Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

旅したカザフスタン こんな国

2013.10.10 05:33|アジア☞EDIT
カザフスタンには7/15、16と9/15~22まで合計8泊10日滞在しました。
物価が高いので訪れる前からテンションが上がらなかったカザフスタン。
そんなカザフスタンの旅を振り返ります。

◇旅の費用はいくら?

カザフスタンでいくら使ったのか発表します。
 
交通費           24,235テンゲ
外食費            2,500テンゲ
その他のフード・ドリンク   5,025テンゲ
宿泊費           35,000テンゲ
観光費            5,245テンゲ
雑費              365テンゲ

合計  47,041テンゲ(1テンゲ=0.65円)
約4,704円/1日2人で

やっぱり高い、キルギスの倍かかってる。
とくに宿代が高い。
1泊ふたりで平均2800円!
外食も高いし、店で売られている物も日本より高い品物がけっこうあった。
貧乏バックパッカーには辛い国だ。


◇移動手段はこうでした

アルマティはバス、トロリーバス、メトロ、トラムなど公共の乗り物は充実している。
ほとんどが80テンゲ(約50円)で乗れる。
遠くに行く場合は、バスターミナルからマルシュ(ミニバス)や乗合いタクシー。

a_DSC_0021_201310030418019ba.jpg

a_DSC_0033_20131003041803f39.jpg


◇こんなお宿に泊まりました

バックパッカーが少ないカザフスタンには、残念ながらバックパッカー好みの安宿はほとんどない。
それでも最近アルマティにドミトリーのゲストハウスができてきた。
まだできたばかりなので旅ブログなどではあまり紹介されていないけど、英語のホステル予約サイトで検索すると何軒か出てくる。
相場はドミで2000テンゲ、団地を改装したものが多い。Wi-Fi、キッチン付き。
ただしバックパッカーのための安宿というよりも、現地の人たちが利用する簡易ホテルといった感じ。
スタッフもまだ運営になれてないし、居心地がいいわけでもない。
でも、これから徐々にツーリスト客が増えていって他の国のゲストハウスのようになっていくかも。

a_DSC_0044_2013100304434733e.jpg

小さな街では食事付きの民泊が主流。
泊まる場所に困ることはないと思う。

a_DSC_0012_20131003050257fa4.jpg


◇これが一番うまかった!

ケンゾー 「チョコレート」
がっつり旅したわけじゃないんで悩むんだよねえ。
外食ってほとんどしなかったし。
あえて挙げるとしたらチョコレートかなあ。
中央アジアのほかの国とおなじで、民泊先ではお茶と一緒にお菓子が出てくる。
でもそこはリッチなカザフ、種類も量もNo.1だった!
とくにチョコレートがほかの国よりおいしい。
ウズベクもタジクもキルギスもチョコレートはあるんだけどおいしくないんだよね。
その点カザフのチョコはちゃんとチョコの味がしておいしかった。
ちなみにこの写真とは違うんだけど、けっこうおいしい『RAKHAT(ラハット)』というブランドがある。
カザフではかなり有名で、サティ村でいっしょになったコーちゃん、ソーフィーちゃんもお気に入りだった。
そんなラハットをロッテが買収する話しがあるそうだ。
買収されることになったらラハットのチョコの味が落ちるんじゃないかと、今カザフっ子たちは気が気じゃないそうだ。

a_DSC_0619_20131003041014930.jpg

イクエ 「バザールの食堂のランチセット」
物価の高いカザフスタンでは外食の値段がほとんど日本と変わらない。
「バザールに行けば安くておいしいものにありつけるんじゃないか」
そう思って行ってみると地元の人たちで賑わう食堂発見!
ランチセット450テンゲ(約300円)、ジュース付き。
メインや副菜を選べるみたいだけどメニューが読めないのでおまかせ。
出てきたのはハンバーグみたいなものと餃子のようなものが入ったスープ。
どっちもひき肉を使った料理だけど、これぞ中央アジアの代表料理。
日本人の口にも合う。

a_DSC_0041_201310030443456a7.jpg

a_DSC_0040_20131003044342298.jpg


◇おすすめ!!一番良かった場所

ケンゾー 「コルサイ2」
コルサイ1から森をかき分け、沢を渡り、崖を登ること2時間半。
目の前に突如姿を現した湖、コルサイ2。
深い森と高い山に囲まれ、隠れるように佇んでいた。
ケンゾーとイクエ以外には人がおらず、時が止まったかのように静寂に包まれている。
魚を釣るわけでも、泳ぐわけでもなく、ただただぼーっと眺めていただけなんだけど、それで充分。
透き通った水に心が洗われるようで、清々しい気持ちで満たされた。

