Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

イランあるある!こんなこと

2013.12.08 06:05|イラン☞EDIT
どの家庭でも大人気の折り紙。
そろそろストックが残り少なくなってきたケンゾーとイクエです。

イランを2か月間旅している。
ホームステイをする機会も多く、イランのちょっと変わった文化や風習を発見することも多い。

「へえ〜、なんでだろ?」と疑問に思う些細なことから、「えっ!!そうなの!?」という驚きの事実まで、きょうは「イランあるある!こんなこと」と題してオムニバス形式で紹介していきます ♪

☆お客さまにはお皿、ナイフ、フルーツのセット

人の家におじゃましたときには、大きなお皿に山盛りにされたフルーツがでてくる。
そして、それぞれに小皿とナイフのセットが配られて自分で好きなものをとってカットして紅茶とともにいただく。

a_DSC_0291_20131208030204ca4.jpg

出てくる果物になぜかキュウリが混ざっていることが多い。
べつにイランのキュウリが甘いわけでもなく、日本と味はかわらないのになぜだかキュウリは果物扱い。
なかでも、ザクロをよく勧めてくる。

a_DSC_0338_20131208030337398.jpg

みんな柿も大好きだけど、熟れ過ぎて表面がぷにょぷにょしたものしか食べない。
渋柿が多いようで、日本のように固いうちに食べるとおいしくないようだ。

☆紅茶をたしなむときは、角砂糖を歯に挟んで

イラン人は紅茶が大好き。
紅茶には必ず角砂糖がついてくるけど、コップに砂糖を入れない。
角砂糖をそのまま口の中に入れ、紅茶で溶かしながら飲む。
お菓子のようにそのままボリボリかじる人もよくいる。
ちなみに1杯につき、少なくとも2個以上は角砂糖を食べる。

☆紅茶は運転中も必需品

とにかくイラン人は紅茶が大好き。
朝昼晩いつでも紅茶。
家にお邪魔すると紅茶とフルーツ。
「ちょっと飲みにいくか」と酒を飲む感じで紅茶を飲みにいく。

イラン人にとって紅茶はなくてはならないもの。
たとえ車を運転中でも紅茶を我慢することはできないようだ。
だってバスの運転席にはほぼ100%の確率で紅茶用のポットが置いてあるんだよ。

a_DSC_0910_2013120803041637c.jpg

a_DSC_0912_20131208030437a61.jpg

ふつうに運転しながらカップに紅茶を注いで、飲みながら運転するからね。
水とかジュースじゃダメなんかねえ。

a_DSC_0490_20131208030412768.jpg

☆席にあぶれた乗客は外で待機

イランの長距離バスはかなりきれいだし、定員以上に乗客を詰め込むことは基本ない。
でもたまに定員より数人多く客を乗せている。
きっとその分はドライバーの小遣いになるんだろう。

ハイウェイには警察のチェックポイントがあってその都度バスは停車する。
そして座席にあぶれた客たちは外に出るように言われ、バスからちょっと離れたところで待たされる。
定員オーバーが警察にばれないようにってことなんだろうけどバレバレなんだよね。

こそこそする訳でもなく、ぞろぞろとお喋りしながらバスから降りてハイウェイの路肩で煙草を吸いながら待機。
警察のチェックが終わったらバスで拾いにいく。
これって警察署から50mくらいしか離れてないからね。丸見えだよ。
いちおう建前でやってて、警察も見て見ぬ振りしてるんだろう。
イランにはこういう本音と建前が多い。

a_DSC_0464_20131208030408dde.jpg

☆美容整形率(暫定)ナンバーワンの国

イランでは男女とも、鼻の美容整形が大ブーム!
ただでさえ、日本人なんかとは比べ物にならないほど高い鼻をお持ちなのに、それをさらに高くして鼻の幅を狭くして細くするのがいいんだって。
日本だと美容整形で顔をいじるのはタブー視されることもあるけど、イランではみんな堂々としている。
整形したことを隠さないばかりか、むしろ誇らしげ。
鼻の上の白いテープが整形をした直後の証だけど、その格好で堂々と街を歩いている。
白いテープを貼った男の人も多い。
1日に5人くらいは見かけたな。
整形をしたらその人にみんな「おめでとう!!」って言うらしい。
鼻の美容整形で有名な病院もいくつもあって、整形のお値段は安くても10万円。
医者はかなりもうかってるらしいよ。

☆女性のスカーフは絶対、暑くてもコート。だけど・・・

イスラムの教えにのっとって、女性はつねにスカーフをかぶり、長袖長ズボンで腕も足も隠さないといけない。
これは外国人も絶対守らないといけない。
だけど「仕方ないからとりあえず」といった感じで適当な女性がほとんど。
スカーフを後頭部からちょこんとかけているだけで、髪を見せている女性も多い。

a_DSC_0458_2013120803034236e.jpg

a_DSC_0507_20131208030414115.jpg

上着でウエスト、お尻を隠してはいるけど、履いているパンツはピッタピタのスリムなものやレギンスが流行。
なので室内で上着を脱ぐと、体のかたちがもろにわかる姿になる。

a_DSC_0140_20131208030209094.jpg

a_DSC_0137_201312080302025de.jpg

ちなみに結婚式やパーティー会場では、スカーフなんてかぶらないし、ノースリーブや胸の谷間がくっきり見えるドレスで着飾る。
短いスカートにハイヒールをはいて美脚を披露している。
ちなみに、結婚式は男女の出会いと交際のきっかけになることが多く、女性は勝負服を着て美容室で髪を結って挑んでいる。

☆たまに男性も服装を注意されることがある

女性の服装にとても厳しいイラン。
でも厳しいのは女性に対してだけじゃなかった!
ケンゾーがとある安宿で短パン姿で部屋の外のトイレに行っていたら、若い男性宿泊客から「フォービドゥン(禁止だぞ)!!」と言われたことがある。
ホテルの従業員はぜんぜん気にしてなかったんだけどね。
お堅い人もいるのでとくに夏場は要注意。

a_DSC_0870_20131208030413581.jpg

☆寒がり!!

とくに女性は幼いころから、夏でも長袖長ズボンを着ているからなのか、暑さに強く寒さに弱い。
イクエが薄着していると「寒くないの?」とよく聞かれる。
日本でいう10月の初めくらいの気候でも、厚手のコートに手袋とまるで1月くらいの格好をしている。
ガスや石油が採れるイランでは燃料費が安く、涼しくて過ごしやすいくらいのときでも24時間ヒーターをつけている。
紅茶を長時間火にかけて煮だしていることも多く、コンロの火もつけっぱなし。
イクエとケンゾーは暑くていつも汗を流していた。

☆日本のアニメ、ドラマが好き!日本製が好き! そして日本人が大好き!

とにかくイラン人は日本人のことが好き。
日本人というだけで「ベリーグッッッド!!」とか「アイ ラブ ジャポーーーン!」と言ってくるイラン人。
理由はいくつかあるようだけど、まずひとつは日本のアニメやドラマが放映されていて日本に親しみを感じているから。
アニメだと『一休さん』『キャプテン翼』が人気で、ドラマは『おしん』『北の国から』『水戸黄門』。
だけど、いまは韓国ドラマのほうが人気が出てきたからそのうち「日本人大好き」が「韓国人大好き」に変わるかもしれない。

そしてふたつめの理由は日本の車や電化製品の性能がいいから。
「日本の電化製品は値段は高いけど、性能が良くて長持ちする。」と褒められる。
そして「日本製は信頼できる」=「日本人は信頼できる」というありがたい誤解をイラン人はしている。

a_DSC_0444_20131208030343aa4.jpg

(日本のメーカーの技術者のみなさん!ほんとうに「いい仕事」してますよ!
すばらしい製品を生み出していることは、日本への印象を良くすることに貢献していて、外務省の仕事よりもある意味、日本の立場を向上させているかもしれません。
そして、大手メーカーではなく中小企業や町工場のみなさんの仕事もすばらしい。
イランの工具屋さんには、日本製の工具がいっぱい売られていた。
さまざまな用途の工具は海外の人にも愛用されている。
さすが「モノづくり」の国、日本!)

a_DSC_0442_20131208030330846.jpg

a_DSC_0443_201312080303425f8.jpg

逆にイラン人は中国人のことをよく思っていない。
街にいると中国人と勘違いされて「チン!(中国人)」とか「チ◯ チョ◯ チャ◯(中国人への悪口)」などと冷やかしたりバカにしたような言い方を何度もされる。
これはわたしたちに限らずイランを旅する最近の日本人の悩みで、一日に何度も、多いときは何十回と言われるので、これが嫌でイラン嫌いになる旅人も多い。
中国人と間違われることが嫌なのではなく、人をバカにしたような物言いをするので腹が立つ。
無視することも多いけど、しつこかったりあまりにもひどい言い方のときは足を止めて注意する。
「なんでそんな言い方をするんだ。もし相手がほんとうに中国人だったら、ものすごく嫌な思いをするでしょ。」と言うと、たいてい相手は笑ってごまかす。

仲良くなったイラン人でも「中国は嫌い!」と言い切る人も多かった。
理由を聞くと「中国製品は品質が悪い。」「すぐ壊れる。」「中国製品は優れていないのに、イランで出回ってイランの産業をつぶしている。」
結局イラン人自身が中国製品を選んで買ってるんだけど、「本当は買いたくないけど安いから仕方なく買っている。」「壊れると分かってるけど、やっぱりすぐ壊れると裏切られたようで許せない。」と思っている様子。
品質が悪いのにイランの物よりも支持されていることへの嫉妬心もあると思う。

「メイド イン チャイナは、1時間で壊れる。
 メイド イン ジャパンは、40年間壊れない。」
ハマダーンのホームステイ先のお父さんはいつもそう繰り返していた。
40年前のカセットデッキとアイロンは現役だった。

a_DSC_0097_20131208030156424.jpg

☆寝るとき寝室のドアはオープン

たくさんの家でホームステイをしたんだけど、みんな寝るときに部屋のドアを開けたまんま寝るんだよね。
見事に100%、すべての家庭がそう。
ケンゾーとイクエがすぐ隣にいるのに、独身も家族もみ〜んなドアは解放。
なんでだろうね?

☆オフィスの椅子は、購入当時のままにしている

買ったときに椅子にかぶせられているビニール。
イラン入国のときに、入管オフィスに置いてあった椅子にはすべてビニールがかけられたまま。
「はがせばいいのにねえ」って話していたんだけど、ここだけじゃなかった。
役所や事務所、バスのチケット会社、英会話スクール。
すべてビニールはそのまま。
汚れても、すぐにふけるっていう利点があるんだろうけどね・・・。

a_DSC_0100_20131208030204a9a.jpg

☆イラン国内には女性歌手がいない

音楽大好きな国民性だけどなぜか女性の歌手がいない。
男性に比べなにかと制限が多いイランの女性。
じつはイランでは女性の歌手はNG、認められていなのだ。
「女性が人前で歌うのはみっともない」ってことなのかな。
合唱隊のような形で歌うことはいいそうだけど、ソロはもちろんPerfumeやAKB48みたいなグル—プもダメ。

だけど女性シンガーがふつうに出て歌ってるのを毎日のようにテレビで観かける。
しかも水着や下着姿の超セクシーな格好で、歌もヒップホップやダンスナンバー、言葉はもちろんペルシア語。
「えー?!どうなってんの?ダメなんじゃないの?」って聞いたら「この番組は衛星。この人たちはアメリカやイギリスに住んでるんだ。」とまさかの答えが。
イラン国内では自由な歌手活動ができないので、最近の若い歌手はアメリカなどに移住して活動しているんだって。
ちなみにそんな彼らはイランに戻ることはできない。


2か月過ごして身近な存在になったイラン。
日本人の自分たちには不思議なことも多く飽きない国。
あともうちょっとだけイラン編にお付き合いください!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

No title

チンチョンチャンって一日に何十回も言われてあっさりイランが嫌いになった旅人でございます。

自分の知らなかったイランの魅力、
お2人の記事を通して知ることができました。

実際に行かず、記事を通して見るのが僕にとってはいちばんいいです。笑

OGGYへ

ほんとに毎日のように、からかわれるのにはうんざりするし、腹がたつよね。
こっちが本気で文句言うと、笑ってごまかしたり、そんなつもりで言ってないとか言うんだけどね。
いい国なのに、あんなに言う人がいると、日本人がイラン行かなくなるよね。
からかっちゃいけないという教育と、外国人料金を撤廃したほうがイランの観光業を発展させるのに役立ちますって、イラン政府に言いたい!
非公開コメント