Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別記事
リンク
見てくれてありがとう!
ふたりのお勧め旅グッズ











 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


イラン人はアメリカが嫌い?

2013.11.06 07:03|イラン☞EDIT
妻のイクエは耳かき中毒。
耳かきをしてもらっているときがイクエの至福のとき。
耳かき片手にヘッドランプを頭に装着している姿が「ゾクゾクして一番カッコいい」と言われたケンゾーです。
まったく意味が分からん。

イランに入国して3週間弱。
きょうやっと首都のテヘランへ向かう。
もうすぐビザが切れてしまうのに、まだシーラーズにもエスファハーンにもマシュハドにも行っていないケンゾーとイクエ。
ゆるり旅の本領発揮だな。

これといった観光スポットはないテヘラン。
テヘランでの最大の目的はビザの延長と調子の悪い一眼レフを修理すること。
人口1200万人を抱える大都市テヘランはどんなところかなあ。

テヘラン

ホテルからタクシーに乗ってバス乗り場へ。
「着いたよ」と言われて降りたその場所は・・・3日前偽札疑惑をかけられて慌てて逃げ出したバス会社だった!
恐る恐る中をのぞき込み、スタッフが同じ人かどうか確かめる。

a_DSC_0480_20131106064325e46.jpg

よかった!きょうは別の人だった。
と安心したのもつかの間、乗るはずのバスがキャンセルだって!
ガーン。
次のバスは4時間後、しかもVIPバスなので追加料金を払わないといけない。
まあ、しょうがないね。

テヘラン初日の今夜はカウチサーフィンのホスト宅に泊めてもらう予定。
バスの到着が遅れることを伝えないと。
「テヘランの友人に事情を説明したいんだ」とバス会社のおっちゃんに言うとホストに電話をかけてくれた。

電話をかけて、相手(ケンゾーたちのホスト)がでたのか喋りはじめるおっちゃん。
きっとバスが遅れる事情も説明してくれてるんだろう。
「電話切る前に代わってね」と横でアピールするケンゾー。
でも必死のアピールむなしく、自分が喋り終わると電話を切ってしまったおっちゃん。
・・・ま、いっか。

昼ごはんを食べたりブログを書いて時間を潰すこと4時間、やっとテヘラン行きのバスに乗ることができた。
今回のVIPバスはシートがめっちゃ広い!
これで1人210,000リアル(約670円)、所要時間は6時間。
いやあ、イランのバスはほんとに安い。

a_DSC_0484_201311060644025aa.jpg

a_DSC_0483_201311060643486c7.jpg

テヘランに着いたのは夜の8時半。
あたりはすっかり真っ暗だ。

a_DSC_0486_20131106064404d90.jpg

テヘランの西バスターミナルはめちゃくちゃ広い。
公衆電話からホストに電話するも、いったい自分がターミナルのどこにいるのかさっぱりわからない。
どう説明するか悩んでいたらそばにいた青年が代わりに説明してくれた。

a_DSC_0487.jpg

イランでは困っていたら必ず誰かが助けてくれる。
ほんとに旅しやすい国だ。

電話後すぐにホストと落ち合うことができた。
このわかりやすい後ろ姿が今夜のホスト、ハッサン。
1時間以上前から待っててくれたそうだ。
ありがとうございます!

a_DSC_0490_201311060644073ef.jpg

家に行く前にディナータイム!
こちらがホストのハッサン。
なかなかの貫禄だけど歳はケンゾーと同じ39歳。

a_DSC_0494_201311060644107ae.jpg

仕事は午前中はエンジニア、午後からは保険会社と2つ掛け持ちしている。
イランでは複数の仕事を掛け持ちすることはごく普通のことなんだよね。
ちなみに以前はマッサージ師もしていたそうだ。

おいしいケバブを食べたあとハッサンの家へ。
テヘランの家ってどのくらいの広さなんだろう?

