッフェつき。
なかなかのお値段だけど、あくまでもユースホステルなので部屋はドミトリー。

a_DSC_0044_201404190623436f9.jpg

a_DSC_0042_20140419062406ec0.jpg

ホテルの食事はとんでもなく高い。
周辺にレストランや店がないので節約したい人は食料を持参したほうがいい。
ロケーションはバッチリ。
目の前に死海がどーんと広がっている。

a_DSC_0045_20140419062349d63.jpg

ちなみに、死海の向こうに見える岩山はヨルダン!

a_DSC_0046_20140419062336a69.jpg

さっそく着替えて死海に浮きに行こう!
ホテルから500mくらい歩いたところに入場無料のパブリックビーチがある。

a_DSC_0048_2014041906234535d.jpg

パラソルが咲いてまさにビーチそのもの。
テントで寝泊まりしてるツワモノもいる。

a_DSC_0050_201404190624566e7.jpg

a_DSC_0051_20140419062505c16.jpg

無料だけどちゃんとシャワーも浴びることができる。
日帰りの人も大丈夫だね。

a_DSC_0052_2014041906245233c.jpg

この日は曇り空で少し肌寒かったんだけど、いたいた泳いでる、じゃなくて浮いてる人たちが。

a_DSC_0053_20140419062500678.jpg

a_DSC_0057_201404190625494d8.jpg

a_DSC_0054_20140419062506aa4.jpg

ほんとに浮いてるねえ。
人がバシャバシャと泳いでるんじゃなくて、ぷか~んと浮いてる光景ってなんだかおもしろい。
とくにお腹がぽこんと出てるおっさんが浮いてる姿はちょっと笑っちゃう。

a_DSC_0091_20140419062703588.jpg

a_DSC_0093_20140419062704bd6.jpg

a_DSC_0069_2014041906261557b.jpg

たまにバシャバシャと泳いでる人もいるけどね。

a_DSC_0107_2014041906273116d.jpg

ケンゾーとイクエも負けてられない。
浮きますか。

注意しないといけないのが足元。
見たことない大きさの塩の結晶がごろごろ転がってる。

a_DSC_0061_20140419062550ec1.jpg

a_DSC_0075_20140419062624d70.jpg

a_DSC_0076_20140419062623bb5.jpg

気をつけていても足の裏を切ってしまう。
そして切れたら猛烈に塩水がしみる。
塩分濃度がふつうの海水の10倍だからね、強烈だよ。

ゆっくりゆっくり歩いて沖合へ。
さあ無事に浮けるか?

a_DSC_0062_201404190625471dd.jpg

a_DSC_0064_201404190625450d6.jpg

a_DSC_0068_20140419062557098.jpg

ちゃんと浮けたよ~!
なんか不思議な感じ。

でも思ったよりぷかぷかって感じじゃないかなあ。
気をつけてバランスを取ってないと顔が海水に浸かってしまう。
そして猛烈に目が痛くなる。
うわっイテー!って取り乱すとちょっと溺れた感じになっちゃう。

そして10倍の塩分濃度の海水の味は・・・。
塩辛いを通り越して苦い!
にがりそのもの。
しかも舌がピリピリじゃなくてビリビリ痺れる。

死海で浮きながらやる事といえば・・・。

a_DSC_0085_201404190626598ae.jpg

今後のルート、どうしよっかなあ。
ヨルダンのあとエジプトどうしよう?

a_DSC_0087_20140419062700448.jpg

つづいてイクエも死海初体験。
それ、なんのポーズ?

a_DSC_0074_20140419062620e72.jpg

浮いてるとこんなこともできる。
ほんとは日本酒をクイッといきたいとこだけど水で我慢。

a_DSC_0099_20140419062705581.jpg

a_DSC_0105_20140419062728889.jpg

死海のミネラルをたくさん含んだ泥でパックをするとお肌がスベスベになるそうだ。
有料のエン・ゲディ スパには泥がたくさん置いてある。
でも周りを見渡すと、ここでも泥で真っ黒になってる人たちがいる。
どこかに泥があるのかな。

a_DSC_0079_201404190626247ed.jpg

a_DSC_0115_201404190627570a9.jpg

奥の方へ行くと泥場を発見、近づくと硫黄の匂いが。
穴に手を突っ込んで泥を探す。

a_DSC_0108_2014041906273375d.jpg

a_DSC_0109_20140419062735cd5.jpg

全身に泥をぬりぬり。
乾燥と老化でカサカサの肌がすこしでもスベスベになるといいなあ。

a_DSC_0111_20140419062736997.jpg

a_DSC_0118_20140419062800b59.jpg

はい、できあがり〜♫
もはや誰だか判別できない。

a_DSC_0120_20140419062803f23.jpg

a_DSC_0122_20140419062804cd6.jpg

30分くらい放置して洗い流す。
肌はスベスベというよりもヌルヌル。
ミネラルは確かにありそうだけど・・・。
これが肌にいいのか悪いのかはわからない。

a_DSC_0123_201404190628031d9.jpg

翌日の朝、イクエに叩き起こされる。
「動物に会えるかもしれんけん!」

いや、会えんと思うけど。
眠くてテンションが低いまま、仕方なく外に出る。
すると、さっそくホテルの敷地内になにかいる!

a_DSC_0184_20140419072840b2b.jpg

ヤギみたいな、鹿みたいな。
アイベックスっていうらしい。

a_DSC_0129_201404190629347ea.jpg

ここにはエンゲディ国立公園がある。
死海だけじゃなくてこの国立公園はじつは欧米人には有名でトレッキングコースも設けられている。
国立公園に入るには入場料がいるけど、入らなくてもこんなふうに野生の動物に会えるんだね。
眠かったけど一気にテンションが上がる。

a_DSC_0130_2014041906293664a.jpg

付かず離れずなんだけど、人間を怖がってる感じはない。
木の実を差し出してみると、近づいて来て手から食べた!
かわいい!

a_DSC_0133_20140419062936457.jpg

a_DSC_0137_20140419062936adf.jpg

ホテルの周辺を散歩。
今日の天気もイマイチだなあ。
霧のようなものがかかってる。

a_DSC_0144_20140419062932e01.jpg

またまた変なヤツを発見。
プレーリードッグみたいな、ねずみみたいな。
これはイワダヌキでハイラックスって言うんだって。
なんとも憎めない顔をしてる。

a_DSC_0150_20140419063012d36.jpg

a_DSC_0155_2014041906301822e.jpg

木の上になにかいる!と思ったら同じヤツだった。
数十匹はいて、木の枝がわさわさとなる。
まるで鳥みたいだ。
変なヤツ!

a_DSC_0169_2014041906304663e.jpg

a_DSC_0170_2014041906304713a.jpg

またアイベックスがいたと思ったら、ヒゲがはえて貫禄がある。
角の大きさもさっきとは比べ物にならないくらい立派。
視線が鋭くて恐いよ。

a_DSC_0160_20140419063017b6f.jpg

a_DSC_0165_20140419063021acc.jpg

a_DSC_0168_20140419063020a8b.jpg


イスラエル・パレスチナ編はこれで終了。
このあと南のアカバというところから隣のヨルダンに移動します。
次回イスラエル・パレスチナの旅を振り返って、ヨルダン編のスタートです!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

久しぶりの観光&かわいい系の記事ですね!ほっこり!!こうゆう記事もよいです。ありがとうございました♪

京子さま

そうなんですよね。
書いてる側もたまには、ほっこり系を書きたくなります。
これからはまたゆるりな旅の記事が増えると思いますのでお楽しみに!
非公開コメント