Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

旅したイラン こんな国 

2013.12.14 06:25|中東☞EDIT
イランには10/3~11/30まで58泊59日滞在しました。
あまりにも楽しくてビザを延長。
まるまる2か月旅したイラン旅を振り返ります。

◇旅の費用はいくら?

イランでいくら使ったのか発表します。
 
交通費           7,702,000リアル
外食費           6,835,000リアル
その他のフード・ドリンク  2,383,000リアル
宿泊費           7,770,000リアル
観光費           1,690,000リアル
雑費           14,779,000リアル

合計  41,159,000リアル(1リアル=0.0032円)
約2,232円/1日2人で

安い!!
さすがにバングラデシュには及ばないけどインドと同じくらいかな。
カウチサーフィンに初挑戦してホテル泊が半分の日数で済んだのが大きいね。
あと交通費が安いのが助かった。

カウチサーフィンをしないでふたりで旅するとしたら宿代は高くても1泊1000円、ご飯は3食で1000円、観光や移動費で1000円。
1人旅の人は1日2000円見積もれば、じゅうぶんじゃないかな。


◇移動手段はこうでした

イランはバスだろうが列車だろうが移動費がとにかく安い!
これは石油産出国だからこその恩恵。
なんたってガソリン1ℓが7,000リアル、21円だからね。

なかでも長距離バスはかなり快適 ♪
ノーマルバスとVIPバスがあるんだけど、ノーマルでもけっこうクオリティは高い。
VIPは飛行機のビジネスクラス並みの快適さ。
座席は広くて後ろを気にすることなく倒せるので長時間でも苦にならない。
VIPといってもノーマルと100円くらいしか違わないのでお得。
ジュースやお菓子のサービスもけっこう楽しみなんだよね。
いちばん高かった長距離バスがシーラーズ ~ エスファハーン間で210,000リアル(670円)。

a_DSC_0155_20131214055832b8d.jpg

a_DSC_0483_2013121406000106e.jpg

a_DSC_0170_2013121405590017f.jpg

街中の路線バスが2,000~5,000リアル(約6円~16円)くらい。
テヘランのメトロは1回券が4,000リアル(約13円)、2回券だと6,500リアル(約20円)。
マシュハド ~ ヤズド間の寝台列車が427,000リアル(約1366円)。


◇こんなお宿に泊まりました

イランではカウチサーフィンを利用することが多かった。
カウチを利用するときは、いつも手土産として箱入りのお菓子を持っていった。
(バックパッカーだと「ただで泊めてもらいたい」ってケチりたくなるけど、手土産くらいはもっていったほうがいい。
小さな商店やバスターミナルでも箱入りのお菓子は買えるし、そんなに高くない。
宿代や食事代、車代が浮くと思えば全然高い買い物じゃないので、ぜひマナーとして手土産を!)

a_DSC_0273_201312140559105ad.jpg

ホームステイのほか寝台列車やバスにも乗ったので、ホテルに泊まったのは25泊。
宿代の平均は1泊ふたりで995円。
インターネットの規制があるイランでは、Wi-Fiつきのホテルでも遅すぎて使いものにならないことが多いので、宿を探すときはWi-Fiつきにこだわらず安い宿を探した。
インターネットはネットカフェで1時間15,000〜20,000リアル(約50円)でできる。
現地人が利用するような安宿に泊まることが多かったけど、英語は通じなくても宿のスタッフがみんな優しくてフレンドリーで嫌な思いをすることはほとんどなかった。
現地人が利用する安宿はなぜかチャイ屋か食堂を兼業しているところが多くて、食堂の奥にホテルの部屋がある。
「HOTEL」って言う英語の看板はないけど、その辺の人に聞けば連れて行ってくれるし、代わりに値段交渉までやってくれることも。

a_DSC_0905_20131214060040cbc.jpg

a_DSC_0031_2013121405582682e.jpg


◇これが一番うまかった!

ケンゾー 「ケバブ」
イランではレストランよりも家庭料理のほうが種類も豊富でおいしい。
あえて外のレストランで食べられる料理のなかから選ぶとすると、ありきたりだけどケバブかなあ。
一口にケバブと言ってもたくさんの種類がある。
そのなかでも、ラームサールで食べた「キャバーベ・トルシュ」がピカイチだった。
肉はたぶんヤギか羊でザクロやクルミで作ったタレに漬け込んである。
ちょっと甘酸っぱい味が肉にしみ込んでて、噛むたびにジュワーっと口の中に広がるんだよね。

a_DSC_0481_20131214060001892.jpg

あと意外とはまったのが、ケバブに付いてくるバターライス。
アツアツのご飯とバターの相性はバッチリ。
ご飯の真ん中に穴を開けてバターを閉じ込めて、溶けたバターを米に絡ませる作業が好きなんだなあ。

a_DSC_0315_20131214055907f37.jpg

イクエ 「肉のリンゴ煮」
ゴルガーンでホームステイしたメヒディが「イラン料理で食べたことないのをふたりに食べさせたい」ってことで、わざわざ離れて暮らすお母さんに頼んで作ってもらった。
リンゴと煮たお肉は柔らかくて甘酸っぱくて、イラン風「角煮」といった感じ。
ご飯との相性もバッチリ。
このほかにもイラン料理は果物を隠し味に使うものがあって、それは全部おいしかったなあ。
和食は砂糖やみりんを多用するけど、イランでは果物の甘みや酸味を活かすんだよね。

a_DSC_0315_2_20131214055910bae.jpg


◇おすすめ!!一番良かった場所

ケンゾー 「ゴルガーン」
世界遺産や観光スポットがたくさんあるイランなんだけど、印象に残ってる場所って言ったら見どころがないゴルガーン。
メヒディ・ソミと過ごした日々がいちばんイランで楽しかったなあ。
出会ってすぐに昔からの友人みたいに気の置けない仲になった2人。
いっしょに過ごした時間は、まったく飾ることなく素の状態で過ごすことができた。
2人に会いにまたイランに行きたいな。