a_DSC_0495_2013110606504082c.jpg

こちらがハッサンの家。
シックな内装でコーディネイトされている。
広さは日本の平均的なマンションと同じくらいかな。
およそ600万円で購入したそうだ。

a_DSC_0502_20131106064532f9d.jpg

a_DSC_0503_20131106064928361.jpg

ハッサンは奥さんと子ども2人の4人暮らし。
子どもに会えるのを楽しみにしてたんだけど、きょうは奥さんと一緒におじいちゃんとおばあちゃんの家に泊まりにいっているそうで会えず。
チビちゃんたちの部屋をチラ見させてもらった。

a_DSC_0498_20131106064458330.jpg

部屋の中にはオモチャや人形がいっぱい。
かわいらしくディスプレイされている。
バービー人形なんかもあって、日本と変わらないね。

a_DSC_0499_201311060645008f6.jpg

このオモチャのバギーなんか、日本の姪っ子が持ってるのとまったくいっしょだ。
こういうのを見ると親近感がぐっと湧くね。

a_DSC_0501_20131106064500190.jpg

自分も旅行が大好きだと言うハッサン。
話を聞くとけっこういろんな国に行っている。
なかでもタイとフランスがお気に入り。

a_DSC_0510_20131106064930517.jpg

イラン人は他の国と比べると外国のビザを取得することが難しい。
けれど意外と海外旅行を楽しんでいるイラン人は多い。

みんなが口を揃えて嘆いていることはイランリアルの暴落。
対米ドルのレートがここ1年で大暴落しているのだ。
1年前は1ドル=12,000リアルだったのが、現在は34,000リアル。
以前の1/3ほどに暴落している。

「今の状況だととてもじゃないけど旅行には行けない。
 アメリカとの関係が良くなってもらわないと困る。」
と話すハッサン。

イランに来るまでは「イラン人はみなアメリカのことを嫌っている」と思っていたけど、実際に来てみると、「アメリカとはいい関係でいてほしい」と考えている人のほうが多いように感じる。
どちらかというと、アメリカとの関係を悪化させたイラン政府を嫌っている人のほうが多いようだ。

翌日ビザの延長を申請に。
ハッサンが仕事の休みをとっていっしょに行ってくれることに。
さあ出発!と思ったら、イクエの服装を見たハッサンからダメ出しが。
「その服はダメだ。昨日のほうがいい。」

イランでの服装がイマイチまだ定まっていないイクエ。
きょうの服もスカートがダメなのか、色がダメなのかよく分からない。
とにもかくにも言われた通りに着替えて出発。

a_DSC_0175_2013110606422510c.jpg

a_DSC_0172_20131106064234c95.jpg

だいたいどの国も首都はそうなんだけど、テヘランも渋滞がひどい。
これだからほとんどの首都は好きになれないんだよね。

a_DSC_0516_20131106064926433.jpg

一度ラシュトで延長を試みたんだけど、日数がまだだいぶん残っているということで申請できなかったことがある。
テヘランではできると思うんだけどどうだろう?

街の中心部は渋滞が激しいのでハッサンの午後からの仕事場に車を置いてバスで移動することに。
いざビザ担当の警察署へ。

a_IMG_2541.jpg

必要なものは写真2枚とパスポートのコピー。
ピンク色をしたファイル代が5,000リアル(約16円)。
所定の申請用紙2枚に必要事項を記入。

IMG_2539.jpg

30日延長の手数料300,000リアル(約960円)を近くのイラン・メッリー銀行に振り込んで領収書をもらう。
ケンゾーとイクエが書類に記入している間にハッサンが振込に行ってくれた。

必要書類はすべて整ったさあ申請だ、と思ったら係の人に「日本人?なんでここに来たの?」と予想外の質問。
「なんでって、ビザの延長をしたいんです。」と言うと
「それは分かってるけど、日本人は別の場所だよ。」だって。

なんですと?!
なにがどうちがうのかは分からないけれど、とにかくここではないらしい。
受付終了時間が迫っているのでタクシーで移動。

なんとか受付時間内に到着。
かんたんな面接のようなものを受けて無事に申請終了。
ただ翌日の受取りかと思ったら5日後だと言われてしまった。
(申請の間パスポートはホールドされる)

ちゃんと後日、30日延長されたビザを受け取ることができた。
こんな感じで新たな期限が追加で記入される。

a_DSC_0150_201311060642194bd.jpg

この日は別のホストの家に泊まることにしていたんだけど、ハッサンが家まで車で送ってくれた。
何から何までありがとう。

a_DSC_0529_201311060649329b0.jpg

a_DSC_0530_20131106064931fb7.jpg

カウチサーフィンを利用すると旅がほんとに楽チンになる。
まあ旅してる感が薄れるのは間違いない。
でも、イランでは割り切って人との出会い、触れ合い、コミニュケーションを求めることにしたからこれでいい。
さあ、こんどはどんな出会いが待ってるかな?
あしたもお楽しみに!

