Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別記事
リンク
見てくれてありがとう!
ふたりのお勧め旅グッズ











 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


世界一のビールを飲み比べ そのお味は?

2014.02.08 06:22|チェコ☞EDIT
乾燥で肌がカサカサになっているケンゾーです。
妻に「顔がおじいちゃんになっとるけん!」って言われてます。
うん、たしかにこの調子で老けていくと60、70になったらどうなるんやろう。

最高に居心地の良かったフィリップの家で過ごした日々。
残念だけど旅立つ日がやって来た。
さようなら、優雅な日々よ。
あっちゃん、フィリップありがとう!

後ろ髪を引かれながらケンゾーとイクエが向かう先は空港。
2週間滞在したフランスを離れ次の国へと移動する。
次の国はチェコ!
なんでチェコにしたのかって?
もちろん飛行機代が最安だったから!
ちなみにeasyJetでリヨン 〜 プラハ が1人46.5ユーロ(約6700円)!

プラハ

ただリヨンの空港に行くまでが面倒くさい。
まあ、お金をケチらなければ市内と空港をダイレクトで結んでるローヌエクスプレスっていう快速トラムがあるんだけど、25歳以上だと15.7ユーロもするんだよ!!
ふたりで4500円が飛んでいく、たった30分足らずで。

庶民の味方Bla Bla Carもあるにはあるんだけど、いい時間帯がない。

どうしようか悩んでいた時にフィリップから教えてもらったのがGo Airport
これはトラムのメイジュー駅と空港間を結んでいるシャトルワゴンのサービス。
インターネットから申し込むと5ユーロ。

ということで、まずはフィリップの家の最寄り駅からメトロに乗って・・・

a_DSC_0026_2014020615471110f.jpg

トラムに乗り換えて・・・
(1時間以内なら1枚のチケットでメトロ ー トラムの乗り換え可能)

a_DSC_0027_20140206154709518.jpg

Go Airportのワゴンに乗って・・・
(時間になると駅前にワゴンがやって来る)

a_DSC_0031_20140206154716bb9.jpg

1時間ちょっとで空港に到着。
いやあ、チェコに行くよりも空港に行くまでのほうが疲れる。
ばいばい、フランス。
美味しかったなあ、チーズとワイン。

a_DSC_0032_20140206154713c22.jpg

チェコもシェンゲン協定の国なのでパスポートチェックもなく、国内移動のようにあっけなくプラハに到着。
ヨーロッパの空路移動はほんとに「旅してる感」はゼロだよね。
チェコはユーロじゃなくてコルナという独自通貨なので、かろうじて違う国に来たって気はするけどね。

空港からプラハ市内までは、まずバスに乗って・・・

a_DSC_0035_20140206154712eec.jpg

メトロに乗り換えて・・・

a_DSC_0038_201402061547594b9.jpg

最後は歩いてホテルへ。
もう夜の10時を過ぎちゃった。
ホテルはネットで予約済み。
あ〜さすがに疲れた。
はやくベッドに寝っ転がりたい。

a_DSC_0041_201402061548018c9.jpg

メトロの駅からホテルまでは歩いて10分くらい。
迷うことなくたどり着いた。
「どんな部屋かなあ」
ネットで事前に予約してると、チェックインのときちょっとドキドキだよね。
「写真どおりかな?」「ハズレていませんように!」ってね。

a_DSC_0043_20140206154802af4.jpg

さあこのホテルはどうかな?
ガチャガチャ・・・ドアには鍵が。
まあこの時間だからね。
閉まっててもおかしくはない。

ブザーを鳴らす。
・・・。
寝てるのかな?

もう一度鳴らす。
・・・。

ドアをノックする。
ドンドン叩く。
大声で叫ぶ!!

シーン。

ウソーー!?
どういうこと?
今夜野宿?凍え死ぬよ!!

よく見るとドアに張り紙が。
「18時以降はスタッフがいません。
 ご用の方はこの番号に電話してください。」


予約するときそんな注意書きなかったよ。
そんな大事なこと前もって教えといてよ!
しかも18時って、スタッフはけるの早すぎ!!

