Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
リンク
見てくれてありがとう!
ふたりのお勧め旅グッズ











 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


ロマンを求めてほかの星までやってきた

2014.01.11 05:48|チュニジア☞EDIT
日本から会いに来てくれた家族と年末年始を楽しく過ごしたケンゾーです。
今年の目標は「移動のときにイクエとけんかをしない」にしようかな。
重いバックパックを背負ってるとついイライラしちゃうんだよねえ。

ロマンを探し求めて首都チュニスを旅立つことにしたケンゾーとイクエ。
目指すは南部の町、タタウィン

タタウィン

早くも賑わいはじめているマーケットを抜けバスターミナルへ。

a_DSC_0180_20140110164838127.jpg

チュニスからタタウィンまでは1人26.90ディナール(約1700円)。
およそ9時間のドライブなんだけど、チュニジアのバスはそんなに安くはない。
安くて豪華だったイランと比べるとオンボロでかなり見劣りする。
おなじイスラムの国でも石油が採れるか採れないかでぜんぜん違うね。

a_DSC_0182_20140110164839f09.jpg

けっきょく予定よりも2時間遅れ、真っ暗になった夜の9時過ぎにタタウィンに到着。
とくに渋滞があったわけでもトラブルがあったわけでもないから、だいたい11時間くらいかかると思ってたほうがいいかも。

a_DSC_0188_201401101648403b5.jpg

ターミナルに待機してたタクシーに乗ってホテルへ。
バスターミナルから町の中心部まではタクシーで5分ほど、2人で1.60ディナール(約100円)だった。

ホテルは『歩き方』にも載っている「Hotel Hamza」。
ダブル、トイレ・シャワー共同で25ディナール(約1575円)。
お湯もアツアツが出るし、部屋にはなんとエアコンがついている。

a_DSC_0190_20140110164842cc3.jpg

ホテルのすぐ横にはネットカフェもあるし、シンプルだけど朝食も付いている。
なかなか居心地がいいホテルだった。

a_DSC_0214_20140110164910247.jpg

ホテルの屋上からタタウィンの町を眺めることができる。
朝日に染まる砂漠の町。
きょうはどんなワクワクに出会えるかな?

a_DSC_0208_201401101648433e2.jpg

a_DSC_0209_20140110164909808.jpg

目指すはタタウィンから22kmほど離れたクサール・ウレド・スルタン
ルアージュと呼ばれている乗合いワゴンで移動。

チュニジアではこのルアージュが大活躍。
数百キロの長距離をつなぐルアージュもある。
バスより少し割高だけど、速い。
小さな村から村へもルアージュが走っている。

a_DSC_0215_20140110164911ac2.jpg

チュニジアのいいところはボラれることがほとんどないってこと。
ルアージュも値段交渉は不要。
いつでもどこでも料金は地元の人たちと同じ。
お釣りもちゃんと返してくれる。
これだけで相当旅につきもののストレスは軽減されるんだよね。

ルアージュは乗客がいっぱいにならないと発車しない。
車内に乗り込んでほかの乗客を待っていたら・・・。
あれ? なんだかヘンな格好をしたおじさんが。

a_DSC_0399_20140110165053ee4.jpg

ねずみ男?
たしかにねずみ男にも似てるけど、ほかにもこんな格好してるの思いつかない?
まあ、これだけでピンときた人はかなりのマニアだろうけどね。

正解はスター・ウォーズのジェダイの騎士!
そう、ここチュニジアは『スター・ウォーズ』シリーズの撮影地のひとつ。
ジェダイの騎士がまとっているフードつきのマントは、北アフリカの先住民族ベルベル人の民族衣装バルヌースをそのまま使ってるんだよね。
ベルベル人が多く住むこの地域ではかなりの割合の男性がこのジェダイの格好をして街中を歩き回っている。
茶色だけじゃなくて、けっこう色のバリエーションも豊富。

a_DSC_0385_201401101650515fe.jpg

ということで、チュニジア旅のテーマのひとつはイタリアに引き続き「映画のロケ地巡り」
遠く離れた日本人にとってはいまいちピンとこない国チュニジア。
でも実は映画の撮影地としてはとても有名。

今から向かうクサール ウレド スルタンはアナキン・スカイウォーカー(のちのダースベイダー)が母親と住んでいたタトゥイーン星の奴隷居住区が撮影された場所。

ん? タタウィンタトゥイーン

そうアナキンとルーク親子の故郷タトゥイーン星の名前はタタウィンから取ってるんだよ!

