Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

壊されるべきアート

2014.04.18 07:48|パレスチナ自治区☞EDIT
炭酸が苦手でビールよりも断然ワインが好きなイクエです。
コーラも飲めなかったんだけど、旅行していると100パーセントジュースなどなくて炭酸飲料しか売ってない国が多い。
だから今ではすっかりコーラも飲めるようになりました。

パレスチナ自治区のベツレヘム。
イエス・キリストが生まれた場所として世界的に有名な場所だけど、最近ここを有名にしているもうひとつの理由がある。

それは、これ。

a_DSC_0009_2014041803012360e.jpg

イスラエル政府がパレスチナ自治区との境界に一方的に建設した

イスラエルとパレスチナを分けるように建っているので「分離壁」とも呼ばれるし、パレスチナを閉じ込めるようにつくられているので「隔離壁」とも呼ばれる。

イスラエルはこの壁の建設を「テロリストからの攻撃を防ぐため」だと言い「セキュリティ・フェンス」と呼んでいる。

壁の上からはイスラエル兵がパレスチナ人たちを監視している。

a_DSC_0872_20140418071049f37.jpg

この壁はパレスチナ自治区の領土に食い込むようにつくられていたり、パレスチナの街を分断するように一方的に建てられていて、パレスチナ人の生活に大きな支障をきたしている。
もちろんこの壁を管理しているのはイスラエル政府で、パレスチナ人が壁の外に出るには特別な許可証が必要、チェックポイントでイスラエル兵のチェックを受けなければならない。
分断する壁をつくりながらも、イスラエル政府は壁で区切ったパレスチナ側にも勝手にユダヤ人入植地をつくっているので、この壁はイスラエル政府にとって都合良くできている。

国連総会では壁の建設への非難決議がなされ、国際司法裁判所も建設は違法と判断しているけど、イスラエル政府は壁を撤去しない。

a_DSC_0884_201404180338036cd.jpg

イスラエル政府からは「セキュリティ・フェンス」と呼ばれている壁だけど、南アフリカで行なわれていた非白人の人種差別を彷彿とさせるものとして「アパルトヘイトウォール」と呼ばれることもある。

ベツレヘムではこの壁が、街中にはり巡らされている。

a_DSC_0047_201404180311348b7.jpg

a_DSC_0865_201404180712227f8.jpg

a_DSC_0044_20140418031127392.jpg

パレスチナ人の生活や動線なんておかまいなく(というかわざと不便にするため)建設されている。
人通りが多かった道路の真ん中にドーンと建てられたために、突然そこに人も車も通らなくなり、商店はつぶれ住人たちも出て行かざるをえなくなった場所もある。

a_DSC_0860_20140418071220129.jpg

そして、こんなところもあった。
三方が壁に囲まれている建物。
以前からこの建物はお土産屋さんとゲストハウス、そして住居として使われていた。

a_DSC_0016_2014041803022714f.jpg

ある日突然、工事が始まりみるみるうちに高さ8メートルの壁に囲まれてしまった。
窓から見えるのは、壁。
一日中日陰。
同じパレスチナ自治区に行こうにも壁を迂回していかないといけない。
居心地のいい場所が、突然刑務所になったようなもの。

キリスト教徒もイスラム教徒も関係なく、パレスチナ人たちが共存しているベツレヘム。
教会とモスクのミナレットのシルエットの前に、異質な監視塔が不気味にそびえる。

a_DSC_0084_20140418042100b42.jpg

イクエとケンゾーがお世話になっているオンディネの家からもこの壁が見える。
ある日、家に帰っていたときのこと。
壁の前がなにやら騒々しかった。

a_DSC_0757_20140418032752824.jpg

パレスチナ人たちが壁に向かって歩き、壁の撤去を求めていたのだった。
パレスチナでは、イスラエルの休日にあたる金曜日には各地でデモが行なわれる。
この日も金曜日だった。