電話しろって言ったって、携帯持ってない旅人だって多いだろうに。
ケンゾーとイクエも携帯は持っているけれど、チェコのSIMカードは買ってない。
公衆電話も近くにないし、どうしよう。

困っていると、中年の夫婦が通りがかった。
このチャンスを逃すわけにはいかない。
怪しまれないように笑顔、でも困ってる感のアピールも忘れずに状況を説明すると、すぐに書いてある番号に電話してくれた。

電話をしてもらって待つこと30分、スタッフがやっと来て部屋に入ることができた。
「LION HOSTEL」
バス・トイレは共同、Wi-Fiあり、朝食はなしで1部屋400コルナ(約2100円)。
プラハでダブルルームでこの値段は格安だけど、夜にホテルに到着する場合は要注意!

a_DSC_0046_201402061548079a0.jpg

さて、航空券が安いというだけでやってきたプラハ。
なんの思い入れもなくチケットが安いというだけで訪れたこの街で、人との出会いに恵まれることになる。

まだリヨンにいる頃、ブログの冒頭「リアルタイムは〇〇」の部分に「このあとはプラハに行きます!」と書いていたら、読者の方からメールが届いた。
『実は私もプラハに到着します。もしよければビールでも飲みに行きませんか?』

おおー、なんという偶然!
しかも一言「プラハ」って書いただけなのに!
ちゃんと見てくれてるんだ、ありがたい。
ということで、翌日ブログの読者ナオキさんとチェコビールを飲みに行くことに。

ビールと言えばドイツっていうイメージがあると思うけど、じつは国民1人当たりのビール消費量世界一はドイツじゃなくてチェコなんだって。
しかも19年連続で不動の1位。
値段は激安で味は世界一。
ビール好きには天国のような国、それがチェコ

ナオキさんとやって来たのはウ・フレクーというビアホール。
創業1499年、プラハで最も古いビアホールなんだって。

a_DSC_0268_20140206154914a7a.jpg

何はともあれまずビール。
大量のビールをトレイに載っけたおっちゃんが店内をうろちょろしてるので、声をかけてビールをもらう。

a_DSC_0242_201402061548104e6.jpg

ナオキさんはコンピュータのエンジニアで、仕事の休みを利用して年に数回一週間以内の旅行を楽しんでいるそう。
今回はプラハ滞在に絞っての旅行。
日本人って休みが取れにくいから、せっかくの旅行のチャンスがあったらいろんな場所を詰め込んでプランを立てる傾向にあると思う。
でも、ナオキさんは欲張らずプラハだけに滞在。
ゆっくりとその街に身を委ねる。
こんな旅行のしかたもいいよね。

a_DSC_0244_201402061548499ae.jpg

プラハで最古のこのビアホール。
むかしは修道院だったそうで、当時から造られつづけている黒ビール目当てに連日大賑わい。
そんな歴史ある黒ビールのお味は?

a_DSC_0245_20140206154848b60.jpg

クリーミー!
そしてほのかに甘い。
甘さと苦さが絶妙なバランスでお互いを引き立てている。
なんとなくコーヒーの甘みや苦さに似ている。

そしてビールにはこれ、ソーセージ!
肉汁ジュワーで美味しかったんだけど、隣に座ってたドイツ人のおばちゃんは「ビールはチェコのほうが美味しいけど、ソーセージはドイツがベスト!」って言ってた。

a_DSC_0248_20140206154841c6e.jpg

店内ではアコーディオン弾きのおじいちゃんが、軽快なメロディに乗せて野太い声を響かせている。
ビールジョッキを傾けながらいっしょに歌う客もいて、どんどん盛り上がる店内。
おじいちゃん、いい仕事してるねえ。

a_DSC_0246_20140206154845db0.jpg

おじいちゃんのアコーディオン弾きが別の部屋に移って行くと、今度は若いおにいちゃん登場。
でもね、この若いほうがアコーディオンを弾き出すと、かわいそうになるくらい場がしらけてくるんだよね。
だってね歌ってるのかどうなのか分からないくらい声が小さい!
自信がないのがありありなんだよね。
完全に店内の喧噪にのまれてる。

a_DSC_0254_2014020615484584c.jpg

隣のドイツ人のおばちゃんが「この曲弾いて!」ってリクエストするんだけど全然知らないし。
おばちゃん「もういい!」ってリクエストするの諦めちゃったよ。
苦笑いするおにいちゃん。
店内をクールダウンさせて去って行った。
きっと今、修行中なんだね。
がんばれ!

旅行は好きだけど、休みが取れないので1週間以内の短期旅行しかできないというナオキさん。
やっと取れた休み、でも限られた時間しかないということで、いつも旅先では精力的に美術館や博物館巡り、観光地を見て回っているそう。

一方、時間だけはあるケンゾーとイクエ。
それなのにほとんど美術館にも行かず、ガツガツ観光しないのはもったいなくはないですか?と言われた。
そうだよねえ、贅沢なことしてるよねえ。

ちゃんと日本で日々がんばって働いてる人を前にすると、ちょっと申し訳ない気持ちになる。
自分たちが(日本の中で)恵まれてるとは思わないけど、長期の旅をしたくてもできない人がいるのは事実。
今こうして旅ができる幸せを忘れないように、これからも旅を楽しんでいかないとね。

みんなでビールを飲んでいると、ナオキさんが「これどうぞ」と大きなビニール袋を渡してきた。
なんだろうと中をのぞくと・・・

a_DSC_0263_201402061550152e1.jpg

大量の日本食が!!
えー!こんなに?!

じつはメールで「欲しいものがあったら日本から持って行きますよ」って言ってくれてたんだけど、わざわざ申し訳ないし、フランスで家族と会ったばっかりだから丁重にお断りしてたんだよね。
それなのにこの大量のお宝!

「こんなにたくさん受け取るわけにはいかないよ」

「いやいや、たいした値段じゃないですよ。わたし、一応働いてますから。
思ったんですよ、こうやっておふたりのように旅をしている人のブログを日本でお金もかけずに見せてもらって楽しんでるでしょ。
旅はお金がかかる。
だったらちょっとでもこの食材を足しにしてもらって、一日でも長く旅を続けて、一日でも長くブログでわたしを楽しませてほしい。」


嬉しい言葉。
毎日おつかれさまです!
ありがたく頂きます!

a_DSC_0262_20140206155020244.jpg

ナオキさんとは次の日もいっしょにプラハを観光した。
といっても、やっぱりビアホールのはしごだけど。

a_DSC_0347_201402061700523b1.jpg

ウ・ピンカスーという店で、日本でも主流のピルスナービールを世界で最初に提供しだした店。
スターや大統領など世界の有名人たちにも愛されているお店で、壁にはここでおいしいビールを堪能した有名人の写真がずらり。

a_DSC_0349_20140206170056879.jpg

さあ、ここのビールはどんな味だろう。
かんばーい!!

a_DSC_0351_20140206170121df9.jpg

ビールは1杯45コルナ(約240円)。
老舗なので、ほかの地元のお店よりは少し割高。
あまりクセがなくすっきりとした味。
ビールの苦みが好きな人はちょっと物足りないかも。

ビールのつまみは、チェコのハムやソーセージの盛り合わせとチーズのピクルス。

a_DSC_0352_20140206170128d25.jpg

a_DSC_0353_20140206170129e18.jpg

酸味のきいたチーズのピクルスはビールにもってこいの味。
チーズの横の赤いソースはベリー系の少し甘みのあるものだった。

街を歩いていると、ナオキさんが足をとめた。
「お、ここちょっと寄っていいですか?」

a_DSC_0292_20140206170050c1c.jpg

店頭に並んでいる商品が気になった様子。
チョコレート屋さんなんだけど、ナオキさんが気になったのはチョコレートではない。

a_DSC_0294_20140206170056330.jpg

「これ、飲んでみたくないですか?」

a_DSC_0293_20140206170054642.jpg

ナオキさんが買ったのはチョコレートビール!
3人でまわし飲みしながら街歩き。
チョコレートとビールって合うの?って思ったけど、味は黒ビールを甘くした感じ。
悪くない味だった。

そして、次に向かったお店はウ・ズラテーホ・ティグラ

a_DSC_0358_20140206170131aa7.jpg

おなじく夫婦で世界一周をしていたHitch x kakeru*のお二人が「ここの生はおいしいです!」と勧めてくれた店。
この2人、世界のおいしいものを食べて帰国してから自分たちでカフェを開くことを計画されているので、お二人の舌に間違いはないはず!