満席になり走りだしたルアージュ。
タタウィンの町を出るとすぐにロマンをかき立てる景色が目に飛び込んできた。
家は点在してるんだけど、地球じゃなくて異星に来てしまったかのような地形だ。

a_DSC_0219_2014011016491260e.jpg

ルアージュに揺られること50分、小さな集落に到着。
車を降りるとここでもジェダイの騎士がうろちょろ。
いいねえ、盛り上げる演出ばっちりだねえ。

a_DSC_0301_201401101650390c2.jpg

a_DSC_0297_2014011016503816b.jpg

集落の一画に土壁むき出しでヘンな造形の建物が見える。
奥へ歩いていくと・・・。

a_DSC_0227_2014011016491484c.jpg

a_DSC_0230_20140110164940385.jpg

なんだか蜂の巣のような建物、これがクサール・ウレド・スルタンだ。
クサールとは先住民族ベルベル人が古くから使ってきた倉庫群のこと。
このクサールが「スター・ウォーズ」では奴隷居住区として登場する。

a_DSC_0255_201401101649440c5.jpg

実はイクエは『北の国から』『ゴッドファーザー』に引き続き、『スター・ウォーズ』も見たことがないことが判明!
「ダースベイダー」を「ダーブズベクター」って言ってるし。

イクエに「スター・ウォーズっぽいポーズをして!」っていったら・・・

a_DSC_0254_20140110164942d99.jpg

ぜんぜん観たことはないけど、剣のようなもので戦うシーンがあることは知ってるみたいだ。

扉をくぐりさらに奥へと進む。
そこには予想以上に広い空間が。

a_DSC_0264_201401101650129f0.jpg

a_DSC_0267_201401101650139ab.jpg

なんだか集合住宅みたいだね。
もう今となっては使われてはいないけれど、ほんの40年くらい前までは現役で使われていたんだって。
ここに麦やオリーブ、イチジク、デイツというナツメヤシの実などを保存していたそうだ。

a_DSC_0259_20140110164945570.jpg

a_DSC_0268_20140110165014e52.jpg

4階の最上階へ上がるには細くて急な階段を恐る恐る上らないといけない。
手すりもなにもないのでけっこう危ない。
これはほかの部族が侵入してきても簡単に物資が奪われないよう、わざとアクセスしにくくしているんだって。

a_DSC_0270_20140110165016ec0.jpg

地面にカメラを据えてセルフタイマーで撮影を試みる。
でもね、この細くて危なっかしい階段を10秒では駆け上がれない!
何度かやってみたんだけどこれが限界だった。
おしい!あともうちょっとだったよ。

a_DSC_0279_2014011016503393b.jpg

a_DSC_0245_20140110164941834.jpg

この特徴的な形をしているクサールも、外側から見るとただの壁のようにしか見えない。

a_DSC_0281_20140110165035207.jpg

a_DSC_0282_2014011016503689e.jpg

それもそのはず、クサールはほかの部族、おもにアラブ人からの襲撃を防ぐ城壁としての役割もあったんだって。
だからクサールは山の頂上や谷の奥、険しい断崖など攻め入れられにくい場所に造られることが多かったそう。

クサールの屋根の上から景色を眺める。
砂漠とはいっても今まで見てきた砂漠とはぜんぜん違う景色。
ワクワクするね、またあたらしい旅がはじまった。
「スター・ウォーズ」のロケ地も巡りもスタートしたし、ロマンあふれるチュニジア旅になりそうだ。

a_DSC_0262_20140110165010a8b.jpg


【旅 info.】
  クサール・ウレド・スルタンa_DSC_0275_20140110170202a45.jpg
タタウィンからルアージュ(乗合いワゴン)で1.40ディナール、約50分。
帰りのルアージュは1時間に1本くらい、降りたロータリーで待っているとやって来る。
午後遅い時間になるとルアージュがつかまらない可能性があるので午前中に行くほうがベター。



Comment

No title

チュニジア行った後にスターウォーズ見ると「お~ここだー!」ってすぐにわかって面白かったです。

お二人も時間があれば是非見てみてください~。

クサール一番上まで登れたんですね。自分は怖くて中ぐらいまでしか行ってないです笑

懐かしいです

独身時代と結婚してから、2回訪れたチュニジア
日本人いっぱいのモロッコより心地良い
それに面白い見所が満載!

スターウォーズに出てくる地下の穴倉ホテルも居心地の良さに驚いたけど
サハラに湧く温泉が気持ち良かった!

当時会ったフレンチの夫婦が3ケ月チュニジアを回るって
今度はゆっくりと行ってみたいです

それにしても天気に恵まれてますね
日頃の行いが良いのかな?

トルコにスターウォーズの撮影で使われたらしいとこがあって、行ったんですが、チュニジアにこんなに撮影スポットがあったなんて、知らなかったです!!!いつか、行ってみたいなー(o´∀`)ノ

RUNNERさま

明けましておめでとう!

スターウォーズもイングリッシュペイシェントももう一度観直したいよね。
でもね、ゴッドファーザー、グランブルーもまだやしなあ。
このあとヨルダンにも行くけんインディジョーンズも・・・きりがない!(笑)

今年もよろしく!

Hideさま

砂漠に温泉があるんですか?!知らなかった!
大自然の中で入る温泉は格別でしょうね。

天気はボチボチでした。
後半はどんよりと曇る日が多かったですね。
日頃の行いがあまり良くないからでしょうか(笑)

chayさま

スターウォーズはトルコでも撮影されてたんですね。
大好きな映画のロケ地に行くとテンションが上がりますよね。
チュニジアはスターウォーズ以外にもたくさんの映画が撮影されてるみたいですよ。
チュニジアはとても観光しやすい国なので、映画のロケ地巡りはオススメです。