長期化するイスラエル・パレスチナ問題に、世界の多くのメディアは手を引いている。
それでも何かあったとき(イスラエルの攻撃や侵攻、虐殺)にそなえて、これを記録し世界に発信するために今では、パレスチナ人たちがみずからカメラを構えている。

a_DSC_0818_20140418033101f65.jpg

催涙弾を発射させるイスラエル兵。
あたりは煙に包まれ、目からは涙が噴き出し、喉はしびれる。
高齢の女性や子どもたちにも煙は襲ってくる。

a_DSC_0809_2014041803305530d.jpg

a_DSC_0814_20140418033057e03.jpg

イスラエルの攻撃は催涙弾でおさまらないときもある。
通りに面したお店の窓ガラスには放射状にヒビが入っている。

a_DSC_0758_20140418071808a46.jpg

攻撃されるのに、黙ってはいられないパレスチナの青年たち。
完全武装のイスラエル兵に対し、彼らは何ももっていない。

a_DSC_0820_2014041803310380e.jpg

ただ、あるのは石だ。

a_DSC_0816_201404180330598e7.jpg

「石なんて投げて何になるの?
 銃を持つイスラエル兵に石が当たったら反撃される。」

彼らをみてそんなふうに思う。
彼らの行動は馬鹿げていると思う。

でも、彼らには石を投げることしかできない。
そんな彼らの状況や悔しさもわかる。

壁のそばにはたくさんの石が落ちていた。
たくさんの石が落ちていたけど、こんな石で壁は倒れるはずはない。
投げた彼らもそんなことはわかっている。

a_DSC_0841_201404180335265e1.jpg

武装したイスラエル兵が、非武装のパレスチナ人を前に「あいつらはあぶない」と言うことこそ、ナンセンスだ。
そんな現実を揶揄した風刺画が、泊まっているところからすぐの場所にあった。

a_DSC_0836_201404180335214ca.jpg

ここではボディーチェックをするのはイスラエル兵だけど、ボディーチェックされるべきなのはイスラエル兵なのかもしれない。
この絵はただの落書きではない。
世界的に有名なイギリスのアーティスト、バンクシーの作品。
世界中でゲリラ的に風刺画を描いている、覆面アーティスト。

これもバンクシーの作品。
防弾チョッキを着た狙われる鳩。

a_DSC_0003_20140418030110bab.jpg

バンクシーは、これ以外にも分離壁にいくつかの作品を描いている。

a_DSC_0046_2014041803112912a.jpg

バンクシーに限らず、壁にはたくさんの人たちがメッセージ性の強い絵を描いている。
まるでベルリンの壁みたい。

a_DSC_0855_201404180335247fc.jpg

イスラエル兵の侵攻や虐殺を描いた作品。

a_DSC_0038_2.jpg

a_DSC_0033_201404180304121f1.jpg

ベツレヘムはイエスが生まれた場所。
そんな場所が今では壁で囲まれている。
そしてクリスマスツリーも。

a_DSC_0008_2014041803010841e.jpg

こここそが、本当の「ウォール街」?

a_DSC_0011_20140418030114592.jpg

入れるのは涙じゃなくて、バスケットボールだけにしたい。

a_DSC_0018_20140418030240c1e.jpg

「壁を壊したい!」「壁を越えたい!」という思いにあふれている作品も多い。

a_DSC_0024_20140418030239bb2.jpg

a_DSC_0044_2_20140418030419a7e.jpg

a_DSC_0881_20140418070918dec.jpg

それぞれの思いが込められたアート。
このアートは、壊される日がくることを待ちわびている。

高い、高い塀にカラフルで力強く、楽しく、希望に満ちた絵がいくつも描かれている。
こんなにたくさんの人たちがこの壁が壊されることを望んでいるのなら、壊される日も近いかもしれない。

そんなアートで覆われた壁の向こう側に行ってみることにした。
つまり、イスラエル側に。

a_DSC_0036_20140418030412684.jpg

パレスチナ人にとっては、壁の向こうに行くのは外国に行くのよりも難しい。
チェックポイントは2重、3重になっていた。
わたしたちはパスポートを見せるだけで簡単に入れたけれど、前に並んでいる人は指紋を機械に当てさせられ、当てると同時にパソコンの画面に彼の写真が出てきた。
塀の中に入ることを許可された人は、事前にしっかりと登録されているようだった。