DSC_0161.jpg

イクエ 「ヤズド」
ケンゾーと同じく、今回の旅では観光よりも人との触れ合いのほうがおもしろかった。
だから「どこがいい?」って聞かれて、ほかの人が気に入る場所とは限らないので答えに困ってしまう。
各地で素敵な出会いを経験した身としては、どこかひとつを選ぶのは難しい。
なので、あえて「観光するとしたら」という観点からお勧めする場所はヤズド。
土壁の家が連なり、美しいモザイクのモスクがあって、まわりは砂漠で・・・。
イメージ通りのペルシアのオアシス都市。
観光都市のシーラーズやエスファハーンやマシュハドは都会だけどヤズドは街の規模は小さくて街歩きも楽しい。
ローカルな人たちも利用する安宿じゃなくて、ツーリスト用のゲストハウスも多いし、イランで沈没するならこの街かも!

a_DSC_0156_20131214055837b08.jpg

a_DSC_0145_2013121405583397b.jpg


◇ふらり ゆるり イランの感想は?

ケンゾー
いやあ楽しかった!!
出会う旅人から「いいよ、イランは」っていう話はよく聞いていたけど、予想以上によかったなあ。
なにがいいって、イラン人のホスピタリティはすごいよ。
路上で会っただけの高校生が「あなたたちはゲストだから!」って言ってチャイをご馳走してくれたり、タクシー代を払ってくれたりするからね。
もちろんお金なんかは関係なくて気持ちの問題。
「イランに来てくれてありがとう!」「イランを好きになってね!」「とにかくもてなしたいんだ!」っていう気持ちがバンバン伝わってくる。

たしかに「チ◯、チョ◯、チャ◯」と中国人に対する罵声を投げかけられることは多い。
それがイヤでイランを嫌いになる旅人が多いのも事実。
ケンゾーとイクエも何度も言われたし、正直いい気分ではない。
でも圧倒的に大多数の人はフレンドリーで紳士的。
がんばって無視しよう!

イラン人は「自分たちの国が特殊である」っていうことを自覚しているし、「世界から自分たちの国がどう思われているか」をけっこう気にしている。
日本ではどうしてもネガティブな情報ばかりが報道されるので、ぜひイランに行ってイランの実態を見て触れて感じて欲しいな。
きっとイランに対するイメージがガラッと変わると思う。

a_P1030949.jpg

a_DSC_0416_20131214055957ea9.jpg

イクエ
イランは「観光」よりも「交流」を期待して旅したほうが断然楽しめる!
イスラム建築を見たいならウズベキスタンが立派だし、砂漠を体感したいならほかの国でも味わえる。
食べ物も特においしいってわけではない。
でも「もてなし度」って観点では世界でも類を見ない国。
バングラデシュの再来かって思った。
それに騙されたり値段をふっかけられたりすることもほとんどないし、交通網は発達しているし、道路も整備されていてトイレはどこにいっても清潔だし、ほしいものはだいたい買えるし「先進国」と言ってもいいんじゃないかと思えるほど。
旅行はとてもしやすい。
困ったときは誰かが必ず助けてくれる。

「お茶飲まない?」「いっしょに遊ぼう」って誘いを受けたらお言葉に甘えてみて。
きっといい思い出ができるから。
(たまたまバケーションでシーラーズを短気旅行していた日本大使館の職員と出会ったんだけど、イランでも最近は強盗や盗みも多くて日本人もけっこう被害にあってるって言ってたので、油断は禁物だけど。)

じろじろ見られたり、「やーい!中国人め」ってからかわれたりするのはしょっちゅうだけど、寛大な心でやりすごそう。
街を歩いていたとき、高校生ぐらいの女の子の集団にじろじろ見られて笑いながらはしゃいで、何かからかわれたように感じたから、ちょっと煩わしくて嫌だなって思ったことがあったのね。
そのときいっしょにいたイラン人の友だちが「彼女たちは『うっわ〜!カワイイ〜!!なんてカワイイ人たちなのっ!!』って大騒ぎしてるんだよ。」って教えてくれた。
だから女の子たちに「ハロー!」って笑顔で言ったら、すごく興奮して喜んでくれた。
顔の彫りの深いイラン人からしたら、日本人の顔はまだ完成してない赤ちゃんのような顔だし小柄だし、見慣れない外国人だし、とても新鮮に写るんだろうね。
だから「からかわれた」ように感じても、相手は英語がしゃべれなくて本当はかまってほしいなって思ってるのかもしれない。
イラン人にニコッとしたら、そこから親睦が生まれるよ!

a_DSC_0627_20131214055957753.jpg

a_DSC_0348_201312140559497bb.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いくえさんは頭が良くて、実は凄く美人でスタイルもいいのに、服のセンスのせいで台無し‥。ずっと突っ込みながら愛読してましたが我慢できずコメントします。
ヨレヨレカットソーもダサいスカーフもやめて、いくえさんの可愛さを引き出す服を着て下さい(>_<)

あや さま

厳しいアドバイスありがとうございます(^_^;)
日本でもこんな格好してるわけじゃないですよ。
服はキャンプみたいなもんです。

スカーフは現地の人にもらったり、服はその国の気候にあわせて現地調達したりしてます。
いろんな立場の人にあうからアクセサリーもあえてせず、旅中は着飾らないようにしてるんですが、あやさんに「我慢できない」なんて言われると、旅行中もがんばらないといけませんね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント