Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

海外で宗教の話題はタブー?!

2013.12.12 05:46|イラン☞EDIT
絵心なんかこれっぽっちもないくせに、妻と絵画について語り合ったケンゾーです。

イラン旅の最後をカーシャーンで過ごしているケンゾーとイクエ。
ホストのモハメッドが仕事の合間に、山間にある小さな街に連れて行ってくれることに。
車を30分ほど走らせると、うっすらと雪を被った美しい山々が見えてきた。

a_DSC_0351_20131211224640c66.jpg

a_DSC_0353_2013121122464187b.jpg

沙漠に囲まれた街カーシャーン。
夏はとても暑くなる。
夏はカーシャーンの街は40度を越えるけれど、車で30分ほどの山間のこのあたりは標高が高く25度くらいまでしか上がらない。
夏でも涼しくて過ごしやすいそうだ。
モハメッドはここに別荘を持っていて、週末になるとよく家族と遊びに来るんだって。
日本では別荘を持つなんて夢のまた夢の話しだけれど、イランではそこまで特別なことではないそう。
うらやましいねえ。

a_DSC_0360_201312112246422df.jpg

a_DSC_0363_2013121122464459a.jpg

写真大好きなイラン人。
もちろんモハメッドも大好きだ。
「よしここで記念撮影をしよう!」と言って、走ってたバイクをわざわざ止めて運転してたお兄ちゃんに撮影をお願い。
さらに「いけね、大事なもの忘れてた!」って感じで慌てて車に何かを取りに戻る。
何かな?って思ってたらサングラスだった。
いや、べつにわざわざ取りにいかんでもいいんじゃない?

インド人とイラン人にとって写真撮影のときにサングラスは必需品。
サングラスさえしていれば「イケテル」と考えてるふしがある。
TPOによると思うんだけどね。

a_DSC_0365_20131211224646368.jpg

質問好きなモハメッド。
日本のことや外国人から見たイランについていろいろ聞かれる。
けっこう難しい質問が多いんだけど、ここに来る車の中でも宗教について聞かれた。

モハメッドはガチガチのムスリムではない。
「自分はキリスト教もユダヤ教も、もちろん仏教もリスペクトしているよ。」っていうのが口癖。
でももちろんイスラム教がベストだと思っている。

日本人の宗教観についていろいろと聞かれ、最終的に「信仰している宗教は違えど、世界中のほとんどの人たちは神を信じている。だから神を信じた方がお互いを分かりあえるはずだ。神を信じるとよりいい人間になって、よりいい人生を送ることができるんだよ。」と言われた。

ケンゾーたちは信仰心を持っている人たちを尊重しているし、宗教を否定するつもりはまったくない。
だけど宗教は人生に彩りを添えるプラスαのものだと思ってるし、人やまして政府から強制されるものではないと思ってる。

子どものころから何の疑いもなく宗教を信じている人と宗教の話をしてもぜったいに意見がわかれると分かってるからふだん反論することはないんだけど、今回ぽろっと「でも大昔から今に至るまでほとんどの戦争は宗教が絡んでる。神の名の下に殺しあい、血を流してきたから宗教は嫌いだ。」って言い返した。

すると今度は「神がいないなら、じゃあ誰が人間をつくったの?」と聞かれ「進化論では、人間の前は猿でその前は小動物で、単細胞生物で・・・」って答える。
イランでは進化論は習わないそうだ。
モハメッドは「じゃあ、誰がその小さな生物をつくった? 地球をつくった?」と問いつめてくる。

モハメッドとしてはケンゾーたちに神を信じさせたいから、説得するような口調になってしまう。
だけどいくら話を聞いたところでこちらとしてはまったく心が動かない。
とうとうモハメッドのテンションが下がって黙り込んでしまった。

とんがり帽子のちょっと変わったモスクがあったので見学。

a_DSC_0370_20131211224716ea6.jpg

モハメッドは「あとで迎えに来るから。」と言って車でどこかに行ってしまった。
モスクは5分で見終わったけれど、モハメッドは戻ってこない。

a_DSC_0374_20131211224718436.jpg

待てども待てども来ない。
「さっき『宗教は嫌いだ』なんて言っちゃったから怒っちゃったかな?これ懲らしめのために放置プレーされてるのかな?」
なんてことを言ってたら30分くらいして戻ってきてくれた。
お祈りの時間だったから、お祈りしてたのかもしれない。

近くに動物園があるというので行ってみることに。

a_DSC_0376_20131211224719777.jpg

この動物園は鳥がメインなのかな。
インコや鷲、熱帯地方のカラフルな鳥なんかがいる。

a_DSC_0411_20131211224741800.jpg

a_DSC_0391_20131211224722ec7.jpg

a_DSC_0405_20131211224740ef0.jpg

変なヤツがいる!
毛皮のファーを巻き付けてるみたい。
なんだこいつ?鳩だよね?

a_DSC_0399_201312112247380fa.jpg

a_DSC_0398_20131211224737f12.jpg

なぜだか鳥に混じって犬が1匹。
しかもごく普通のワンコ。
なんで?

a_DSC_0386_201312112247203fd.jpg

ここでも記念撮影。
サングラスするのを忘れちゃって撮影したら「もう1回、もう1回!」だって。
ちょっとガラが悪くなるから、サングラスしてないほうがいいと思うけどなあ。

DSC_0413.jpg

DSC_0414.jpg


カーシャーンの隣にゴムという街がある。
ゴムはマシュハドに次ぐイスラム教シーア派の聖地。
せっかくなので、つぎの日イクエとふたりで行ってみることにした。

ちなみに、この前までいたハマダーンからカーシャーンまでの移動は直行便がないのでゴムで乗り換えないといけない。
ハマダーンのチケットオフィスでゴム行きのチケットを買ったときに、窓口のおばちゃんに「ゴムウウ?ゴムなんかにいくの?」と苦虫を噛み潰したように顔をしかめて言われたんだよね。
ゴムは信仰心が厚い土地で、熱心なイスラム教徒以外には閉鎖的な感じだからイラン人でも避ける人が多いんだって。
信仰心が薄い人たちにとって、ゴムは堅苦しくておもしろくない街なんだろうね。
(逆に、ゴムやカーシャーンにはアフガニスタン人が多く移住している。
同じ信者ということで、ゴムやカーシャーンの人たちはアフガニスタン人の受け入れに寛大で、彼らにとっては首都のテヘランなんかよりもずっと暮らしやすいんだって。)

ミニバスとタクシーを乗り継いでやって来た聖地ゴム。
通称ハラムと呼ばれている「ハズラテ・マアスーメの聖域」には第8代エマーム・レザーの妹の霊廟が祀られている。
ガイドブックには「ムスリム以外は入場できない」と書いてあるけど、問題なく中に入ることができた。

a_DSC_0448_20131211224802ba0.jpg

この金ピカピンのドームが本廟。
ここにレザーの妹、ファーテメが眠っている。

a_DSC_0446_20131211224743586.jpg

広場にはすでに熱心な信者たちの熱気が満ちているけれど、イクエのテンションはだだ下がり。
着用が義務づけられているチャドルがとにかく煩わしいみたいだ。
「なんでもっと着やすいようにせんのかね?ちょっと工夫するだけでいいのに!すぐずん垂れて歩きにくいっちゃもん!」とご機嫌ななめ。
押し合いへし合い、罵声を飛ばして舌打ちをしあう、マナー激悪のおばちゃんたちが密集している廟の中に入るのもテンション低下に拍車をかけている。

a_DSC_0456_20131211224803341.jpg

廟の中は相変わらず四方八方ギッラギラ。

a_P1040121.jpg

棺の周りには聖人にあやかろうとする信者たちで溢れかえっている。
神聖な場所なんだろうけど、やっぱりなんか俗っぽく見えてしまう。

a_IMG_2597.jpg

a_IMG_2599.jpg

廟は男女別に区切られていて、出口で待ち合わせをしていたらやっぱりイクエはげんなりしていた。
感想を聞いたら「廟の柵におばちゃんたちがキスしまくるから、よだれ臭かった。」だって。

ミニバス乗り場への帰り道、道路を占拠し大音量で何かを叫びながら行進している集団がいた。

a_DSC_0476_201312112248069dd.jpg

エマーム・ホセインの死を嘆く行事、アーシュラーだ。
本番はとっくの昔に終わってしまったけど、さすがは聖地、あと1週間くらい残っているこのモハッラの月内はなにかしら行事が行われているみたいだ。

みんなでかけ声を掛けながら手に持った石を打ち鳴らす。
なんか盆踊りみたい。

a_DSC_0482_20131211224835da0.jpg

a_DSC_0478_20131211224807c10.jpg

a_DSC_0488_20131211224836a64.jpg

ハマダーンのチケット売場のおばちゃんは顔をしかめて不快感丸出しだった聖地ゴム。
聖地自体はふ~んって感じだったけど、昼ごはんで食べたピザがおいしかったし、店の人がおごってくれたからケンゾーとイクエにとってはいい街かな。

a_DSC_0473_20131211224805d4e.jpg

避暑地の街とゴムに行った以外はとくになにをするでもなく、のんびりと過ごすこと4日間。
お世話になったモハメッド一家ともお別れだ。
最後はもちろん家族みんなで記念撮影。
あれ?さっきまでそこにいたのにアニータがいない。
と思ったら、かわいいワンピースを着て登場。
着替えてたんだね。女の子やねえ。

a_DSC_0499_20131211224839a7e.jpg

a_DSC_0497_2013121122483770e.jpg

日本が大好きなモハメッド。
紙に書いてくれたのは「God Bless Japan」。
モハメッドらしいメッセージだ。

長男アリ・レザー、医者目指して勉強がんばってね。
次男モハンマッド・レザー、ちょっとダイエットしたほうがいいよ。
アニータ、空手がんばってね。
モハメッド、シャムシー、お世話になりました!
これからも日本人旅行者をよろしくお願いしまーす。

a_DSC_0506_20131211224840858.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

イランオモシロイ

イクエさんの毛布を頭からスッポリ被ったような姿が笑えました!
観光客にもこんな姿を強いるなんて本当に異国感満載です!

無精な私にイランは合ってるかもしれません
私がイランに住んだら、着て行く服選びはテキトーで、髪もクシャクシャのまま布を被って、はいおしまい、となりかねません (笑

No title

「宗教が政治によって強制されるべきものではない」のは全くの賛成だけど、
「でも大昔から今に至るまでほとんどの戦争は宗教が絡んでる。神の名の下に殺しあい、血を流してきたから宗教は嫌いだ。」
というのは、政治的な指導者のやり口に騙されれてるか、毒されていると思いますよ。
本来、信仰の部分では信仰者は相手をリスペクトするものだと思います。

それに、宗教を人生の付け足し的な主張は、モハメッドには相当な違和感があったろうなと思います。そんなもんだったらほとんど不要なものだし。信仰者にとっては宗教は人生の大事な部分ですよ。

イクエさん?ケンゾーさん?は少しイランの中で反ムスリム的な人に出会って安心を探しているような感じがしたんですが、100年も200年も前から若い層が伝統的な宗教に反発するのはキリスト教や仏教においてもあったことですね。
その場合も、体制や指導者に対する反発と、宗教そのものに対するそれとは分けて考えた方が良いと思います。

私自身は自然科学畑ですが、進化論そのものも変わってきているし(たとえば、環境に応じて緩やかに進化するというより、大絶滅のような激変の時に大進化をとげるとか)、
単に進化論を対置して、批判できるような生半可なものじゃないと思います。
私は、政治的なものは区分けして、宗教そのものは遥かな歴史背景まで含めてリスペクトしたいと思っています。

よく知ったうえで批判するのは良いと思います。
実際、私もアメリカで進化論を教えなかった州があったり、ドイツや北欧で教会に収める上納金を行政が集める(教会税)にたいしては、政治が宗教に関わるという意味で反対です。国が宗教を利用することにも嫌悪感があります。

炎のゴブレットさま

たしかに異国感はありありなんですけどねえ、かなり煩わしいですよ。
ホテルの部屋にいるとき意外はいつでもどこでも被ってないといけないし、ホームステイしても家庭によっては家の中でも被らないといけないし。
イクエもイランに住んでたらパジャマの上に羽織って、どこにでも出かけるだろうなと同じこと考えていました。
というか、日本でも真冬にはパジャマの上にコートを着てコンビニ行ってましたからね!

Crew さま

いつも読んでくださってありがとうございます。
そうですね、わたしはとくに宗教について詳しくないのでモハンマッドにも反論することはできませんでした。宗教はいろいろなものが絡んでいるので複雑ですね。

No title

宗教は嫌いだってのは、新興宗教とかカルトとか、一神教同士の争いとかが嫌ってことなんじゃ?

日本人だって神様は信じてるけど、戦後は日教組教育で神道は軍国主義と一緒にされてるし、アレルギーが多いんじゃないかなー。ホントは神様とか霊的なものは日本人も信じてると思うよ。

まあイスラムもキリスト教も中から原理主義が出てきてしまうけど。

おれんじ さま

ケンゾーは宗教にあまりいいイメージをもってなくて、イクエは普通の仏教徒です。
でも、イクエは仏教のことを外国人に語れる知識もなく、外国人からしたら「無宗教」かも。

なんやかんや言って、よく神頼みはします。
それとご先祖への感謝の気持ち。

日本人と外国人での宗教観はかなり違うような気がします。
「仏教だけどクリスマスも祝うし、教会で牧師さんの前で結婚式をして参列者は賛美歌を歌わされるよ」というとみんなびっくりします。
おもしろいですね。
非公開コメント