a_DSC_0064_20140418031135f07.jpg

壁の向こう側。
それは、街などがない、あるのはオリーブ畑と整備された道路ののどかな田舎の風景だった。

a_DSC_0069_2014041803113426c.jpg

パレスチナ側には壁のすぐ横まで商店や家々があったのに、まるで違う。
あんなに入り組んだり、建物を取り囲んだりしながら、ぐにゃぐにゃに曲がっていた分離壁。

つまり、イスラエル側はパレスチナの街の、侵攻できるぎりぎりのところまで入り、壁を建てたのだ。
壁のわきにはオリーブ畑が広がっていて、家畜が放し飼いにされていた。
飼い主はたぶんパレスチナ人なんだろうな。
きっと壁のできる前からここでオリーブを育て、家畜を放牧し、暮らしていた。

a_DSC_0072_20140418032748511.jpg

壁がつくられてからは、彼らの住居はイスラエル側に組み込まれ、本来の故郷のパレスチナ側へ自由に行き来することがとても難しくなっているようだった。

a_DSC_0073_20140418032754dc6.jpg

そして、壁を見てわたしたちのあの願いは絶望的なのではないかと気づいた。
いつの日か壁が崩されるという願いが。

イスラエル側の壁には、まったく絵が描かれていない。

a_DSC_0070_2014041803274553f.jpg

願いは一方的なものなのかもしれない。
イスラエルの人たちにとっては、この壁はじゃまなものではなく、必要な「セキュリティ・フェンス」に過ぎない。

壁の絵が片方にしか描かれないうちは、この壁が壊される日はこないのではないか。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

はじめまして。いつもブログを拝見しています。
イクエさんが書かれた「壁の絵が片方にしか描かれないうちは、この壁が壊される日はこない」、
パレスチナ・イスラエルには行ったことはないですが、とても共感できたのでコメントしました。
イクエさんとケンゾーさんの写真は他のメディアでは見られないものばかりなので、
いつも更新を楽しみにしています。
あの壁にはバンクシーの作品も描かれているんですね。。びっくりしました。
気をつけて旅を続けてくださいね。

No title

初めまして。
いつもブログを拝見しています。
私には到底行く事が出来ないところへ旅をしているお二人を見ているのが楽しいです。

この壁は絶望的に思えますが、人の造ったものはいつか必ず壊れます、
永遠は有りません。
私が学校でベルリンの壁の事を教わった時代には、
壁が崩壊する日が来る事は無い様に思えたが。
その日はある日突然やってきます。

だから望みだけは持ちましょう、パレスチナの人々もそう考えいるからこそ、
生きていけるのだと思います。

ビール さま

いつもブログを読んでいただいてありがとうございます。
パレスチナ側の壁の絵は国際色豊かで、外国語も書いてあったりして、みんなの思いが詰まってるように感じました。
それに比べてイスラエル側はとても冷たいコンクリートでした。
イスラエル政府が絵を描くことを許さないというのもあるのかもしれません。

バンクシーはもちろんパレスチナ側で描いてますがそれでも壁に絵を描いている時、イスラエル兵から銃で威嚇されてたみたいです。
恥ずかしながらわたしたちはパレスチナでバンクシーの存在を知りました。

gamaoyabinさま

初コメント、それも希望に満ちたコメントありがとうございます!
きっとあの壁も壊される日を待っているのだと思います。
いつの日か、パレスチナの悲劇を過去形で思い出す日が来ることを切に願っています。

はじめまして!
いま大学でパレスチナ、イスラエル問題の講義を受けており、複雑で分かりずらかったところにケンゾーさん、イクエさんの記事を見つけ、興味深く読ませていただきました。
正直、大学で講義を受けるまで今もこのような事が起きているということを全く知りませんでした...。
記事でもたくさん勉強させていただきありがとうございます!
ブログこれからも読みます!!

Re: タイトルなし

> はじめまして!
> いま大学でパレスチナ、イスラエル問題の講義を受けており、複雑で分かりずらかったところにケンゾーさん、イクエさんの記事を見つけ、興味深く読ませていただきました。
> 正直、大学で講義を受けるまで今もこのような事が起きているということを全く知りませんでした...。
> 記事でもたくさん勉強させていただきありがとうございます!
> ブログこれからも読みます!!

みい さま

大学で勉強したんですね。
そして、このブログを読んでくださってありがとうございます!

日本では海外のニュースがあまりとりあげられないのが残念です。
みいさんみたいにたくさんの人が興味をもつと、もっといい方向に動くのだと思います。

ぜひ機会があればパレスチナに行かれてみてください。
非公開コメント