Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

妻からのサプライズ やるしかない!自転車旅

2013.10.27 05:42|イラン☞EDIT
最近甘いものを食べ過ぎているケンゾーです。
イランの家庭におじゃまするとお菓子がたくさん出てくるんだよねえ。
まあちょっと痩せすぎだから少しくらいいいか。

さてさて、サプライズ過ぎる「イラン自転車旅」を今年の誕生日にプレゼントされてしまったケンゾー。
あげたほうのイクエも不安たっぷりという、なんともわけの分かんないプレゼントになってしまったのだった。

きのう下見をした自転車屋とは別の店にも行ってみたけれどイマイチだったので、
自転車はきのうの店で購入することに決定!

a_DSC_0432_2013102703123320d.jpg

a_DSC_0433_20131027031241d49.jpg

車体は台湾製でブランド名は「GAIENT」。
これは有名な台湾ブランド「GIANT」のパクリだろうな。

a_DSC_0323_2.jpg

まあ値段が値段だからコピーだろうがパクリだろうが構わない。
ギアなどのメカはシマノ。
これはたぶん本物だと思う。
ていうか、そうであってほしい。

それよりも気になるのは、なぜかフレームに「NIKE」の文字が。
これはダサすぎる。
なんでわざわざ自転車にNIKEって貼るんだろう?

a_DSC_0439_2.jpg

自転車本体のほかに荷台、ドリンクホルダー、スペアチューブなどを購入。
この店にはケンゾーの26インチ用の荷台がなかったので、近くの本格的な自転車屋に買いに行くことに。
買ったばかりの自転車に初乗りだ。
まだピッカピカだから、ちょっと恥ずかしいね。

a_DSC_0448_20131027031310019.jpg

さらにもっと恥ずかしいことに、本格的な自転車屋には本物のGIANTが置いてあった!
しかも店の人に「いくらで買ったの?これコピーって知ってる?」って言われてしまった。
「もちろん知ってます。
 いいんです、僕ら素人だし1か国だけなんで。」
って返答したけどさすがに恥ずかしかった!

荷台のほかにパンク修理キットや携帯ポンプ、お尻のところにパッドが入ったサイクルパンツなどを購入。
着々と準備が進んでいく。
もう後戻りはできないね。

a_DSC_0449_201310251849070a1.jpg

自転車旅をするにあたって最大の問題点は、『どうやって自転車に荷物を積むか』ってこと。
これまでのバックパックでの旅とは変わって、重いバックパックのほかにテント、寝袋、マット、食料も持ち運ばないといけない。
本格的な自転車屋には荷台に付けられる専用のバッグが売ってあったけど1個5000円もする。
ふたりで1万円だ。
う~ん、どうしよう?

悩みながら街中を歩いていると、荷台に布製のズタ袋のようなものをつけているバイクを見かけた。
おっ、これ自転車でもいけるんやない?

a_DSC_0318_20131025065034e1b.jpg

a_DSC_0317_201310250650307b3.jpg

さらにキョロキョロしながら歩いていると自転車にもつけてるのを発見!
これだ、この布バッグでいこう。
さっそく写真に撮ってバーザールで聞き込み開始!

a_DSC_0319_20131025065045b3d.jpg

この布バッグの名前はすぐに判明。
トルコ語で「フルジューン」。
たぶんバイクだけじゃなくて、もともとは馬とかロバに載せるものなんじゃないかな?

名前は分かったんだけど、売ってる店がなかなか見つからない。
人に聞くと「オー、フルジューン!」って反応はいいんだけど、肝心のどこで売ってるかが判明しない。
広大なバーザール内をさまよい歩くケンゾーとイクエ。

見つからなくて諦めかけていたらおじさんから「日本人ですか?なにか探してるの?」と流暢な日本語で話しかけられた。
話しかけてきたのは日本で4年間働いていたことがあるというラスさん。
ビザがいらなかった20年くらい前までは、日本にはイランからの出稼ぎ労働者がたくさんいたんだよね。

フルジューンの写真を見せて、これを買いたいんだと伝えると「任せてください」と言っていっしょに探してくれることになった。
よかった、これは心強い。

ラスさんの聞き込みのお陰で売ってる場所が判明。
街の中心のメインバーザールからすこし離れたところにある別のバーザールに売ってあるそうだ。
ラスさんと歩いて向かう。

a_DSC_0383_20131025065105ff4.jpg

このバーザールはテント屋が集まってるバーザールだった。
なるほど、フルジューンはテント生地で作ってるからテント屋で売ってるんだ。
あったあった、探し求めてたフルジューンがあったよ!