a_DSC_0364_20140206170131d40.jpg

チェコのビアホールのスタッフって、ほとんどが坊主頭でいかついおっさん。
いかにもビール好きという感じ。

a_DSC_0368_20140206170159826.jpg

やーっぱり、おいしい!
おなじピルスナーなんだけど、さっきのウ・ピンカスーよりもパンチが効いててこっちのほうが好きだな。
こちらは1杯40コルナ(約210円)。

でも、立て続けにビールを飲んでいるからお腹がいっぱい。
ビールのありがたみがなくなってきたよー。

といっても、やっぱりチェコにいる限り、ビールは毎日飲みたい。
このビアホールでビールの資料展の御招待券をもらった。
ケンゾーとイクエのお目当ては資料展よりも、そこで無料でふるまわれるピルスナー・ウルケルの生ビール。

a_DSC_0452_20140206170159f7b.jpg

のどごしがまろやかで、やっぱりおいしい!!

でもね、ビールの材料となるホップ。
この資料展に置いてあったんだけど・・・。

a_DSC_0445_2014020617015629e.jpg

めちゃくちゃ臭い!!
よくこんな臭いものから、おいしいビールが生まれるよね。
不思議だ。

Comment

いいなぁ☆☆

おおーーーっ!!
あのお店、行かれたんですねー♪
写真見て、また飲みたくなりましたーー!!
そして、リンクまで貼っていただいて、恐縮です。。σ(^_^;)

おそらくお店始めたら世界各地の色んなビールも置くので
ぜひぜひ飲みにきてくださーい♪
4人で語り合いましょう♪( ^ ^ )/□

引き続き、良い旅を〜☆☆

No title

うわぁぁ
ついに世界発信してしまいました。
だいぶ自分が美化されている気が。。。
容姿に関して気分が悪くなるなどしても苦情は受け付けません(笑

今日は少しだけ本を広げてプラハ懐かしんでます。
個人的には一番最初のところが一番いいなと思いました。
あまり同じ場所をリピートしないのですが、また行きそうです。

いつも一人なので、お二人と一緒に時間を過ごしたのはとてもいい思い出になりました。
ありがとうございます。
今後はアフリカと南米ですが、無事に帰ってきてくださいね。
また予定が合えばいいですね!

はじめまして!

旅の合間にお2人のブログ拝見させて頂いてます!

僕もプラハに行った時、ウ・ズラテーホ・ティグラに行きました^^
地元の方々で溢れてて活気が溢れてました!
自分のブログにも書いたのですが、あまりにも店員の態度が悪過ぎて……なイメージでしたが、地元の方々が優しくしてくれたので、楽しむコトは出来ましたけど!

ウ・メドベクというお店には行かれましたか??
バドワイザーの元になったブドバーというビールが飲めるのですが、ブドバーの黒ビールが最高に美味しかったです!
白ビールみたいにゴクゴク飲める感じなのでオススメです!
店員さんも気さくな方が多く、良い印象でした!

お互い、健康に気を付けて旅しましょう!^^

naokiさま

ごぶさたしてます!
今イスラエルのパレスチナ自治区でチェコの記事を書いてるんですが、写真を見返してるとビールが飲みたくなってたまらないです。
いやあ、プラハよかったですね。街は美しいし、ビールは美味しいし。

またどこかで会えたらいいですね。もしも海外でダメだったらぜひ日本で飲みましょう。そのときはnaokiさんイチオシの店で!

そうそう、今日宿で頂いたルーを使ってカレーを作ったんですけど、スペイン人やパレスチナ人も喜んでくれました。大活躍です。ありがとうございました!

Yakkenさま

コメントありがとうございます!
旅&ブログ仲間ですね。

残念ながらウ・メドベクには行ってないです。チェコはピルスナーももちろん美味しいですけど、黒ビールがかなり美味しいですよね。また飲みたいなあ。

体に気をつけて旅を楽しんでいきましょう!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ビール(^^)

ケンゾ~、イクエちゃん。まだここですが、楽しく読ませてもらってます~♩♪今日はあと一つ読む~よ。チェコが、消費量世界一なんやね~。ビールのハシゴ、羨ますい~(^_^)v

ただすけへ

いやいやいや、焼酎飲めるほうが羨ましいばい(笑)
日本は寒いみたいやね。風邪引かんようにね。