a_DSC_0405_20131003034409e81.jpg

a_DSC_0419_201310030344121aa.jpg

イクエ 「カインディ湖」
カザフスタンに行く前はこの湖の存在を知らなかった。
アルマティに着いて写真集を見て「ああ、きれいだなあ」と思って行くことにした。
写真では水の色はとてもきれいだけど実際はどうだろうと思っていたけど、やっぱり鮮やかで見る角度によって色が変わってキレイ。
そこに生えている木々が時代から取り残されているようで、神秘的。
車で行ったけど、あえて歩いて行くと森の間から湖がちらっと見え始めた時の感動はひとしおかも。

a_DSC_0189_201310030443525f7.jpg

a_DSC_0215_201310030443538aa.jpg


◇ふらり ゆるり カザフスタンの感想は?

ケンゾー
ぎりぎりまで、というかカザフに入ってしまっても「どこに行く?」「なにを見る?」って悩んでいたけど、美しい山と湖を楽しめたサティ村に行くことができて良かった。
でも、やっぱり物価が高いのがネックだね。
アルマティはもちろん、サティ村にしても宿代がけっこう高い。(3食付きで1人約2300円)
宿だけじゃなくて全てのものがほかの中央アジアの国と比べて高い。
でも人はいい!車の運転も荒くないし、わりと豊かな生活をしているから気持ちに余裕があるのかな。
まあでも、総合的に考えてもカザフはとくにオススメはしないかな。
あえてカザフに行かなくても、ウズベキスタンやキルギスで十分中央アジアは満喫できると思う。

a_DSC_0071_2013100305003876d.jpg

a_DSC_0084_20131003050041620.jpg

イクエ
カザフスタンの観光地について、ほとんど情報がないし、情報があってもあまり惹かれる場所ではない。
だけど、絶対に発掘すればすばらしい観光地があるはず!
だって、あんなに国土が広いんだもん。
今回がんばって調べて、サティ村と湖に行くことができたけど、もっとがんばればもっとたくさんのすばらしいところを発掘できたんじゃないかと思う。
物価が高いのはネックだけれど、カザフスタンの人々は穏やかで優しいし、嫌な思いをすることもなかった。
「物価が高いけど人は優しい」ということを考えれば、自転車旅やカウチサーフィンを活用する旅のスタイルがぴったりなんじゃないかな。
ケンゾーは「カザフはとくにオススメしない」なんて言ってるけど、カザフに失礼だ!
旅人たるもの、自分で見どころを開拓したり、その国にあう旅のスタイルを発見したりすべし!
物価の安いキルギスで自転車とテントを調達し、自転車旅をするのはいかが?
きっとカザフの人たちの優しさに触れ、広大な自然を体感し、いい思い出ができるよ♡

a_DSC_0030_2_20131003001125cfd.jpg

a_DSC_0026_201310030011229b0.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

No title

初めまして、初コメントです^^
イスラエル編、ほんと楽しく読まさせて頂きました!

自分は1年後に、1年間の世界一周旅行に行く予定です。
中央アジアは情報も多くなくて、ケンゾーさんとイクエさんのブログは大変参考になりました^^

お忙しい中申し訳ありませんが、ビザに関して質問です!

今のところ、
・旅のかなり序盤で中央アジアを考えています。東南アジア、中国はとばしてインド開始で考えています。
・インド、キルギス、タジキスタン、カザフスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタン、イランあたりをまずは考えています。
この順に抜けでもいいし、その時次第で変更してもいいとも思っています。
・バングラディッシュとか、パキスタンが追加になるかもしれませんが。
・世界一周に1年間の制限はついているので、ビザのためだけの滞在はできるだけなくしたいです。

この旅程の場合、ビザはどういった取得方法がスムーズでベストでしょうか?
おそらくは、
①日本の大使館で事前取得
②インド、キルギスから西回りで、現地取得
③テヘランから東回りで、現地取得
の3パターンになると思います。