a_DSC_0389_20131025065116918.jpg

a_DSC_0384_201310250651090b7.jpg

その辺にあった自転車に載せてみて使えるかどうか試してみる。
うん、いけそうだ。
こんな布袋使ってるサイクリストなんか見たことないけど、ケンゾーとイクエはイラン限定だし、予算も限られてるし、これで十分。

a_DSC_0387_20131025065115a77.jpg

a_DSC_0386_2013102506511329a.jpg

寝袋とテントもこのバーザールで調達。
安物なので寝袋はちょっと大きいしテントもテロンテロンの生地でちゃちいけど十分十分 ♪

a_DSC_0419_2013102506521767f.jpg

a_DSC_0422_20131025065225030.jpg

a_DSC_0426_20131025065226a72.jpg

4年間日本で生活し、日本を大好きになったというラスさん。
長い時間付き合わせてしまってごめんなさいと謝ると
「日本ではみんなに親切にされて悪い人はひとりもいなかったよ。
 だから日本人を見かけたらなにかしてあげたいんだ。
 恩返しだよ。」
って言ってくれた。
嬉しいね。そう言ってくれるラスさんに感謝だし、ラスさんに優しくしてくれた日本人にも感謝だ。
こうやって親切の絆が国境をまたいで世界中に繋がり広がっていくって、なんだかいいよね。

ゲットしたフルジューンを持って自転車屋へ。
リアキャリアに載っけてみる。

a_DSC_0438_20131027031216b14.jpg

いいんじゃない?
こんなのぶら下げてるサイクリストなんか見たことないけど、はなから格好の良さなんか狙ってないからぜんぜんOK。
ヨーロッパだとちょっとこれで走るのは勇気がいるけど、まあイランならいけるね。

荷台だけだと小さすぎてバックパックなどが載せられない。
なにか板のようなものを付けたいんだけど、どうしたもんかなあと考えていたら、店主が店の中で使っていた小さな棚を分解しはじめた!
そしておじいちゃんが棚板を荷台にボルトで固定してくれて、さらにフルジューンを束線バンドで固定してくれた。

a_DSC_0440_2013102704140862c.jpg

おおー、見事なコンビプレイ。
「さすが親子だね」って言うと、「父じゃないよ、テクニシャンだよ!」だって。
てっきり親子かと思っていたら、おじいちゃんは従業員だった。

まあ、なにはともあれこれで準備完了だ。
気になるかかった金額は・・・?

自転車       6,400,000リアル(20480円)×2
リアキャリア    500,000リアル(1600円)
          475,000リアル(1520円)
携帯ポンプ     350,000リアル(1120円)
タイヤ交換用の工具 150,000リアル(480円)
パンク修理キット  50,000リアル(160円)
スペアチューブ   55,000リアル(176円)
チェーンオイル   250,000リアル(800円)
ドリンクホルダー  50,000リアル(160円)×2
工具        30,000リアル(96円)
ヘルメット     285,000リアル(912円)×2
サイクルパンツ   600,000リアル(1920円)×2
フルジューン    380,000リアル(1216円)
          250,000リアル( 800円)
テント       650,000リアル(2080円)
寝袋        500,000リアル(1600円)×2
マット       300,000リアル(960円)
ビニルシート    50,000リアル(160円)
ゴムロープ     40,000リアル(128円)

合計 19,200,000リアル=61,440円

いやあ、自転車旅っていろいろ大変だね。
まだ始まってもないけどね。

とりあえず予算内には収まってよかった。
ひとり3万円ちょっとで自転車旅を楽しめるならいいんじゃない?

ワクワク、ドキドキなケンゾーとイクエ。

でも、そのワクワクは長くは続かないことをこのときのふたりは知らなかった。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

No title

いったい何がおこるのか、見当もつかず
本当にワクワクものです!

たーさんさま

いやいや、そんな大層なことは起きませんよ!笑
そんなに期待されると申し訳なくなっちゃいます。
どうか広い心で見てやってください!

No title

Merhaba!!
今度から自転車旅なんですね!
ちゃりはいいですよー(^^)b
GAIENTだけど・・・笑

ちゃりとのツーショット楽しみにしてますー

No title

ん〜いいですね〜
プレゼントにイランの自転車旅!ふたりでふらりらしい。
自転車で周るとまた別の見え方するんでしょうね!

気をつけて楽しんでください^_^

ともこさま

ちゃり、お好きですか?
そこまで自転車が好きなわけじゃない私たちがまさかチャリダーになるなんて。
自転車旅には、バスや電車での旅では味わえない出会いや感動があるんだろうなって、ほかのチャリダーをみて思って、まさかの挑戦です。
移動が日々の中心になるので、バックパックの旅とはまったく違いますね〜。

けんじ さま

ひとりだと絶対しなかったです。
何もないところでアクシデントにあったら、ものすごく怖いですもんね。

この歳になると、チャリ旅なんて、勢いがないとできませんね。
でも、、、。
勢いがあっても、体がなかなかついていかないんですよ〜(´・_・`)
非公開コメント