Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

チェコ「テルチ歴史地区」☆ おっさんも乙女に

2014.02.16 05:58|世界遺産 星いくつ?☞EDIT
痒かったので妻に「背中を掻いて」と頼んだら足の指で掻かれたケンゾーです。
「なんで足なん? ちゃんと手で掻いて!」って抗議したら、「いいけんいいけん」って言われた。
いや、よくないやろ。

チェコ編もいよいよ今日で最後。
きのうの記事でイクエが期待をあおってハードルを上げた街テルチへと移動する。

テルチ

チェスキー・クルムロフからチェスケー・ブディェヨヴィツェでバスを乗り換えてテルチへ。
ヨーロッパは週末になるとバスや列車の本数がグッと減る。
開いてる店も少ないし、日本よりも「休日」感が漂っている。

a_DSC_0882_2014021501591307f.jpg

この日は日曜日だったのでバスの待ち時間がけっこう多かった。
およそ3時間半でテルチに到着。
予約してあるホテルまで10分くらい歩いていく。

a_DSC_0888_20140215015914367.jpg

「Penzion Podolská」
今回もキッチン付きのペンションタイプ。
ダブルルームで1部屋500コルナ(約2600円)。
フリーWi-Fiあり、朝食はなし。

a_DSC_0889_2014021501591457d.jpg

a_DSC_0891_20140215015917424.jpg

なぜだか部屋にベビーベッドが。
家の人が使ってたのかな。

a_DSC_0890_20140215015916e7a.jpg

テルチの小さな旧市街は世界遺産に登録されている。
とてもかわいらしい街らしいけど、どうかな?
半信半疑で旧市街へ。

a_DSC_0893_2014021501593333e.jpg

この門をくぐったら・・・
メルヘンチックな世界が広がっていた!

a_DSC_0914_20140215015957207.jpg

なんだこれ?!
めっちゃかわいいんですけど!
絵本とかおとぎ話の世界そのまんま。

a_DSC_0901_20140215015934d17.jpg

a_DSC_0909_20140215015954519.jpg

カラフルでかわいらしい建物がずらっと並んでいる。
どういうこと?
ここで人が生活してるってことが信じられない。

a_DSC_0904_20140215015936e6a.jpg

a_DSC_0907_201402150159389f7.jpg

ドールハウスみたいな家。
水汲みポンプがやけに大きくて、小人の世界に迷い込んだような感じ。

a_DSC_0913_20140215023022314.jpg

テルチがこの絵本の世界のような街並みになったきっかけは、1530年の大火。
この火事でテルチの街は全焼してしまう。
火災後、この地を治めていた領主ザハリアーシュは家を建て替える際にはルネッサンス様式で建てるよう市民に呼びかけた。
領主の呼びかけに応じたテルチ市民は競うように美しい家を建てていったそう。

a_DSC_0911_20140215020130e31.jpg

a_DSC_0924_20140215020133e27.jpg

なんだか子どもの頃に食べていたカラフルな動物の形をしたビスケットに見えてきた。
片側にパステルカラーの砂糖がコーティングしてあるビスケットあったよね?

動物ビスケット


見てるだけでとってもハッピーになる街だね。

a_DSC_0925_20140215020134eec.jpg

a_DSC_0932_20140215020151a48.jpg

よーく見ると、カラフルな建物の表の部分はぺらっぺら。
「ぺちゃん」って潰されたみたい。
見れば見るほどおもしろい。

a_DSC_0900_20140215023020109.jpg

日が落ちて辺りが暗くなった頃、こうこうと明かりがついている場所を発見。
時おり歓声らしきものも聞こえてくる。
これはもしかして!

a_DSC_0956_20140215020210d25.jpg

a_DSC_0939_2014021502020631d.jpg

やっぱりアイスホッケーだった!
アイスホッケーはチェコの国技。
見るチャンスがあればいいなあ、と思ってたので嬉しい。

チェコでは冬になると凍った池が天然のリンクになる。
スケート靴とホッケーのスティックが家にあるのはふつうの事で、週末になると日本でキャッチボールをするような感覚で池ホッケーを楽しむんだって。

a_DSC_0952_2014021502020817e.jpg

a_DSC_0948_20140215020206d9e.jpg

テルチは田舎の小さな街だし、屋根なしで簡素。
きっと草アイスホッケーのレベルだとは思うんだけど、間近で見るとかなり迫力がある。
いやあ、あたり前だけどみんな上手に滑るねえ。


さて、おとぎの国の世界が広がる「テルチ歴史地区」。
「星いくつ?」

「星、1つ!

外の世界から隠されるようにひっそりと時を重ねてきたテルチの街。
まさに絵本やおとぎの国の世界。
旧市街に足を踏み入れた途端に、夢見る少女じゃなくても夢の中にいるような気分に。

a_DSC_0935_20140215020204445.jpg

a_DSC_0917_20140215015959eca.jpg

でも、テルチの街はとても小さいので観光は1時間で終わってしまう。
かわいくて素敵な街なんだけど、あまりにも小さくてちょっと物足りないので星は1つ。
泊まらなくて立ち寄るだけでも十分楽しめる。

a_DSC_0902_20140215015936fcf.jpg

a_DSC_0922_201402150201318d8.jpg

アラフォーのおっさんでも「かわいい!」と思わず叫んでしまうほどメルヘンチックな街並み。
年齢、性別はあまり気にせずに、ぜひおとぎの世界へ!


【旅 info.】
  テルチa_DSC_0898_20140215020241698.jpg
列車よりもバスのほうが便利。
プラハから1日数便、所要3〜4時間。
チェスケー・ブディェヨヴィツェ、ブルノからも1日数便、所要2時間。





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント