Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

外国なんか行きたくない!この国が一番!!

2013.11.14 05:57|イラン☞EDIT
仕事を辞めて1年以上経つというのに、当時の上司に仕事で叱られている夢を見たイクエです。
日本を離れて仕事のことなんてまったく考えない日々を過ごしているというのに、お~そ~ろ~し~やあぁぁぁ~。

ホームステイでお世話になったザフラの親友、ソマイエは31歳で独身。
家族といっしょにここで暮らしている。
ピンクの服がソマイエ。

a_DSC_0400_201311140003114e6.jpg

イランに来て意外だったことのひとつ。
それは30代で独身の女性が多いということ。
イランの女性は20代前半には結婚するんだろうと思っていた。
好きな人がいなくても、親が紹介した人と結婚させられるんだろうと思っていた。

ソマイエがニコニコ笑顔で誰かと携帯電話で話していた。
相手は遠距離恋愛の年下の彼氏。
1200キロも離れたイランの南部に住んでいて、この前はこの街まで会いにきてくれたのだそう。
2人の出会いがおもしろい。
ソマイエがほかの人に電話をしようとして、電話番号の数字をひとつ間違えてかけたことがきっかけ。
間違い電話の相手と話が盛り上がり・・・。
ドラマみたいね。

「彼と結婚するの?」って聞いたら、肩を落とした。
遠距離だし、年下っていうのが結婚を難しくさせてるのかも。

繁華街から離れているソマイエの家。
庭には果樹園が広がり、鶏たちが元気に駆け回る。
なんて気持ちのよい朝。

a_DSC_0397_201311140003033eb.jpg

砂漠や乾燥地帯の多いイランだけど、北部は緑豊かで果物や野菜もたくさん採れる。
手作りのジャムとともに朝食のパンをいただく。

a_DSC_0399_20131114000309248.jpg

お世話になったソマイエの家族に別れを告げて、きょうは観光に繰り出すわたしたち ♪

いいねえ、青い空!
まぶしい緑!
首都のテヘランは大気汚染で息も吸いたくないほどだったから、きれいな空気に身をさらす幸せ♡

a_DSC_0401_20131112050856533.jpg

雪を被った富士山のようなダマーヴァンド山。
5600mもある。

a_DSC_0405_20131112050856bf4.jpg

ザフロもときどき山の中腹まで登るんだって。
ザフロのいとこのムスタファはテントをもって、仲間とよく登頂しているらしい。

感受性豊かなザフロ。
いつもここで暮らしているのに、まるで初めて見るかのように空や緑に感動する。

歩きながら目を細めて、オペラ歌手のように手を広げて感嘆する。

「なんてきれいな青空!!」
「緑がきれいだねえ。フルーツもたくさんなってる。」
「ミカンの花が咲き乱れる季節はほんとうに美しいんだよ。
 いい香りに包まれて、その季節が大好き。」
「この街が一番イランで美しい。
 わたしは外国に行きたいとは思わない。
 だって、世界でこの街が一番好きだから。」


ザフラは自分の故郷を心から愛している。

イクエとケンゾーなんて「日本は四季があって食べ物もおいしくて人も穏やかで礼儀正しくていいなあ」と思いながらも、日本に飽き足らずにこうやって海外を旅している。

でもザフラは、満足する心を知っている。
そして、自分の故郷の文化に興味を持ち、もっともっと知ろうと伝統の楽器を習ったり、芸術祭の実行委員をやったりしている。

わたしはどうだろう。
はたしてほんとに日本のことを知ってるのだろうか。
日本の伝統芸能や文化について、外国人にうまく説明できないことが多い。
日本のことをもっと学べば、日本の魅力をもっと知ることができるのに。

カスピ海も近く、山もあり、緑もあるここマーザンダラーン州。
砂漠や乾燥地帯の多いイランでは珍しく自然が豊かなところとして知られている。

ザフラが言うには、この地の民族音楽や舞踊は砂漠地帯のものよりも明るく陽気でノリがいいらしい。
農耕の民なので、ダンスは田植えの格好をモチーフにしたもので小刻みなリズム。
これに比べて砂漠地帯の音楽は、ゆるやかで感傷的で物悲しいものが多いんだって。

「砂漠の音楽は退屈。この土地の音楽はみんなをハッピーにする!!」

ほんとうにザフラはここを愛している。

午前中はサーリーという街を観光。

a_DSC_0406_201311120509402d0.jpg

140年前の伝統的な邸宅コルバディ。
窓枠にはふんだんに木材が使われていて、砂漠地帯の土壁の家とは異なる。

a_DSC_0412_201311120509555ca.jpg

案内してくれたのは、ザフロの友だちのナスタラ26歳。
スタジオでカメラマンの仕事をしていたそうだけど、今は無職。

a_DSC_0430_20131112050952f51.jpg

イスラムのイランで女性カメラマン?って思うかもしれないけど、イランでは女性も男性と同じように働いている。
タクシーの女性ドライバーまでいる。
イラン人が言うにはイランはイスラム教のシーア派で、ほかの国のスンニ派よりも女性の権利を認めているらしい。

この邸宅は博物館になっていて、郷土品や伝統的な道具なんかが展示されていて、イランの子どもたちが修学旅行で訪れていた。
子どもたちにとっては、展示品よりも外国人のほうが珍しい!

a_DSC_0416_20131112050951f41.jpg

海外の地方都市の博物館って、ただあり物を寄せ集めただけでがっかりのところが多いけど、ここは意外とまともだった。
つっこみたくなるものもけっこうあったけどね。

a_DSC_0420_2013111205095416a.jpg

a_DSC_0434_20131112051044ef0.jpg

お昼ご飯は地元のオシャレなレストランで。
イランの田舎街にこんなセンスあるインテリアのレストランがあるってことに驚いた。

a_DSC_0448_20131112051055e5d.jpg

イラン料理アーシュ・レシュテ専門店。
「アーシュ」はスープで、「レシュテ」は細い面。
煮込みうどんみたいなもんかな。
トマト味やカレー味、ジンジャーが利いた甘い物までいろんなアーシュ・レシュテを食べ比べ。

お腹を満たした後は、郷土芸術祭の実行委員の会議に参加するザフラにつきあう。
メンバーがプロの伝統音楽のミュージシャンで笛や太鼓、歌を披露してくれた。
笛は尺八みたいな音で、低く、部屋中に響き渡り、迫力がある。

a_DSC_0458_2013111400034767f.jpg

夜は、念願の携帯電話を買うためにムスタファの友だちの携帯ショップへ。
カウチサーフィンをやっていると、携帯がないと連絡がとれなくてけっこう不便。
それに、緊急事態にそなえて携帯電話をもっておくと安心するしね!

a_DSC_0467_20131112051056641.jpg

昔の旅人は、パソコンも電話ももたず完全に日本から距離を置き孤独に旅をしていた。
イクエも学生のころ旅していたときは、海外で携帯なんて使えないし、Wi-Fiもなかったからパソコンを持ち歩くなんて考えられなかった。
日本に電話するときは、「電話局」みたいなところに行って日本に電話をつないでもらって通話していた。

a_DSC_0474_20131112051158668.jpg

昔と比較すると、じぶんたちも含め今の旅人は「ヤワ」だなあと思う。
常に日本とつながっていられる。
リアルタイムで日本のことを知ることができるし、比べ物にならないくらい昔よりも不安材料は少なくなっている。
きっと昔の旅人からしたら「今の旅人たちは、『旅人』って呼べないよ」なんて言われるかもしれない。
でも、旅に正解はない。
自分が「いい」と思う旅がいいのだから。

そんな「ヤワ」なわたしたちはサムソンのスマートフォンを購入 ♪

a_DSC_0469_20131112051159723.jpg

これだとどこでもインターネットができる!
テザリングすれば、Wi-Fiがなくてもパソコンでネットができる!

「現代のヤワな旅人」代表みたいになりました ♪

お店のオーナーがムスタファの友だちなので安くしてくれて、電話とSIMカードあわせて260万リアル(約8300円)。
SIMカードはパスポートのコピーを提出すれば簡単に買える。

そして、この紙を見せられて「どれにする?」って言われた。

???

a_DSC_0471_2013111205115324c.jpg

これ、ペルシア語の数字で書かれた電話番号。
好きな番号を選べる仕組み。
番号によって、値段が違って安い物は80,000リアル(約250円)。
同じ数字が並んだり、覚えやすい番号は人気があるので2倍くらいする。

旅を始めて1年2か月にして念願の携帯電話をゲット!

ザフラの家に帰って、ここでも日本の写真を見せながら日本文化を紹介。
イカの刺身や馬刺を食べている写真を見ると、顔を横に振りながら眉を寄せる。

刺身も馬刺もめちゃくちゃおいしいんだよおお〜。
相手は「こんな日本食、食べたくない」って思ってるだろうけど、こっちとしては「この味をわかる日本人で良かった〜」って思うんだよね。

a_DSC_0494_20131112051202da8.jpg

夕食は終わったのに、お母さんが何やらキッチンでゴソゴソ。

「ふたりのためにお菓子を作っているんだよ」

こうばしい匂いがしてきたよ。

a_DSC_0499_20131112051315964.jpg

ゴマをベースにしてつくったクッキー♡
熱いうちにお母さんが包丁を入れる。

a_DSC_0500_20131112051313b3c.jpg

あつあつで、まだ柔らかい。

甘すぎず、おいしくて手が止まらない。

食後にパパッと家にある食材でこんなふうにデザートを作れるっていいね。
お母さんが作ったお菓子を食べながら家族団らん。

そしたらね。
また始まったよ。
ザフラがタンバリンのようなイランの楽器をたたき、家族で自然に歌いはじめる。

a_DSC_0505_20131112051316e07.jpg

本当にみんな音楽やダンスが好き。
日本だとお酒に頼って盛り上がるけど、イランでは紅茶を飲んで音楽で盛り上がる。
酒を飲んでいきいきとした顔にはなれないけど、音楽ではいきいきとなれる。
なんて健康的〜。

寝る準備をしていたら、煙が入り込んできた。
もくもく もくもく

お母さんが空き缶のようなものを振り回し、部屋に煙をまき散らしている。

a_DSC_0007_20131112050849c9d.jpg

くしゃみばっかりしているケンゾーに「効果があるから」って。
空き缶の中には花びらや木の実のようなもの。

a_DSC_0442_20131114000347901.jpg

イランの伝統的な「お香」みたいなもので、この煙を浴びるのは縁起がいいらしい。
だから街でもこれをふりかけて、人々からお布施をもらっている人を良く見かける。

a_DSC_0003_201311120508416bf.jpg

ゴマクッキーをたくさん食べ過ぎたからなのか、このお香のせいなのか・・・。

なぜかこの夜、ふたりともトイレが近くて、眠いはずなのに目が冴えていて、温かい家庭で癒やされているはずなのにほとんど眠れなかったイクエとケンゾーなのでした。

a_DSC_0508_2013111205131752d.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

携帯おめでとう!イクエちゃんが言う事、ほんとやね~(^。^;)でも自分達が良いと感じた旅をしてください(^_^)vいつも2人を応援してまっせ~♪

ただすけへ

携帯、めでたいかどうかは分からんけど、とりあえず便利にはなった。
これからもふたりにしかできない旅を楽しんでいくよ〜♪
非公開コメント