①は、ビザの入国日指定がネックになってきますが、旅のほんとに初期に行くなら日本で取得しても入国指定日に合わせれるかもしれないとも思います。
ただ、ほんとにその日でなければならないのか、「ここからここの期間の中ならいつでもいい」って意味なのかが調べてもわからなかったのですが。
あるいは、出国まで1年あるので、日本でトルクメニスタン以外全部とって、最初にキルギスから開始するっていうのもアリかなって思っています。キルギス→……→イラン→空路でいったんインド→空路でアフリカへみたいな感じで。

②、③はどっちがいいか、ブログによってやや情報も異なり迷います。

もちろん1年後には事情も変わっているかもしれませんが、現在の目安として、(事前にビザを集めるのも時間がかかるだろうし。)、現在の目安のみでも知りたいです!

よろしくお願いします。

たっくん さま

はじめまして。
これから世界一周なんですね。たのしみですね!!

旅をはじめたら感じられると思いますが、1年間ってとっても短いですよ。
わたしたちも最初は2、3年の予定でしたが時間がかかって収集がつかなくなってます・・・。
もちろん1年でまわってる子にもよくあうし、1年でも大丈夫だとは思いますが、かなり早足になります。
この前あった子たちも「イランは6日間」とか「ヨーロッパ1か月」とか言ってました。
「今までで一番長く一か所に滞在した期間は3泊」なんてことも話していました。

なのでビザでの足止めを避けるためにもできるだけ取れるものは日本でとったほうがいいですよ。
中央アジアはとくに大使館のスタッフのきまぐれで、ビザをもらえる人ともらえない人がでてきます。
「あの人はもらえたのに」「ブログではもらえたと書いてあったのに」ということがざらです。
同じときに日本人同士で申し込んだのにひとりは4日で、ひとりは10日で、ひとりは2週間待ってももらえずあきらめた、というのもありました。
ビザがもらえないと旅程も変えざるを得なくなり、1年という期限があればけっこう厳しくなります。

イランビザに関して言えば(現在なので1年後はどうなってるかわかりませんが)日本で取るよりもトルコのトラブゾンで取る方がとても簡単です。1日で取れます。
なのでトルクメ以外の中央アジアを日本で取得し、旅をして空路でトルコへ、そしてイランンビザを取得し、イランを旅して、トルクメビザをイランでとってトルクメへ、というのもアリだと思います。
(でもトルクメビザはトルクメの後に行く国のビザをもってないとトランジットビザがもらえないのでやっかいです。)

ビザの入国指定日は、おそらくその日ぴったりに入国しないといけないというよりも、ビザの有効期限内に入国、出国をするということなので大丈夫かと思います。

1年で世界一周はかなりハードで移動続きになるので、できるだけ国数を削ったほうが現地人と知り合ったりその国をよく知ることができるので、厳選することをオススメします。
一か国1週間前後の旅行だったら、社会人になってもできるので、せっかくの機会なので1か所長期滞在がいいですよ。

とくに中央アジアはなんやかんやで時間がかかるので、旅程が1年以内の人はすっとばす人が多いです。
でも、中央アジアはおもしろいので行ってほしいですが。

楽しまれてくださいね〜。

No title

ご丁寧にお返事、ありがとうございます。

旅行に関するアドバイスまでいただき、感謝しています。

中央アジアはぜひとも旅程に組み入れたいので、可能なら日本でビザ取得して、入国日が予測立てやすい最初の2か月あたりで固めてみたいと思います!

ずっと2年での世界一周をしたかったんですが、回りの人のことを考えると1年にせざるを得なかったんですね。
1年海外に行かせてもらえるだけでも普通に考えればありがたいことですし、1年間を存分に楽しみたいと思っています。
当初2年間で行きたかった国をある程度残して考えてたのですが、確かに駆け足であることは自覚があったんですね。

後に満足感が残るのはそういう旅行でしょうし、
国の数を当初の半分程度にしてもいいかもしれませんね。

まだ1年あるので、少し考えてみます。

ありがとうございました!

たっくんさま

旅のスタイルは人それぞれですし、大事なのは期間ではないです。人にどう言われようとも、最終的に自分が満足し楽しむことができたらそれでOKだと思いますよ。
実際に旅をしている時がもちろん楽しいんですが、準備期間もドキドキ、ワクワクでいいですよね。旅に出るまでの1年間も思いっきり楽しんでください!
非公開コメント