Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別記事
リンク
見てくれてありがとう!
ふたりのお勧め旅グッズ











 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


イラン「シェイフ・サフィーオッディーン廟」☆☆  でこぼこ不思議な空間

2013.11.02 05:41|世界遺産 星いくつ?☞EDIT
ジョグダイアルが壊れてマニュアル撮影ができなくなっていた一眼レフの修理が完了。
ゴミだらけだったファインダーもクリアになってご機嫌のケンゾーです。

イラン入国から1か月経つのにメジャーな観光地にまだまったく行っていないケンゾーとイクエ。
今回やっと2つ目の世界遺産編だ。
といっても前回のバザールに引き続き、かなりマイナーな世界遺産。

イスラム教シーア派のひとつ、サファヴィー教団の教祖シェイフ・サフィーオッディーンの霊廟だ。
彼の子孫エスマーイールがのちにサファヴィー朝を興すことになる。
建てられたのは1334年、息子が父の死後に建設したそうだ。

敷地内にはモスクも併設されている。
そんなに大きくはないけれど壁面のタイルが美しい。

a_DSC_0046_20131030020326a55.jpg

a_DSC_0047_20131030020357da1.jpg

青空と青いモザイクのコラボレーション。
保存状態がとても良い。
鮮やかで濃い色合いのタイルに引き込まれそう。

a_DSC_0056_201310300204116fd.jpg

a_DSC_0055_20131030020407885.jpg

中央アジアでもたくさん見てきたんだけど、鮮やかなタイルで装飾されたドームは見飽きないね。
モザイクで記されたコーランの一節も、文字自体が芸術的で装飾に一役かっている。

a_DSC_0117_20131030020801142.jpg

そしてこれが教祖が眠る廟内。
ライティングの妙なのか、とても幻想的な雰囲気。
油絵の中に入ってしまったような感覚に。

a_DSC_0058_2013103002035169e.jpg

a_DSC_0062_20131030020436611.jpg

草花をモチーフにした模様がかわいらしい。
イラン人が大好きなバラも描かれている。
こういう柄は中央アジアにはなかったように思うなあ。

a_DSC_0064_20131030020444c87.jpg

a_DSC_0068_20131030020504703.jpg

こちらが教祖のお墓。
木製の棺は一見地味に見えるけれど、細かい装飾がびっしり施されている。

a_DSC_0065_2013110104500855d.jpg

a_DSC_0066_201311010450067c5.jpg

ここには教祖以外にも彼の子孫やゆかりの人々が埋葬されている。
なかには教祖に負けず劣らずなかなか立派なお墓も。

a_DSC_0074_20131030020451d1d.jpg

狭い通路の先にもうひとつの部屋が見える。

なんとも不思議な空間が広がっている。
メインの見どころの『陶器の館』。
その名のとおり、サファヴィー朝第5代のアッバース1世が中国の皇帝から贈られたという陶器のコレクションが展示されている。

a_DSC_0086_20131030020459c3d.jpg

壁面に蜂の巣のような穴ぼこがたくさん空いている。
じつは訪れる人は陶器のコレクションよりもこちらが目当て。

a_DSC_0088_2013103002054800e.jpg

a_DSC_0092_201310300206002b3.jpg

繊細で立体的な細工が複雑な陰影を造り出している。
その陰影が距離感を狂わせる。
じっと眺めていると空間の感覚がおかしくなって、上下がひっくり返った感じになる。

a_DSC_0096_20131030020615bf4.jpg

a_DSC_0107_2013103002070638c.jpg

本来のメインである陶磁器も数多く展示されてはいるけれど、壁面の装飾に存在感で負けている。
この部屋に展示するのは完全に失敗だな。

a_DSC_0089_20131030020609182.jpg

a_DSC_0108_20131030020655f58.jpg

陶磁器に混じって古いコーランが展示されていた。
9世紀のものらしい。
これが文字なんて不思議だね。
ヘビにしか見えないよ。

a_DSC_0100_20131030020614811.jpg

a_DSC_0101_20131030020635ce9.jpg

さて、壁面の立体的な細工が美しい「シェイフ・サフィーオッディーン廟」。
「星いくつ?」

「星、2つ!

ほかではあまり見ることができない『陶器の館』の内部の細工は一見の価値あり。
穴ぼこだらけで様々な陰影が幻想的な空間を醸し出している。

a_DSC_0109_201310300207058ae.jpg

a_DSC_0110_20131030020653e39.jpg

それにしても、イラン観光で納得できないことがひとつある。
それは入場料。
ほとんどの観光スポットでは外国人料金が設定されているんだけど、現地人価格との差があり過ぎ!
ここも現地人は20,000リアル(約64円)なのに、外国人は150,000リアル(約480円)と7倍以上も違う。
なかには10倍以上差がある場所もある。

物価がどんどん上昇しているイラン。
ケンゾーたちは2年前のガイドブックを持っているけど、ホテルや交通機関の値段がぜんぜん違っている。
2倍くらいにあがっているものもある。

もちろん観光地の入場料もビックリするくらいの上昇率。
ここでは料金を払うと1枚15,000リアルのチケットを10枚渡された。

a_DSC_0134_2013110104501382c.jpg

a_DSC_0131_20131101045008347.jpg

これって料金改訂しても対応できるようにしてるんだよね。
値上げしても枚数を増やせばいいんだから。
差をつけるにしたって現地人からもうちょっと取ってもいいんじゃない?


【旅 info.】
  シェイフ・サフィーオッディーン廟a_DSC_0105_20131101045421b51.jpg
エマーム・ホメイニースクエアから西へ300m。
入場料150,000リアル。
外観の一部は補修作業中。


Comment

No title

墓、墓、ハカ、ハカ

1位!おめでとうございます(うれしい♪)

はじめまして。
お二人のブログを見るようになって、毎朝ブログを見て・・・更新されていると、
「よかった~。今日も旅を続けてるわー。」と、安否確認して、
(勝手に)旅する家族を見送ったような気持ちになっています。

濃~い情報量のリポートを見るうちに、たくさんの国を好きになりました。

ランキングが1位になっていて、とてもうれしいです。
イクエさんのお怪我がキレイに治られることを願っています。
お二人がこれからも、素敵な人たちと出会われますように。

はなさま

初コメントありがとうございます!
毎日見ていただいて嬉しいです。
家族のように思っていただけるなんて、旅人冥利に尽きます。
これからはご心配をおかけしないように気をつけないと。

1位になれたのは毎日読んでくださっているみなさんのおかげです。
これからもみなさんがわたしたちと一緒に旅をしている気分を味わっていただけるような記事をお届けできればなと思っています。
ぜひまた遊びにきてください!