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちは!初めまして!
イラン人がアメリカのことどう思ってるのか知りたかったんですけど、さらっとでしたね…
よかったら少し突っ込んでそのこと聞けたりしますか?
まだイランにいらっしゃるようなのでもしよかったら…(^_^)

No title

中国でずっとブログ等開けず、
やっと打開策を見つけて久々に見たらお2人が1位になっててびっくり。
おめでとうございます!!

イラン旅どっぷりハマっているようですね。
こんな楽しみ方もあったんだな~って、見てていろいろ面白いです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ジーナリンさま

初コメントありがとうございます!

すみません、あっさり見破られてしまいました!
やっつけ感ありありで申し訳ありません。

毎日ごく普通のイラン人の生の声をたくさん聞くことができているので、近いうちにちゃんと書きたいと思います。
日本で見聞きする報道とは違ったイランを知ることができると思います。

OGGYへ

おかえりOGGY!
いやあ、1位になっちゃったよ。まあ長くは続かんと思うけど。

イランど〜っぷりよ(笑)
イランの家庭生活を満喫しております。

OGGYの中国の記事も楽しみにしとるよ〜♪

No title

イランでは、トップスは【おしりが隠れるもの】じゃないとダメみたいですよ!
イラン人の女の子に教えてもらいました。
私も、肌が隠れればいいと思ってたので最初は服装がよくわからなかったんですが、
とりあえずお尻をすっぽり覆うものを着てればOKだと思います。
私は一足先に、イランからフェリーでUAEに抜けました。
お二人らしく、イランを満喫してください(●^o^●)

追加です><

言葉足らずだったので、補足させてください><
トップスは【腰までの長さ】ではなくて、
【おしりまで長さがあるもの】がいいみたいです。トップスの長さがNGなんだと思います。
色は何色でも問題ない・・・と私は言われました!

ユウコちゃん ほか女性読者のかた

ユウコちゃん、フェリーで抜けたのね。
羨ましい!
わたしたちはドバイいっちゃったから飛行機で抜ける予定です。

服装に関してほかの読者の方からもアドバイスいただきました。

ダメ出ししたハッサンに理由を聞いたら、スカートが長すぎるのがダメって言われた。
たぶん、レギンスみたいなのをはいてひざ下くらいのスカートならいいのかも。
でも、ほかのイランの女の子にダメ出しされた服を見せて理由を聞いたらスカートはいいけど赤はダメって言われて、わけわからず。
イランに1ヶ月いて、なんとなくポイントがわかってきました。
まず、スカートが売ってない。売ってても、パーティー用かおばあちゃん用。
スカートはくなら、レギンスかタイツが必須。
お尻は隠れたほうがいい。
袖は七分袖でも大丈夫。
トップスの色は何でもいいけど、下は黒がいい。

でも服装で言われたのはこのときだけで、あとは、あなたはツーリストだから気にしなくていいんだよーって言われてます。
でも最近は無難に全部黒でお尻をかくしてまーす。

No title

奥様の
スカーフがお似合いで 素敵です
いろいろと 危険がいっぱいですが 
お体にお気をつけ 旅を続けてくださいね
お怪我が 心配です・・・

tomokopapaさま

お久しぶりです。
どうされていらっしゃるかなと思っていました。
再びコメントしてくださって嬉しいです。

人との交流がメインだったバングラデシュでの旅に共感いただいていたので、きっとイランの旅も楽しんで読んでいただけるかもと思っていました。

ブログにお付き合いくださりありがとうございます!